猫草の効果や必要性は?猫草の食べ過ぎで困った我が家の猫の話!

猫草を食べる猫

カリカリそっちのけで猫草をムシャムシャする猫。我が家の猫たちはすっかり猫草に魅了されてしまいました。

世の猫たちを魅了して止まない、伝説の猫グッズ「猫じゃすり」のときは、鬼のような顔して怒ってきたのに・・・

猫じゃすりを嫌がる猫

恐るべし猫草。

猫草については、好みに個体差があり、食べる猫と食べない猫がいますが、我が家の猫はドハマりしてしました。

猫草はそもそも猫を飼ううえで必須アイテムではありませんが、導入の経緯や実際に猫草を与えて困ったこと、そもそも猫草って?必要なの?という点をまとめてみました。

ちなみに、最終的に我が家では、猫草を与えるのをやめましたが、猫草がダメというつもりはありません。

 

猫草とは

猫草(ねこぐさ)とは、特定の植物の名称を指すものではなく、猫が好む草全般のことを指します。代表的な植物は「燕麦(エンバク)」と「エノコログサ(猫じゃらし)」ですが、ハーブとしても有名なレモングラスなども猫草と呼ばれる一種です。

猫草の種類はたくさんありますが、植物の中には猫にとって有害なものもあるので、何でもいい訳ではありません。ネギ、ニラ、たまねぎなどのネギ科の植物を猫に与えてはいけないことは良く知られていますが、ユリ科などの一部の植物にも有害性があるので注意です。

ペットショップやホームセンターでは、すぐに食べられる栽培済みの猫草や自分で土から育てる栽培キットなどが販売されていますし、もちろんネットでも購入できます。

猫草を食べる理由や効果

野良猫などが草を食べているのを見ることもありますし、動物の習性として何かしら食べる意味はあるのでしょう。しかし、猫草を食べる理由や効果については諸説ありますが、仮説に過ぎず実際のところよくわかっていません。よく言われる理由や効果は次の4つです。

4つの主な理由

  1. 胃にたまった毛玉を吐き出すため
  2. 食物繊維で胃腸環境を整える
  3. 足りない栄養(ビタミンなど)を摂取
  4. シャキシャキした歯ごたえを楽しむ嗜好目的

 

食物繊維とか栄養素とかサプリメントみたいですね。我が家の猫は嗜好品として噛み応えを楽しんでいるような節がありますが、諸説の中で一番よく聞く理由が「胃にたまった毛玉を吐き出すため」に食べているというものです。

猫の舌のザラザラは「糸状突起」という構造によるものですが、この構造上、舌で舐めたものは喉の奥へ奥へと向かうため、グルーミングで抜けた毛を飲み込んでしまいます。飲み込んだ毛玉が内臓内で詰まってしまうと困るので、吐き出しやすいように消化性の悪い猫草を摂取して「わざと吐く」のです。

猫草は必要なのか

かかりつけの獣医師に聞いてみたところ、獣医の中でも見解は分かれるが、必須ではないとのことでした。

なぜなら、猫草が無くても胃にたまった毛玉を吐くことは可能ですし、食べることが癖づいてしまい、吐く必要がないのに吐いたりすると身体に負担がかかります。人間でも吐くと「逆流性食道炎」のリスクがあったり、身体に大きな負担がかかりますよね。

毛玉ケアは本来はブラッシングで対応するものですし、食物繊維や栄養素についてはペットフードで補完できるものがある、というのが猫草は必須ではない理由です。

といっても、ブラッシングも完全ではないですし、自力で吐くのが苦手な猫もいるので、様子を見ながら少量ずつ与えるのは悪いことではないとのこと。

我が家の猫は、抜け毛も多く(ブラッシングが無限地獄)、すぐに糸くずや落ちてる毛玉を食べようとします。

誤嚥のないよう気をつけていますし、ほとんど吐いたりすることもないので大丈夫だろうと思いつつも、それが逆に心配で、吐きたくても吐けない質で、胃の中に溜まっていったら・・・という不安もあり、物は試しで少量だけ買ってみることにしました。

猫草を与えて困ったこと

猫草

はじめの心配は、そもそも「食べてくれるのか?」ということでしたが、梱包をとくと「なんだ?なんだ?」と集まってきました。はじめはクンクン匂いを嗅いで警戒していましたが、すぐに食べ始めました。

食べ始めたのはいいのですが、

止まらない・・・

主食そっちのけで草ばかり食べます。君たち肉食だよね?

あまりの勢いで食べつくそうとするので、別の部屋に猫草を分離しましたが、少し困ったことに。

観葉植物にいたずら

猫草を他の部屋に移すと、はじめはドアの前で、ニャーニャー鳴いて訴えてきました。そりゃもう必死に鳴いてました。

そして今度はドアを開けろと、ドア下1cmの隙間に手を突っ込んでドアを開けようとし始めましたが、もちろんドアが開くはずもなく、ついにはドアの前で床に寝そべりウネウネするという斬新なアピール。

それでも無視を決め込むと、最終的にはドア横の観葉植物を噛むようになりました。前々から観葉植物にはちょっかいをかけていたのですが、それがエスカレートしたような形です。

猫草が枯れるのが早い

1週間後の猫草の様子

写真は、猫草が自宅に届いた日の様子と1週間後の様子を比較したものです。

「こんなにすぐに枯れるのか!?」と驚きましたが、それもそのはず、猫草だって植物ですので長持ちさせるためには日光に当て少量の水やりが必要なようですが、全く何もしていませんでした。

よくよく考えると当たり前の話ですが、若干めんどくさいというのが正直なところ。

効果がよくわからない

うちの猫たちは猫草を食べるだけ食べて結局まったく吐きませんでした。

便を割ってみると消化されてない草の残骸のようなものが、あるような、ないような、という感じで、果たして効果があるのかどうか。

猫が嗜好品として気に入っているのならば、時々のおやつとしては有りかもしれませんが、前述したように、そのために草の世話や食べる量の管理をするのも手間だし、おやつなら他にもあるしな~ということで猫草のメリットを感じきれませんでした。

最後に

以上の点を踏まえて、我が家では猫草を与えるのをやめました。

はじめのうちは猫草を意識して「くれくれアピール」をしていましたが、やがて忘れたようです。

冒頭にも書きましたが、猫草がダメなのではなく、猫の個体差もあるので、食べた後の反応、手間、費用などのバランスを考慮して判断しました。

そもそも、毛玉対策として猫草はあくまで補助、本来はブラッシング、掃除、食事管理であるという基本に立ち戻り、猫の健康を守っていくことにしました。

以上、当記事が参考になれば幸いです。

-

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.