おでかけ

【Chillin' Vibes】 チリンヴァイブスの雰囲気やエリア混雑状況、穴場を徹底解説!

チリンヴァイブス

この記事でわかること

  • チリンヴァイブスの特徴
  • 会場内や各ステージの雰囲気(写真付)
  • 時間帯別のシートエリアの埋まり具合
  • フリーエリアの穴場
  • 「もみじ川芝生広場」までのアクセス

 

どうも、最近アコースティックライブにはまっているナナハチです。

 

2019年秋、新しく大阪に誕生したアコースティックライブ・フェス「チリンヴァイブス」

テーマは「Music & Relax」

「チル」(まったりする、落ち着く)と「ヴァイブス」(気持ち、雰囲気)を合わせて「チリンヴァイブス」ということで、フェスの名前がテーマを物語っています。

 

この記事では、そんな「チリンヴァイブス」について、現地に行ってわかった情報を写真も交えてまとめました。

 

チリンヴァイブスの特徴

青空の下でアコースティックライブ

会場

チリンヴァイブスはアコースティックの音色に癒やされるフェス。

好きなアーティストの普段よく聞く曲も、イメージが変わり新鮮です。

また、少し涼しくなってきた秋空の下、開放的な雰囲気の中で音楽を楽しめる最高のイベントです。

 

アーティストが豪華

2019年の主なアーティスト

  • 山崎まさよし
  • ACIDMAN
  • 藤巻亮太(レミオロメン)
  • 平井大
  • GLIM SPANKY
  • ビッケブランカ
  • 松本大(LAMP IN TERREN)
  • Rei
  • 蒼山幸子(元 ねごと)

そのほか、新進気鋭のアーティストが数多く参加します。

 

ワークショップが充実

ワークショップ

チリンヴァイブスでは、ライブの他にも会場内で様々なワークショップが開催されており、無料で参加できるのも魅力です。

ワークショップ

  • ヨガ教室
  • スラックライン
  • 大道芸
  • ハーバリウム
  • スクラッチアート

 

雨天は中止

多くのフェスは雨天決行、荒天中止が多いですが、チリンヴァイブスは雨天中止です。

雨が降ったら、テーマである「チル(リラックス)」できないから、という強い意志を感じますが、この規模のイベントで雨天中止とは大胆です。

開催するかの判断は、運営側が気象情報を確認し、フェスの2日前の15時に公式ホームページで発表されます。

 

2019年は無事に開催されたので、中止基準の実績がまだありません。

雨天といっても「~0.5mmの小雨」や「曇りときどき雨」など様々なので、天気が怪しいときは直前に公式ページを必ずチェック。

 

会場の雰囲気(写真)

次のそれぞれのエリアごとに、会場の雰囲気を写真を交えてお伝えします。

  • 開演前の入口
  • Chillシートエリア
  • フリーエリア(前方)
  • フリーエリア(後方)
  • グランピングエリア
  • その他(DJ、フード、トイレ)

 

開演前の入口の様子

入場の行列

入場は整理番号順です。チケットに整理番号が書いてあるので、自分の番号が呼ばれるまで入場できません。

上の写真は、開場後30分経った10:30頃の入口の様子ですが、整理番号待ちの行列ができており、Fの1000番台が呼ばれている頃でした。

 

Chillシートエリアの様子

Chillエリア

Chillシートエリアは、メインステージに一番近いエリアで、写真のように青いテープでエリアが区切られています。

 

Chillシート

チケットに2m×2mの専用のシートが付いているので、エリア内の好きな場所に敷くことができます。

 

Chillエリア時間別埋まり具合

少し見づらいですが、写真は、Chillシートエリアを横から見たもの。3つの時間別にエリアの埋まり具合を確認しました。

【写真上】
開演前の10:30頃の様子。スカスカ。

【写真真ん中】
開演後の11:30頃の様子。少し増えました。

【写真下】
ピークであろう「山崎まさよし」さんの演奏前15:30頃の様子。

 

結局、Chillシートエリアは最後までいっぱいにならず、特にサイドに空きスペースがたくさんありました。

 

フリーエリア(前方)

フリーエリア境目

フリーエリアは前方と後方に分かれており、前方は持参したシートを敷けるエリア、後方は持参したテントや椅子が使えるエリアです。

 

フリーエリア時間別埋まり具合

写真は、フリーエリア(前方)を横から見たもの。4つの時間別にエリアの埋まり具合を確認しました。

【写真左上】
開演前10:30頃の様子。

【写真右上】
開演後11:30頃の様子。1/3くらい埋まりました。

【写真左下】
13:30頃の様子。ステージ真正面はほぼ埋まり、サイドに空きがある状態。

【写真右下】
15:30頃の様子。サイドにしか空きがない状態。

 

フリーエリア(後方)

テントエリア時間別埋まり具合

写真は、フリーエリア(後方)を横から見たもの。4つの時間別にエリアの埋まり具合を確認しました。

【写真左上】
開演前10:30頃の様子。

【写真右上】
開演後11:30頃の様子。まだ余裕あり。

【写真左下】
13:30頃の様子。かなり埋まりました。

写真より後ろのエリアにもスペースはありますが、別ステージの音が入ってしまいます。

テントやイスでメインステージをしっかり楽しみたい場合は、遅くとも12時台には会場入りした方が良さそうです。

【写真右下】
15:30頃の様子。

 

グランピングエリアの様子

メインステージ向かって右側のグランピングエリアにはテントが8張。

このテント、最初は物販コーナーや、ビール置き場として利用されていましたが、11時頃以降は一部が一般に開放されます。

グランピングテント

中はこんな感じで、非常に快適でしたが、テント1張に6人程しか入れないうえ、一般開放されるテントは4張くらいなので、場所取りは激戦です。

テントの場所により、ステージが見えたり、見えなかったり。

「え、これ入っていいの?」と、ためらい入ってこない人もいたので、早めに行って運が良ければ場所取りできるかも。

 

その他のエリア

サブステージ

もう一つのライブステージ「Pangea STAGE」

小さなステージですが新進気鋭のアーティストの演奏を楽しめます。

スタンディングで各々自由に楽しむ雰囲気です。

 

DJブース

この半球体が「GOOD MUSIC LOUNGE」というDJブース。

写真は10時過ぎなので、まだ人が集まっていませんが、ここがDJやヨガの会場になります。

 

フード

フェスの楽しみの一つは美味しいフェス飯。カレーやパエリア、コーヒーが人気でした。

 

トイレ

トイレは、仮設のものが女性10、男性5。後に男性用の1つは子供優先用に変わってました。

会場内に1箇所のみなので、多いときは30人前後の行列に。

 

フリーエリアの穴場

会場図

上図の「穴場」と書いてあるところが、フリーエリアのおすすめです。

穴場

穴場からの1枚。とても近くでステージが見えます。

 

おすすめの理由

  • フリーエリア正面の最前列よりステージに近い。
  • 遅くまでスペースに余裕がある。
  • 星マークがスタッフ出入口なのでアーティストが出てくる
  • すきあらばグランピングテントが狙える

 

穴場ポイントでは、下手なChillシートエリアよりもステージが近いうえ、ステージ正面に比べスペースに余裕がありました。

また、図の星マークのスタッフ出入口から、演奏を終えたアーティストが他の方の演奏を見るためによく会場に出てきます。

私は穴場ポイントから、藤巻さん(レミオロメン)、松本大さん(LAMP IN TERREN)、Reiさん、蒼山幸子さん(元ねごと)をお見かけしました。

ほんの数メートル先で普通に鑑賞されていたので、サインをお願いしに行くファンの姿も。

公式の会場マップをみても、穴場の部分(Chillシートエリアとグランピングエリアの間)にシートを敷いていいのか判断できなかったので、会場スタッフに確認したところ、フリーエリアの一部なので問題ないとのこと。

 

もみじ川芝生広場へのアクセス

会場は万博公園の中の「もみじ川芝生広場」

万博公園の入口から会場までの行き方を写真で解説します。

会場行き方

【写真左上】
まずは万博公園の中央口で、入場料(大人260円、小中学生80円)を支払い入場。

【写真右上】
入場すると正面の太陽の塔が立っているので、案内に従い左手へ。

【写真中央左】
すぐに分岐がありますが、合流するのでどっちに進んでもOK。

【写真中央右】
合流後、森の中をひたすら直進

【写真下2枚】
左手に自動販売機や足湯が見えたらあと少し。

 

以上の道を通り、万博公園の中央口から会場の「もみじ川芝生広場」まで徒歩10分くらいです。

 

気温に注意

チリンヴァイブスは10月中旬の開催です。

2019年のフェス当日大阪の最高気温は約25度、最低気温が18度。

昼間は日光が照ると半袖で十分なほど暑かったのですが、日が傾いてくると急激に冷え込みます。

風が吹くと体感は気温以上に寒く感じるので、羽織るもの必須です。

 

チリンヴァイブスのまとめ

まとめ

  • 豪華アーティストによる青空アコースティックフェス
  • 雨天中止なので注意
  • Chillシートエリアは2019年は余裕あり
  • フリーエリア正面は昼過ぎに埋まる
  • グランピングエリアは場所取り激戦
  • フリーエリアには穴場が存在する
  • 服装注意

以上、チリンヴァイブスの情報まとめでした。

-おでかけ

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.