空気清浄機

【F-PXT55とF-PXS55の違いはない】でもおすすめはこれ!パナソニック空気清浄機(加湿なし)の新旧比較

F-PXT55

「F-PXT55」と「F-PXS55」は、ともにパナソニック空気清浄機の加湿機能のないタイプ。

薄型コンパクトが売りで、25畳までを適用面積とするミドルクラスの機種ですが、両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • F-PXT55(2020年発売)
  • F-PXS55(2019年発売)

 

結論から書くと、両モデルに違いはなく、中身は全く同じです。

ナナ
白と黒の2色の本体カラー展開まで同じだよ!

 

一応、両モデルの公式スペックを比較すると、抗ウイルス機能として「カテキン」の表示有無が異なる部分がありますが、これは、フィルターに緑茶カテキンの機能材を塗布してウイルスを抑制するもの。

新旧でフィルターは同じなので、新モデルのスペックに「カテキン」の表示はないものの違いはないでしょう。

現に、新モデル「F-PXT55」でも「集じんフィルターから緑茶カテキン特有のニオイがすることがあるが無害」という注意書きがあります。

ナナ
中身が同じなら重要なのは価格だね!

 

ということで、この記事では両モデルの価格を比較することで、今どっちがおすすめなのか検証します。

 

F-PXT55とF-PXS55の価格の違い

各モデルの価格をチェックする前に、当シリーズの価格推移の大まかな傾向を確認しておきましょう。

  • 発売時の初値:4万円前後
  • 底値:2万円台後半

 

F-PXT55の価格

「F-PXT55」は、2020年11月に発売されたモデルで、価格推移の傾向に漏れず約4万円の初値をつけた後、価格が下がってきています。

2021年4月以降は、3万円台の前半まで価格が落ちており、今まさに底値圏に踏み込みつつあるおすすめモデルです。

 

F-PXS55の価格

一方の、2019年モデル「F-PXS55」は、すでに底値圏を過ぎてしまい買い時ではなくなりました。

在庫がほとんどないうえに、在庫があっても高価格帯のものがほとんど。稀に安いものもヒットしますが、それも新モデルと同程度であることが多いです。

新モデルと性能も同じなので、あえて選ぶメリットはないでしょう。

 

【結論】今のおすすめモデルは?

型落ちは安いという印象がありますが、それはタイミング次第。

今のおすすめは2020年モデル「F-PXT55」です。

おすすめの理由

  • 新旧モデルの性能差がない
  • 型落ちモデルより、新モデルの方がすでに安い

 

以上、パナソニックの空気清浄機「F-PXT55」と「F-PXS55」の違いをお届けしました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.