いろんな「おすすめ」を紹介・比較・レビューするブログ

78Lifelog

おでかけ

京都木津川マラソンに初心者が挑む!写真でコース・会場の雰囲気や注意点を伝えるよ

ランニング

42.195。それは古代より人類が挑み続ける偉大な数字。

2019年2月3日、マラソン大会初参戦、初心者ランナーの私がこの数字に挑んだ!!

京都木津川マラソンはフルマラソンにも関らず、時間制限がない珍しい大会。ゆっくり自分のペースで走れるのが良いところ。

これならフルマラソン初心者の私でも大丈夫!と挑んだ結果、

その記録、15キロ...

「え?短くない?」という言葉は受け付けません。私は足を痛めていたのです!(言いわけ)

不甲斐ない結果は真摯に受け止めるとして、早々にリタイアした私がせめてできることは何か?

それは不安に震える次代のフルマラソン初心者たちに木津川マラソンのコースや会場の雰囲気、注意点や事前準備を伝えることではないか!!

ということで木津川マラソン大会について情報をまとめました。みなさまの参考になれば幸いです。

木津川マラソン大会概要

大会スケジュール

  • 8:00~9:30 受付
  • 9:30~9:40 開会式
  • 10:00 フルスタート
  • 10:10 ハーフスタート
  • 10:30 5kmスタート
  • 10:35 3kmスタート
  • 10:40 3kmファミリースタート

木津川マラソンは、時間制限がないので関所等は設けられていませんが、大会は17:30で撤収なので実質のリミットと言えるでしょう。案内の注意事項にも「17:30以降の競技は安全確保のためご遠慮ください」と書かれています。

フルマラソンの場合は、10:00~17:30までの7時間30分の内にゴールする必要があります。

完走するためには?

【スピード換算】

時速5.6kmのスピード走り続ける

【ペース換算】

1km約10分で走り続ける

これができれば時間内にゴールできることになります。後半ペースが落ちてくることを考え、これに余裕をみて練習しておきましょう。

成人の徒歩の時速は約4.8kmであることを考えると、がんばって練習すれば初心者でも完走できそうな気がしませんか?

我ながらどの口が言ってんだ!って感じですが。

会場内の雰囲気を写真でどうぞ

会場図

こちらが会場マップ。

会場

写真で見るとこんな感じ。グラウンドでアップしてる人も見えます。

受付

まずは受付でエントリー。受付でゼッケンを見せるだけで完了です。このときに大会冊子と参加賞がもらえます。

トイレの行列

トイレは大行列でした。早めに済ませましょう。ちなみにコース途中にも仮設トイレが設置してあります。

荷物置き場

会場内の荷物置き場の写真です。荷物はここに置いておくか、中部住民センターの荷物預かり所へ預けるかの2択です。

会場内の荷物置き場は管理者不在の自己責任。タープがあるので小雨程度なら荷物が濡れることもないでしょう。不安な方は中部住民センターへどうぞ。屋内で人も常駐しています。

焚火

会場内の各所で焚火してました。この命の炎と終わった後に無料で食べられる温かいうどんがなければ確実に風邪ひいてましたね。走ってない間はホントに寒かったです。

会場内に足湯はありましたが、近くにお風呂がないので、走り終わったあとに身体を冷やさないよう気をつけましょう。太陽が出ていないときは極寒です。

コースの雰囲気を写真でどうぞ

コース図

こちらがコース図です。

スタートの行列

スタート地点に並んだところ。かなりの大渋滞。

スタート後の行列

スタートした後もしばらくは大混雑でみんな歩いていました。

コース

木津川マラソンのコースは基本的に狭いです。折り返してきたランナーとすれ違う時や、追い越しの時には困ります。舗装された道路からはみ出ないと追い越せないような場所もあるので足を痛めないよう注意です。

給水所

マラソン初心者の憧れ。給水所(笑)

なんかマラソン大会出てる感があってテンション上がります。

給水所情報

【フルマラソン】

往路7か所、復路8か所

【ハーフ】

往路3か所、復路5か所

水、スポーツドリンク、バナナ、パン、飴、チョコ、梅干しなどがもらえます。

コース上には1kmごとに看板が立っていてペースを掴みやすいです。また、ペースランナーもいるので一緒に走ればペース配分の目安になります。

ただしペースランナーには無理してついていかないように。

ペースランナーは決まった時間でゴールするのが仕事です。木津川マラソンの序盤は大渋滞で遅れがちなので、遅れた時間を取り戻すためにペースを調整する可能性があります。

向こうも熟練ランナーなので渋滞は考慮済みで露骨なことはないでしょうが、無理をしてまでついていくものではありません。

というのは先輩ランナーの言葉。私じゃないよ、だって初心者だもん。

初心者への走り方の注意点

初心者はタイムよりも完走が目標。そのために何よりも重要なのが足を壊さないこと。

走っている間はかなりの負荷が足にかかるため、ダメージが蓄積されていきます。筋肉疲労や関節の違和感を感じたら迷わず休憩をとるか歩きましょう。足が傷みきってしまうと復活できず、歩くのも困難になります。

30分走って5分歩いてを繰り返すだけでも足の負担はだいぶ違います。ストレッチも行い足の負担軽減を第一に考えましょう。

ちなみに走る気がない人は失格になります。といっても走る意思があれば大丈夫。はじめからずっと歩いているとかでなければ問題ありません。

実際に10km地点を超えると歩いている人がたくさんいます。

初心者への服装の注意点

初心者は服装にも注意が必要です。

走っていると暑くなるので、マラソンは冬でも意外と薄着で大丈夫なものです。

しかし練習時と同じ感覚でいると危険かもしれません。

本番では練習時よりも長い距離を走ることが一般的です。練習では問題無く走れても42.195kmという長距離を走る中で、想定外の足のダメージで走れなくなることもあります。

そんな時に体温を奪われると心が折れます。

練習量が少ない、練習で20kmも走ったことがないなど、不安要素がある場合は、周りに流されず厚着しましょう。

会場前へのアクセス

会場は草内木津川公園。住所は「京都府京田辺市草内外島」

会場へのアクセスは電車が基本となります。

最寄り駅

  • 近鉄京都線新田辺駅(徒歩25分)
  • 学研都市線京田辺駅(徒歩30分)
  • 奈良線青谷駅(徒歩25分)

駅から会場まで結構な距離があります。アクセスは悪いですがアップも兼ねて歩く方も多いようです。

相乗りタクシー案内

タクシーを使う方は各駅から約5分。乗合タクシーに乗れば一人300円で会場まで送ってくれます。8時55分に京田辺駅に到着しましたが、10人くらいが並んでおり、5分待ちでタクシーに乗れました。

駐車場はなし、駐輪場はある

駐車場はありません。路上、コンビニ、不法駐車などの迷惑行為は失格扱いになるので気をつけましょう。

という旨の記載が案内にはあるのですが、公式ホームページを見ると第36回大会ではNPO法人の協力のもと200台分の駐車場を確保している様子。事前の申し込みが必要なようなので、どうしても車で行く必要がある人は確認しましょう。

木津川マラソン公式ページを確認する

駐輪場は会場近くの「中部住民センター」と「ホームセンターダイキ」付近にあります。事務局に確認すると自転車のほかバイクもOKとのこと。駅から会場までのアクセスが悪いのでバイクOKはありがたいです。

当日持っていくもの

郵送物

当日の持ち物

【必須】

  • ナンバーカード(ゼッケン)
  • 計測用モノタグ
  • 荷物預かりシール

【あった方がいい物】

  • 大きいビニール袋
  • 汗拭きタオル

必須項目のものは大会の約2週間前に郵送で送られてきます。ナンバーカード(ゼッケン)などの事前送付は、2019年の第36回大会からのようです。

ナンバーカード(ゼッケン)と計測用モノタグを忘れた場合は、会場内のヘルプデスクで再発行が可能ですが、手数料500円がかかるので忘れないよう気をつけましょう。

そのほか、クロークに荷物を預ける場合は、大きいビニール袋を持参する必要があります。クロークではなく会場内の荷物置き場を利用する場合も突然の雨などに備えてビニール袋はある方がいいです。使用後の服も入れられるしね。

言うまでもないでしょうが、汗を拭くタオルも必須。走った後に体温奪われます。また、冷え性の人は手袋もおすすめ。川沿いなので風が吹く日はさえぎるものもなく走っていても末端が冷えます。

私は「CW-X グローブ 指だし縫製タイプ」を使いました。

ランニング用手袋

すぐに指が出せるのでスマホはもちろん、靴紐を結んだり、小銭を出すのにも取り外し不要なので何かと便利です。そのままでもスマホをタッチできる手袋はありますが、手袋のまま細かい作業をするのは難しいので指出しタイプは意外と重宝します。

アマゾンのベストセラー1位だったので購入しましたが、スポーツ、アウトドアの場面では使い勝手よいです。

[シーダブリューエックス] CW-X ストレッチグローブ (指出し縫製タイプ) を確認してみる

2019年第36回大会からの変更点

郵送物の中に前年度との変更の案内がありました。

変更点

  • ナンバーカード(ゼッケン)、計測用モノタグの事前発送
  • 受付でナンバーカードを提示し、参加賞とプログラムを受取る
  • うどん、抽選コーナーではナンバーカードを提示
  • ナンバーカードの裏面に緊急連絡先を記入する

参加賞

参加賞の保冷バッグ

2019年代36回の参加賞は保冷バッグでした。トートバッグタイプで容量もそれなりにあり、使い勝手が良さそうです。

過去の参加賞

第35回 オリジナル長袖Tシャツ

第34回 オリジナルキャップ

第33回 ショルダートートバッグ

第32回 スポーツソックス

第31回 ワンショルダーバッグ

第30回 ドラムバッグ

第29回 キャップ

第28回 保冷エコバッグ

だいたいこのあたりのラインナップでローテーションしている感じです。個人的にはバッグが欲しかったので、当たり年でよかったです。サイズが大きいので持って帰るのには苦労しましたが。

以上、木津川マラソン大会の情報のまとめでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

-おでかけ

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.