いろんな「おすすめ」を紹介・比較・レビューするブログ

78Lifelog

レビュー

MX4Dでポップコーンやドリンクの飲食は可能だけど注意が必要!

MX4D

ポップコーンがないと映画ははじまらない。

どうも、ナナハチです。

 

映画の映像に合わせて、シートが揺れたり、水しぶきが飛んできたりと、五感を使って映画を体験するMX4D。

MX4D対応の映画を見に行くときに気になるのが次の点。

  • 映画を見ながらポップコーンは食べられるのか?
  • 飲み物は大丈夫なのか?

 

結論からいうと、ポップコーンやドリンクは問題なく飲食が可能でしたが、実際に体験した感想を交えながら注意点をお伝えします。

ポップコーンを買ったらまずは準備

ポップコーンの移し替え

MX4D対応の映画でポップコーンを食べるためには準備が必要です。

ちなみに写真の黒いのがトレーです。

 

step
1
ポップコーンを購入し、トレーで受け取る

step
2
シアターの入口へ行く

step
3
シアター入口でトレーを返却

step
3
トレーの代わりにビニール袋をもらい、ポップコーンを袋に入れる

 

以上で準備完了。

シアター入口にはスタッフがいる場合と、無人で袋が置いてあるケースがあります。

 

入口にコインロッカーと傘を預けるところもあるので、荷物や傘を預け、いざシアター内へイン!

ドリンクの移し替えなどはないので、普通に持ち込みます

 

MX4Dはこんな座席

シート

 

安心してポップコーンを食べるには、まずは敵を知ることから。

ということで、MX4Dの座席はこんな感じです。

ドリンクホルダーもきちんとありますね。

 

ドリンクホルダー

ドリンクホルダーは普通な感じ。

これで大丈夫なの?と思ってる矢先に劇場内に響き渡る衝撃のアナウンス。

 

「ドリンクはこぼれる恐れがあるのでご注意ください」

 

え?そこは仕方ない感じなの?(汗)

 

ポップコーンは袋に入れたものを、ひざの上に抱えることになります。

普通ならドリンクホルダーにトレーをひっかけてハンズフリーなのですが、トレーは入口で返却しているので、ポップコーンをずっと持っておく必要があります。

ポップコーンやドリンクを飲食するときの注意点

注意点

  • シートの突き上げが強烈、ポップコーンがいっぱいの時は油断すると空を舞う
  • 飲み物はフタがあるので置いてる分には大丈夫、飲んでるときに特殊効果があると焦る

激しいアクションシーンでは、特殊効果が多用される傾向にあります。

ポップコーンの袋が開いていると危険です。

 

ナナ
開始までにポップコーンを少し減らしておくと安心ですよ

 

また、アクションシーンはドリンクを我慢しましょう。

隣の人はドリンクを飲もうとした瞬間にシートの突き上げがあり、ドリンクがこぼれてました。

MX4Dの特殊効果の感想

私がMX4Dを初めて体験したのは実写版「アラジン」でした。

どうやら特殊効果は予告から楽しめるようで、ポップコーンを抱えながらドキドキ。

劇場が暗くなり、いよいよ画面には「メガネを装着してください」の文字が。

メガネを装着してポップコーンをつまんでいると、画面に流れてきたのは人気カーアクション「ワイルドスピード」の予告編。

カーチェイス映画の予告編なんて当然激しいシーンが流れる訳で、初っ端からシートが大きく揺れ、座席が振動し、風をガンガンかけられるという仕打ち。

 

うん。飲食できないどころか、字幕の文字入ってこないね。

私と同じく「MX4D」はじめましての人が多かったようで劇場内がザワザワ。

 

ポップコーンを食べられるか心配でしたが、慣れてくるとアクションシーン以外はふつうに飲食可能でした。

飲食時に注意が必要な特殊効果

MX4Dでは11の特殊効果がありますが、飲食時に特に注意が必要なものをピックアップしてご紹介。

ウォーターブラスト

水しぶきが飛んでくる特殊効果。

アラジンが溺れて飲んだ水を吹き出すシーンで、顔にブシャっときましたが、飲み込んだ水を本当に吹きかけられた気持ちになり臨場感すごいなと思いました。

飲食時に気分のいいものではないので、水が出てくるシーンでは要注意。

ネックティクラー


首筋をゾクッとさせる効果。

上手く伝えられる自信がないですが、眼科で眼圧検査をするときに気球の絵を見せられて、

「風が目に当たるけど目を閉じないでくださいね~!.........パスっ!パスパスっ!」

の、パスっ首にきます。

ドリンクを飲んでる最中はびっくりして危険です。

バックポーカー


後ろから衝撃を与える効果。

転がり落ちるシーンなど、激しい場面で使われる効果ですが、マッサージチェアの「背中たたき」が、アグレッシブにガシガシ来るイメージ。

背骨にあたると、もう止めて!というくらい地味に痛い。

ポップコーンもドリンクも危険です。

まとめ

  • MX4Dでは飲食可能であるがアクションシーンは危険
  • 映画が始まる前にポップコーンを減らしておくとよい
  • 特殊効果が少ない落ち着いたシーンでドリンクを

以上、MX4D対応映画でポップコーンやドリンクを飲食する際の注意点でした。

-レビュー

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.