いろんな「おすすめ」を紹介・比較・レビューするブログ

78Lifelog

生活知識

希望ナンバーの取得日数や費用は?申し込み手続きを自分でやってみた

ナンバープレート

この記事でわかること

  • 希望ナンバー申込の流れ
  • インターネット申込の具体的な入力方法(入力画面写真付き)
  • 費用と支払い方法
  • ナンバー交付までの日数の目安

車を譲り受けた際に、代行を頼まずに車の名義変更を行ったのですが、せっかくなので希望番号申込サービスを利用し、好きな数字のナンバープレートを自分で取得することにしました。

希望ナンバーを取得するためには、運輸支局での車の名義変更手続き前にナンバーの申込をする必要があるということで、そのときに調べた取得方法や料金、注意点などをまとめました。

希望ナンバーとは

ナンバープレート

ナンバープレートの4桁の数字部分を自分の好きな番号で申し込める制度のこと。「地名の横の3桁の数字」や「ひらがな」は選べません。普通車は1999年から、軽自動車は2005年から希望ナンバー制度が導入されています。

ナンバープレートは車検を受けた登録自動車であることを証明するものなので、わざわざ番号を希望しなくても、自動車登録時に自動で割り当てられた番号が交付されるのですが、費用を払って事前に申し込むことで好きな番号を取得できます。

車に愛着がわく、定番車種の定番カラーの場合に自分の車を見つけやすいというメリットがある反面、手続きの手間や申込費用が必要になりますが、「7777」や「1」など特定の番号は抽選になるほどの人気ぶりです。

希望ナンバー制度の対象車両は、自動車(自家用と事業用)と軽自動車(自家用)で事業用軽自動車やバイクは対応していません。

希望ナンバーの取得費用

希望ナンバーの場合は、プレートを受注生産するため通常よりも費用が高いです。また、都道府県によって取得費用が若干異なります。

普通車の料金

・ペイント方式:4,000円~4,500円
・字光式:5,000円~6,000円

軽自動車の料金

・ペイント方式:4,000円~4,500円
・字光式:6,500円~7,000円

 

ペイント方式は一般的なプレートのことです。字光式はナンバープレートの裏に別売りの照明器具をつけることで、ナンバープレートを光らせることができるものです。

希望ナンバーの申し込み方法

申込方法は2種類あります。

  1. インターネット申し込み
  2. 各地域の予約センターの窓口へ行く

予約センターに直接行っても、希望ナンバープレートは受注生産のため即時交付はしてもらえません。おすすめは24時間対応可能なインターネット申し込み。「一般社団法人 全国自動車標板協議会」のホームページから申し込みが可能です。
希望番号申込サービス

次の手続きの流れのフローチャートは上記サイトからの引用です。希望ナンバー制度には「抽選対象希望番号」と「一般希望番号」の2種類の番号がありますが、ご覧のとおり番号抽選の部分が違うだけで、申込手続きの大まかな流れや入力方法は同じです。

手続きフロー図

「予約済証の受領」以降の3つ(フローチャート下部の枠内)は、運輸支局で車の登録・変更手続きをする当日の話なので、事前にやっておくのは「入金確認メールの受信」までとなります。

抽選対象希望番号とは

人気が高く抽選になっている番号のことで、ナンバープレートの地名ごとに抽選対象希望となっている番号に違いがあります。例えば、「世田谷」と「なにわ」の登録自動車の抽選番号は次のような違いがあります。

世田谷の抽選対象

「1」「7」「8」「 88」「333」「555」「777」「888」「1111」「2019」「2020」「3333」「5555」「7777」「8888」

なにわの抽選対象

「1」「3」「5」「 7」「8」「11」「33」「55」「77」「88」「111」「333」「555」「777」「888」「1000」「1001」「1111」「2019」「2020」「3333」「5555」「7777」「8008」「8888」

重複しているナンバーもありますが、地域ごとに違いがあるので、希望する番号が自分の管轄地で抽選番号に該当しているか調べておきましょう。抽選に外れると予定外の時間がかかってしまい自動車の名義変更に支障をきたす場合があります。

「抽選対象希望番号」は、毎週日曜日までに受け付けた1週間分の申し込みを翌月曜日に抽選する仕組みです。抽選が外れた場合は、再度申し込みをすることになります。

「抽選対象希望番号」に指定されているナンバー以外は、すべて「一般希望番号」の扱いです。

インターネット申し込みの入力方法

申込手順を確認していきます。新車の新規登録ではなく、車を譲り受けた場合は手元に自動車検査証を準備してから行いましょう。

希望番号申込サービス1

画面左のメニューから「申込」⇒「新規申込」を選択。プライバシーポリシーに同意し、「申込フォームへ」ボタンを押します。

希望番号申込サービス2

赤枠の中に基本情報、メースアドレス、パスワードを入力し、「次へ」をクリックしていくと登録したメールアドレスに連絡先確認メールが送られてきます。メール内に記載されているURLをクリックします。
希望番号申込サービス3
入力フォームには「通常ページ」と「簡易ページ」の2種類があります。はじめての方は用語解説などを確認しながら入力できる「通常ページ」が推奨されています。
希望番号申込サービス4
「登録自動車」か「軽自動車」のどちらかを選択します。車検証がある場合は、自動車の種別の欄に「普通」「小型」「大型特殊」のいずれかの記載があれば「登録自動車」を選択します。自動車の種別の欄が「軽自動車」になっているものは「軽自動車」をチェックし「次へ」ボタンを押します。

いずれを選んでも続く入力方法や画面は同じです。
希望番号申込サービス5
次に自動車の状態を選択します。「新車」と「ナンバーのない中古車」の入力項目は同じです。内容も難しくありませんし、「ナンバーの付いた自動車」の入力項目で全て網羅するので、ここでは「ナンバーの付いた自動車」の入力画面で解説します。
希望番号申込サービス6

【使用の本拠の位置に変更がない場合】

上の青色の枠内で「自動車検査証に記載されている使用の本拠の位置」を選択し「次へ」をクリック。下の赤枠は入力しません。

【使用の本拠の位置に変更がある場合】

住所移転または名義変更により、使用の本拠の位置に変更がある場合は、上の青枠で「自動車検査証に記載されている使用の本拠の位置」を選択し、下の赤枠では「新しい使用の本拠の位置」を選択します。
希望番号申込サービス7
使用の本拠の位置に間違いがなければ次に進みます。
希望番号申込サービス8
希望番号申込サービス9
上部の「現在の自動車検査証の記載情報」の項目は自動車検査証を見ながら記入します。自動車検査証の「使用者の氏名又は名称」が「***」になっている場合は「所有者の氏名又は名称」を入力します。

下部には申込の情報を入力、次の画面で内容を確認します。
希望番号申込サービス10
希望ナンバーを指定します。抽選対象希望番号として表示されている番号を入力をすると抽選になり、それ以外の番号を入力すると一般希望の扱いとなります。

続く画面で希望ナンバーの確認と最終確認を経て、申込をすると完了です。

交付手数料の支払い

照合確認という申込内容のチェック(9:00~21:00の間にチェックされる)が終わると、照合確認メールが届き、入金待ちの状態になります。手数料の支払い方法は3種類あるようですが、予約センターによって可能な支払い方法が異なります。

主な支払い方法

・銀行振込

・郵便振替

・現金書留

私の管轄の予約センターでは郵便振替が対応不可でした。

入金先や支払い方法の詳細は、届いた照合確認メールか「希望番号申込サービス」ホームページ内メニューの「照会」⇒「申込状況照会」から確認できます。

支払い時の注意点として「ご依頼人名(差出人名)」の欄は「受付番号+氏名」とする必要があります。

(例)「1234567ヤマダタロウ」

氏名だけになっている場合は入金確認できない恐れがあるの気をつけましょう。

取得にかかる日数

手数料の入金確認後にナンバープレートの注文生産に入るので、数日間待つ必要があります。土日祝日と年末年始を除いて日数の目安は次のとおり。

取得にかかる日数

ペイント方式:入金確認後4日程度

字光式:入金確認後5日程度

 

私は木曜の夜にネット振込を行いましたが、入金確認メールが翌日金曜日の朝に届きました。

メールには「受付番号」と「確定したナンバー情報」と「交付可能期間」が記載されています。交付可能期間は入金翌週の水曜日から1か月以内となっていたので、目安のとおり土日を除いて入金から4日程度で交付可能となりました。

予約センターで予約済み証を受取り

入金確認メールに記載のある交付可能期間(1か月)の間に、運輸支局に登録手続きに行く必要があります。交付可能期間外は手続きができないので要注意です。

運輸支局に隣接する「予約センター」で希望ナンバーの「予約済証」を受取れます。

予約済証の発行手続き

私の管轄の予約センターでは、写真のような端末があり、「インターネット予約済証発行申込書作成」という画面から、入金確認メールに記載されていた「受付番号」を入力すると申込書が印刷され、氏名等を書いて窓口に提出するとすぐに「予約済証」が交付される仕組みでした。

交付された「予約済証」は、運輸支局での登録手続きの際に添付しましょう。登録手続き完了後に希望ナンバーのプレートが交付されるので、その場で車に取り付けて手続き完了となります。

-生活知識

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.