レビュー

住んでみて感じた大阪「野田」の5つの魅力と夜の治安状況を写真でお伝え!

夜間の野田駅前

私が野田に住んでいたのは、2014年~2017年の約3年。

今は仕事の関係で別の町へ引っ越しましたが、野田はとにかく交通が便利で、ほどよく都会でありながら、路地に入ると下町の雰囲気もある住み心地のよい町です。

住みやすい町の条件といえば、利便性と治安・安全性は必須ですが、大阪市内でそれを備えた町を問われれば、私は迷わず野田をおすすめします。

この記事では、私が実際に野田で3年間暮らした経験をもとに

  • 野田の5つの魅力
  • 野田の中でもおすすめの町とその夜の雰囲気(写真付き)

の2点を中心にお伝えしています。

平日21時~22時の街並みの写真を地区ごとに掲載しているので、女性の一人暮らしや、夜遅いサラリーマンの方など、大阪市内で引っ越しを考える方の参考になれば幸いです。

魅力1 交通の便がとにかく良すぎる

マップを見てもらうと、各線の駅が集中しているのがわかるかと思います。

野田にある駅

阪神電鉄:野田駅
JR環状線:野田駅
JR東西線:海老江駅
地下鉄OsakaMetro千日前線:野田阪神駅、玉川駅

西の方なら、少し足を伸ばせば阪神なんば線の西九条駅もあります。

阪神電車

急行が止まります。梅田なら4分、三宮も35分あれば着きます。

JR東西線

東は奈良方面へアクセス可能、西は尼崎でJR東海道本線へ繋がります。

JR環状線

時計回り2分で福島駅、4分で大阪駅、8分で天満駅、12分で京橋駅。

大阪、京橋から京都方面へのアクセスも可能ですし、大阪のグルメ2大都市である福島、天満へのアクセスも抜群です。

環状線を反時計回りに乗れば、7~9分でユニバーサルシティ駅に到着するので、年パス持ちのUSJ好きには最高の環境です。

地下鉄

ミナミまで10分。なんば方面へ乗り換えなしでアクセスできるのも強みです。

どこへでも行けますし、同じところへ行くにも選択肢があります。

例えば京都へ行く場合、JR京都線が動いてなくても、京橋経由の京阪電鉄で、なんていうことも可能です。

魅力2 梅田まで約2キロの好立地

大阪の経済、商業の中心地である梅田

その梅田のベッドタウンである野田は、梅田まで2~3キロの距離にあります。

野田から大阪の所要時間

例えば大阪駅までのおおよその所要時間は

  • タクシーなら10分
  • 自転車なら15分
  • 歩いても30分

という好立地。

道中には大阪きってのグルメな町「福島」も位置しており、梅田で買い物した帰りに福島でご飯、ということも可能です。

魅力3 深夜営業のスーパーが充実

深夜まで営業している大きいスーパーがたくさんあります。

例えば阪神の野田駅に直結しているイオンは4階建ての複合施設で、1階のスーパーは朝8時~深夜0時まで営業していて大変便利。

他にも深夜も開いているスーパーが多いです。

ライフ 深夜1時まで営業
万代 深夜11時30分まで営業
KOHYO 24時間営業

魅力4 役所、警察、図書館、病院、銀行なんでもある

大阪市福島区役所が野田にあり、区役所の周りには警察、消防、図書館など行政施設が集まっています。

阪神などの駅周辺には金融機関も多く、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などが店舗を構えています。

また駅の近くには、ドラッグストア、コンビニ、飲食店が多く、生活に困ることはまずないでしょう。

大型電気店や本屋、総合病院もあるほか、ツタヤが2つもある始末。野田阪神の駅前には小さいですがネットカフェもあります。

引っ越し後はよくホームセンターのお世話になりますが、野田阪神駅から西へ1km行けばのコーナン大開店があります。

まさに死角なし。遠出をしなくても生活県内に全てがそろっているイメージです。

魅力5 夜でも明るく人通りが多い

阪神、東西線、地下鉄は駅を出ると2号線や北港通りなどの大通りに出ますが、大通り沿いは交通量も多く明るいです。

夜でも歩道の人通りがあるうえ、24時間営業のコンビニ、ファミレスや深夜営業の大型スーパーなども多いため、女性の1人歩きでも安心です。

JR環状線方面も駅周辺はお店もたくさんあり、明るく人通りも多いです。
大阪都心部にこれだけ近くてこの治安は良い方でしょう。

3年間住んでみて治安が悪いと思ったことは一度もありません。

デメリット 騒音

褒めるばかりだと胡散臭いので悪い点も少し。

交通量や人通りが多いということは、裏返せば「うるさい」ということでもあります。

私は、北港通り沿いのマンションに住んでいましたが、窓を開けると夜中でもトラックの走る音や、ときどき暴走族の騒音聞こえました。

睡眠を妨害されるレベルではありませんでしたが、大通り沿いは窓を開けると少しうるさいかもしれません。

野田の治安がよいおすすめの住宅街は?

野田のおすすめの町

吉野、鷺洲、海老江あたりが治安も良くおすすめ。

これらの地域は駅にも近く、大通りを通って家の近くまで行けますし、路地内の住宅街も明るく人通りがあるので安心です。

おすすめの町

  • 吉野3丁目4丁目(地図中の緑のライン内)
  • 海老江1丁目、2丁目、5丁目(青色の丸の内側)
  • 鷺洲1丁目、3丁目(オレンジの丸の内側)

3つとも広い町ですが、野田駅の周辺でいえば地図内で囲んでいる部分になります。

それぞれの地域の夜の写真を掲載するので夜間の雰囲気を掴むのに役立ててください。

各写真は木曜日の21時~22時の間に撮影したものです。

吉野の治安や夜の雰囲気(地図上の緑ライン)

北港通り
駅から吉野へ向かう北港通りの夜間の様子。

北港通りは片道3車線ある大きい通りなので車の交通量はとても多く、治安面では安心です。

通り沿いにはツタヤ、飲食店、コンビニ、警察、消防、深夜営業のスーパーなどがあり、夜でも明るい通りです。

吉野の路地

こちらは北港通りから路地に入った住宅街の夜の様子。

吉野の住宅街、特に吉野4丁目あたりは、路地内も道路が広く開放的で、しかもかなり明るいので、静かですが怖い雰囲気はありません。

3丁目の方は古い一軒家が多く、狭くて暗めの路地もあるので、どちらかと言えば4丁目の方がおすすめ。

アクセス面では、北に抜ければ環状線「野田駅」に出るので、野田にある全ての路線が徒歩圏内であり、最も交通の利便性が高い町でもあります。

JR野田駅の高架下は居酒屋なども多く少しごちゃっとした印象もありますが、治安は良いです。

環状線野田駅の周辺

環状線「野田駅」の周辺写真。

高架下には居酒屋や飲食店が多く並び、ツタヤやコンビニなどもあります。

鷺洲の治安や夜の雰囲気(地図上のオレンジの丸)

鷺洲に向かう国道2号線

鷺洲に向かう国道2号線の様子。

こちらも車や人の交通量は多く、道中にダイコクドラッグや24時間営業のやよい軒などがあります。

近くに大型のパチンコ店がありますが、特段ガラが悪いという印象もありません。気にする人は気にすると思うので、お部屋を探す時に考慮してみるといいかもしれません。

鷺洲の路地

21時30分頃の鷺洲の路地の様子。

鷺洲は細い路地も結構多いですが、阪神の駅からも近いせいか、21時台であれば細目の路地でも視界に必ず人が入るほどの人通りがあるので治安面での心配は不要です。

圏内にはイオン、関西スーパー、KOHYOの3つのスーパーがあり、KOHYOは24時間営業。

鷺洲の東の方は環状線「野田駅」には少し遠いですが、同じJR環状線の「福島駅」に近いです。

海老江の治安や夜の雰囲気(地図上の青丸)

海老江の路地

海老江1丁目、2丁目、5丁目あたりは阪神の駅にも近く、エリア内に大きい通りがいくつもあり、路地内も明るく広い道が多いです。

3つのおすすめの町の中でこのエリアが夜の路地内の人通りや交通量が一番多いです。

駅前のイオンのほかコンビニも多いエリアですし、路地から出るとすぐに車の通りが多い国道2号線に出ますし、治安面は問題ないでしょう。

唯一の弱点はJR環状線に少し遠いことでしょうか。

住む場所にもよりますが、JR野田駅、JR福島駅のいずれも徒歩15分程度と微妙な距離があります。

徒歩圏内ではありますが、環状線をよく使う機会があり、なるべく歩きたくない人は、この微妙な距離感を慎重に考慮した方がよいでしょう。

最後に

おすすめした3つのエリア以外も基本的には住みやすいですが、大型のパチンコ店があったり、暗い路地が多かったり、反対に明るいけど人通りは少ないなど、少し気になる点があるので除外しました。

当記事が引っ越しを検討する際の参考になれば幸いです。

-レビュー

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.