ライフ

車庫証明の取り方や必要書類の書き方!自分で取得して費用を節約しよう!

自動車

身内から車を譲り受けた時に、節約のために自分で車庫証明をとりましたが、車庫証明の手続きは思ったよりも簡単でした。ディーラーなどの業者に頼むと代行料を取られますし、平日に仕事を休めるなら自分で取るのがオススメです。

ということで、手続き方法について実体験に基づく注意点も交えつつ解説します。

車庫証明とは?なぜ必要?

車庫証明とは、自動車の保管場所を確保していることを証明する書類です。

日本では「自動車の保管場所の確保等に関する法律」によって、自動車の保有者は保管場所を確保することが義務づけられており、車の新規登録や名義変更(移転登録)の際には、車庫証明を運輸支局に提出する必要があります。

車庫証明は警察署長が交付することが法に定められているので、保管場所を管轄する警察署に申請することになります。

自宅と保管場所(駐車場)が離れている場合で、それぞれの土地を管轄する警察署が違う場合は、保管場所を管轄する警察署に申請する必要があります。自宅を管轄する警察署ではないので注意しましょう。

警察署に車庫証明の交付申請を行うと、車庫の調査が行わます。調査の結果、適切な保管場所と認められると証明書が交付されます。

軽自動車に車庫証明は必要?

届出の手続きが必要な場合があります。

普通車が車庫証明の申請であるのに対して、軽自動車の場合は、警察署に届出をすることが法律で定められています。普通車は申請、調査、証明という過程がありますが、軽自動車は届け出るだけでよいのです。なので警察でも車庫の現地調査を行いません。

原則として軽自動車も保管場所の届出義務があるのですが、地域によって不要な場合があります。都市部以外は不要なことが多いので全国軽自動車協会連合会のホームページや警察署で確認しましょう。

以下では基本的に普通車の手続きを解説していきます。

手続きの流れと交付までの日数

手続きの流れ

step
1
警察署で申請

step
2
現地調査、審査

step
3
証明書と標章の交付

 

申請から交付までには土日を除いて3~5日程度かかります。私の場合は、火曜日に申請して、金曜の15:00以降に交付可能でした。

警察の車庫証明申請の受付時間はかなり限定的なのでスケジュールには余裕をみておきましょう。

ナンバープレートを好きな番号にしたい場合は、この期間に希望ナンバーの申し込みをしておくとよいです。

申請方法は警察署窓口か電子申請

車庫証明の申請は郵送ではできません。警察窓口に直接行くか、インターネットでの電子申請になります。

しかし、電子申請を行うには、役所でマイナンバーカードに電子証明書情報を付加して、自宅にカードリーダーなどを準備する必要があるうえに、電子申請にまだ対応していない都道府県もあります。

電子申請の場合でも、後述する「ステッカー(標章)」の受け取りがあるので、1回も警察署に行かずに手続きをすることはできないようですし、電子証明書が無ければ役所に手続きに行く必要もあります。

電子申請の準備や環境が自宅に整っていないのであれば、警察署に行く方をおすすめします。私は電子申請のやり方の確認と準備がめんどくさいと感じたので、何とか仕事を休んで警察署の窓口で申請することにしました。

電子申請を希望される場合、詳細は公式の自動車保有関係手続のワンストップサービスをどうぞ。

警察署窓口の受付時間と必要なもの

サラリーマンにはとても厳しいですが、警察署窓口での申請書の受付時間は平日の9時~17時くらいです。「くらい」と表現したのは都道府県によって受付時間が異なるから。

例えば、東京では8:30~17:15、大阪では9:00~17:45が受付時間です。

土日、祝日、年末年始は受付していません。おまけに12:00~13:00の昼休み時間は受付をしていない警察署もあるので、実際に申請に行く警察署に直接確認した方がいいです。

必要なモノ

  • 必要書類
  • 完成検査終了証や車検証等
  • 必要書類に使った全員分の印鑑(認め可)

新車の場合は完成検査終了証を、中古・譲渡の場合は自動車検査証を必ず持っていきましょう。必要書類の記載内容が間違っている場合に修正が必要になりますし、私が警察署に電話で必要書類を確認した際には、記載内容と車検証の内容に間違いがないか確認するので持ってきてくださいと言われました。

必要書類に訂正が必要な場合は、印鑑が必要になるので申請者の印鑑は必ず持っていきましょう。後述する使用承諾証明書という書類に修正がいる場合は、使用承諾者の印鑑が必要なので、使用承諾者が家族の場合は印鑑を預かっていきましょう。

車庫証明の取得にかかる費用

申請書を提出するとき、証明書の交付を受けるとき、それぞれに手数料がかかります。

手続き費用

申請時:2,000~2,200円

交付時:500円~600円

金額の幅があるのは、都道府県によって違いがあるからです。私の場合の車庫管轄地域は申請費用2,200円、交付費用500円、合計2,700円でした。業者に代行を依頼すると、上記の手数料とは別に1万円前後も取られるので大きな節約となりました。

手数料の支払いは収入証紙による納付で、現金では受け付けてくれません。といっても、警察署に隣接して収入証紙の販売所があるはずなので、事前に準備していく必要はありません。申請時に購入しましょう。

申請時に交付時用の500円分も購入しておくと交付時の手間が省けます。

必要書類と書き方

必要書類は4種類で、警察署で様式をもらうか、ホームページからダウンロードします。

必要なモノ

  • 自動車保管場所証明申請書(2通)
  • 保管場所標章交付申請書(2通)
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用権原疎明書面(自認書

4については、保管場所が貸駐などの他人所有の場合は、代わりに「保管場所使用承諾証明書」が必要

書類を警察署でもらうと、1と2が4枚つづりの複写様式となっているので1回書けばOKですが、様式をダウンロードする場合は4回書く必要があるので手間がかかります。

3と4をダウンロードして事前に準備しておき、1と2は申請に行く当日に警察署で書類をもらって、その場で記入捺印するのが一番楽です。その場合は印鑑を忘れないように注意しましょう。

様式をダウンロードする場合の注意点

1と2の書類についての注意点です。警察署でもらう場合の1と2の書類の4枚つづりは、実は4種類の違う様式です。

4枚種類の内訳

  1. 保管場所証明申請書の運輸支局保管用
  2. 1枚目の警察署保管用
  3. 標章交付申請書の申請者保管用
  4. 3枚目の警察署保管用

「1枚目と2枚目」、「3枚目と4枚目」は一見同じに見えますが、実は枠外に1~4の通番があったり、「○○提出用」という微々たる違いがあります。

ホームページからダウンロードする場合も、同様に4種類あります。「同じのが2枚あるぞ」と勘違いして1枚目だけ印刷したり、1枚目のものを2部印刷したりすると、最悪やりなおしなので気をつけましょう。

自動車保管場所証明申請書(2通)の書き方

自動車保管場所証明申請書

名前のとおり自動車保管場所証明(=車庫証明)の申請書です。

書き方

車名


トヨタやホンダなどのメーカー名を記載

型式、車体番号、自動車の大きさ

  • 中古、譲渡の場合は車検証を確認
  • 新車の場合は販売店に聞くか、完成検査終了証を確認
  • 自動車の大きさのミリは切捨て

使用の本拠の位置


個人の場合は、実際に居住する場所(通常は住民票の住所)を記載します。

保管場所の位置


駐車場の所在地を記載します。私の管轄警察署では「同上」は認めないと言っていたので、正確に記載するのが無難です。

保管場所標章番号


「車の買替」「本拠と車庫の位置に変更なし」「申請時に旧車両を保有」すべての条件を満たす場合に、標章番号を書けば必要書類のひとつの「所在図」を省略できます。標章番号は車に貼ってある標章(次の項目で説明)に書いてあります。

保管場所標章交付申請書(2通)の書き方

保管場所標章交付申請書

保管場所標章の交付を求めるための申請書です。標章とはステッカーのこと。保管場所がある自動車と認められると警察署からステッカーがもらえるので車に貼らなければなりません。

書類の書き方は、自動車保管場所証明申請書と同様です。

保管場所の所在図・配置図の書き方

所在図は車庫の地図。配置図は車庫内の具体的にどの部分に車を停めるのか確認するための書類です。

所在図について

車庫は「使用の本拠の位置(自宅住所)から2km以内」に確保していないと認められないので、自宅と車庫が離れている場合は、直線距離で2km以内であることが判断できるように、自宅と車庫の両方が入った地図を添付しましょう。

配置図について

  • 借りてる駐車場の場合は何番のスペースなのか図示
  • 所有地の場合は土地の中で車庫がどの部分かを図示

「保管場所に接する道路幅」や「保管場所の奥行きと幅(高さ制限ある場合は高さも)」を記載する必要があります。

書き方

添付が認められているので、私は様式にはそれぞれ別紙と記入し、所在図としてグーグルマップを、配置図として自宅購入時の見取り図を添付しました。

神奈川県警より記載例の引用、所有地の場合とレンタル駐車場の場合の記載例があってわかりやすかったです。

【所有地の場合】
所有地の場合の配置図記載例

【レンタル駐車場の場合】
レンタル駐車場の場合の配置図記載例

保管場所使用権原疎明書面(自認書)の書き方

「しようけんげんそめいしょめん」と読みます(以下、自認書と書きます)。

「ここは自分の土地だから車庫として問題なく使えるよ」と警察に表明するための書類です。

もし、レンタル駐車場など車庫が他人の土地の場合には、自認書の代わりに「保管場所使用承諾証明書」という書類が必要になります。

兵庫県警より記載例の引用です。
自認書記載例

保管場所使用承諾証明書とは

「使用者(車庫を借りる人)がこの土地を車庫として使用することを承諾してますよ」と、使用承諾者(貸す人)が警察に表明するための書類です。

再び兵庫県警より記載例の引用です。

使用承諾証明書の記載例

車庫が共有の土地の場合

自認書と承諾書は基本的にどちらか1枚を出すのですが、共有の土地を車庫とする場合は、自認書と承諾書の両方が必要です。

例えば、自宅を建てる時に土地を購入して、土地の所有権を夫婦で共有名義にしているケースで、土地の一部を車庫にする場合などが該当します。

所有権には土地を自由に使用する権利も含まれます。夫と妻のそれぞれが権利を持っているので、その土地は自分の物でもあり、配偶者の物でもあるのです。

土地を自由に使用する権利を持っている人どおしで後々トラブルにならないように、自分の権利分として自認書を、配偶者の権利分として承諾書を提出します。

分からないことは必ず事前確認

車庫証明の手続きは、都道府県警ごとに若干異なる部分もあります。せっかく休みを取って行っても不備があると受け付けてもらえない場合もあるので、分からないことがあれば必ず電話で事前確認をしましょう。

私が手続きに行ったときも、申請書の日付が未来日になっていて受付を拒否されている方がいました。その方は代理で、申請者の印鑑も持ってきていなかったようで、その場で訂正することもできず出直しとなっていました。

車庫証明を自分で取得する際には、無駄足を踏まないように気をつけましょう。

-ライフ

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.