ペットグルーミンググローブがおすすめ!猫にラバーブラシでブラッシングした感想

ペットグルーミンググローブ

愛猫の日々のブラッシングは大変ですよね。

やってもやってもエンドレスに抜ける毛の山。

うちは2匹猫を飼っていて、1匹はブラシをそんなに嫌がらないのですが、もう1匹はブラシを嫌がります。

ブラッシングの頻度が落ちると、家の中の毛玉が増えるし、猫がグルーミングで抜け毛を飲んでしまったらいけないのでどうしたもんかな〜と悩んでる矢先。

ブラシ以外のブラッシング方法、見つけてしまいました。

その名も「ペットグルーミンググローブ」

今回は楽天で高評価のペットグルーミンググローブを実際に使ってみた感想、レビューです。



ペットグルーミンググローブとは

ペットグルーミンググローブとは、冒頭の画像を見てもらうとお分かりのとおり、ブラシとラバーグローブを一体化したもの。

このグローブをはめて猫をナデナデすると、ブラッシングできる画期的なアイテムです。

しかも、ラバー面のイボイボがマッサージとなって気持ちいいのか、猫もグルグル言いだす魔法アイテムでもあります。

我が家では、ブラッシングは定番の人気ブラシであるファーミネーターを使用していますが、冒頭のとおり1匹が嫌がるので、ブラシ以外の方法がないかと考えていたところでした。

使い方

グローブをはめて、あとは縦横無尽に猫を撫で回してください。

グローブ表

使用済みで汚くてすみません。早く使ってみたくて写真撮るの忘れてました。

表面がラバーとイボイボになっていて、猫を撫でる面です。

グローブ裏

裏面はメッシュになっていて、通気性に優れます。

手首のところはマジックテープで固定できるようになっています。

使ってみた感想

撫でやすいです。手袋タイプなので、ブラシでは撫でにくい、尻尾や手足の毛も取りやりやすかったです。

個体差はあると思いますが、ブラシが苦手なうちの猫とは相性が良かったようで、気持ちよさそうにしてました。

背中を撫でる

毛がラバー面がに絡め取られると伴に、猫がぐるぐると気持ち良さそうに喉を鳴らしてくれます。

お腹を撫でる

そのままの体制でお腹も撫でやすいです。

取れた毛

ひとしきりなで終わるとこんな感じ

使った後のメンテが若干めんどくさい

どんなアイテムでも使った後のメンテナンスは重要です。

我が家で使っているブラシタイプのファーミネーターの素晴らしい点は、後処理が楽なこと。毛を取り終えたらレバーワンタッチで毛が取れてゴミ箱に捨てれることが利点でした。

この点ペットグルーミンググローブはどうでしょうか。

グローブから毛を取りにくいとなると論外です。

緊張の一瞬

ペリっと

おぉッ!!

グローブから毛を取る

ラバー面から毛がまとまってぺりぺりっと剥がれます。

だいたいの毛がこれで取れます。

ゴッソリ取れるとなんだか気持ちいい...少し癖になりそうな快感がありますね。笑

最終的に取れた毛の量はこれくらいです。

グローブから取れた毛

毛が舞うし、合わない猫もいる

リアルな感想を述べます。先述のとおり、ラバー面の毛はするする取れて気持ちいいですが、表面ふちのわずかなメッシュの部分には毛が残りますし、ラバー面も完全に毛を無くそうと思うとわずかながら手間がかかります。

どんなタイプのブラシでも、新品同様にきれいに毛を取るのは難しいので、ペットグルーミンググローブ特有のデメリットという程のことではないですが、ぺりっと毛がきれいに取れるといっても限度があるということです。

あと、撫でる時とラバーから毛を取る時にちょっと毛が舞うので注意です。

また、我が家の猫のうち、1匹はペットグルーミンググローブを受け付けません。猫によって相性や好みが違うので、ラバータイプやブラシタイプを使い分けるのが一番いいかなと感じました。

口コミ

最後に

猫の好みは個体差もあり千差万別。実際に我が家の猫もブラシが好きな子とラバーグローブタイプが好きな子がいるわけで、それぞれ使い分けて使用しています。

ペットグルーミンググローブが好きな子は、本当に気持ち良さそうにしているので、買ってよかったです。

値段もそこまで高くないので、ブラシタイプが苦手な子には試してみる価値があるかもしれません。


【お得な両手セット登場!】ペット グルーミング グローブ 右手 左手 抜け毛 ブラシ 毛玉 除去 右手用 マッサージ お手入れ 犬 猫 用 2カラー ピンク ブルー グルーミンググローブ

-

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.