いろんな「おすすめ」を紹介・比較・レビューするブログ

78Lifelog

猫のしっぽの動きの意味は?パタパタ、ゆらゆら、しっぽピーン!しっぽが語る猫の気持ち

猫しっぽ

猫は犬に比べると、飼い主に寄り添うことのない動物のように思われがちですが、そんなことはありません。

一見、ポーカーフェイスに見えるような猫も、豊かに感情表現をしていることがあります。

猫を飼い始めたばかりの初心者さんには、その判別が難しく、仲良くしていたのに急に噛みつかれたとかいうような話をよく聞きます。

ということで、まずは一番簡単なところでしっぽの動きから、猫の気持ちに近づいてみましょう。

しっぽをパタパタ

しっぽの動きとして、一番典型的な動きは、しっぽをパタパタと動かす動きです。

まずは、全体を動かしているか、先っぽだけ動かしているかを確認しましょう。

先っぽだけ小さく動いている

先っぽだけ動かしている時は、何かに集中している時や、面倒くさいと思っている時が多いです。

例えば、おもちゃに狙いを定めて飛びかかろうと構えている時や、寝ている時に名前を呼ぶと見られることが多いです。

全体が大きく動いている

それでは、大きく動かしている時はどうでしょうか。

これは、喜んでいるパターンや怒っているパターンなど様々です。

喜んでいると思われがちですが、怒っている時も大きく動かすので、後述するようにブンブンと振っていたら怒っている可能性が大です。

しっぽを大きく振っていると、犬の場合は喜びになりますが、猫の場合は怒りやイライラを表していることもあるのです。

ではどうやって見分けるのでしょうか。

喜んでいる時はゆっくり

喜んでいる時は、同じ大きく動かすにしても、ゆっくり動かします。

大きくゆらゆらとゆっくり動いている時は、リラックスしているときや興味津々という時が多いようです。

しっぽの振りが早いとき

左右にしっぽを早く動かしている時は、イライラしていたり、不快な気持ちを表しています。

何か嫌なことがあったとき、嫌がっていることを教えるために、この状態になることがあるので、だっこや撫でたりしている時に、最初はゆっくり動かしていたのに、だんだん動きが大きくなってきたら、嫌がっているんだなと思い、様子を見てそばを離れてあげましょう。

最初のうちは、違いや変化が分かりにくいかもしれませんが、だんだん気持ちが分かってくるようになるので大丈夫です。

ちなみに、猫は嫌なことをする人と認識すると、なかなかそれを忘れてくれません。仲良くしたいのなら、嫌がっているサインは見逃さず、猫が嫌がることを続けないように気をつけましょう。

左右にブンブン

しっぽを左右に激しくブンブンと振っているときは、大きな怒りを表していて、攻撃態勢にあります。

飼い主さんに対してブンブンすることは、あまりないと思いますが、猫どおしのケンカでよく見る光景です。

「細かいしっぽの動きがたくさんあるけど、ブンブンってどれくらい?わかるかしら?」と心配なそこのあなた。

大丈夫です。実際に見ると「あぁ~これか!」とすぐわかるくらいブンブンです。

しっぽが膨らむ

しっぽの毛を大きく膨らませている状態は、威嚇を表しています。

猫どおしの喧嘩でたまに見ますが、タヌキにしか見えません。

自身の体の一部でもあるしっぽを大きく膨らませて、更に山形にすることで体を大きく見せているのです。

対象よりも自身が大きいことを誇示することで、威嚇して追い払おうとしています。そのため、恐怖の対象にもこういった動きをすることがあります。

猫どおしのケンカが始まると、まずは先述したとおり、しっぽを大きくブンブン振り回し、相手の猫に対して闘争心を示し、最終的にしっぽを膨らませて、よくタヌキになります。

我が家は多頭飼いなので、最初は楽しそうにじゃれ合っていたのに、いつのまにかお互いしっぽをブンブンして、最後は「平成タヌキ合戦ポンポコ」状態になるのが常です。

猫を飼い始めた当初は、血を見るんじゃないかというくらい激しい骨肉の争い(血は繋がってないけども)にヒヤヒヤしたものですが、放っておくといつのまにか仲直りしています。

しっぽピーン

猫がピーンとしっぽを垂直に立てていることがあります。

遠くからこちらを見ながらだったり、何かを見つめながらそれをしている時は、何だろうと思っていることの表れです。

猫は好奇心の強い動物なので、新しいものを目にしたり、聞きなれない物音がしたりするとその状態になります。

さらに、しっぽをぴーんとたてたまま、足にからみついてくることもありますが、それはあいさつに来ているか、甘えているか、お願い事があるかです。

基本的に、猫にとって安心できる人、気に入った人にすることが多いので、しっぽがピーンとなった状態ですり寄ってきた場合は、遊んだり、スキンシップを取ったり、ごはんやトイレを気にしてあげましょう。

お腹がすいてご飯が欲しい時など、可愛らしい声つきでこれをするので、分かりやすいかと思います。

私はよく「遊べー!」というお願いごとを、甘えと勘違いして抱っこするのですが、すぐにスルっと逃げられます。

あと、注意点としては、しっぽがピーンとたっているからといって、必ずポジティブな感情とは限りません。

同じピーンの状態でも、毛が逆立って、しっぽも膨れているようなら、かなり怒っている状態なので、要注意です。きっと鳴き声も怒った声を出していると思うので、これはすぐわかるはずです。

しっぽを足の間やお腹に巻き込む

しっぽを動かさず、足の間やお腹の下に巻き込んでいることがありますが、これは恐がっている状態を表します。

先ほどの、しっぽを膨らませる状態とは真逆で、しっぽを内側に丸めることで自身を小さく見せて、逆らわないという意思表示をしているのです。

飼い主に怒られてしまったり、知らない人が来た時や、知らない場所に来た時などに見る姿です。

小さなお子さんがその状態の猫に向って行って、引っかかれてしまうことがありますが、「驚いているみたいだから、ちょっと待ってね~」と言って、慣れるまでそっと見守ってあげましょう。

基本的に、猫は小さな子には優しく、自分の安全さえ確認できれば、我慢することも知っている動物です。お行儀の悪い子に見られないようにしてあげることも、飼い主の大切な役割かと思います。

ちなみに、我が家の猫のうち1匹は、極度の人見知りなので、家のチャイムが鳴っただけで布団の中に潜り込み、しっぽをお腹に巻き込んで切ない声を上げています。

しっぽが力なく下がっている

しっぽを力なく下げている状態。

この状態は、元気があまりなかったり、体調がよくない場合があります。

喧嘩に負けてしまったり、何かしらやってはいけないことをした後、こういった状態になることがありますが、そういう時もあるのでそれは問題ありません。

特に原因が見当たらないのに、常時しっぽが元気なく下がっている状態が続くようでしたら体調不良や病気の可能性も視野にいれ、病院に連れて行ったほうが良いかもしれません。

最後に

「そういうしっぽの動き見たことある!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

猫のしっぽは、想像以上に様々な感情を訴えかけています。

といっても、個体差もありますし、微妙な動きからは結局、感情が読み取れないことは多いです。

しかし、ご紹介した様々なしっぽの動きに合わせ、鳴き声のトーン、表情、体の動かし方などを組み合わせると、だんだん愛猫の気持ちが分かるようになります。

折角、ご縁があって家族になった猫です。交流を図り、気持ちを通じ合わせましょう。決して難しいことではないですよ。



-

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.