いろんな「おすすめ」を紹介・比較・レビューするブログ

78Lifelog

おでかけ

【乗車記】満席のウィラー「ニュープレミアム」2列席で東京~大阪を移動した感想

ニュープレミアム車内

満席の状態のWILLER EXPRESSの高級夜行バス「ニュープレミアム」の2列席の方に1人で乗車し、東京から大阪へ行った際の乗車記です。

ニュープレミアム座席表

ニュープレミアムのシートは3列になっており、上記座席表のAとBが「2列席」、Cがプラス500円の「独立席」として販売されています。

独立席がよかったのですが、やはり人気のようで、2列席しか残っていませんでした。しかも最後の1席ということで慌てて予約。真ん中の前から2番目である2Bの座席を確保しました。

満席で前後左右の席に人が座っている状況の中でも、ニュープレミアムは普通の夜行バスと違い、プライベートな空間が守られ、快適に乗車することができるのか!?

車内設備や深夜の車内環境を、可能な限り寝ずに調査しました。

寝やすいバスで寝るのを我慢するという本末転倒っぷりでしたが、この努力が参考になれば幸いです。

ニュープレミアムの特徴

まずは、ニュープレミアムのご紹介。

車内の特徴

シート幅

座面50cm(ひじ掛け込み61cm)

シート前後間隔

117cm

最大リクライニング

146度(136度+ゆりかご10度)

設備

電動ゆりかごリクライニング・レッグレスト・テーブル・枕・ブランケット・Myカーテン・コンセント・スーツ掛け

ニュープレミアムのシートはゆったり仕様

最大の特徴は、やはりそのゆったりした空間。車内には8列しかシートがなく、前の座席との間隔が広いので、足を伸ばせる上に、シート幅も広く体勢変更も楽です。

新幹線普通車の標準が、シート前後間隔104cm、シート幅44cmであることを考えると、その広さがよくわかると思います。

シート

車内が暗く画質が荒くなってしまいましたが、こちらがシート

シートピッチ

スペースを赤丸で囲んでみました。

座った状態でも前方に大きな空間があることがわかると思います。146度のリクライニングが売りですが、足を自由に伸ばせるので、リクライニングしなくても既に楽なのです。

シート機能一覧

機能一覧やシートの操作方法を書いた資料が各席においてあります。レッグレスト、コンセントのほか、左のひじ掛けにはテーブルが格納されています。

枕

そして、各シートに付属しているこの枕が優れもの。夜行バスでは頭が固定されず左右に振られて、次の日に首や肩が痛くなることがありますが、この枕は頭をしっかり支えて固定してくれるので快適に眠ることが可能。高さ調整も可能なので誰にでもフィットします。

シートの感想

ゆったりシートで自由に足を伸ばせるのが何より嬉しい。さすがに寝返りはうてないので耐圧分散まではできないが、体勢も変えやすく疲労軽減効果は大きい。

座席をカーテンで仕切れる

プライベート空間を守るカーテンがあるので、口あけて爆睡しても大丈夫!だらしない格好でも大丈夫!カーテンで仕切れば左右は全く見えません。

2列席のカーテン

2列席のカーテンです。写真は私の2Bの席から、同じく2列席の左隣である2Aを撮った写真です。カーテンが少し開いていますが完全に閉めることも可能です。

独立席のカーテン

こちらは2Bの席から右隣の独立席である2Cを撮影したもの。

前後にはカーテンがありませんが、シートが大きいので前後の様子が特別気になることもありませんでした。

カーテンは遮光性もあるので、消灯後に隣が明かりをつけても気になりませんし、もし寝れなくてもこちらも気にせずスマホを触れます。

カーテンの感想

カーテンを閉めればプライベート空間が保てるので、斜めを含む前後左右に人がいても特に気にならない。普通のカーテンなので防音は望めない。

ニュープレミアムの座席タイプ

ニュープレミアム座席表

再び座席表。乗車券を購入するときには、座席のタイプは5種類あります。

乗車券タイプ

独立タイプ

(1)独立席:C列

(2)エコノミー:7C

2列タイプ

(3)2列:A、B列(異性が並ぶことはない)

(4)2列席男性専用:1Aの席

(5)エコノミー男性2列:1Bの席

(2)エコノミー

独立席ですが、非常口に近くリクライニングに制限があるため、安い値段設定になっています。

(4)2列席男性専用

隣の1Bが空席の際に交代要員の運転手が仮眠をとる場合があるので男性専用のようです。

(5)エコノミー男性2列

乗降口で足元が少し狭いため、安い値段設定になっています。

 

乗車券の予約や空席確認はWILLER EXPRESS公式ページから手続き可能です。

ニュープレミアムは女性でも安心

ニュープレミアムに乗車すると女性客の多さに驚きます。

次の円グラフは、ニュープレミアムの乗客比率を表したものです。

乗客比率の円グラフ

 

乗客比率を見てみると、20代女性が29%で1位。

30代女性も10.5%と多く、女性でも安心して利用できることが伺えます。

  • カーテンでプライベートが保たれる
  • ゆったりシートでリラックスできる
  • 2列タイプでは異性が隣合うことのないように調整してくれる

以上のポイントを考慮すると女性1人でも安心ですね。

ニュープレミアムに乗った人のSNSでの口コミ

ニュープレミアムに乗った人がツイッターで感想をあげていたのでご紹介。

ニュープレミアムの欠点

トータル大満足ですが、せっかくの乗車記なので、実際に乗って感じた微妙な点についても書きたいと思います。

2列席の窓側は通路に出にくい

2列シートの窓側になった場合、真ん中シートの人をまたがないと通路に出れません。休憩時にいちいち声をかけたり、寝ている上をまたぐのは、気を使うので2列シートの欠点と言えるでしょう。

独立シートを選択すればこの欠点は解消されます。

車内にトイレがない

ニュープレミアムシートにはトイレがありません。休憩は多いですが、長時間の移動になるので、やはりトイレが車内にないのは不安です。

ゆったりしたシートスペース確保のために犠牲にしたのでしょう。トイレ付きの他のタイプはやはりニュープレミアムよりは、シートピッチが狭くなる傾向にあります。

トイレを取るか、シートの快適さを取るか、どちらに重きを置くかですね。

東京~大阪はトイレ休憩は3回、SAは深夜も営業

車内にトイレがない代わりに3回休憩があります。また、運転手にお願いすれば所定の場所以外でも最寄りのトイレがある場所に停まってくれます。

休憩スケジュール

  • 23:00 海老名SA
  • 0:55 静岡SA
  • 4:10 甲南PA(アナウンスなし)

SAの様子

海老名と静岡はこの時間でもコンビニやお土産売場が開いています。静岡でも東京土産も売ってます。買い忘れた場合はここで買いましょう。

ニュープレミアムの車内環境について

冬の車内温度と服装

2月上旬の乗車でしたが、車内の温度はかなり高いです。体温調整できるような服装にしましょう。

ブランケットも座席にあるので、薄めの服装で念のため羽織るものがあれば十分かと。

車内アナウンスによると席によって気温が違うそう。窓際に比べ、私の座っていた真ん中の列は、より暑かったのでしょう。ヒートテックに薄いニットで最初のうちは汗かいてました。

1~2時の深夜帯になってくると、ちょうど適温でした。

シートを倒されても気にならない

私のすぐ前の1Bの席は、最前列の中央で、足元が少し狭いのでマイナス500円のエコノミー席として販売されることもある座席。今回はその1Bの席は交代要員の運転手が仮眠をとる席でした。

出発前にわざわざ「仮眠のときにシートを少し倒させてもらってもいいですか?」と運転手が聞きに来てくれたのが好印象。

1回目の休憩を終えた後、仮眠に入ったようで、シートがぐーんと倒されました。

少しって言ってたけど全倒ししてませんか?笑

それでも、私のひざにシートが当たることもなく、窮屈ということもなく、シートを倒されても特に気になりませんでした。

消灯後は視界も悪いので、ウトウトしていたらシートを倒されたことに気づかない可能性すらあります。

私はシートを倒していない状態だったので、座席スペースにかなり余裕があることがわかります。

さすがに、シートをフルで倒された状態で立ち上がろうとすると狭いと思うので、前の人が休憩に気づかずシート倒したまま寝てる場合は邪魔そうです。

いびき対策

他人のいびきが気になる人は耳栓を持っていきましょう。

リクライニング最大146度のニュープレミアムでは、いびきをかく人が多いのではないかと個人的に思ってます。

いびきの主な原因は、仰向けで寝ているときに舌の付け根がノドに落ち込み気道を潰してしまうからです。

普通の夜行バスでは垂直に近い座位で寝ることになるので、体勢的にはいびきをかきにくいのですが、ニュープレミアムでは仰向けに近づきます。

神経質な人は耳栓必須です。

車内のいびき体験談

案の定、深夜0時を過ぎた頃から、まわりからいびきが聞こえてきました。

トップバッターは左の席のサラリーマン。

サラリーマン

「ぐぅー...ぐぅー...ぐぅー...」

どうやら彼はスタンダードタイプ。

ボリューム小さいのが救い。お仕事お疲れ様です。

続く二番手は、右斜め後ろのおじ様。

おじさま

「ずぴー、ずぴー、...ッ!......すかぁぁー!」

何かが詰まっている模様。

三番手は前方から。

???

「ぐー、ぐー、ぐッ!..................ぐがぁッ!!」

え!?無呼吸症候群?(汗)

爆音の出所は前方から

ん?前方?

私の席は真ん中の前から二つ目

真ん中最前列といえば.....

交代要員の運転手ーー!!?

無呼吸症候群って急に眠くなるやつじゃないの?

大丈夫なの?ねぇねぇ大丈夫なの?(汗)

私の不安を他所に、不穏な三重奏を響かせながらバスは夜の道を西へと走るのであった。

というのは実体験の小話ですが、要はいびきが気になる人は耳栓忘れないでということです。

普通の夜行バスに比べていびきをかく人が多いのではないか!?というのは個人的な推察なので定かではありませんが、三重奏以外にもいびきは時々聞こえてきたので要注意です。

以上、ニュープレミアムの乗車記でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

-おでかけ

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.