いろんな「おすすめ」を紹介・比較・レビューするブログ

78Lifelog

おすすめサービス

【saketaku】料金は高いがテイスティングシートが利き酒の勉強になって面白い!

saketaku

 

日本酒好きだが味音痴。

どうもナナハチです。

 

あまり流通していない全国各地の珍しい日本酒を定期購入できる、SNSで話題のサービス「saketaku」

月に1度、「一般的に流通していない日本酒」「日本酒に合うおつまみ」を自宅まで配送してくれるので、珍しい日本酒が楽に飲める点がメリットです。

一方、デメリットは料金が高いこと。

私も利用しながら「けっこう高いな〜」というのが正直な感想ですが、saketakuがただの「日本酒の定期便」ではなく、本質が次の点にあることを考えると、妥当な範囲と思っています。

  • 自分で探さなくても珍しい日本酒が飲める
  • プロの選定なので、はずれのリスクが少ない
  • 日本酒の風味をソムリエがどう表現するかわかる
  • テイスティングや利き酒の勉強になる

 

これらの点にどれだけ価値を置けるかで、saketakuの向き、不向きが別れます。

実際、届いた日本酒を調べましたが、料金だけをみると当然割高です。

私は味音痴ですが、お酒は好きなので「日本酒の味がわかるようになりたい!」という目標があります。

saketakuは割高ではありますが、日本酒のテイスティング、利き酒の勉強という点では面白そう!という思いで私はサービスを楽しんでいます。

 

以上が、よくある「saketakuは高い」という話への思うところですが、実際に魅力がわからないと割高なのか判断できません。

そこで、この記事では次の4点をまとめました。

  1. saketakuの概要
  2. 料金の考察とsaketakuに向いてない人
  3. saketakuの楽しみ方
  4. 付属のテイスティングシートの内容や面白さについて

 

saketakuの概要

日本酒応援団株式会社が運営する日本酒の定期便サービスです。

日本酒の数は、全国で15,000銘柄以上あるそうですが、私たちがスーパーや酒屋、居酒屋で出会う銘柄は限られています。

saketakuは、一般的に出会うことのない全国の隠れた名酒を、日本酒の専門家が酒蔵を回って発掘し、全国の日本酒好きに届けるサービスです。

 

何が届くの?

  • 日本酒
  • 日本酒に合うおつまみ
  • 日本酒の専門家によるテイスティングシート(鑑定書)
  • テイスティングシート(自分用)
  • 今月の日本酒について酒蔵と対談した読物
  • おつまみの特徴のチラシ

 

以上が毎月のメイン。

そのほか初回には「サービスガイドの冊子」や回数を重ねると「特製おちょこ」や「レアな日本酒」が、+ αでプレゼントされます。

 

saketakuを確認してみる

 

saketakuの料金について

料金体系は次の4パターン。

  1. 毎月1本で月払い
  2. 毎月1本で年払い
  3. 毎月2本で月払い
  4. 毎月2本で年払い

 

お届け本数と支払い方法により異なる仕組みです。

毎月1本お届けの月払いプラン

お届け1回目:3980円
お届け2回目:4980円
お届け3回目以降:5980円

※一杯あたりの参考価格591円

 

毎月1本お届けの年払いプラン

年間料金:66,980円

※一杯あたりの参考価格573円

 

毎月2本お届けの月払いプラン

お届け1回目:4780円
お届け2回目:5980円
お届け3回目以降:6980円

※一杯あたりの参考価格357円

 

毎月2本お届けの月払いプラン

年間料金:76,500円

※一杯あたりの参考価格336円

 

月払いの場合は、毎月1,000円ずつ増えていき、3回目以降は金額固定となるため、サービスが合わないと思えば、早々に解約することで出費を抑えることができます。

「saketakuが気になるけど迷っている」という方にとっては、ありがたい料金体系です。

 

料金に対する考察とsaketakuに向いていない人

届いた日本酒やおつまみをネットで検索し、料金を調べてみました。

届く月によって異なりますが、日本酒は平均すると1,500円前後のイメージ、一緒に届くおつまみは500円弱というところ。

ちなみに日本酒の量は720mlです。

また、いま会員になるとずっと送料無料になる期間限定のキャンペーン中なので送料は気にする必要はありません。

あとは、後述する付加サービスにどれだけ価値を置けるかですね。

 

毎月1本で月払いの初回が3,980円なので、この時点で「高すぎる!」と思う人はsaketakuには向いてないので止めた方がいいです。

お酒とおつまみの合計が2,000円として、残り1,980円でテイスティングや利き酒の勉強ができると思えるなら、検討の価値ありです。

 

解約について

日本酒が届くのは毎月月末ですが、前月6日~当月5日までが解約できる期間となります。

例えば、9月6日~10月5日までの間に解約すれば、10月末には日本酒が届きません。

サービス内容が合わないと思ったら、この期間内に解約すればOKです。

解約期間について、以前は前月21日~当月20日まででしたが、2019年10月お届け分から上記のとおりに変更となっています。

 

saketakuの楽しみ方

私のsaketakuを楽しみ方はこんな感じです。

step
1
まずは届いた日本酒を味わう

まずは、前情報なしで何も考えず日本酒を飲んでみます。

毎月、普通に美味しい。

 

step
2
専門家のテイスティングシートを参考に利き酒の勉強

この日本酒を飲んで、プロのソムリエがどう表現するのか確認します。

プロの表現ってすごい。

 

step
3
テイスティングシート(自分用)に記録する

改めて飲んでみて、自分の感覚でテイスティングシートを書いてみます。

 

step
4
蔵元などとの対談の読物を肴に再び日本酒を楽しむ

付属の読物では蔵元の日本酒に対する思いや、その日本酒を取り扱う酒屋や居酒屋の話が書いてあります。

造り手側の思いを読みながら飲むと、より一層お酒を楽しめます。

 

step
5
日本酒を飲むたびにstep2と3のシートを読み返す。

時間の経過や一緒に食べるおつまみによって味の感じ方も変わるので、日本酒を飲むたびにシートを読み返します。

前回飲んだときと比べ、味の感じ方が違うと、自分用のシートを修正したりして楽しんでいます。

 

2と3は逆でも面白いかもしれません。

私はまだまだ味覚に自信がないので、まずは「プロはこの香りや味をこうやって表現するんだ!」というインプットを先にしています。

2と3を入れ替えると、

「ソムリエの意見と全然違う(笑)」

「ソムリエのテイスティングと一緒!よっしゃー!」

と言う楽しみ方もできると思うので、ゆくゆくは挑戦したいと思います。

 

テイスティングシートの内容

テイスティングシート

 

テイスティングシートの主な項目は次のとおり。

表面:総評

  • 口に含んだときの味わいとバロメータ(甘み、旨味、酸味、苦味、渋み、刺激)
  • 飲み込んだ後の味わいの余韻とバロメータ
  • 日本酒の色など見た目の考察
  • 香り
  • おすすめの温度帯
  • 日本酒と合う料理の概要
  • 日本酒に対するコラム

裏面:具体的な鑑定内容

  • 見た目の清澄度
  • 色調から見る糖類の量や熟成具合の予想
  • ソトロン量
  • 香りの具体的なイメージ
  • 甘みや酸味などの味わいの変化
  • 日本酒とあう具体的な料理名

以上の情報をメインとした、テイスティングシートです。

個人的には、このシートがsaketakuの最大の魅力だと思っています。

 

テイスティングに興味があって利き酒の練習をするといっても、独学では不安ですし、スクールに通うには時間もお金もない。

プロの表現を学べる機会は多くないので、貴重な教材といえます。

 

まとめ

デメリット

  • 料金が高い
  • テイスティングに興味がないと割高な印象

 

メリット

  • 珍しい日本酒が飲める
  • プロの鑑定を確認できる
  • 利き酒の勉強になる
  • テイスティングシートがかなり楽しめる

 

以上、saketakuについてでした。

saketakuを確認してみる

 

お酒好きにはこちらもおすすめ

nomoccaのもっか
【お得アプリ】nomocca(のもっか)で月500円で毎日1杯ドリンク無料!本当にお得なの!?

月額500円で毎日一杯タダ飲みできる、酒好きにとってはたまらないアプリが登場しました。 その名も「nomocca(のもっか)」 特徴 インストールは無料 位置情報と連携して近くの加盟店を検索できるので ...

続きを見る

ワイングラスハンガー
梅田で昼飲み!食べログ3.5前後の高評価のお店18選!実際に行った店を写真で紹介

この記事でわかること 梅田周辺の昼飲みができる魅力的なお店 料理やお店の雰囲気(写真付き) 予約の可否や座席数 アクセス(食べログへのリンク有) この記事では、ただ昼飲みができるだけではなく、 「雰囲 ...

続きを見る

 

 

-おすすめサービス

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.