空気清浄機

【KI-NS70、KI-LS70、KI-JS70】違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

KI-NS70、KI-LS70、KI-JS70

この記事は、シャープ「KI70」シリーズの新旧モデルについて、型番ごとの特徴や価格を比較して、今おすすめのモデルを紹介する記事です。

結論を先に書くと、劇的な違いはないので、基本的には価格優先で判断することになるのですが、若干の仕様やオプション機能の違いがあります。

ナナ
じゃあ、その若干の違いに価格差の価値を見いだせるかがポイントだね!

そこで当記事では、

  • 各モデルの違いの詳細
  • それぞれの過価推移
  • 今おすすめのモデル

という3段構成で、シャープの加湿機能付き空気清浄機「KI70」シリーズを分析します。

 

「KI-NS70、KI-LS70、KI-JS70」型番の違いの詳細

これら3つは、発売年度が異なる新旧モデルの関係です。

発売時期の違い

  • KI-NS70(2020年)
  • KI-LS70(2019年)
  • KI-JS70(2018年)
ナナ
赤文字のアルファベットの部分がモデルチェンジで更新されていくのが特徴だよ!

 

サイズの違い

KI70シリーズ見た目の比較

2018年版から2019年版にかけて、デザインが変更となっています。

サイズも少し大きくなっている代わりに、次で紹介する性能も若干良くなっています。

なお、2019年から2020年にかけての変更はありません。

ナナ
コンパクトな方がいいけど、性能が上がるのは嬉しいし、悩ましいね

 

仕様の違い

加湿の有無で仕様が異なるため、それぞれ分けて表にまとめました。

ナナ
まずは、加湿なしの空気清浄機としての仕様をまとめたよ!
型番 プラズマクラスター適用床面積 空気清浄風量 空気清浄適用面積 8畳の清浄目安 1時間あたりの電気代 運転音 サイズ 重さ
KI-NS70
(2020)
19畳(約31m²) 強7.0m³/分、中4.0m³/分、静音1.5m³/分 ~31畳(51m²) 9分 強1.8円、中0.59円、静音0.12円 強52dB、中43dB、静音18dB 幅40cm×奥行33.9cm×高さ686cm 約11kg
KI-LS70
(2019)
19畳(約31m²) 強7.0m³/分、中4.0m³/分、静音1.5m³/分 ~31畳(51m²) 9分 強1.8円、中0.59円、静音0.12円 強52dB、中43dB、静音18dB 幅40cm×奥行33.9cm×高さ686cm 約11kg
KI-JS70
(2018)
約16畳(約26m²) 強6.7m³/分、中2.7m³/分、静音0.8m³/分 ~31畳(51m²) 9分 強2.16円、中0.38円、静音0.08円 強54dB、中41dB、静音15dB 幅37cm×奥行29.3cm×高さ66cm 約10kg

なお、上の表では出てきませんが、KI-NS70(2020)とKI-LS70(2019)の唯一の違いは、無線時の待機消費電力が0.2W違うのみ。

電気料金を仮に1kWh25円とすれば、電気料の差は1時間で0.005円。

24時間365日でも約43円なので、両型番に仕様上の違いはないと言い切っても問題ないでしょう。

 

ハチ
次が加湿に関わる仕様だよ!

加湿時はパワーが落ちるため、空気清浄力が弱まります。加湿時の空気清浄適用面積もしっかりチェックしましょう。

型番 加湿量 加湿適用面積 空気清浄風量(加湿時) 空気清浄適用面積(加湿時) 運転音(加湿時) 1時間あたりの電気代(加湿時) 給水タンク容量
KI-NS70
(2020)
強700mL/h、中500mL/h、静音250mL/h プレハブ洋室~19畳(31m²)
木造和室~12畳(20m²)
強5.5m³/分、中4.0m³/分、静音1.5m³/分 ~24畳(40m²) 強46dB、中43dB、静音19dB 強0.95円、中0.65円、静音0.14円 3.6L
KI-LS70
(2019)
強700mL/h、中500mL/h、静音250mL/h プレハブ洋室~19畳(31m²)
木造和室~12畳(20m²)
強5.5m³/分、中4.0m³/分、静音1.5m³/分 ~24畳(40m²) 強46dB、中43dB、静音19dB 強0.95円、中0.65円、静音0.14円 3.6L
KI-JS70
(2018)
強630mL/h、中410mL/h、静音230mL/h プレハブ洋室~18畳(30m²)
木造和室~11畳(18m²)
強5.2m³/分、中.13m³/分、静音1.5m³/分 ~24畳(40m²) 強49dB、中45dB、静音24dB 強1.22円、中0.59円、静音0.14円 3.0L

 

先に紹介したサイズアップに伴い、2018年版から2019年版にかけては全体的に性能が上がっています。

ナナ
ちなみに加湿の範囲ってどう見たらいいの?

各メーカーとも加湿の仕様で「プレハブ洋室」や「木造和室」という言葉が出てきますが、要は断熱材や気密性で加湿レベルが変わるよ~ということが言いたいのです。

各メーカーごとに想定環境はあるでしょうが、自分の家と比較するのは難しいので参考程度にしましょう。

住環境によるので一概にいえないですが、断熱材のある一般的な木造洋室のお宅であれば、15畳前後はカバーできるのでは?と個人的には思っています。

 

カラーバリエーションの違い

カラーバリエーション

カラーバリエーション

  • KI-NS70:ホワイト(W)とブラウン(T)
  • KI-LS70:ホワイト(W)とブラウン(T)
  • KI-JS70:ホワイト(W)とグレー(H)

店頭では「KI-NS70-W」という感じで、型番の最後にアルファベットが付きますが、これがカラー記号で本体カラーを表しています。

 

プラズマクラスターの効果の違い

プラズマクラスターのグレード

 

プラズマクラスターには実はランクが存在しますが、

KI-NS70、KI-LS70、KI-JS70は、3モデルとも「プラズマクラスター25000」の搭載です。

ナナ
じゃあ、違いはないのかな?
「プラズマクラスター25000」を搭載してるのは同じだけど、効果に少しだけ違いがあるんだよ!
ハチ

まずは、空気中に浮遊しているものへの効果です。

型番 浮遊カビ 浮遊菌 浮遊ウイルス 浮遊アレル物質 浮遊ニオイ原因菌 浮遊花粉アレル物質
KI-NS70
(2020)
KI-LS70
(2019)
KI-JS70
(2018)
×

KI-JS70(2018)のみ浮遊花粉アレル物質に非対応です。

次に、付着したものへの効果はどうでしょうか。

型番 付着タバコ臭 付着汗臭 部屋干し臭 付着カビ繁殖抑制 付着ウイルス 静電気 フェイスケア 付着花粉アレル物質
KI-NS70
(2020)
KI-LS70
(2019)
KI-JS70
(2018)
×

付着も同じく、KI-JS70(2018)のみ花粉アレル物質に非対応です。

誤解のないよう補足しますが、この項目で比較しているのはプラズマクラスターによる分解効果の話です。

空気清浄の中枢であるフィルターによる除去は全モデル花粉に対応しています。

 

COCORO AIRの対応状況の違い

COCORO AIR

KI-NS70、KI-LS70、KI-JS70の「COCORO AIR」対応状況は、ほとんど同じです。

COCORO AIRとは

空気清浄機をネットクラウド上のAIとリンクさせ、学習する人工知能が、家庭ごとに間取りや環境、天気などを考慮し、最適な運転を提供するためのシステム。

スマホで情報確認や操作もできます。

COCORO AIR 対応比較

型番 空気情報モニター 消耗品状況 スマホ操作 みまもり ペット登録 ペット専用運転モード AI加湿サポート 使い方フィット クラウド学習運転 生活パターン分析運転 位置情報連携運転 スマートスピーカー
KI-NS70
(2020)
×
KI-LS70
(2019)
×
KI-JS70
(2018)
× ×

KI70シリーズは、ほとんどのCOCORO AIRに対応しています。

KI-JS70(2018)のみAI加湿サポートが非対応で、違いがあるのはこの点のみ。

ナナ
AI加湿サポートってどんな機能?
AI加湿サポート

人がいないときに自動で加湿を弱めることで、給水の手間を減らせる機能です。

ナナ
給水ってめんどくさいから地味にありがたい機能だね!

AI加湿サポートでは、「天気、季節、家の広さ、鉄筋・木造などの造り」といった要因から加湿の強弱を自動判別します。

一般的な除湿センサーが湿度のみで、判別するのに対し、「プラスαの要因でもう少し繊細に判別します」というイメージ。

 

ナナ
ここまでは、各モデルの違いを比較してきたけど、最後は価格について解説するよ!

 

価格推移から見るお買い得な型番

家電は発売後に価格が下がっていくので、いまどれくらい安くなっているか新旧で比較することが重要です。

KI-NS70、KI-LS70、KI-JS70の3モデルの価格推移を比較します。

ナナ
ネット最低価格は日々変動するので、推移は目安と思ってね!
損しないためにも、実際に価格を比べてみてください!
ハチ

 

KI-NS70(2020)の価格推移

2020年秋に発売の最新モデルで、大手量販店の予約時の価格は71,280円

発売後に価格が下がっていくとはいえ、底値となるのは当分先です。

これまで比較してきたように、型落ちであるKI-LS70と違いがないことから、価格の安い旧モデルの方がおすすめです。

ナナ
「最新」という響きにこだわりがなければ安い方がいいよね!

 

KI-LS70(2019)の価格推移

KI-LS70の価格推移

KI-LS70(2019)は、当初より3割程度値引きされていて、かなりお買い得にはなっていますが、新型コロナによる需要増もあり下げ止まっている印象です。

2018年モデルの底値である3万円弱までは遠そうです(3万円まで下がるかも微妙)。

2020年夏時点で、2018モデルとの価格差は15,000円~20,000円程度ですが、機能としては当モデルが優れます。

これまで見てきた機能差と価格差を天秤にかけて、有りだと思えば買いモデルです。

 

KI-JS70(2018)の価格推移

KI-JS70の価格推移

KI-JS70(2018)はm今最も底値圏に近くて価格的に安いモデルです。

ただし、新型コロナの影響でかなり売れてしまい、一時に比べると少し値上がりしたのと、在庫が薄くなってきています。

在庫があるうちは価格的にはおすすめです。

 

結論!おすすめの型番は?

以上、シャープの加湿空気清浄機「KI70」シリーズの違いに関する比較検討でした。

ナナ
最後のまとめ!何を重視するかでおすすめは異なるよ!

価格」が命 → KI-JS70(2018)

性能」を重視 → KI-LS70(2019)

 

個人的な意見では、価格差に見合う機能差がないと感じるので、「KI-JS70(2018)」の方がいいのかなと思います。

理由

  • COCORO AIRやプラズマクラスターの機能では劣るが、心臓部であるフィルター性能に差がない
  • サイズがコンパクトな方が好き
  • 価格差が1万円以上あるのはキツイ
ナナ
好みの問題もあるよね

 

以上を踏まえると、在庫があるうちは「KI-JS50(2018)」がおすすめです。

 

おすすめ「KI-JS70」2018モデル

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.