空気清浄機

KC-N50の特徴や旧モデルとの違いは?購入前に要チェック!

KC-N50

シャープの加湿空気清浄機「KC-50シリーズ」の新モデルが2020年9月に発売されます。

新しい型番は「KC-N50」

人気シリーズ最新モデルは買いなのか?

  • KC-N50の特徴
  • 旧モデルとの比較
  • 価格の考察

などを中心に「KC-N50」について解説します。

 

KC-N50の概要

KC-N50は、シャープのエントリーモデルという位置づけの空気清浄機。

  • HEPAフィルター搭載
  • 加湿機能あり
  • 低価格

などの特徴を持ち、高性能フィルターを搭載した、加湿もできるコスパ抜群なモデルとして人気です。

プラズマクラスターも搭載しており、とりあえず空気清浄機を置いておきたい!というライトユーザーにおすすめです。

 

KC-N50の特徴

  • 仕様
  • フィルター
  • プラズマクラスター
  • 適用範囲

以上、4つの点からKC-N50の特徴を紹介します。

仕様

KC-N50サイズ

項目 詳細
サイズ 幅39.9cm/奥行23cm/高さ61.3cm
重さ 約 7.5kg
カラー ホワイト(W)
電源コード 約1.8m
ナナ
まずは、KC-N50の外観スペックから!

サイズは家庭用の据え置きとしては、コンパクトで薄いモデルなので、お部屋に置いても邪魔にならないのが嬉しいところ。

例えばシャープの最上位モデルは、幅42.7cm×奥行37.1cm×高さ73.8cmと一回り大きく厚みがあるので、比べるとKC-N50の薄さがわかります。

 

カラー記号について

カラーバリエーションは白色のみ。

店頭などでは「KC-N50-W」と表記されますが、最後のアルファベットがカラー記号で、ホワイト(W)を表します。

 

ナナ
次は、KC-N50の空気清浄に関するスペック!

加湿のオン・オフで仕様が異なるのがポイントだよ!

ハチ
加湿時は少しパワーが弱まるんだね
項目 詳細
フィルタ 静電HEPAフィルター
プラズマ
クラスター
プラズマクラスター7000
プラズマ
クラスター範囲
約13畳(約21m²)
空気清浄の範囲 【加湿なし】
~23畳(38m²)
【加湿あり】
~15畳(25m²)
8畳の清浄目安 【加湿なし】12分
【加湿あり】17分
風 量
(m³/分)
【加湿なし】
強5.1m³/中2.8m³/静音1.0m³
【加湿あり】
強3.4m³/中2.4m³/静音1.0m³
運転音
(dB)
【加湿なし】
強52dB/中38dB/静音20dB
【加湿あり】
強42dB/中35dB/静音20dB
加湿量 最大 500mL/h
加湿タンク 約2.5L
加湿範囲 プレハブ洋室~14畳(23m²)
木造和室~8.5畳(14m²)
センサー ニオイ/湿度/温度

 

HEPAフィルターを採用

フィルターは空気清浄機にとって最重要パーツですが、KC-N50では高性能なHEPAフィルターが採用されています。

HEPAフィルタとは、0.3μmの粒子を99.97%以上の捕集できる高性能フィルタで、上位モデルにも同じものを使用しています。

安いモデルだからといって、フィルタのレベルが低い訳ではないので安心です。

ナナ
フィルターが重要な理由は、空気清浄機の仕組みにあるよ!

空気清浄の仕組み

空気清浄機の仕組みは3ステップ。

  1. 汚れた空気を吸い込む
  2. フィルターでろ過
  3. キレイな空気を吐き出す

フィルターに空気を通すことが空気清浄の中核と言えるので、高性能なフィルタが使わているのは安心ですね。

 

プラズマクラスター7000を搭載

プラズマクラスターのグレード

シャープの代名詞「プラズマクラスター」にはランクがあり、KC-N50はプラズマクラスター7000を搭載しています。

ランクは3種類で、上位クラスほどイオン濃度が高まり、ニオイの分解・除去スピードが上昇するなど効果が高まる仕様。

プラズマクラスターのグレード別機能比較

引用:シャープ公式

しかし、一番下のランクであるプラズマクラスター7000でも、

  • 浮遊カビ
  • 浮遊菌
  • 浮遊ウイルス
  • ダニなどの浮遊アレル物質
  • 浮遊花粉
  • 付着したタバコや部屋干し臭
  • 静電気

などなど、基本的なところには対応しており、正直十分かなと思います。

それでも、より高いパフォーマンスを求める場合は、上位モデルの方が向いているかもしれません。

 

適用範囲

KC-N50の最大風量は「5.1m³/分」となっており、このスペックで効果を維持できる部屋の広さは23畳(38m²)までです。

ナナ
エントリーモデルなのに結構範囲が広いんだね

空気清浄だけを考えると問題ないスペックですが、注意すべきは加湿時です。

加湿中は最大風量が落ちる仕様なので、空気をキレイにできる範囲が最大15畳(25m²)まで下がります。

加湿自体も、プレハブ洋室~14畳(23m²)、木造和室~8.5畳(14m²)なので、それ以上の広さでは加湿効果が限定的です。

 

加湿範囲の見方

プレハブ洋室、木造和室などは目安で、要は断熱材の有無や気密性で加湿レベルが変わるという意味です。

なので、自分の家の場合の加湿範囲は実はメーカーに聞いても分かりません。

一般的な木造洋室の住宅なら、10畳強くらいは加湿できるのでは~と個人的に推察しています。

 

ちなみに、プラズマクラスターの範囲も約13畳(約21m²)となっています。

加湿やイオン系の範囲は、空気清浄範囲よりも狭くなるので購入時には気をつけましょう。

 

ナナ
加湿はそんなに使わないし、別に問題ないかな~

と思った方は、空気清浄力が同等で加湿機能のない「FU-N50」というモデルの方が安くておすすめです。

【参考記事】
購入前に知っておくべきFU-N50の特徴や旧モデルとの違いは?

 

旧モデルとの違い

このKC-50シリーズは、毎年モデルチェンジを行っていますが、2019年秋に発売された「KC-L50」との違いはありません

公式の仕様を比較すれば分かりますが、中身は同じです。

 

ちなみに過去のモデルチェンジをみても、サイズや機能が若干変わる程度で、近年大きい変更はありません。

過去のモデル一覧

  • KC-L50(2019年発売)
  • KC-J50(2018年発売)
  • KC-H50(2017年発売)

空気清浄機はすでに現時点での完成形に近い家電です。

家庭用モデルとして作る場合、技術的な観点から今のところ劇的な進化は見込めないため、他社も含め最近のモデルチェンジでは内容はあまり変わりません。

過去モデルの違いの比較は、こちらの記事に譲ります。

【KC-L50、KC-J50、KC-H50】ほぼ違いはない!でもオススメはこれ!シャープ加湿空気清浄機を比較」

 

重要なのは「旧モデルとの違いがない=価格が安い方がおすすめ」という点です。

 

KC-N50の価格

KC-N50の大手量販店での予約時価格は43,780円です。

発売以降どんどん価格は下がっていくと思いますが、しばらくは旧モデルの方がお買い得となりそうです。

2020年8月時点で、安いのは「KC-J50」や「KC-H50」といった一昨年以前のモデルで、底値圏の20,000円前後となっています。

2019年発売のKC-L50も控えているため、KC-N50が最安となるのは、まだまだ先となりそうです。

最新モデルという肩書にこだわりがなければ、型落ちを検討してみるのも有りではないでしょうか。

おすすめ型番
【KC-L50、KC-J50、KC-H50】ほぼ違いはない!でもオススメはこれ!シャープ加湿空気清浄機を比較

続きを見る

 

【まとめ】KC-N50は買いなのか?

ポイント

  • KC-N50はエントリーモデルとして優秀
  • 購入前には適用範囲などをしっかりチェック
  • 旧型からの変更点はない
  • 「最新」よりも「価格」を優先するなら旧型を要チェック
  • 「最新」がいいならバランスの良いおすすめモデル

以上、シャープ加湿空気清浄機「KC-N50」についてでした。

ナナ
効果が見えにくい家電だからこそ、事前チェックはしっかりね!

 

 

Amazonキャンペーンの紹介

Amazonで賢く買い物をするなら、

Amazonギフト券購入チャージがおすすめです!

ナナ
ギフト券という名前だけどチャージすれば自分自身でも使えるよ!

 

今ならWでお得

  • 今なら初回限定で1,000円分のポイント
  • 何度でも現金でチャージするたびに高還元率のポイント

amazonポイント獲得表

 

\ 初回チャージで1,000円GET /

キャンペーンの手続方法を確認

写真で説明かんたん手続き!

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.