空気清浄機

KC-P50・KC-N50・KC-L50の違いは?シャープ空気清浄機を新旧比較

「KC-P50・KC-N50・KC-L50」これらは全て、シャープ空気清浄機エントリーモデルの名前。

それぞれ発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • KC-P50(2021年12月発売)
  • KC-N50(2020年9月発売)
  • KC-L50(2019年10月発売)

 

ナナ
各モデルの違いは?

さっそく結論ですが、「KC-P50・KC-N50・KC-L50」に機能面での違いはなく、価格の違いがあるのみです。

当シリーズは毎年新モデルが登場しますが、2018年モデル「KC-J50」以降ずっと外観・中身とも同じで、型番のみ変わるモデルチェンジが続いています。

となれば、選ぶ際には価格の安いモデルを選ぶのが正解ですが、おすすめは2020年モデル「KC-N50」です。

 

ナナ
理由は次のとおり!

2020年以前のモデルは、価格が同程度のため、その中でより新しいものを選定。

 

ただし、2019年モデル「KC-L50」は、2022年に入ってから価格が波打つことが多くなり、タイミングによっては、単独で最も安くなることも少なくありません。

しばらくは、2020年モデル「KC-N50」と2019年モデル「KC-L50」の価格を比べるのが無難でしょう。

 

ということで、以上が本記事の結論ですが、以降ではおすすめモデル選定に至る「価格の違い」の検証過程や、シリーズの特徴を紹介します。

また、当シリーズの口コミが気になる方は、関連記事で「KC-P50・KC-N50・KC-L50の口コミ」を紹介しているのでご確認ください。

 

KC-P50・KC-N50・KC-L50の価格の違い

各モデルの価格をチェックする前に、まずは当シリーズの価格推移の傾向を確認しておきましょう。

家電は、発売後に少しずつ価格を下げて底値へ到達するのが一般的ですが、過去モデルを確認すると、KC50シリーズは次のような値動きが多いです。

  • 発売時:4万円台の前半
  • 底値:1万円台の中盤
ナナ
各モデルが底値にどれくらい近づいてるかも確認してみてね!

 

KC-P50の価格

2021年12月に発売された最新モデル「KC-P50」は、シリーズの傾向から漏れず発売時価格は43,000円前後からのスタート。

徐々に価格が安くなり、2022年3月以降は3万円台を推移しているものの、旧モデルと比べると高価格。

旧モデルと中身が完全に同じなので、「最新」の響きにこだわらない限りは、今あえて「KC-P50」を選ぶ理由はないでしょう。

ナナ
発売後しばらくは、Amazonでは検索ヒットしないことが多いよ

 

KC-N50の価格

2020年9月発売の「KC-N50」は、価格の安いおすすめモデルです。

2022年4月時点では2万円前後を推移。発売時との比較では半値ほどになっており、底値圏に入ってきつつあるモデルです。

次に紹介する前年モデル「KC-L50」とは、すでに価格が同程度。同じ価格帯ならば、より新しい機種が良いので、個人的には当モデル「KC-N50」推しです。

ただし、価格は波をうっており、タイミングによっては前年モデル「KC-L50」が安いので、しばらくの間は「KC-N50」と「KC-L50」の価格を比較するのが無難でしょうか。

 

KC-L50の価格

2019年10月発売の「KC-L50」は、2022年1月頃までは底値(1万円台の中盤)を推移しており、おすすめでした。

2022年に入ってからは1万円台の中盤~2万円前後を波打ちながら推移しており、タイミングが難しいですが、底値となる1万円台の中盤のものを見つけたら買いのタイミングです。

ナナ
まだまだ選択肢になりえるモデルだよ!

 

なお、もう一世代前の2018年モデル「KC-J50」も、「KC-L50」とほぼ同じ価格帯です。

同価格ならより新しい方がいいという考えで、当記事の比較対象からは除外しました。

 

KC-P50・KC-N50・KC-L50の特徴

以上、各モデルを比較しておすすめモデルを検証しましたが、ここからは当シリーズの機能的な特徴も紹介します。

ナナ
まずは基本スペックを紹介!

加湿のON/OFFでスペック値が異なるので、括弧内には加湿モード時のスペックも併記しています。

型番 本体カラー 風量
()内は加湿時
空気清浄適用床面積
()内は加湿時
フィルター フィルター交換目安 プラズマクラスターランク プラズマクラスター
適用範囲
加湿範囲 加湿量 運転音
()内は加湿時
サイズ 重さ
KC-P50
KC-N50
KC-L50
白色のみ(W) 強:5.1m³/分(3.4m³/分)
中:2.8m³/分(2.4m³/分)
静音:1.0m³/分(1.0m³/分)
~23畳(~15畳) 静電HEPAフィルター 10年 7000 約13畳 プレハブ洋室~14畳
木造和室 ~8.5畳
強:500mL/h
中:400mL/h
静音:200mL/h
強:52dB(42dB)
中:38dB(35dB)
静音:20dB(20dB)
幅399×奥行230×高さ613mm 約7.5kg

 

記事のはじめに、各モデルの違いがないと紹介したとおり、当然スペックも一致します。

なお「KC-N50-W」のように、型番末尾にアルファベットが付くことがありますが、本体カラー(W=白色)を表現しています。

 

性能に関しては上表が全てですが、KC50シリーズの特徴を分かりやすくまとめると次の点がポイントです。

特徴

  • 静電HEPAフィルター搭載
  • 空気清浄は23畳までが目安
  • プラズマクタスター7000を搭載(13畳まで対応)
  • 加湿もOK(8.5~14畳が上限)
  • 過去モデルは1万円台

空気清浄範囲・加湿範囲・プラズマクラスター範囲は、それぞれ異なるので注意が必要。

リビングに設置する場合は、プラズマクラスターの範囲上限となる13畳前後を、広さの目安にするといいでしょう。

狭い部屋に設置すると、清浄スピードがより向上するので、13畳未満(寝室など)への設置も、もちろん可能です。

 

ナナ
どんな人におすすめ?

シャープ上位機種のように、自動お掃除・クラウド連携などの便利機能はありませんが、KC50シリーズの魅力はコスパの高さにあります。

予算を抑えつつ、それなりに高性能な空気清浄機を探していて、加湿もできれば最高!という方におすすめです。

 

見た目が同じ?KC-50TH4との違い

「KC-50」シリーズと見た目が同じもので「KC-50TH4」というモデルが存在しますが、これは通販専用モデルで「KC-50」シリーズと中身は同じです。

家電でよくある販路の違いで、メーカーによっては量販店と個人店で同じモノの名前を分けたりしますが、それと同じです。

実際にスペックを見比べても完全に一致するので、「KC-50TH4」も価格比較の対象にして、KC50シリーズよりも安かったら選択肢とするのがおすすめです。

ナナ
Amazonでは検索ヒットしないことが多いよ

 

また、似て異なるものとして「KC-40TH4」という1万円台のモデルも見かけますが、「KC-50」シリーズに比べ、最大風量(空気清浄力)が4.0m³/分と弱く、フィルターも2年交換です。

「KC-50」シリーズはフィルター寿命が10年(劣化はしますが)なので、ランニングコストも含めると「KC-40TH4」は個人的には微妙な印象です。

 

まとめ!最新モデルより型落ちがおすすめ

以上、「KC-P50・KC-N50・KC-L50の違い」などの情報をまとめました。

ある程度、進化しきった家電は毎年のモデルチェンジで、内容が変わらないことはよくあります。

「最新モデル」という響きには魅力がありますが、無駄なお金を使わないためにも、機能が同じなら安い型落ちモデルがおすすめです。

まとめ

  • 最新「KC-P50」は高値で微妙
  • 現時点のおすすめは「KC-N50」
  • ただし「KC-L50」も劣らず安い
  • 比較して安い方を選べばOK

 

ナナ
ネット価格は日々変動するから、各モデルの価格を必ずチェックしてみてね!

おすすめ2020年モデル「KC-N50」

 

こちらも安い2019年モデル「KC-L50」

 

関連記事

【シャープ空気清浄機を比較】おすすめモデルは?型落ち過去モデルも含めて徹底検証

続きを見る

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.