空気清浄機

【KC-L50、KC-J50、KC-H50】ほぼ違いはない!でもオススメはこれ!シャープ加湿空気清浄機を比較

KC-H50

KC-H50KC-J50KC-L50

これらは全て、シャープのエントリーモデル空気清浄機の型番名ですが、実は中身はほとんど同じ

しかし、ほとんど同じにも関わらず「いま買うべきおすすめの型番」が存在するのです。

ナナ
中身がほぼ一緒なら、どうやって選べばいいんだろう?

 

そこで当記事では、

  1. 型番のわずかな違いを比較
  2. 違いを踏まえておすすめを紹介
  3. おすすめの理由も考察
ハチ
以上の構成で、おすすめ型番を紹介していくよ!

 

なお、当シリーズの最新モデルは2020年9月発売の「KC-N50」となりますが、1万円以上の価格差があるため、現時点では型落ちが圧倒的におすすめです。

また、シャープ全機種の比較や選び方も参考にどうぞ。

 

KC-L50、KC-J50、KC-H50の型番の違い

これらは全て、シャープの加湿空気清浄機の同シリーズの新旧モデルの関係となります。

型番の違い

【2019モデル】
KC-L50(2019年10月発売)

【2018モデル】
KC-J50(2018年10月発売)

【2017モデル】
KC-H50(2017年12月発売)

 

ただし、冒頭に述べたように、性能面ではほぼ同じです。

  • 仕様上の数値
  • 機能
  • カラーバリエーション

以上3つの基準でそれぞれの型番を比較してみましょう。

 

仕様上の数値の違い

主な仕様上の数値を抜き出してきました。

型番 プラズマクラスター適用床面積 加湿空気清浄風量 運転音 消費電力(加湿時) 加湿量 サイズ 重さ
KC-L50(2019) 約13畳(約21m²) 強3.4m³/分、中2.4m³/分、静音1.0m³/分 強42dB、中35dB、静音20dB 強20W、中11W、静音3.6W 強500mL/h、中400mL/h、静音200mL/h 幅399mm×奥行230mm×高さ613mm 約7.5kg
KC-J50(2018) 約13畳(約21m²) 強3.4m³/分、中2.4m³/分、静音1.0m³/分 強42dB、中35dB、静音20dB 強20W、中11W、静音3.6W 強500mL/h、中400mL/h、静音200mL/h 幅399mm×奥行230mm×高さ613mm 約7.5kg
KC-H50(2017) 約13畳(約21m²) 強3.4m³/分、中2.4m³/分、静音1.0m³/分 強42dB、中35dB、静音20dB 強20W、中11W、静音3.8W 強500mL/h、中400mL/h、静音200mL/h 幅399mm×奥行230mm×高さ615mm 約7.7kg

※数字が異なる部分を赤字にしています。

ナナ
違うのは消費電力、サイズ、重さくらい、あとは同じだね

 

モデルチェンジと聞くと、性能が進化しているイメージがありますが、実はそうとも限りません。

SHARP公式の製品情報を確認してみても、仕様上の数値は、新旧モデルで比べてもほぼ一緒です。

公式比較表

SHARP公式HP│空気清浄機仕様比較表

 

上の表は、シャープが出してる「KC-J50」と「KC-H50」の仕様比較表ですが、違いといえば、

  • 高さが2mm小さくなり、重さも200g減った
  • ほんの少し省エネに(といっても加湿OFFの静音運転時に1時間あたりの電気代が0.01円程安くなるだけ)

以上、2点くらいでしょうか。

仕様上の数値は、「実質的に違いはない」と言い切っても問題ないレベルの差しかありません。

 

機能面の違い

搭載機能を比較しても、空気清浄のためのメイン機能に違いはありません

KC50シリーズの機能

  • プラズマクラスター7000
  • スピード循環気流
  • 3重フィルター
  • パワフル吸じん運転
  • Ag⁺イオンカートリッジ

このあたりの機能は、全ての型番に備わっています。

違いを挙げるとすれば、「明るさセンサー」と「チャイルドロック」の有無です。

型番 明るさセンサー チャイルドロック機能
KC-L50(2019) なし なし
KC-J50(2018) なし なし
KC-H50(2017) あり あり

 

2017年モデル以前には明るさセンサーがあるのに対して、2018年モデル以降には明るさセンサーがありません

2018年モデルからは、このセンサーが無くなったため、暗くなると自動で静音運転に切り替わる「静か寝運転」という機能も無くなりました。

2018年モデル以降は、代わりに「おやすみ運転」という、モニターの眩しさと風量を抑えて静かに運転するモードに手動で切り替えられるようになっています。

 

カラーの違い(型番末尾のアルファベットの意味)

基本は、白色ですが、2018年モデルのみ白色とグレーの2色展開です。

モデル別カラー

KC-L50(2019) 白色のみ

KC-J50(2018) 白色とグレー

KC-H50(2017) 白色のみ

 

なお、店舗などで商品を見ていると、型番末尾にアルファベットがついていることがありますが、この末尾のアルファベットがカラー記号です。

例えば、「KC-L50-W」「KC-J50-H」という感じ。

W=白色H=グレーを表しています。

 

今おすすめのお得な型番

ここまで各型番の違いを比較してきましたが、中身はほとんど同じでした。

となると、今おすすめの型番を選ぶうえで重要なのが価格です。

ナナ
機能が同じなら安い方がいいもんね!

 

2020年中は「KC-H50(2017)」と「KC-J50(2018)」の価格が安くて同程度だったため、どちらかを推していましたが、

2021年2月現在、「KC-L50(2019)」の値段が下がってきて、価格差がほぼなくなりました。

なお最新の「KC-N50(2020)」は、性能が同程度で価格が高いだけなので、おすすめできるのは1年後です。

 

以上を踏まえて結論を出すと、個人的な今のおすすめ型番は、KC-L50(2019)でしょうか。

ただし、ネット最低価格は日々変動するので購入前には必ず比較してみてください。価格差が3,000円を超えてくると少し悩んでしまいますね。

ハチ
基本的には安い方を選べばOK!

 

あとは先述のとおり、2018年モデルを境に「チャイルドロック」と「明るさセンサー」の有無に差があるので気にする方は要注意。

型番 明るさセンサー チャイルドロック機能
KC-J50
KC-L50
(2018以降)
なし なし
KC-H50
(2017)
あり あり

 

おすすめモデルKC-L50(2019)

 

まだまだ安いKC-J50(2018)

 

チャイルドロックのKC-H50(2017)

 

 価格推移の傾向から見るおすすめの理由

「おすすめ型番」という結論を先にお伝えしましたが、おすすめの理由となる価格の動きについても触れておきます。

次のグラフは、KC-H50のネット価格推移をざっくり折れ線グラフにしたものです。

KC-H50(2017)の価格推移(2020年4月まで)

ナナ
2017何モデルのグラフだけど、このシリーズの値動きの傾向はだいたい同じだよ!

「KC50シリーズ」の最新モデルは毎年10月(KC-H50は12月)に発売され、まずは最安値で45,000円前後の値がつきます。

そして、そこから徐々に安くなり、発売から約1年で底値の価格帯である15,000円~17,000円くらいに到達。

その後、約1年ほど底値圏をキープし、発売から約2年経過するころには、次年度モデルが底値を打ち始めます。

その頃には在庫もかなり減ってきて、やがて旧モデルは在庫がなくなり市場からフェードアウト(KC-Hは息が長いですが)。

これが過去モデルから見る「KC50シリーズ」の価格推移の傾向です。

ハチ
それぞれの型番が今どの段階にあるかが重要だね!

 

注意ポイント

2020年以降は、新型コロナの影響で空気清浄機の需要が増え、過去の動きとは異なる様子です。

例年の最低価格帯である15,000円前後まで安くならない可能性が高いです。

 

KC-50TH3(2017年12月発売の通販モデル)との比較

KC50シリーズと見た目が同じもので、KC-50THシリーズが存在します。

例えば「KC-50TH3」は、2017年12月に発売されたモデルですが、あまり情報がないので直接シャープに確認したところ、

「通販(ジャパネットやロハコ等)専用モデルで、KC50シリーズと中身はほぼ同じ」とのこと。

ナナ
家電によくある販路の違いだね!

 

「ほぼ同じ」の「ほぼ」が気になったので一応仕様を確認。

「KC-50TH3」の発売日は2017年12月なので、同時期に発売された「KC-H50」の同期的な存在です。

ということで、「KC-H50(2017)」とスペックを比べたところ、差異があったのは次の5項目でした。

型番 加湿時の空気清浄力 加湿運転時の強モード風量 加湿運転時の強モード加湿量 加湿運転時の強モード連続加湿時間 加湿運転時の強モード運転音
KC-H50 プレハブ洋室~14畳(23㎡)
木造和室~8.5畳(14㎡)
3.4㎥/分
(消費電力20W)
500mL/h 約5時間 42デシベル
KC-50TH3 プレハブ洋室~15畳(25㎡)
木造和室~9畳(15㎡)
4㎥/分
(消費電力30W)
550mL/h 約4.5時間 47デシベル
ナナ
比べたのは「KC-H50(2017)」だけど、2018年以降のモデルと比べても結果は同じだよ!

 

比較の結論としては、加湿運転時の強モードのパワーが「KC-50TH3」の方が少し強く(その分少し音が大きい)、性能的にはわずかに優秀と言えそうです。

しかし「KC-50TH3」は古いモデルなので在庫が少ないです。もし価格が正規シリーズと同程度以下のものを発見できたら選択肢としては有りです。

 

また、似て異なるものとして「KC-40TH4」という1万円台のモデルを最近見かけますが、「KC-50」シリーズに比べ、最大風量(空気清浄力)が4.0m³/分と弱く、フィルターも2年交換です。

「KC-50」シリーズはフィルター寿命が10年(劣化はしますが)なので、ランニングコストも含めると個人的には微妙でしょうか。

 

まとめ!型落ちはお買い得

以上、KC50シリーズの型番の違いなどについての情報をまとめました。

家電の毎年のモデルチェンジで、内容が変わらないことはよくあります。

「最新モデル」という響きには魅力がありますが、無駄なお金を使わないためには「モデルチェンジで変更になった点」と「型落ちによる値下げ」を天秤にかけることが重要です。

ナナ
少し手間でも、価格は必ず比べてみてね!

 

おすすめモデルKC-L50(2019)

 

まだまだ安いKC-J50(2018)

 

チャイルドロックのKC-H50(2017)

 

関連記事

シャープ空気清浄機まとめ
【おすすめはどれ?】シャープ空気清浄機を全モデル比較!特徴や選び方のポイント

続きを見る

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.