空気清浄機

KC-R50・KC-P50・KC-N50の違いは?シャープ空気清浄機の新旧比較

KC-R50

「KC-R50・KC-P50・KC-N50」これらは全て、シャープ空気清浄機エントリーモデルの名前。

それぞれ発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • KC-R50(2022年9月発売)
  • KC-P50(2021年12月発売)
  • KC-N50(2020年9月発売)

 

ナナ
各モデルの違いは?

さっそく結論ですが、新旧モデルの違いは次の1点のみ。

新旧の違い

最新モデル「KC-R50」のみ「使い捨て加湿プレフィルター」が2枚付属する。

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の各モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

KC-R50・KC-P50・KC-N50の違い

先述のとおり、新旧モデルの違いは付属品の種類のみで、そのほかの点は機能・スペック全て同じ

シャープの空気清浄機は毎年モデルチェンジが行われますが、当シリーズはここ数年において中身が変わっていません。

 

ナナ
付属品の違いをまとめたよ!
モデル 使い捨て加湿プレフィルター 使い捨てプレフィルター マジックテープ
KC-R50
(2022年式)
2枚付属 3枚付属 10片付属
KC-P50
(2021年式)
なし 3枚付属 10片付属
KC-N50
(2020年式)
なし 3枚付属 10片付属

 

新旧で違いのある「使い捨て加湿プレフィルター」とは、加湿フィルターに張り付けることで、お手入れが楽になる使い捨てフィルターのこと。

加湿フィルターは、10年に1回の交換が前提なのでランニングコストはかかりませんが、長く使用するためメンテナンスがとても重要です。

その点「使い捨て加湿プレフィルター」を使用することで、加湿フィルターへの汚れの付着を軽減できるのが魅力です。

ナナ
加湿まわりのメンテナンスはニオイ・カビの点でも重要だよ!

 

なお、「使い捨て加湿プレフィルター」がなくても製品は使用できます。

「使い捨て加湿プレフィルター」は別売品(型番:FZ-PF50MF)として、6枚入で税込1,100円(公式2022年9月時点)で販売されているので、旧モデル「KC-P50・KC-N50」でも使用可能です。

「使い捨て加湿プレフィルター」は、約1ヶ月での交換が前提の消耗品なので、最新モデル「KC-R50」では、お試しとして2枚付属している程度のイメージです。

ナナ
「KC-R50」でも、使用し続けるには3ヶ月目からコストがかかるよ

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、各モデル共通の機能などをサクッと紹介します。

ナナ
かっこ内は機能の概要だよ!
  • プラズマクラスター7000搭載(花粉などアレル物質を抑制)
  • HEPAフィルター搭載(0.3µmの粒子を99.97%以上捕集)
  • 3つのセンサー搭載(ニオイ・温度・湿度)
  • スピード循環気流(遠くのホコリも素早く集める)
  • 加湿機能(最大加湿量500mL)
  • Ag⁺イオンカートリッジ付属(給水タンクのニオイやぬめりを抑制)
  • フィルター10年交換不要(HEPA・加湿・脱臭フィルターの3点)
  • パネルを外さず掃除可能(プレフィルターのホコリはパネルを外さず掃除機で吸える)

 

また、基本スペックは次のとおりで全モデル共通です。

プラズマクラスター範囲 約13畳
8畳の清浄時間
(加湿時)
12(17)分
空気清浄範囲
(加湿時)
~23(~15)畳
風量
(加湿時)
強:5.1(3.4)m³/分
中:2.8(2.4)m³/分
静音:1.0(1.0)m³/分
運転音 強:52(42)dB
中:38(35)dB
静音:20(20)dB
加湿量 最大 500mL/h
加湿範囲 プレハブ洋室:~14畳
木造和室:~8.5畳
給水タンク容量 約2.5L
カラー ホワイト
外形寸法 幅399×奥行230×高さ613mm
質量 約7.5kg
ナナ
加湿運転時は少しパワー(風量)が落ちる仕様だよ!

 

当シリーズは、性能と価格のバランスが良いうえに加湿機能まで備えるコスパの高い機種で、シャープ空気清浄機のエントリーモデルに位置づけられます。

特に、型落ちモデルは価格がかなり安くなるので積極的に狙っていくのがおすすめです。

 

KC-R50・KC-P50・KC-N50の価格の違い

各モデルの価格をチェックする前に、まずは当シリーズの価格推移の傾向を確認しておきましょう。

家電は、発売後に少しずつ価格を下げて底値へ到達するのが一般的ですが、過去モデルを確認すると、KC50シリーズは次のような値動きが多いです。

  • 発売時:4万円台
  • 底値:1万円台の中盤~後半
ナナ
大底を狙えるかはタイミング次第だけど、少なくとも2万円前後までは待ちたいところ!

 

KC-R50の価格

2022年9月発売の最新モデル「KC-R50」の発売時価格は、安いもので4.5万円前後のものが多い印象で、シリーズの傾向どおりです。

旧モデルと比べると、「使い捨て加湿プレフィルター」が2枚付属しているメリットがありますが、その他の機能差がないので価格重視で選ぶのが正解でしょう。

「使い捨て加湿プレフィルター」は2枚で約367円相当(別売6枚で1,100円のため)なので、正直無視しても問題ないと思います。

当分のあいだは、旧モデルの方が圧倒的に安い状態が続くので、選択肢からは外すのが無難です。

ナナ
Amazonではヒットしないことが多いよ

 

KC-P50の価格

2021年12月に発売された「KC-P50」は、発売時と比べてかなり安くなったものの、価格的にはあと一歩という状態です。

発売時価格は新モデル同様4万円台からのスタートでしたが、最新モデル発売時となる2022年9月時点では、安いもので2万円台というところ。

くり返しになりますが、新旧モデルに機能差はないので、底値圏となる1万円台に価格が下がるまでは見送るのが良いと思います。

 

KC-N50の価格

2020年9月発売の「KC-N50」は、いま価格の安いおすすめモデルです。

2022年に入った頃からは1万円台を推移しており、発売時から50%以上安くなっています。

機能差がない以上、価格の安い当モデルが一押しです。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

なお、もう1年前のモデルとなる「KC-L50」も安い水準をキープしています。

「KC-L50」も後継機種たちとの機能差はないので、価格を比べてみるのもおすすめです。

ナナ
より安い状態で発見できれば有力な選択肢だよ!

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは2020年モデル「KC-N50」です。

理由は、先述のとおり機能差がないのに価格が安いため。

付属品の違いはあるものの、価格換算すると誤差の範囲なので、単純に本体価格の安いものを選ぶのが正解です。

やがて、新モデルの価格が安くなり、世代交代が起きるでしょうが、それまでの間は旧モデルをおすすめします。

 

現時点のおすすめ(2020年モデル)

 

まだまだ安い(2019年モデル)

 

以上、シャープの加湿空気清浄機「KC-R50・KC-P50・KC-N50」の違いを解説しました。

 

関連記事

【シャープ空気清浄機を比較】おすすめモデルは?型落ち過去モデルも含めて徹底検証

続きを見る

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.