空気清浄機

【KC-L50、KC-J50、KC-H50】ほぼ違いはない!でもオススメはこれ!シャープ加湿空気清浄機を比較

KC-H50

KC-H50KC-J50KC-L50

これらは全て、シャープのエントリーモデル空気清浄機の型番名ですが、実は中身はほとんど同じ

しかし、ほとんど同じにも関わらず「いま買うべきおすすめの型番」が存在するのです。

ナナ
中身がほぼ一緒なら、どうやって選べばいいんだろう?

 

そこで当記事では、

  1. 型番のわずかな違いを比較
  2. 違いを踏まえておすすめを紹介
  3. おすすめの理由も考察
ハチ
以上の構成で、おすすめ型番を紹介していくよ!

 

KC-L50、KC-J50、KC-H50の型番の違い

これらは全て、シャープの加湿空気清浄機の同シリーズの新旧モデルの関係となります。

型番の違い

【2019モデル】
KC-L50(2019年10月発売)

【2018モデル】
KC-J50(2018年10月発売)

【2017モデル】
KC-H50(2017年12月発売)

 

ただし、冒頭に述べたように、性能面ではほぼ同じです。

  • 仕様上の数値
  • 機能
  • カラーバリエーション

以上3つの基準でそれぞれの型番を比較してみましょう。

 

仕様上の数値の違い

主な仕様上の数値を抜き出してきました。

型番 プラズマクラスター適用床面積 加湿空気清浄風量 運転音 消費電力(加湿時) 加湿量 サイズ 重さ
KC-L50(2019) 約13畳(約21m²) 強3.4m³/分、中2.4m³/分、静音1.0m³/分 強42dB、中35dB、静音20dB 強20W、中11W、静音3.6W 強500mL/h、中400mL/h、静音200mL/h 幅399mm×奥行230mm×高さ613mm 約7.5kg
KC-J50(2018) 約13畳(約21m²) 強3.4m³/分、中2.4m³/分、静音1.0m³/分 強42dB、中35dB、静音20dB 強20W、中11W、静音3.6W 強500mL/h、中400mL/h、静音200mL/h 幅399mm×奥行230mm×高さ613mm 約7.5kg
KC-H50(2017) 約13畳(約21m²) 強3.4m³/分、中2.4m³/分、静音1.0m³/分 強42dB、中35dB、静音20dB 強20W、中11W、静音3.8W 強500mL/h、中400mL/h、静音200mL/h 幅399mm×奥行230mm×高さ615mm 約7.7kg

※数字が異なる部分を赤字にしています。

ナナ
違うのは消費電力、サイズ、重さくらい、あとは同じだね

 

これは、決して私の書き間違いではありません。

SHARPの公式の製品情報を確認してみると、仕様上の数値は、新旧モデルで比べてもほぼ一緒なんです。

公式比較表

SHARP公式HP│空気清浄機仕様比較表

上の表は、シャープが出してる「KC-J50」と「KC-H50」の仕様比較表ですが、ほぼ同じですね。

 

違いといえば、

  • 高さが2cm小さくなった関係で、重さも200g減った
  • ほんの少し省エネになった(といっても加湿OFFの静音運転時に1時間あたりの電気代が0.01円安くなるだけ)

以上2点くらいでしょうか。

仕様上の数値は、「実質的に違いはない」と言い切っても問題ないレベルの差しかありません。

 

機能面の違い

機能面を比較しても、空気清浄のためのメイン機能に違いはありません

KC50シリーズの機能

  • プラズマクラスター7000
  • スピード循環気流
  • 3重フィルター
  • パワフル吸じん運転
  • Ag⁺イオンカートリッジ

このあたりの機能は、全ての型番に備わっています。

違いを挙げるとすれば、「明るさセンサー」と「チャイルドロック」の有無です。

型番 明るさセンサー チャイルドロック機能
KC-L50(2019) なし なし
KC-J50(2018) なし なし
KC-H50(2017) あり あり

 

2017年モデル以前には明るさセンサーがあるのに対して、2018年モデル以降には明るさセンサーがありません

ナナ
明るさセンサーがあると、人影や移動した際の物陰なんかで、パネルの明るさが暗くなったり、消灯してしまう不都合があったみたい

 

2018年モデルからは、このセンサーが無くなったため、暗くなると自動で静音運転に切り替わる「静か寝運転」という機能も無くなりました。

2018年モデル以降は、代わりに「おやすみ運転」という、モニターの眩しさと風量を抑えて静かに運転するモードに手動で切り替えられるようになっています。

 

カラーの違い(型番末尾のアルファベットの意味)

基本は、白色ですが、2018年モデルのみ白色とグレーの2色展開です。

モデル別カラー

KC-L50(2019) 白色のみ

KC-J50(2018) 白色とグレー

KC-H50(2017) 白色のみ

ハチ
2018年モデルは、部屋に合わせて色を選べるのが嬉しいね!

 

なお、店舗などで商品を見ていると、型番末尾にアルファベットがついていることがありますが、この末尾のアルファベットがカラー記号です。

例えば、「KC-L50-W」「KC-J50-H」という感じ。

W=白色H=グレーを表しています。

 

今おすすめのお得な型番

ここまで各型番の違いを比較してきましたが、中身はほとんど同じでした。

となると、今おすすめの型番を選ぶうえで重要なのが価格です。

ナナ
機能が同じなら安い方がいいもんね!

 

結論を申し上げると、今のおすすめ型番KC-H50(2017)KC-J50(2018)です。

おすすめ理由は、他の型番と同等の性能にも関わらず、「型落ち」という理由で安くなっているから

2つ挙げた理由は、お互い安さを競っており、タイミングにより安い方が違うからです。

2020年4月頃から2017年モデルが値上がりしたかと思えば、6月下旬からは2018年モデルが高くなって逆転したりと攻防が目まぐるしいです。

ハチ
基本的には安い方を選べばOKだね!

ただし、先述のとおり、両モデルには「チャイルドロック」と「明るさセンサー」の有無に差があるので気にする方は要注意。

型番 明るさセンサー チャイルドロック機能
KC-J50
(2018)
なし なし
KC-H50
(2017)
あり あり

 

まだまだ安いKC-H50(2017)

 

こっちもオススメKC-J50(2018)

 

【参考】まだまだ高い最新KC-L50(2019)

最新モデルは、旧モデルと機能的には同じにも関わらず、発売からの時間が浅く値段が下がっていません

おすすめモデルとなるのは、しばらく先のようです。

ハチ
KC-L50は、現在アマゾンでは検索ヒットしないので「有効なページではありません」と表示されるよ

 

 価格推移の傾向から見るおすすめの理由

「おすすめ型番」という結論を先にお伝えしましたが、おすすめの理由である価格推移についても触れておきます。

次のグラフは、KC-H50のネット価格推移を折れ線グラフにしたものです。

KC-H50(2017)の価格推移(2020年4月まで)

ナナ
KC-H50のグラフだけど、このシリーズの値動きの傾向はだいたい同じだよ!

「KC50シリーズ」の最新モデルは毎年10月(KC-H50は12月)に発売され、まずは最安値で45,000円前後の値がつきます。

そして、そこから徐々に安くなり、発売から約1年で底値の価格帯である15,000円~17,000円くらいに到達。

その後、約1年ほど底値圏をキープし、発売から約2年経過するころには、次年度モデルが底値を打ち始めます。

その頃には在庫もかなり減ってきて、やがて旧モデルは在庫がなくなり市場からフェードアウト。

これが過去モデルから見る「KC50シリーズ」の価格推移の傾向です。

ハチ
それぞれの型番が今どの段階にあるかが重要だね!

 

注意ポイント

2020年は新型コロナの影響で、空気清浄機の需要が増え、例年の動きとは異なる様子です。

例年の最低価格帯である15,000円前後まで安くならない可能性が高いです。

 

まとめ!型落ちはお買い得

以上、KC50シリーズの型番の違いなどについてでした。

家電の毎年のモデルチェンジで、内容が変わらないことはよくあります。

「最新モデル」と聞くと、なんだか良さそうに聞こえますが、「モデルチェンジで変更になった点」と「型落ちによる値下げ」をよく天秤にかけて選ぶべきです。

 

売れ筋トップクラスのシャープKC50シリーズ。

特に「KC-J50(2018)」や「KC-H50(2017)」は、もともと費用対効果が抜群の高コスパ製品ですが、型落ちでさらに割安となっているのでおすすめです。

 

今おすすめのKC-J50(2018)

 

まだまだ安いKC-H50(2017)

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.