空気清浄機

【FU-L50、FU-J50、FU-H50】違いはないので価格で選んでOK!

FU50シリーズ

この記事は、シャープの空気清浄機「FU50」シリーズの型番の違いやお買い得モデルなどをまとめた記事です。

「FU50」シリーズは、加湿機能はありませんが、値段が安くお求めやすいエントリーモデル。

このシリーズは現在、FU-H50、FU-J50、FU-L50など、異なる型番が発売されていますが、実は機能面では全く同じなのです。

しかし、機能面は同じにも関わらず、「いま買うべきおすすめの型番」が存在します。

ナナ
中身は同じなのに、何でオススメがあるんだろうね

 

この記事では、

  • 型番の違いの詳細
  • 価格推移から見る今おすすめの型番

という構成で、「FU50」シリーズを解説していきます。

 

ナナ
なぜ今おすすめなのか、価格推移をもとに理由についても考察してるよ!

 

FU-L50、FU-J50、FU-H50などの型番の違い

これらは全て、シャープの空気清浄機の同シリーズの新旧モデルの関係となります。

型番の違い

【2019モデル】
FU-L50

【2018モデル】
FU-J50

【2017モデル】
FU-H50

 

ただし、冒頭に述べたように、中身は同じです。

  • 仕様上の数値
  • 機能
  • カラーバリエーション

一応、上の3つの基準で、違いがないことを確認してみましょう。

 

仕様上の数値の違い

主な仕様上の数値を抜き出してきました。

先述のとおり、空気清浄機の仕様は、どの型番を選んでも違いはありません。

型番 空気清浄適用床面積 清浄時間 プラズマクラスター適用床面積 空気清浄風量 運転音 電気代(1h) サイズ 重さ
FU-L50(2019) ~28畳(約38m²) 8畳/12分 約14畳(約23m²) 強5.1m³/分、中2.9m³/分、静音1.0m³/分 強52dB、中40dB、静音21dB 強1.32円、中0.35円、静音0.07円 幅383mm×奥行209mm×高さ540mm 4.9kg
FU-J50(2018) ~28畳(約38m²) 8畳/12分 約14畳(約23m²) 強5.1m³/分、中2.9m³/分、静音1.0m³/分 強52dB、中40dB、静音21dB 強1.32円、中0.35円、静音0.07円 幅383mm×奥行209mm×高さ540mm 4.9kg
FU-H50(2017) ~28畳(約38m²) 8畳/12分 約14畳(約23m²) 強5.1m³/分、中2.9m³/分、静音1.0m³/分 強52dB、中40dB、静音21dB 強1.32円、中0.35円、静音0.07円 幅383mm×奥行209mm×高さ540mm 4.9kg
ナナ
全く同じだね

 

機能面の違い

機能面を比較しても違いはありません

FU50シリーズの機能

  • プラズマクラスター7000
  • スピード循環気流
  • 3重フィルター
  • パワフル吸じん運転
  • 加湿機能はない

上記の特徴は、FU-H50、FU-J50、FU-L50いずれにも当てはまります。

 

カラーバリエーションの違い

カラーバリエーションも違いはありません

モデル別カラー

【2019モデル】FU-L50 白色のみ

【2018モデル】FU-J50 白色のみ

【2017モデル】FU-H50 白色のみ

ちなみに、型番の最後についているアルファベットがカラー記号です。

例えば「FU-L50-W」であれば、2019年モデルの白色を表しています。

といっても、一色展開なので「W(ホワイト)」のみですが。

 

ナナ
空気清浄機としての仕様、機能、カラーを比較しても違いはなかったね
となれば、少しでも値段が安いものがいいなぁ
ハチ

 

FU-L50、FU-J50、FU-H50の価格の違い

ここからは各型番のネット価格の違いを確認していきましょう。

次のグラフはFU-H50(2017)の価格推移を表したものです。

FU-H50(2017)の価格推移(2020年5月まで)

家電は発売してから徐々に価格が下がり、底値圏を推移して、やがて価格が上がり市場から消えます。

このシリーズの底値は15,000円前後となっています。

ナナ
U字を描いて価格が動くんだね!

U字に価格推移する中で、今が値動きのどの段階にあるのかを知ることが重要です。

 

ナナ
ちなみに何で最後に価格が上がるの?

型落ちになると生産が止まるので、売り切れても入荷できません。

入荷できない状態で、安いお店で売り切れると、高いお店だけが残るので、最低価格が上がっていく仕組みです。

 

ナナ
ここからは各型番を見ていこう!

さっき見た価格推移のU字の中で、各モデルが今どのへんにいるのかチェックしてみてね!

FU-L50(2019年モデル)

2019年秋に発売された「FU-L50」

このモデルは、初値で約30,000円の値を付け、徐々に価格が下がっている状況ですが、今後まだまだ価格が下がります。

いま購入するメリットは特にありません。

 

FU-J50(2018年モデル)

2018年秋に発売された「FU-J50」は今おすすめの型番

このモデルは、発売から1年以上が経過し、かなり値下がりしています。

家電は一般的に3~4割安くなると底値となることが多いですが、「FU-J50」は半値近くまで安くなっています。

 

FU-H50(2017年モデル)

2017年秋に発売された「FU-H50」は、2020年に入ってから価格上昇してしまい底値圏外に。

長らく最安をキープしていましたが、今では2018年モデルの方が安く購入の選択肢から外れます。

 

まとめ

以上、FU-H50、FU-J50、FU-L50の違いについて比較してきましたが、今オススメできるお得な型番は「FU-H50」となります。

理由は、他の型番と同じ性能にも関わらず、「型落ち」で最も安くなっているからです。

ナナ
中身が同じなら安い方がいいもんね!

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.