空気清浄機

【FU-N50、FU-L50、FU-J50の違いはない】シャープ加湿なし空気清浄機の新旧比較

FU-L50

この記事は、シャープの空気清浄機「FU50」シリーズの型番の違いやお買い得モデルなどをまとめた記事です。

「FU50」シリーズは、加湿機能はありませんが、値段が安くお求めやすい点が特徴で、シャープの全空気清浄機の中ではエントリーモデルの位置付け。

このシリーズは現在、FU-N50、FU-L50、FU-J50など、異なる型番が発売されていますが、実は機能面では全く同じなのです。

しかし、機能面は同じにも関わらず、「いま買うべきおすすめの型番」が存在します。

ナナ
中身は同じなのに、何でオススメがあるんだろうね

 

この記事では、

  • 型番の違いの詳細
  • 価格推移から見る今おすすめの型番

という構成で、「FU50」シリーズを解説していきます。

 

ナナ
なぜ今おすすめなのか、価格推移をもとに理由についても考察してるよ!

 

FU-N50、FU-L50、FU-J50などの型番の違い

これらは全てシャープ空気清浄機の同シリーズ新旧モデルの関係で、それぞれ発売年が異なります。

型番の違い

  • FU-N50:2020年モデル
  • FU-L50:2019年モデル
  • FU-J50:2018年モデル

 

ただし、冒頭に述べたように、中身は同じです。

  • 仕様上の数値
  • 機能
  • カラーバリエーション

一応、上の3つの基準で、違いがないことを確認してみましょう。

 

スペックも同じ

各モデルの主な仕様を比べてみても、FU-N50、FU-L50、FU-J50のスペックは全て同じで次のとおりとなっています。

プラズマクラスター
適用床面積
約14畳(約23m²)
空気清浄
適用床面積
~23畳(38m²)
清浄時間 8畳 / 12分
空気清浄風量 強5.1m³/分、中2.9m³/分、静音1.0m³/分
運転音 強52dB、中40dB、静音21dB
電気代(1h) 強1.3円、中0.35円、静音0.07円
サイズ 幅383mm×奥行209mm×高さ540mm
重さ 4.9kg

 

機能面の違いもなし

機能面を比較しても、FU-N50、FU-L50、FU-J50に違いはなく、全てのモデルの機能的特徴は同じです。

FU50シリーズの機能

  • プラズマクラスター7000
  • スピード循環気流
  • 3重フィルター
  • パワフル吸じん運転
  • 加湿機能はない

 

カラーバリエーションの違い

カラーバリエーションも違いはありません

モデル別カラー

  • FU-N50(2020):白色のみ
  • FU-L50(2019):白色のみ
  • FU-J50(2018):白色のみ

ちなみに、型番の最後についているアルファベットがカラー記号です。

例えば「FU-L50-W」であれば、2019年モデルの白色を表しています。

といっても、一色展開なので「W(ホワイト)」のみですが。

 

ナナ
空気清浄機としての仕様、機能、カラーを比較しても違いはなかったね
となれば、少しでも値段が安いものがいいよね!
ハチ

 

FU-N50、FU-L50、FU-J50の価格の違い

各モデルの価格を個別にチェックする前に、当シリーズの価格推移の傾向をサクッと確認しておきましょう。

  • 発売時の初値:3万円台中盤
  • 底値:1万円台中盤

 

2018年モデル「FU-J50」までの底値は1.5万円を切ることこもありましたが、コロナ禍以降は空気清浄機の需要増に伴い、底値も少し上がってしまった印象です。

それでも1万円台までは安くなるので値引き率は高いのですが、同等スペックの加湿ありモデル「KC50」シリーズと底値に大差がありません。

ナナ
加湿機能の有無で迷っている場合は、加湿ありおすすめモデルの現在価格もリンク先からチェックしてみてね!

 

FU-N50(2020)の価格

2020年秋に発売された最新モデルとなる「KC-N50」は、現在どんどん価格が安くなっているところです。

2021年春以降はついに2万円台の前半まで値段が落ちてきましたが、底値まではあと一歩。

型落ちとなる過去モデルと性能面でのアドバンテージもないので、今あえて選ぶメリットのないモデルと言えます。

 

FU-L50(2019)の価格

2019年モデル「FU-L50」は、いま底値圏を推移するおすすめモデルです。

2019年秋に発売された当モデルは徐々に値を下げ、2021年に入ってからは1万円台に到達、2021年7月現在では18,000円前後を推移しています。

旧モデルはもっと早く、もっと安くなっていたのですが、先述のとおり、まだまだコロナ禍が落ち着かず空気清浄機の需要が高まっている中でこれ以上の値下げが見込めるかは微妙なところ。

 

  • 既に底値圏と言える水準であること
  • ほかの新旧モデルと比べて断然安いこと
ナナ
この2点が「FU-L50」を今おすすめとしている理由だよ!

 

FU-J50(2018)の価格

2018年モデル「FU-J50」は、既に底値圏を過ぎて価格上昇してしまったモデル。

そもそも在庫も見かけなくなってきたこともあり、今はおすすめからは外れました。

先述のとおり、底値は1.5万円を切る水準でしたが、後継の「FU-L50」がどこまで迫れるかがポイントですね。

 

なお、古いモデルが市場から消える前に価格上昇するのは、基本的にネット上の安い店舗から順番に完売するため。

再入荷がないため最低価格は上がっていくという理屈なので、古ければ古いほど安い訳でもない点に要注意です。

以上、「FU50」シリーズの新旧モデル比較をお届けしました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.