空気清浄機

【KI-HS50、KI-JS50、KI-LS50】違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

KI50

この記事は、シャープの加湿空気清浄機「KI50」シリーズの型番の違いや、価格推移から見る「おすすめモデル」をまとめた記事です。

「KI50」シリーズといえば、「プラズマクラスター25000」を搭載したミドルクラスの空気清浄機ですが、このシリーズは現在、KI-JS50KI-HS50KI-LS50などの異なる型番が存在します。

ナナ
何が違うのかな?

結論を先に書くと、KI-HS50、KI-JS50、KI-LS50は、同シリーズの新旧モデルの関係

空気清浄機としての基本的な仕様、性能はすべて同じなのですが、オプション機能に違いがあります

型落ちによる割安の型番が存在するので、「今買うべきおすすめの型番」を判断するには、「オプション新機能」と「型落ちによる安さ」を天秤にかけることになります。

そこで、この記事では

  1. 型番ごとの「違い」の詳細
  2. 各モデルの価格推移
  3. 今買うべきおすすめの型番

以上の構成で、シャープの加湿空気清浄機「KI50」シリーズを解説します。

 

ナナ
型番ごとの仕様や機能の違い・比較はこのまま下にスクロールしてね!
ピンポイントで気になる点があれば、下の写真を押すとジャンプするよ
ハチ

「KI-HS50、KI-JS50、KI-LS50」型番の違いの詳細

先述のとおり、これら3モデルは、シャープ加湿空気清浄機「KI50」シリーズの新旧モデルの関係にあります。

つまり、発売年度が違うのです。

型番の違い

  • KI-LS50(2019年モデル)
  • KI-JS50(2018年モデル)
  • KI-HS50(2017年モデル)

ポイントは赤字のアルファベットの部分。

家電では毎年型番が変わっていく習慣がありますが、このシリーズは赤字の部分のアルファベットが更新されていきます。

 

仕様の違い

KI-HS50、KI-JS50、KI-LS50の3モデルは、実は仕様上の違いは全くありません

次の表は、それぞれの空気清浄機としての仕様をまとめたものです。

型番 プラズマクラスター適用床面積 空気清浄風量(加湿時) 運転音(加湿時) 1時間あたりの電気代(加湿時) 加湿量 サイズ 重さ
KI-LS50
(2019)
約13畳(約21m²) 強4.7m³/分、中2.7m³/分、静音1.2m³/分 強52dB、中45dB、静音24dB 強1.43円、中0.62円、静音0.13円 強550mL/h、中350mL/h、静音170mL/h 幅345mm×奥行262mm×高さ631mm 約8.9kg
KI-JS50
(2018)
約13畳(約21m²) 強4.7m³/分、中2.7m³/分、静音1.2m³/分 強52dB、中45dB、静音24dB 強1.43円、中0.62円、静音0.13円 強550mL/h、中350mL/h、静音170mL/h 幅345mm×奥行262mm×高さ631mm 約8.9kg
KI-HS50
(2017)
約13畳(約21m²) 強4.7m³/分、中2.7m³/分、静音1.2m³/分 強52dB、中45dB、静音24dB 強1.43円、中0.62円、静音0.13円 強550mL/h、中350mL/h、静音170mL/h 幅345mm×奥行262mm×高さ631mm 約8.9kg

 

ナナ
ほんとに全く変わらないんだね
表は加湿時のものだけど、加湿オフのときも3モデルに仕様上の違いはないよ!
ハチ

 

カラーバリエーションの違い

KI50カラーバリエーション

KI-HS50、KI-JS50、KI-LS50は、いずれも白とグレーの2色展開

家電は、毎年のモデルチェンジでカラーパターンが変わることがありますが、「KI50」シリーズのこの3モデルはカラー変更なしです。

ナナ
色も一緒なんだね
ちなみに、型番の一番最後についているのがカラー記号だよ!
ハチ

カラー記号

型番の最後についているアルファベットが、商品の色を表しています。

W=白、H=グレー

例えば「KI-LS50-H」の場合は、グレーを表しています。

 

プラズマクラスターの効果の違い

プラズマクラスターのグレード

 

シャープの代名詞「プラズマクラスター」にはグレードがあります。

KI-HS50、KI-JS50、KI-LS50の3モデルには、それぞれミドルクラスの「プラズマクラスター25000」が搭載されています。

ナナ
じゃあ、ここでも各モデル違いはないのかな?
「プラズマクラスター25000」を搭載してるのは同じだけど、実は効果に違いがあるんだよ!
ハチ

 

型番 浮遊カビ 浮遊菌 浮遊ウイルス 浮遊アレル物質 浮遊ニオイ原因菌 浮遊花粉アレル物質
KI-LS50
(2019)
KI-JS50
(2018)
×
KI-HS50
(2017)
×

 

上の表は、各モデルの浮遊物質に対するプラズマクラスターの効果を一覧にしたものですが、2019年モデル「KI-LS50」だけ、浮遊花粉アレル物質に対応しています。

この点に関しては、2019年モデルにアドバンテージがあります。

なお、上の表は浮遊物質に対するものですが、付着物質に対する効果は、3モデルとも違いはありません。

 

COCORO AIRの対応状況の違い

COCORO AIR

KI-HS50、KI-JS50、KI-LS50の3モデルは、COCORO AIRの対応状況が違います。

COCORO AIRとは

空気清浄機をネットクラウド上のAIとリンクさせ、学習する人工知能が、家庭ごとに間取りや環境、天気などを考慮し、最適な運転を提供するためのシステム。

スマホで情報確認や操作もできます。

【COCORO AIR 対応状況】

型番 空気情報モニター 消耗品状況 スマホ操作 みまもり ペット登録 ペット専用運転モード AI加湿サポート クラウド学習運転 生活パターン分析運転 位置情報連携運転 スマートスピーカー
KI-LS50
(2019)
KI-JS50
(2018)
×
KI-HS50
(2017)
× × × ×

年式が新しくなるほど、COCORO AIRの対応オプションが多いです。

 

ナナ
ここまでは、どこに「違い」があるのかを解説したよ!
ここからは、「違いのある機能の詳細」と「型番ごとの価格差」を解説していくね!
ハチ

 

オプション新機能の紹介

家電で新モデルが発売されたときに考えるべきは、「新機能」と「型落ちによる安さ」のどちらに重きを置くか

型番により、主にCOCORO AIRの対応機能に違いがあることをお伝えしましたが、ここでは、その新機能がどんなものか紹介します。

 

ペット専用運転モード

ペット専用運転モード

 

ペット専用運転モードは、ニオイ、加湿、気温、をペットに合わせて自動運転する機能

要は、ペットに最適な環境にするためには、

  • 風量強(ニオイ)
  • 加湿弱
  • チャイルドロック

この3つに設定する手間があるけど、スマホアプリから「ペット専用運転モード」ボタンを1プッシュするだけで設定できますよ!

という機能。

機能対応状況

  • KI-LS50(2019) ◯
  • KI-JS50(2018) ◯
  • KI-HS50(2017) ×

なお、暑さに弱いイヌ、寒さに弱いネコのために、気温に合わせて、ルーバーを動かし送風調整する機能は、この記事で紹介している「KI50」シリーズには搭載されていません。

 

AI加湿サポート

AI加湿サポート

人がいないときに、自動で加湿を弱めることで、給水の手間を減らせる機能

ナナ
加湿空気清浄機って、給水がめんどくさいんだよね
そんな人に「AI加湿サポート」はおすすめ機能だよ!
ハチ

また、AI加湿サポートでは、「天気、季節、家の広さ、鉄筋・木造などの造り」といった要因から加湿の強弱を自動判別します。

一般的な除湿センサーが湿度のみで、判別するのに対し、「プラスαの要因でもう少し繊細に判別します」というイメージ。

機能対応状況

  • KI-LS50(2019) ◯
  • KI-JS50(2018) ×
  • KI-HS50(2017) ×

 

生活パターン分析運転

生活パターン分析運転

AIが生活パターンから、日々の空気の変化を分析し、省エネ、空気清浄効率のよい自動運転となるよう学習していきます。

機能対応状況

  • KI-LS50(2019) ◯
  • KI-JS50(2018) ◯
  • KI-HS50(2017) ×

 

位置情報連携運転

スマホのGPSと連動して、外出したら加湿をOFFに、帰宅したら静かに運転する、など自動で運転モードが切り替わります。

「おまかせ」など特定のモードにしているときに機能します。

機能対応状況

  • KI-LS50(2019) ◯
  • KI-JS50(2018) ◯
  • KI-HS50(2017) ×

 

 

価格推移から見るお買い得な型番

これまで機能的な違いを見てきましたが、ここからは型番ごとの価格推移を考察します。

家電は、発売後から徐々に価格が下がっていき、次年度モデルが発売されると、前年度モデルは型落ちとなり、最も安い底値ラインへ到達します。

やがて、次年度モデルの価格が下がってくると、前年度モデルは入れ替わるように価格上昇して市場から消えていく。

これが、よくある価格サイクルパターンです。

型落ち商品をお得に購入するためには、その商品が今サイクルのどの部分に当てはまるのかをチェックする必要があります。

ナナ
それぞれのモデルの価格推移を見てみよう!

新型コロナの影響

今年は、新型コロナの影響で空気清浄機の需要が増え、在庫や価格推移が例年と異なります。

全体的に値上がり傾向にあるので、例年どおりの底値まで下がらない可能性があります。

 

KI-LS50(2019)の価格推移

KI-LS50の価格推移(2020年4月まで)

最新の2019年モデルである、KI-LS50は、ネット最低価格として初値で60,000円の値を付け、徐々に安くなってはいますが、底値まではまだまだです。

過去モデルから推察するに、底値到達まで1年程度はかかるでしょう。

他の型番に比べ、値段的にはおすすめできる段階にないですが、先述のとおり、2019年モデルは、プラズマクラスターやCOCORO AIRの対応オプションが多い点がメリット。

ナナ
楽天やヤフーでは、KI-JS50(2018)と一緒に表示されるから価格がわかりにくいけど、2019モデルはまだまだ高いよ

 

KI-JS50(2018)の価格推移

KI-JS50の価格推移(2020年4月まで)

KI-JS50(2018)は、底値まであと一歩という感じ。

しかし、すでに2017年モデルと価格は同等で、2017年モデルより性能がいいことを考えると、今一番おすすめの型番と言えます。

ナナ
従来の底値まではあと一歩だけど、今年は新型コロナの影響で価格が例年どおり下がらない可能性もあるよ

 

在庫情報

  • アマゾン31,000円台
  • 楽天、ヤフーで32,000円台

 

KI-HS50(2017)の価格推移

KI-HS50の価格推移(2020年4月まで)

KI-HS50(2017)は、底値の価格帯である20,000円台前半を推移した後、5月には30,000円台に価格上昇してしまいました。

これまでは一番安いモデルでしたが、今では先に紹介した2018年モデルと価格は同等となっています。

機能的には、2018年モデルの方が優れるので、価格のアドバンテージがなくなり、2017年モデルをおすすめする理由もなくなりました。

在庫情報

  • アマゾン在庫なし
  • 楽天、ヤフーで32,000円前後

 

おすすめの型番

以上、シャープの加湿空気清浄機「KI50」シリーズの違いや価格を見てきましたが、最後にすべてを踏まえておすすめの型番を紹介します。

ナナ
何を重視するかでおすすめは異なるよ!

もし、あなたが、

価格」を重視するなら「KI-JS50(2018)」がおすすめ。

新機能」を重視するなら、最新の「KI-LS50(2019)」がおすすめ。

 

個人的には、価格差に見合う機能差がないと思っているので、「KI-JS50(2018)」の方がいいのかなと思います。

型落ちで十分な理由

  • 本質的な性能である、風量やフィルター性能などの仕様が同じ
  • もともと各種センサーで、ある程度の効率的なおまかせ運転はできる
  • 最新モデルの追加機能で得られる「省エネ」や「空気清浄効率」の向上に、価格差以上の価値を感じない

もともと、温度、湿度、照度、ホコリ、ニオイのセンサーにより室内の分析はできるのです。

そこに、天気や季節、家の造り、外出中などのプラスαの情報で、もう少し精度の高い運転をというレベルの話です。

 

以上を踏まえると、最新モデルが安くなるまでは、「KI-JS50(2018)」がおすすめです。

 

おすすめ「KI-JS50」2018モデル

 

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.