空気清浄機

【KI-NS50、KI-LS50、KI-JS50】違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

KI-NS50とKI-LS50

「KI-NS50、KI-LS50、KI-JS50」

これらは全て、「プラズマクラスター25000」を搭載したシャープの空気清浄機の型番ですが、発売された年が異なる新旧モデルの関係です。

型番の違い

  • KI-NS50(2020年発売モデル)
  • KI-LS50(2019年発売モデル)
  • KI-JS50(2018年発売モデル)

 

ナナ
何が違うのかな?

まず最新の「KI-NS50(2020)」では、中身だけではなくデザインまで大きく変更となりました。

型落ちの「KI-LS50(2019)」と「KI-JS50(2018)」については、ほぼ同じですが「COCORO AIR」の対応状況に違いがあります。

中身が全く変わらないことも少なくない空気清浄機のモデルチェンジですが、この「KI50シリーズ」に関しては、近年毎年何かしら変更があります。

 

この記事の目的は、今買うべきおすすめの型番を探ることですが、それを判断するには「機能差」と「型落ちによる価格差」を天秤にかける必要があります。

そこで、この記事では

  1. 最新モデルの変更点
  2. 各型番の「違い」の詳細
  3. 各モデルの価格推移
  4. 今買うべきおすすめの型番

以上の構成で、シャープの加湿空気清浄機「KI50」シリーズを解説します。

 

最新モデルの変更点

まずは、大きな変更があった最新モデルから。過去のモデルとの主な変更点は次の4点です。

  • デザインが大きく変更
  • 加湿力がアップ
  • 加湿時の静音性がアップ、しかし風量ダウン
  • COCORO AIR非対応に

改善点は、加湿力向上と加湿時に静かになったこと。

改悪点は、加湿時の空気清浄力ダウンとCOCORO AIRが非対応になったこと。

デザインは好みが分かれそうです。

ナナ
詳細を解説するよ!

 

デザインが大きく変更

KI-NS50とKI-LS50のデザイン比較

写真左が「KI-NS50(2020)」、写真右が「KI-LS50(2019)」ですが、ご覧のとおりデザインが違います。

新モデルでは横幅が約4cm長くなりましたが、その分薄くなりました。

ナナ
デザインの好みは分かれそうだね!

 

加湿力がアップ

加湿力が向上したKI-NS50

引用:シャープ公式

「KI-NS50(2020)」では、加湿フィルターを2重に通す仕組みを採用することで、加湿力が向上しています。

この仕組みは、加湿力に定評がある上位モデル「KI-NX75」と同じ仕組みとなります。

2019、2018年モデルの加湿量は「最大 550mL/h」でしたが、最新モデルでは「最大 600mL/h」にパワーアップしました。

 

加湿時の静音性がアップ、しかし風量ダウン

静音性が向上したKI-NS50

「KI-NS50(2020)」では加湿時の運転音が静かになりました!と喜ぶのは早いです。

基本的に騒音と空気清浄力はトレードオフの関係。加湿時の風量と運転音の関係を型落ちの「KI-LS50(2019)」と比較してみましょう。

型番 空気清浄適用床面積(加湿ON) 空気清浄風量(加湿ON) 運転音(加湿時ON) 加湿量
KI-NS50
(2020)
~16畳(26m²) 強3.6m³/分、中2.8m³/分、静音1.0m³/分 強43dB、中40dB、静音19dB 強600mL/h、中480mL/h、静音200mL/h
KI-LS50
(2019)
~22畳(36m²) 強4.7m³/分、中2.7m³/分、静音1.2m³/分 強52dB、中45dB、静音24dB 強550mL/h、中350mL/h、静音170mL/h

上の仕様は加湿時のものです。新モデルでは強モードの運転音が43デシベルと静かで加湿量も多いですが、その反面、適用面積や風量が弱いです。

今回のモデルチェンジは、一長一短だという点に気をつけましょう。

 

COCORO AIR非対応に

COCORO AIR

「KI-NS50(2020)」では、COCORO AIRが非対応になりました。

COCORO AIRとは

空気清浄機をネットクラウド上のAIとリンクさせ、学習する人工知能が、家庭ごとに間取りや環境、天気などを考慮し、最適な運転を提供するためのシステム。

スマホで情報確認や操作もできます。

要は最近多い、IoTというやつです。空気清浄に直接影響する訳ではないですが、あればちょっと便利になるという類の機能。

後述しますが、旧モデルではCOCORO AIRを使ってできることに差があります。一方の最新モデルでは完全に非対応となってしまいました。

 

KI-NS50、KI-LS50、KI-JS50の違い

最新モデルでは大きな変更があったため、先に個別に紹介しましたが、ここからは最新モデルも含め、過去3年分のモデルの違いの詳細を比較していきます。

新旧モデルの違い

  • 仕様の違い
  • プラズマクラスターの効果の違い
  • COCORO AIRの対応状況の違い
ナナ
3つの違いについて順番に紹介していくよ!

 

仕様の違い

「KI-JS50(2019)と「KI-LS50(2018)」に仕様上の違いはなく全く同じです。

最新モデルは先に紹介したとおり、静音性や風量の点で若干異なります。改めて、3モデルまとめてスペックを比べてみましょう。

ナナ
加湿のON/OFFで性能も異なるよ!
型番 プラズマクラスター適用床面積 空気清浄適用床面積(加湿OFF) 空気清浄風量(加湿OFF) 運転音(加湿時OFF) 1時間あたりの電気代(加湿時OFF) 空気清浄適用床面積(加湿ON) 空気清浄風量(加湿ON) 運転音(加湿時ON) 1時間あたりの電気代(加湿時ON) 加湿量 加湿適用床面積 本体カラー サイズ 重さ
KI-NS50
(2020)
約13畳(約21m²) ~23畳(38m²) 強5.1m³/分、中2.8m³/分、静音1.0m³/分 強51dB、中40dB、静音17dB 強1.4円、中0.38円、静音0.1円 ~16畳(26m²) 強3.6m³/分、中2.8m³/分、静音1.0m³/分 強43dB、中40dB、静音19dB 強0.65円、中0.43円、静音0.12円 強600mL/h、中480mL/h、静音200mL/h プレハブ洋室 ~17畳(27m²)
木造和室 ~10畳(17m²)
白(W)
グレー(H)
幅384mm×奥行230mm×高さ619mm 約7.9kg
KI-LS50
(2019)
約13畳(約21m²) ~23畳(38m²) 強5.1m³/分、中2.0m³/分、静音0.8m³/分 強53dB、中38dB、静音15dB 強1.73円、中0.27円、静音0.08円 ~22畳(36m²) 強4.7m³/分、中2.7m³/分、静音1.2m³/分 強52dB、中45dB、静音24dB 強1.43円、中0.62円、静音0.13円 強550mL/h、中350mL/h、静音170mL/h プレハブ洋室 ~15畳(25m²)
木造和室 ~9畳(15m²)
白(W)
グレー(H)
幅345mm×奥行262mm×高さ631mm 約8.9kg
KI-JS50
(2018)
約13畳(約21m²) ~23畳(38m²) 強5.1m³/分、中2.0m³/分、静音0.8m³/分 強53dB、中38dB、静音15dB 強1.73円、中0.27円、静音0.08円 ~22畳(36m²) 強4.7m³/分、中2.7m³/分、静音1.2m³/分 強52dB、中45dB、静音24dB 強1.43円、中0.62円、静音0.13円 強550mL/h、中350mL/h、静音170mL/h プレハブ洋室 ~15畳(25m²)
木造和室 ~9畳(15m²)
白(W)
グレー(H)
幅345mm×奥行262mm×高さ631mm 約8.9kg

2019年と2018年モデルは完全一致しています。

本体カラーは、全モデル白とグレーの2色展開です。

 

カラー記号の見方

型番の最後についているアルファベットが、商品の色を表しています。

W=白、H=グレー

例えば「KI-NS50-H」の場合は、2020年モデルのグレーを表しています。

 

プラズマクラスターの効果の違い

プラズマクラスターのグレード

 

シャープの代名詞「プラズマクラスター」にはグレードがあります。

KI-NS50、KI-LS50、KI-JS50の3モデルには、それぞれミドルクラスの「プラズマクラスター25000」が搭載されています。

ナナ
じゃあ、各モデル違いはないのかな?

全て「プラズマクラスター25000」を搭載してるのは同じですが、実は効果にわずかな違いがあります。

型番 浮遊カビ 浮遊菌 浮遊ウイルス 浮遊アレル物質 浮遊ニオイ原因菌 浮遊花粉アレル物質
KI-NS50
(2020)
KI-LS50
(2019)
KI-JS50
(2018)
×

 

上の表は、各モデルの浮遊物質に対するプラズマクラスターの効果を一覧にしたものですが、2018年モデル「KI-JS50」だけ、浮遊花粉アレル物質に非対応です。

この点に関して、2019年以降のモデルにアドバンテージがあります。

ただし、勘違いしてはいけないのが、これはあくまでプラズマクラスターの効果について。空気清浄の心臓部であるフィルター除去は、もちろん全モデル花粉を捕集します。

 

COCORO AIRの対応状況の違い

KI-NS50、KI-LS50、KI-JS50の3モデルは、COCORO AIRの対応状況が違います。

なお、先述のとおり「KI-NS50(2020)」はCOCORO AIR非対応です。

 

COCORO AIR 対応状況

型番 空気情報モニター 消耗品状況 スマホ操作 みまもり ペット登録 ペット専用運転モード AI加湿サポート クラウド学習運転 生活パターン分析運転 位置情報連携運転 スマートスピーカー
KI-NS50
(2020)
× × × × × × × × × × ×
KI-LS50
(2019)
KI-JS50
(2018)
×

 

「KI-LS50(2019)」と「KI-JS50(2018)」で対応状況が違うのは、AI加湿サポート機能の有無のみです。

AI加湿サポートとは?

AI加湿サポート

環境や人がいるかどうかで最適な加湿を自動判別する機能で、不要時の加湿を弱めることで給水の手間を減らせます。

ナナ
加湿空気清浄機って、給水がめんどくさいんだよね
そんな人に「AI加湿サポート」はおすすめ機能だよ!
ハチ

AI加湿サポートでは、「天気、季節、家の広さ、鉄筋・木造などの造り」といった要因からも加湿の強弱を自動判別します。

一般的な除湿センサーが湿度のみで、判別するのに対し、「プラスαの要因でもう少し繊細に判別します」というイメージです。

 

KI-NS50、KI-LS50、KI-JS50の価格の違い

これまで機能的な違いを見てきましたが、ここからは型番ごとの価格推移を考察しますが、その前にサクッと当シリーズの値動きの傾向をチェックしておきましょう。

  • 発売時の初値:6万円前後
  • 底値:2万円台の中盤

2017年モデル以前の大底は2万円前後でしたが、コロナ禍以降は2万円台の中盤くらいが底値となることが多いです。

 

家電は発売後に徐々に値段を下げ、やがて最もお得な底値圏へと至ります。

今どれくらい安くなっているのかを意識しながら各モデルの価格をチェックしてみてくださいね。

 

KI-NS50(2020)の価格推移

2020年モデル「KI-NS50」は、シリーズの傾向から漏れずに2020年12月の発売当初の初値は約60,000円からスタート。

2021年9月末時点では、3万円台の前半まで価格が落ちていますが、底値圏までへはあと一歩というところ。

改良点と改悪点が混在し、素直に「進化しました!」とは言えないこともあり、価格がもっと落ちるまではおすすめから外れます

 

KI-LS50(2019)の価格推移

2019年モデル「KI-LS50」は、価格的に底値圏へ入った今おすすめのモデルです。

2020年はなかなか安くなりませんでしたが、2021年に入り急激に価格を落とし、2021年春以降は2万円台に足を踏み入れ、9月以降はついに2万円台中盤の価格帯となってきました。

AI加湿サポート搭載し、プラズマクラスターも浮遊花粉アレル物質に対応しているなど、他モデルより優秀な部分があって性能的にもおすすめできるモデルです。

 

KI-JS50(2018)の価格推移

2018年モデル「KI-JS50」は、徐々に魅力が薄れてきたモデルです。

価格的にも、後継機種の方が安くなってきたうえ、後継機種の方がプラズマクラスターの性能がわずかに優れるので、あえて選ぶメリットが見当たらなくなってきました。

セール等で安いものを見つけたら選択肢となりますが、そうでなければ微妙です。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

【結論】おすすめの型番

以上、シャープの加湿空気清浄機「KI50」シリーズの違いや価格を見てきました。

結論としては、すでに書いたように2019年モデル「KI-LS50」がおすすめです。

理由

  • 2020年モデルは、まだ底値でないうえ、進化したとは言い切れない
  • 2018年モデルは、2019年モデルより性能で劣るうえ価格でも劣りはじめた

 

以上の理由により、価格面と性能面での優位性がある2019年モデルがおすすめです。

ナナ
「最新モデル」にこだわりがなければ、型落ち狙いがコスパがいいよ!

 

おすすめ|KI-LS50(2019)

 

まだまだ安い|KI-JS50(2018)

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.