空気清浄機

KI-NS40、KI-LS40、KI-JS40の違いは1つだけ!新旧モデル比較

KI-40シリーズの比較

KI-NS40、KI-LS40、KI-JS40は、シャープの加湿空気清浄機の新旧モデルの関係です。

ナナ
発売された年が違うだけだよ!

年式の違い

  • KI-NS40(2020年発売)
  • KI-LS40(2019年発売)
  • KI-JS40(2018年発売)

結論を先に書くと、違いはCOCORO AIRというシャープの公式アプリに対応しているかどうかだけ。

それ以外の、外観、カラーバリエーション、空気清浄能力、フィルター、プラズマクラスターの仕様、全て同じです。

この記事では、

  • 違いのあるCOCORO AIRの機能の紹介
  • 各型番の価格を比較
  • 機能差と価格差を比べるとどのモデルがお得なのか

という構成で、KI-NS40、KI-LS40、KI-JS40の違いを検証します。

 

唯一の違いはCOCORO AIR

COCORO AIRとは、公式アプリの名前で、空気清浄機本体からの無線LANにより、ネット上でお部屋の空気の状態が把握できたり、スマホから操作できたりするものです。

 

COCORO AIR 対応比較

型番 空気情報モニター 消耗品状況 スマホ操作 みまもり ペット登録 ペット専用運転モード AI加湿サポート 使い方フィット クラウド学習運転 生活パターン分析運転 位置情報連携運転
KI-NS40
(2020)
× × × × × × × × × × ×
KI-LS40
(2019)
× × × × × × × ×
KI-JS40
(2018)
× × × × × × × × × × ×
ナナ
あれ、2019年モデル以外は全部×だよ

実は「KI40」シリーズにおいては、2019年モデルでCOCORO AIRに対応したかと思いきや、最新2020モデルで非対応に戻ってしまいました。

KI-LS40(2019)がCOCORO AIRと連携してできることは次の3つ。

  • 空気情報モニター
  • 消耗品状況チェック
  • スマホ操作

 

部屋の空気室を「空気情報モニター」で見える化できたり、遠隔操作や消耗品のチェックができたりと、必須でないけどあれば地味に便利な機能たちです。

これらの機能が絶対欲しい!という場合は、2019年モデル「KI-LS40」がおすすめです。

 

KI-NS40、KI-LS40、KI-JS40の価格推移

以上、各モデルの性能的な違いを確認しましたが、違いは「COCORO AIRの対応状況」のみでした。

となれば重要なのは、各モデルの価格差がその違いに見合うがどうか。

ナナ
ということで、ここからは3モデルの価格を比較するよ!

注意ポイント

全体的に品薄で、特にAmazonでは在庫ヒットしないことが多いです。

 

KI-NS40(2020)の価格推移

最新2020年モデル「KI-NS40」の発売時の初値は約5万円からのスタートでしたが、2021年春以降は2万円台に到達。

しかし、型落ちモデルと比べると価格はまだ高いので、おすすめするにはまだ早いかなという印象。

COCORO AIRにも対応しておらず、型落ちモデルよりも性能的に優れる部分がないこともあり、あえて選ぶメリットはないでしょう。

 

KI-LS40(2019)の価格推移

2019年モデル「KI-LS40」は、価格的にもかなり安くなっており今おすすめのモデルです。

2021年春以降は2万円台の前半まで安くなっています。

2021年7月時点では、2018年モデルの方が2~3千円程度安い傾向にありますが、機能差を考えると個人的には有りな価格差だと思います。

 

KI-JS40(2018)の価格推移

2018年モデル「KI-JS40」は、2021年7月時点では価格的には最も安いモデルです。

1万円台の後半という低価格なので、価格に徹底的にこだわる場合はおすすめです。

 

結論!おすすめ型番は?

以上、KI-NS40、KI-LS40、KI-JS40の違いについてお届けしました。

結論は、価格差と機能差のバランスを考慮して2019年モデル「KI-LS40」を推しつつも、価格にこだわるなら2018年モデル「KI-JS40」も有りとなりました。

性能と価格どちらに重きを置くか、また価格差は許容できるのか検討してみてくださいね。

 

性能重視|KI-LS40(2019)

 

価格重視|KI-JS40(2018)

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.