空気清浄機

【シャープ空気清浄機を比較】おすすめモデルは?型落ち過去モデルも含めて徹底検証

シャープ空気清浄機

シャープは「世界一売れた空気清浄機ブランド」として、ギネス認定されたこともある空気清浄機の代表的なメーカー。

コスパの良さから人気があり、種類も豊富なので選択肢が広い点がメリットです。

しかし、その一方で「どれを選べばいいか分からない」という悩みの声も耳にします。

ナナ
現行モデルだけでも10種類もあるんだよ

 

さらに、各シリーズの型落ちとなった過去モデルまで含めるとその数は膨大で、違いが分からず選び疲れてしまうことも。

そこで、この記事では過去モデルも含めてシャープ空気清浄機の比較を行い、高コスパなお買い得モデルを探り当てるために必要な情報を4ステップで整理します。

ナナ
自宅にぴったりなモデルを底値で手に入れることが目的だよ!

型落ちも含めた新旧ラインナップの中から、現時点での価格も考慮して、具体的なおすすめモデルをお伝えします。

 

比較表でシャープ空気清浄機の全体像を掴む

まずはサクッと全体像を掴みましょう。シャープ空気清浄機の2018~最新2020年モデルを比較表にまとめました。

シリーズ プラズマクラスター 加湿機能 おすすめ畳数 2020年モデル 2019年モデル 2018年モデル
KIシリーズ NEXT 約23畳 KI-NP100 KI-LP100 KI-JP100
25000 約21畳 KI-NX75 KI-LX75 KI-JX75
約19畳 KI-NS70 KI-LS70 KI-JS70
約13畳 KI-NS50 KI-LS50 KI-JS50
約10畳 KI-NS40 KI-LS40 KI-JS40
約10畳 KI-ND50 KI-LD50
KCシリーズ 7000 約13畳 KC-N50 KC-L50 KC-J50
FUシリーズ × 約14畳 FU-N50 FU-L50 FU-J50
約6畳 FU-NC01
約14畳 FU-PK50 FU-PK50 FU-PK50

※型番のカラー記号は省略

ナナ
型番の名前が似ていて混乱しそう

 

ここでは簡単な概要だけに留めますが、シャープ空気清浄機には大きく3シリーズが存在します。

シリーズ名 特徴
KIシリーズ
(上位機種)
グレードの高いプラズマクラスターを搭載し、全て加湿機能あり。多機能なモデルが多い
KCシリーズ
(定番)
一番の売れ筋。プラズマクラスター・空気清浄・加湿のみの最低限シンプル機能で高コスパ
FUシリーズ
(加湿なし)
全て加湿機能のないモデル。超コンパクト、蚊取り機能などバラエティ豊富

 

  • 予算に余裕があり空気にこだわりたいならKIシリーズ
  • 価格重視で人気モデルが欲しいならKCシリーズ
  • 加湿は不要ならFUシリーズ

というイメージでしょうか。

 

型番から分かる各モデルの特徴

難解に見える型番にも実は意味があり、型番を見れば性能や特徴が見えてくるので比較の際に役立ちます。

ナナ
次の型番を例に解説するよ!

KI-NS70-W

最初の記号
(黄色)
シリーズを表し、加湿有無とプラズマクラスターのランクが分かる

【加湿】
FU:加湿なし
KCやKI:加湿あり

【プラズマクラスター】
KI:NEXT or 25000
KCとFU:7000

※NEXT > 25000 > 7000の順に高性能

中の記号
(赤色)
発売した年(年式)を表す

N:2020年、L:2019年
J:2018年、H:2017年
G:2016年、F:2015年

数字
(青色)
最大風量(=適用面積の広さや清浄スピード)を表し大きいほど高性能

(例)100は10㎥/分、50は5㎥/分の空気を清浄

最後の記号
(灰色)
本体カラーを表す(先述の比較表では省略)

W:ホワイト、B:ブラック
H:グレー、T:ブラウン

 

例として挙げた「KI-NS70-W」を改めて見てみると、

  • KI:加湿あり、プラズマクラスター上位
  • N(S):2020年モデル
  • 70:最大風量7㎥/分程度
  • W:カラーは白

型番の中にも、これだけの情報があることが分かります。

ナナ
型番の比較で混同したら思い出してみてね!

 

シャープの特徴!他メーカーとの違い

空気清浄機のシェア3強メーカーを比較しながらシャープの特徴を確認しましょう。

メーカー 特徴 現行モデルの種類 デザイン性 消耗品のランニングコスト イオン技術 吸引口
シャープ プラズマクラスター
種類が多い
型落ち在庫が豊富で安い
10シリーズ 丸みのある柔らかいデザイン Ag⁺イオンカートリッジ:税込990円(毎年)
上位機種はプラズマクラスター発生ユニット:税込7,700円(2年毎)
外部にイオン放出(プラズマクラスター) 背面吸引
パナソニック ナノイー
多彩な気流で効率集じん
珍しい木目調デザインあり
5シリーズ ボックス型で全体的に薄め なし 外部にイオン放出(ナノイー) フロント&両サイド吸引
ダイキン ストリーマ
定評のある技術力
花粉などを内部で分解
6シリーズ ボックス型 なし 本体内部で強力分解(ストリーマ)
外部にイオン放出(アクティブイオン)
フロント&両サイド吸引

他メーカーも気になり、横断的に特徴・ラインナップ・個別モデルのスペック比較などを行いたい場合は、おすすめ空気清浄機のまとめ記事を確認してみてください。

ナナ
ここからはシャープ製を語る上で重要なポイントに絞って詳しく解説していくよ!

 

本体価格の違い

シャープの最大の特徴は、型落ちとなった過去モデルの在庫の豊富さにより、過去モデルなら低価格で手に入ること

なお、空気清浄機はモデルチェンジによる大きな変更が少ない家電なので、性能面で旧型モデルが大きく劣ることは稀です。

ナナ
過去モデルでも問題なしってことだね♪
むしろコスパが大事なら過去モデルを積極的に狙っていくのがおすすめだよ!
ハチ

 

他メーカーは、安い過去モデルが市場からすぐなくなるので、そうなれば新型が安くなるのを待たないと底値で買えません。

一方のシャープは、常に過去モデル(前年か前々年モデル)のどれかが底値という状態が多いので、時期を選ばずいつでも安く買える点が魅力です。

 

ランニングコストの違い

シャープ空気清浄機のデメリットは消耗品のランニングコスト。

ダイキンやパナソニックでは基本的に電気代以外のランニングコストは不要ですが、シャープは機種により定期的に次の費用が発生します。

  • プラズマクラスター発生ユニット:税込7,700円(2年毎)
  • Ag⁺イオンカートリッジ:税込990円(毎年)

 

プラズマクラスター発生ユニットの交換が必要なのは、高ランクのプラズマクラスターを搭載しているモデルだけ。

具体的にはプラズマクラスター25000、NEXTを搭載する「KIシリーズ」のみ2年ごとに交換が必要です。

プラズマクラスター7000搭載の機種は交換の必要はありません

 

また、Ag⁺イオンカートリッジは、給水タンクのフタに取り付けるので加湿機能のある全機種で必要なもの。

交換費用は高くないですが、毎年交換なので地味に嫌な出費。給水タンクの衛生状態は臭いトラブルに発展する可能性もあるのでケチることもできません。

 

吸引口の違い

シャープの空気清浄機は他メーカーと異なり本体背面から空気を吸い込む仕様です。

吸込口を塞ぐと空気清浄できないので、壁からどれだけ離す必要があるのかがポイントですが、この点、シャープ公式では壁から3cm離すだけで空気清浄的には問題なしとしています。

ただし、公式では同時に「壁と近すぎる場合の壁が汚れる可能性」を指摘しているので、実際は3cm以上の距離を置くのが無難でしょう。

ナナ
他メーカーの推奨は基本1cmなので、設置場所に制限がある場合は他メーカーも検討してみてね!

 

シャープ空気清浄機の選び方【7つのポイント】

たくさん種類がある中から最適な1台を選ぶために意識すべきポイントは次の7つです。

  1. 適用範囲
  2. 加湿や除湿の有無
  3. プラズマクラスターのランク
  4. フィルター性能
  5. サイズやデザイン性
  6. COCORO AIRの対応状況
  7. 価格
ナナ
重要なものをピックアップして詳しく解説するよ!

 

適用範囲で選ぶ

空気清浄機の選び方で、最も重要といえるのが適用範囲ですが、迷いやすい部分でもあります。

重要なポイント

余裕を見て、部屋より少し広めの適用床面積の機種を選ぶのがベスト!

適用床面積の広さは、空気清浄機のパワーに比例します。

部屋の広さに対して、空気清浄機の適用範囲が足りないと、パワー不足で空気がキレイになるのに時間がかかります。

 

ナナ
でも、時間をかければキレイになるから別にいいんじゃないの?

例えば、花粉が家の中に入り込んだら、なるべく早く花粉を除去することが重要ですが、スペック不足で除去に時間がかかり花粉が室内に蔓延すると意味がありません。

主に帰宅時など、空気清浄機にはフル稼働すべき瞬間があり、そのときに「適用範囲の広さ=パワーの強さ=空気清浄時間の速さ」が求められるのです。

これが「空気清浄機は、大は小を兼ねる(適用範囲は広いほどいい)」と言われる理由です。

ただし、過剰なものを買う必要はないので、少し余裕をみるくらいの適用範囲で考えましょう。

 

適用範囲で選ぶ際の注意点

シャープ空気清浄機の仕様上に出てくる適用範囲には、いくつか種類があります。

  • 空気清浄の適用範囲(加湿OFF)
  • 加湿時の空気清浄の適用範囲
  • 加湿の適用範囲
  • 除湿の適用範囲
  • プラズマクラスターの適用範囲
ナナ
何の適用範囲なのか、しっかり確認しよう!

 

選ぶ際の注意点としては、プラズマクラスター・加湿・除湿の範囲は、空気清浄の範囲よりも狭いので気をつけてください。

例えば、シャープの定番モデル「KC-N50」のスペックは次のとおり。

空気清浄 ~23畳(38m²)
空気清浄
(加湿時)
~15畳(25m²)
プラズマ
クラスター
約13畳(約21m²)
加湿 プレハブ洋室~14畳(23m²)
木造和室~8.5畳(14m²)
ナナ
加湿ONのときは、空気清浄の範囲が「23畳→15畳」に狭くなるんだね

空気清浄範囲が23畳なのでリビング用に購入したけど、プラズマクラスターや加湿の範囲が物足りない、とならないよう注意です。

 

フィルター性能で選ぶ

シャープの空気清浄機で採用しているフィルターには2種類あります。

  • 集じん・脱臭一体型フィルター
  • 静電HEPAフィルター

 

集じん・脱臭
一体型フィルター
静電HEPAフィルター
採用機種 低性能機種 高性能機種
フィルター性能
交換目安 2年 10年

 

静電HEPAフィルターは、0.3µmの微小な粒子を99.97%以上集じんできるうえに、10年間も交換不要な高性能フィルター。

ナナ
10,000個の微小な粒子を吸い込んでも、たった3個しか通さないんだよ!

ランニングコストや性能面を考えると、静電HEPAフィルターを採用している機種を選ぶのがおすすめです。

 

プラズマクラスターで選ぶ

シャープの代名詞ともいえる「プラズマクラスター」は、次のような菌やウイルスの作用を抑制します。

  • カビ菌
  • ニオイ原因菌
  • ウイルス
  • アレル物質
  • 花粉
ナナ
そんなプラズマクラスターには、3つのグレードがあるよ

 

プラズマクラスターのグレード

 

上位クラスほどイオン濃度が高まり、ニオイの分解・除去スピードが上昇するなど効果が高まる仕様です。

プラズマクラスターの効果

 

ナナ
ウイルスや菌だけでなく、ニオイの除去や静電気にも有効だよ!

プラズマクラスターの効果ニオイや静電気

 

個人的には、7000でも十分だと思いますが、プラズマクラスターにこだわる場合は、よりイオン濃度の高い上位種を選ぶのがおすすめです。

 

COCORO AIRの対応で選ぶ

COCORO AIR

COCORO AIRとは

空気清浄機をネットクラウド上のAIとリンクさせ、学習する人工知能が、家庭ごとに間取りや環境、天気などを考慮し、最適な運転を提供するためのシステム。

スマホで情報確認や操作もできます。

無線LAM(Wi-Fi)があれば、対応機種でCOCORO AIRを利用することができます。

ナナ
どんなことができるの?
  • 天気や生活に合わせ運転最適化
  • AIが学習し自分好みの運転を自動選択
  • 汚れ具合など空気情報をモニターできる
  • フィルターなどの交換目安をお知らせ
  • AIが無駄な加湿を抑制し吸水の手間を減らす
  • シャープ製のエアコンと連携し空気のトータルケア

などが、COCORO AIRの対応機種では可能となります。

正直、無くても困りませんが、あればちょっと便利に、ワンランク上の空気管理ができるプラスαの機能です。

 

具体的なスペックの違いを比較

ここまで、大まかな特徴や選び方の基準をお伝えしてきましたが、ここからは最適な1台を選ぶために、各モデルの具体的なスペックを確認していきます。

ナナ
比較表中のリンクからは「最新と過去モデルを比べたおすすめ検証記事」や「口コミ検証記事」に飛べるよ!
型番
2020年モデル
デザイン 新旧モデル比較記事 口コミ 特徴を一言で 最大風量
()内は加湿運転時
空気清浄適用床面積
()内は加湿運転時
フィルター フィルター交換目安 プラズマクラスター
ランク
プラズマクラスター
適用範囲
加湿範囲 最大加湿量 除湿範囲
(60Hz)
COCORO AIR
対応可否
最大運転音
()内は加湿運転時
サイズ 重さ
KI-NP100 KI-NP100デザイン 新旧モデルの違い 最上級モデル 10m³/分(8.8m³/分) ~46畳(41畳) 静電HEPAフィルター 10年 NEXT 約23畳 プレハブ洋室~26畳
木造和室~15.5畳
930mL/h × 54dB(53dB) 幅427×奥行371×高さ738mm 約17kg
KI-NX75 KI-NX75のデザイン 新旧モデルの違い 業界トップクラスの加湿 7.5m³/分(5.1m³/分) ~34畳(23畳) 静電HEPAフィルター 10年 25000 約21畳 プレハブ洋室~24畳
木造和室~15畳
880mL/h × 53dB(45dB) 幅400×奥行359×高さ693mm 約12kg
KI-NS70 KI-NS70デザイン 新旧モデルの違い 口コミ ハイグレードモデル 7m³/分(5.5m³/分) ~31畳(24畳) 静電HEPAフィルター 10年 25000 約19畳 プレハブ洋室~19畳
木造和室~12畳
700mL/h × 52dB(46dB) 幅400×奥行339×高さ686mm 約11kg
KI-NS50 KI-NS50デザイン 新旧モデルの違い 口コミ プラズマクラスターにこだわるなら 5.1m³/分(3.6m³/分) ~23畳(16畳) 静電HEPAフィルター 10年 25000 約13畳 プレハブ洋室~17畳
木造和室~10畳
600mL/h × × 51dB(43dB) 幅384×奥行230×高さ619mm 約7.9kg
KI-NS40 KI-NS40デザイン 新旧モデルの違い スリム&コンパクト 4.0m³/分(4.0m³/分) ~18畳(18畳) 集じん・脱臭一体型フィルター 2年 25000 約10畳 プレハブ洋室~12畳
木造和室~7畳
420mL/h × × 48dB(48dB) 幅280×奥行260×高さ622mm 約6.7kg
KC-N50 KC-N50デザイン 新旧モデルの違い 口コミ ハイコスパ定番モデル 5.1m³/分(3.4m³/分) ~23畳(15畳) 静電HEPAフィルター 10年 7000 約13畳 プレハブ洋室~14畳
木造和室~8.5畳
500mL/h × × 52dB(42dB) 幅 399×奥行230×高さ613mm 約7.5kg
KI-ND50 KI-ND50デザイン 新旧モデルの違い 加湿・除湿もオールインワン 5.1m³/分(5.1m³/分)
※除湿時:4.5m³/分
~21畳(21畳)
※除湿時:~19畳
集じん・脱臭一体型フィルター 2年 25000 約10畳 プレハブ洋室~11畳
木造和室~7畳
400mL/h コンクリート住宅~14畳
木造住宅~7畳
× 54dB(54dB)
※除湿時:51dB
幅350×奥行285×高さ656mm 約13kg
FU-N50 FU-N50デザイン 新旧モデルの違い 口コミ 加湿不要ならコスパ良くおすすめ 5.1m³/分 ~23畳 静電HEPAフィルター 10年 7000 約14畳 × × × × 52dB 幅 383×奥行209×高さ540mm 約4.9kg
FU-NC01 FU-NC01デザイン 2021年新発売
(旧モデルなし)
口コミ シャープ史上最もコンパクト 1.5m³/分 ~6畳 集じん・脱臭一体型フィルター 1年 7000 約6畳 × × × × 48dB 直径190×高さ330mm 約2.0kg
FU-PK50 FU-PK50デザイン 蚊とコバエも取れる 5.1m³/分 ~23畳 静電気HEPAフィルター 10年 7000 約14畳 × × × × 51dB 幅391×奥行281×高さ540mm 約5.9kg

気になるモデルがあれば、リンク先で過去モデルとの比較もぜひチェックしてみてください。

 

シャープ空気清浄機のおすすめモデル

最後に、これまで多くの空気清浄機を比較してきた筆者の目線でシャープおすすめモデルを紹介します。

おすすめ選定の前提

  • 機能差がほぼないなら価格の安い過去モデルを積極的におすすめ
  • 静電HEPAフィルターがおすすめ
  • COCORO AIRは、おまけ程度

フィルターは空気清浄の心臓部なので、高性能かつ10年交換不要の「静電HEPAフィルター」の一択です。

また、COCORO AIRは、空気清浄力に直結しないオプション部分なので優先順位は低めで考えています。

ナナ
以上を踏まえて、おすすめモデルをいくつか紹介するね!

 

ハイコスパの売れ筋定番モデル「KC-L50」

KC-L50

「KC-L50」は、シャープ空気清浄機のエントリーモデルに位置づけられており、一番売れているシリーズです。

薄型コンパクトでも、それなりに高性能で、価格が安いため「そりゃ売れるよね」というモデル。

空気清浄機に対して強いこだわりもなく、人気モデルをコスパ良く手に入れたいなら最適です。

 

特徴

  • 静電HEPAフィルター搭載
  • 空気清浄は23畳まで対応
  • プラズマクタスター7000を搭載し13畳まで対応
  • 加湿もOK
  • 過去モデルは1万円台

 

「KC-L50」は型落ち2019年モデルですが、新しい2020年モデルと性能は完全に同じなので、価格が安くなっている旧モデルを推していいます。

発売時価格は45,000円前後でしたが、今なら半額以下の値段で手に入るのでおすすめです。

 

ナナ
お買い得を検証した新旧比較の詳細記事はこちら!
おすすめ型番
【KC-L50、KC-J50、KC-H50】ほぼ違いはない!でもオススメはこれ!シャープ加湿空気清浄機を比較

続きを見る

 

加湿が不要なら「FU-L50」

FU-L50

「FU-L50」は、先に紹介したエントリモデルー「KC-L50」の加湿機能なしバージョンの兄弟機のようなもの。

「KC-L50」と比較すると、フォルムは少し違いますが性能は同等で、加湿機能がない分「KC-L50」より少し安いことが多いです。

 

特徴

  • 静電HEPAフィルター搭載
  • 空気清浄は23畳まで対応
  • プラズマクラスター7000を搭載し13畳まで対応
  • シャープの加湿なしモデルの中で最も高性能
  • 底値は1万円台

 

こちらの初値は30,000円前後でしたが、今はかなり安くなっています。

一点迷うのは、先に紹介した加湿機能付きの「KC-L50」と価格差がそこまでないこと。

 

新旧比較の詳しい内容は関連記事からどうぞ。

FU-N50デザイン
【FU-N50、FU-L50、FU-J50の違いはない】シャープ加湿なし空気清浄機の新旧比較

続きを見る

 

バランスの良いハイグレードモデル「KI-LS70」

KI-LS70

プラズマクラスタのグレードや清浄力などの性能にこだわるなら「KI-LS70」がおすすめです。

エントリーモデルと比べ、空気清浄力やプラズマクラスターが高性能にも関わらず、価格は最上位モデルの半額程度とバランスのとれたモデル。

特徴

  • 静電HEPAフィルター搭載
  • 空気清浄は31畳まで対応
  • プラズマクラスター25000を搭載し、19畳まで対応
  • COCORO AIR対応
  • 加湿あり
  • 底値は3万円台前半

 

この「KI70」シリーズも、より新しい2020年モデル「KI-NS70」が存在しますが、現時点では旧モデルがお買い得。

 

ナナ
今のお買い得を検証した新旧モデル比較はこちら!
【KI-NS70、KI-LS70、KI-JS70】違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

続きを見る

 

以上、シャープ空気清浄機の特徴、選び方、おすすめモデルの紹介でした。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.