空気清浄機

【KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50の違いはない】シャープ除加湿空気清浄機の新旧比較

KI-ND50

「KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50」は、すべてシャープ空気清浄機で除湿&加湿の一体型タイプ。

それぞれ、発売された年が異なる新旧モデルの関係となります。

  • KI-PD50(2022年4月発売)
  • KI-ND50(2021年4月発売)
  • KI-LD50(2020年4月発売)

 

結論はタイトルに書いてあるとおりで、外観・機能的な違いは全くありません

ナナ
機能・スペック・外観・カラー全て同じだよ!

 

家電によくある毎年定例のモデルチェンジで名前だけ変わるパターン。

となれば、気にすべきは価格のみですね。

以下では、家電アドバイザーの有資格者でもある筆者が、新旧両モデルの価格比較を中心に現時点のおすすめモデルを検証します。

 

ナナ
ちなみに、当シリーズは我が家でも購入済!

フィルターの交換時期が短め(2年)というデメリットはありつつも、「空気清浄×加湿×除湿×衣類乾燥」と一年を通して活躍するのでおすすめです。

 

KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50の価格比較

家電は発売後、底値に向かい値段が落ちていきますが、当シリーズの価格推移の傾向は次のとおりです。

  • 初値:7万円台
  • 底値圏:3万円台

 

当シリーズは2020年新登場のため底値が不明でしたが、2020年モデル「KI-LD50」の価格がどうやら底を打ち、2022年秋以降は上昇傾向にあります。

「KI-LD50」の価格推移を参考にすると、当シリーズの底値圏は3万円台と言えそうです。

ナナ
各シリーズの価格をチェックするとき参考にしてね!

 

KI-PD50の価格推移

2022年4月に発売された「KI-PD50」の発売時価格は、シリーズの傾向どおり7万円台のものが多い印象でした。

発売から半年以上が経過し、多少の値頃感が出てきており、2023年1月時点では4万円台のものも確認できます。

先述のとおり、機能的には旧モデルと全く同じなので、「最新モデル」という響きにこだわらない限りは、より安い旧モデルがおすすめです。

とはいえ、新旧の価格差は着実に縮まってきているので、じきに選択肢となるでしょう。

ナナ
Amazonではヒットしないことが多いよ

 

KI-ND50の価格推移

2021年モデル「KI-ND50」は、底値圏を推移する今おすすめのモデルです。

2022年夏頃までは、前年モデル「KI-LD50」の方が安いことが多かったですが、夏以降は価格が逆転してきました。

先述のとおり、新旧モデルに機能差はないので、価格の安い当モデルが狙い目でしょう。

ナナ
価格は日々変動するから比較してみてね!

 

KI-LD50の価格推移

2020モデル「KI-LD50」は、価格が上昇して微妙になりつつあるモデル。

一時は、3万円台の中盤を推移しており、おすすめしていましたが、ここ最近は在庫減少と共に、価格も上がってきました。

今では後継機種の方が安いことが多いので、あえて選ぶ理由はないでしょう。

ナナ
セール等で特価になってない限りは微妙かな

 

結論|おすすめモデルは?

結論としては、今のおすすめは2021年モデル「KI-ND50」です。

理由は、先述のとおり新旧モデルの機能差がないなかで一番安いため。

基本的に価格の安いモデルを選ぶのが正解なので、ぜひ価格を比較してみてください。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、シャープの除加湿空気清浄機「KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50」の違いについて解説しました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2023 All Rights Reserved.