空気清浄機

【KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50の違いはない】シャープ除加湿空気清浄機の新旧比較

KI-ND50

「KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50」は、すべてシャープ空気清浄機で除湿&加湿の一体型タイプ。

それぞれ、発売された年が異なる新旧モデルの関係となります。

  • KI-PD50(2022年4月発売)
  • KI-ND50(2021年4月発売)
  • KI-LD50(2020年4月発売)

 

結論はタイトルに書いてあるとおりで、外観・機能的な違いは全くありません

ナナ
機能・スペック・外観・カラー全て同じだよ!

 

家電によくある毎年定例のモデルチェンジで名前だけ変わるパターン。

となれば、気にすべきは価格のみですね。

以下では、家電アドバイザーの有資格者でもある筆者が、新旧両モデルの価格比較を中心に現時点のおすすめモデルを検証します。

 

KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50の価格比較

家電は発売後、底値に向かい値段が落ちていきますが、当シリーズの価格推移の傾向は次のとおりです。

  • 初値:7万円台
  • 底値圏:3万円台の中盤?

底値に?をつけたのは、当シリーズが2020年に新発売されたシリーズのため。

2020年モデル「KI-LD50」以前が存在したないので、どこが底値か測りかねる部分があります。

2021年春頃に到達した4万円前後が底値と踏んでいましたが、2022年に入り3万円台の中盤まで落ちました。

さすがに発売時価格の半値なので下限かと思いますが、今後の価格推移には要注目

 

KI-PD50の価格推移

2022年4月に発売された「KI-PD50」の発売時価格は、シリーズの傾向どおり7万円台からのスタート。

性能が型落ちモデルと全く同じなので「最新モデル」という響きにこだわらない限りは、今あえて手を出すメリットはないでしょう。

発売から1年も経てば、ぐっと底値に近づくので、それまでは見送るのが正解です。

ナナ
Amazonではヒットしないことが多いよ

 

KI-ND50の価格推移

2021年モデル「KI-ND50」は、2022年に入ってからは、安いものでは4万円台の前半まで価格が落ちてきましたが、底値圏へはあと一歩。

次に紹介する前年モデル「KI-LD50」が底値圏を推移しているうちは、個人的にはより安い前年モデルの方がおすすめです。

家電は底値圏を過ぎると、価格上昇に転じて市場から在庫が消えることが多いので、次の要因によって、新旧の価格が同程度になってくると、当モデル「KI-ND50」の一択です。

  • KI-ND50(2021)がさらに値下がり
  • KI-LD50(2020)が値上がり
ナナ
今はまだ買い時ではないかな!

 

KI-LD50の価格推移

2020モデル「KI-LD50」は、いま底値圏(推定)を推移するおすすめモデル

2022年に入ってからは、安いものでは3万円台の中盤を推移しており価格的にかなりお得です。

先述のとおり、当モデル以前の古い機種がないので、今後の値動きの傾向は不明。

ただし、すでに初値の半値程度であることを考慮すると、買い時の時期にあるのは間違いないでしょう。

ナナ
価格は日々変動するから比較してみてね!

 

結論|おすすめモデルは?

いま最もコスパの高いおすすめモデルは「KI-LD50」です。

理由はもちろん「性能が同じで価格が安いから」ですね。

 

まとめ

  • KI-PD50・KI-ND50・KILD50は新旧モデルの関係
  • 性能に違いはないため価格で選ぶべき
  • 型落ちモデルの方が価格が安くておすすめ

 

今後価格が逆転するまでは、2020年モデル「KI-LD50」がおすすめです。

以上、KI-PD50・KI-ND50・KI-LD50の違いについて解説しました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.