空気清浄機

【F-VXV90・F-VXU90・F-VXT90の違い】パナソニック空気清浄機の新旧比較

F-VXT90

「F-VXV90・F-VXU90・F-VXT90」は、パナソニック空気清浄機の最上位モデルで、業界でもトップクラスの清浄力を誇るハイパワータイプ。

そんな各モデルは、発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • F-VXV90:2022年11月発売
  • F-VXU90:2021年9月発売
  • F-VXT90:2020年11月発売

 

ナナ
各モデルの違いはあるの?

さっそく結論ですが、当シリーズの進化の歴史をまとめると次表のようになります。

F-VXT90(2020) → F-VXU90(2021)
・ナノイーの濃度UP
F-VXU90(2021) → F-VXV90(2022)
・お急ぎ加湿モードの搭載
・木目調デザインをよりリアルに

 

当記事では、上記の各モデルの違いについて、次の2つのパートに分けて解説します。

  • F-VXV90とF-VXU90の違い
  • F-VXU90とF-VXT90の違い

 

また、機能的な違いの解説のみに留まらず、各モデルの現時点の価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどれなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

F-VXV90とF-VXU90の違い

2022年発売の最新モデル「F-VXV90」では、はじめに書いたとおり2つあります。

F-VXV90
(2022)
F-VXU90
(2021)
お急ぎ
加湿モード
あり なし
デザイン 木目調をよりリアルに
ナナ
順番に詳しく解説するよ!

 

お急ぎ加湿モード

最新モデルで新搭載された「お急ぎ加湿モード」とは、名前のとおり、通常より早い時間で快適な湿度にするためのハイパワーモードのこと。

「強」運転時と比べて、快適な湿度に到達する時間が約17%短縮されました。

モード 快適な湿度に
到達する時間
運転音
お急ぎ加湿 約60分 55dB
強運転 約72分 53dB

 

当モデルの加湿方式は「気化式」で、吸い込んだ空気を加湿フィルターに通すことで、湿度の高い空気を送り出すというもの。

「お急ぎ加湿モード」では、風量を上げて、湿度の高い空気を送り出す量を増やすことで、部屋の湿度を早く上げる仕組みです。

要は、強運転よりも更に強いパワーで運転するターボモードのようなもので、加湿力が高まる半面、わずかに運転音も大きくなります。

ナナ
「急速加湿モード」は、設定湿度に到達するか、60分が経過すると元の運転モードへ戻るよ!

 

木目調デザインがよりリアルな質感に

パナソニック空気清浄機の特徴のひとつが、珍しい木目調デザインを一部モデルで採用していることですが、当シリーズも木目調デザインを採用するモデルのひとつ。

外観カラー
F-VXV90
(2022)
・木目調
・ホワイト
F-VXU90
(2021)
・木目調
・ホワイト

 

両モデルとも「木目調」「ホワイト」を採用する点は同じですが、最新モデルではよりリアルな木目の質感を再現し、インテリアとの自然な調和を目指しています。

F-VXV90の木目調デザイン

引用:パナソニック公式

 

F-VXU90とF-VXT90の違い

続いて、2021年モデル「F-VXU90」と2020年モデル「F-VXT90」の違いについて。

結論としては、「OHラジカルの生成量に5倍差がある」というのが新旧の違いです。

要はナノイー技術のレベルに違いがあるのですが、まずはナノイーにはどんな種類があって何者なのか確認しましょう。

 

2020年までは3種類に区分されていたナノイーのグレードが、2021年からは4種類となりました。

OHラジカル
生成数/秒
~2020年の
グレード名
2021年~の
グレード名
4,800億個 ナノイー ナノイー
4.8兆個 ナノイーX ナノイーX
4.8兆
9.6兆個 高濃度の
ナノイーX
ナノイーX
9.6兆
48兆個 なし ナノイーX
48兆

 

ナノイーとはOHラジカルを発生させる技術で、1秒間に何個作れるかでグレードが分かれます。

2021年からは、上位の名称は「ナノイーX」に統一され、OHラジカル数を併記する形になるとともに、48兆個の最上位グレードが新設されました。

 

ナナ
グレードのイメージとしてはこんな感じ!

ナノイーの種類

引用:パナソニック公式

 

続いて、ここ数年の当シリーズとナノイー進化の関係を表にまとめました。

F-VXS90
(2019年モデル)
ナノイーX(4.8兆)
F-VXT90
(2020年モデル)
ナノイーX(9.6兆)
F-VXU90
(2021年モデル)
ナノイーX(48兆)
F-VXV90
(2022年モデル)
ナノイーX(48兆)

ご覧のとおり、ここ数年ナノイーは進化を遂げてきており、2021年モデル以降には「ナノイーX48兆」が搭載されています。

 

ナナ
OHラジカルが多いと何がいいの?

OHラジカルは酸化力がとても強く、接触したものから水素原子(H)を奪って、水(H2O)になる活性酸素分子です。

花粉などのアレル物質表面から水素を奪って不活性化させることから、多くの空気清浄機に採用されています。

他メーカーのイオン系技術も基本的に同じで、OHラジカルを生成してアレル物質等を抑制します。

ナナ
最後は水になるからクリーンなんだね!

 

まとめると、新モデルではナノイー技術が進化して、旧モデルに比べて5倍の量のOHラジカルを作れるようになり、花粉などのアレル物質の抑制力がさらに高まったということ。

 

F-VXV90・F-VXU90・F-VXT90の価格を比較

以上が新旧モデルの違いですが、新旧比較では機能差と価格差を天秤にかけることが重要です。

ということで、各モデルの価格を確認していくのですが、まずは、当シリーズの価格推移の傾向を参考に見ておきましょう。

  • 発売時価格:9~10万円台
  • 底値:4~5万円台

 

年式により若干の誤差はありますが、上記が当シリーズの過去モデルから考察する価格推移の目安です。

ナナ
以上の傾向を踏まえ、各モデルの価格をチェックしよう!

 

F-VXV90の価格

2022年11月発売の最新モデル「F-VXV90」の、大手量販店での予約価格を見てみると、2022年9月時点では12万円台のものが多そうです。

11月の発売に向け、若干下がっていくことを予想していますが、発売後もしばらくは旧モデルより高額な状態が続きます。

新搭載の「お急ぎ加湿モード」などに魅力を感じる場合を除き、もう少し安くなるのを待つのが無難かと個人的には思います。

ナナ
しばらくAmazonではヒットしないことが多いよ

 

F-VXU90の価格

2021年9月21日に発売の「F-VXU90」は、2022年9月時点では6万円台くらいを推移。

底値圏へはあと一歩ですが、発売時は10万円前後であったことを踏まえると値頃感は出てきました。

旧モデルと比べて、ナノイーが進化した利点はありますが、旧モデルよりはまだ少し高額なことが多いです。

ナノイーにこだわりたい場合は、選択肢となりえる価格帯にはなってきました。

 

F-VXT90の価格

2020年モデル「F-VXT90」は、いま価格的にはおすすめのモデルです。

新モデル同様、発売時は10万円前後の価格帯でしたが、2022年9月時点では安いもので5万円前後まで安くなりました。

先述のとおり、ナノイーの性能的には新モデルに劣るものの、フィルターや風力関係などの空気清浄機の本質的には差異がありません。

4~5万円あたりが底値圏であることを考慮すると、価格重視の方にとって有力な選択肢となるでしょう。

 

ちなみに「スペックが落ちてもいいから価格を抑えたい」という場合は、ワンランク下の「F-VX70シリーズ」が高コスパでおすすめです。

ワンランク下と言ってもハイクラスに変わりなく、清浄力(風量)的にはダイキン空気清浄機の最上位クラスと同等の性能です。

F-VC70XV・F-VXV70・F-VC70XU・F-VXU70の違いは?機能と価格を比較

続きを見る

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは2020年モデル「F-VXT90」です。

理由は、価格が一番安いため。

ナノイーのグレードについては後継機種に劣りますが、空気清浄機の本質はあくまでフィルターによる除去であり、その点変更がないことも理由のひとつ。

ただし、後継モデルもかなり安い水準となってきたので、ナノイーにこだわりたい場合は2021年モデルも充分に選択肢となる価格差です。

ナナ
ナノイーと価格のどっちを重視するか考えてみてね!

 

現時点のおすすめモデル

 

ナノイーを重視するなら

 

以上、パナソニック空気清浄機の最上位モデル「F-VXV90・F-VXU90・F-VXT90」の違いを解説しました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.