空気清浄機

【F-VXT70、F-VC70XT、F-VXS70、F-VC70XSの違い】今お買い得なモデルは?

F-VC70XT

F-VXT70、F-VC70XT、F-VXS70、F-VC70XS、これらはパナソニック空気清浄機のハイクラスモデルの型番違いの商品です。

ナナ
名前が似てるけど何が違うの?

 

違いについてのポイントは2つ。

  • 新旧モデルの違い
  • 販路の違い

 

まずは新旧モデルの違いについては次のように分類されます。

新モデル
(2020年発売)
F-VC70XT
F-VXT70
旧モデル
(2019年発売)
F-VC70XS
F-VXS70

 

そして販路で分類すると次のようになります。

家電量販店モデル F-VC70XT
F-VC70XS
オリジナルモデル F-VXT70
F-VXS70

 

よく似た型番が並ぶと、分かりづらいですが、要するに「発売された年」と「売っている場所」が違うだけ

そして、結論を先に書くと、新モデルと旧モデルには2点違いがありますが、家電量販店モデルとオリジナルモデルに違いはないです。

 

この記事では、その詳細について

  1. それぞれの型番の違いと意味
  2. 新旧モデルの機能比較
  3. いま買うべきおすすめモデルの紹介

という流れで、パナソニックの空気清浄機F-VX70シリーズについて解説します。

 

F-VXT70、F-VC70XT、F-VXS70、F-VC70XSの型番の違いと意味

違いを掘り下げる前に、名前で混乱しないように、まずはサクッと型番の見方について解説します。

はじめに書いたとおり、型番の違いを理解するためのポイントは次の2点です。

  • 新旧モデルの違い
  • 販路の違い

 

新旧モデルの違い

「F-VC70XT、F-VXT70」と「F-VC70XS、F-VXS70」

それぞれ名前が似ていますが、特徴的なのは赤字のアルファベットの部分。

実はこれが、年式の違いを表します。

  • T:2020年発売モデル
  • S:2019年発売モデル
ナナ
ちなみに、2018年モデルは「R」だったよ!

 

2019年モデル「S」では、旧モデルと比べ花粉撃退モードが進化したのみでしたが、2020年モデル「T」では変更点が2つあるので詳細は後述しますね。

 

販路の違い

型番の違いを理解するための2つ目の

「F-VC70XT」と「F-VXT70」、そして「F-VC70XS」と「F-VXS70」

 

先程紹介したように、Tは2020年発売モデル、Sは2019年発売モデルなので、それぞれの年で2つ型番が存在することになります。

ナナ
それぞれアルファベットの並び方が若干違うね!

これが販路の違いを表しています。

 

販路の違い

  • F-VXT70は、2020年オリジナルモデル
  • F-VC70XTは、2020年家電量販店モデル

 

家電でよくある、流通経路の違いで型番が変わっているだけです。

例えば、パナソニックHPでは「F-VXT70」と載っていますが、家電量販店のパンフレットを見ると、同じものが「F-VC70XT」という名前で紹介されています。

つまり、「名前が異なる同じもの」なので、純粋に価格の安い方を選ぶのが正解。

これは、型落ちである「F-VXS70とF-VC70XS」においても同様です。

 

カラー記号について

型番についての補足ですが、実際に商品を探していると、型番の最後にアルファベットがついていますが、これは商品カラーを表します。

カラー記号

  • TM=木目調
  • K=黒
  • W=白
ナナ
珍しい木目調は、パナソニックのデザイン的な特徴とも言えるポイント!

 

復習も兼ねて例を挙げると「F-VC70XT-TM」は、2020年発売、家電量販店モデル、木目調カラーとなります。

 

新旧モデルの機能の比較

2020年発売「T」と2019年発売「S」のモデルについて、新旧モデルの違いは2つあります。

  • フラットデザインを採用
  • 3Dフロー花粉撃退気流

 

フラットデザインを採用

フラットデザインへの変更

写真は上位機種の例ですが、この記事で紹介するF-VX70シリーズでも同様に、新モデルはキュービックフォルムに変更となりました。

旧モデルでは、下部が曲線を描くようななフォルムで凹凸も多かったですが、新モデルでは無駄な凹凸を減らし四角い形になりました。

 

また、パナソニック空気清浄機の特徴である床上30cmの花粉吸引を視覚的に感じられるツートンデザインとなっています。

人気の木目調カラーの木目も変更され、よりインテリアとして馴染むように感じられます。

ナナ
見た目もシンプルになって、今回の変更は個人的にかなり好印象かな!

 

3Dフロー花粉撃退気流を採用

3Dフロー花粉撃退気流送風

3Dフロー花粉撃退気流吸引

3Dフロー花粉撃退気流とは、3方向からの立体的な気流が部屋のすみずみまで効率よく循環し、パワフルに花粉やホコリを集める気流制御技術のこと。

この独自の気流制御により、花粉集じん量が2019年モデルと比べて1.5倍になりました。

 

また、花粉は赤ちゃんやペットの生活圏となる床上30cmに留まりやすいですが、

先に紹介したデザイン変更により、新モデルでは吸引口が床上30cmの位置に配置されているので、赤ちゃんやペットの生活圏をクリーンに守ります

 

スペックはほぼ同じ

続いて、基本スペックの比較です。異なる部分を赤字にしてみました。

型番 空気清浄畳数(加湿時) 空気清浄風量 運転音 1時間あたりの電気代 加湿量 サイズ 重さ
F-VC70XT
(2020)
29畳(48㎡) ターボ6.7㎥/分、中2.7m³/分、静音1.0m³/分 ターボ54dB、中33dB、静音15dB ターボ1.6円、中0.3円、静音0.2円 ターボ700mL/h、中400mL/h、静音250mL/h 幅398mm×奥行257mm×高さ640mm 10.2kg
F-VC70XS
(2019)
29畳(48㎡) ターボ6.7㎥/分、中2.7m³/分、静音1.1m³/分 ターボ54dB、中33dB、静音18dB ターボ1.7円、中0.3円、静音0.2円 ターボ700mL/h、中400mL/h、静音250mL/h 幅398mm×奥行238mm(下部279mm)×高さ640mm 10.2kg

わずかな違いが散見されるものの、違いは微々たるもので、スペック的な違いはほとんどありません

 

価格から見る今買うべきおすすめの型番

ここからは価格を比較しておすすめモデルを考察していきますが、いったん内容をまとめてみましょう。

「違い」の復習

  • 新モデルはフラットデザインでシンプルかつおしゃれに
  • 新モデルでは気流が3Dに進化し花粉収集力が向上
  • 新旧モデルでその他スペックの違いはほぼない
  • 販路の違いで名前の異なる型番が存在するが中身は全く同じ

以上を踏まえて、進化したポイントと価格差を天秤にかけることが、お買い得モデルを探るうえでは重要です。

 

家電は発売後、底値に向かって安くなっていきますが、在庫が減ってくると最低価格は上昇傾向となり、やがて市場からフェードアウトするのが一般的。

各モデルが、この流れの中で、今どの段階にあるかを把握することで、今買うべき型番が見えてきます。

ナナ
新旧と販路の違いで、それぞれの価格推移を確認してみよう!

 

F-VC70XT(2020家電量販店モデル)の価格

2020年版の家電量販店モデル「F-VC70XT」は底値圏を推移する今おすすめのモデルです。

2020年11月発売時の初値は7万円弱でしたが、2021年春以降は4万円を切り始め、6月以降はついに3万円台中盤まで安くなりました。

先述のとおり、この家電量販店モデルと次に紹介するオリジナルモデルは中身は同じなので、価格比較をして安い方を選べばOKですが、家電量販店モデルの方が安いことが多いです。

 

F-VXT70(2020オリジナルモデル)の価格

2020年版のオリジナルモデル「F-VXT70」も先の量販店モデルと同様にかなり安い水準ですが、先述のとおり量販店モデルより価格が高いことが多くて微妙です。

7月末時点の価格を例に比較をすると、量販店モデルが約36,000円に対して、当モデルは42,000円程度と、中身は同じでも価格の開きが大きいです。

店舗や時期により価格は変動するので、タイミングにもよりますが基本的に量販店モデルがおすすめです。

 

F-VC70XS(2019家電量販店モデル)の価格

続いて、2019年版の家電量販店モデルである「F-VC70XS」

2019年の年末には4万円台まで価格が下がっていましたが、本来は底値圏を推移するはずの2020年に新型コロナの影響で価格高騰した不運なモデル。

2021年に入って4万円台で見かけることもありましたが、基本的に新モデルの方が安く、機能面でも新モデルが優れることから、あえて選ぶメリットが見当たりません

ナナ
在庫もほとんどなくなってきてるよ

 

F-VXS70(2019オリジナルモデル)の価格

最後は、2019年版のオリジナルモデルである「F-VXS70」

こちらも、そもそも在庫がほとんどなく、あっても後継機種より高価格なため選択肢から外れます

 

【結論】今のおすすめモデルは?

以上、パナソニック加湿空気清浄機のハイクラスモデルの違いについて紹介しました。

まとめ

  • 新モデルの方が機能面でパワーアップしている
  • 家電量販店モデルとオリジナルモデルの中身は同じ
  • 型落ちは安いイメージがあるが新モデルの方がすでに安い

 

すでに書いたとおりですが、以上を踏まえた結論としての現時点おすすめモデルは、2020年の家電量販店モデル「F-VC70XT」です。

ただし、販路が違うだけで中身が同じ2020年オリジナルモデル「F-VXT70」の価格も一応チェックするのがベストでしょう。

ナナ
安い方を選べばOKだよ!

 

おすすめ|2020年家電量販店モデル

 

2020年オリジナルモデル

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.