空気清浄機

【2022モデル全比較】ダイキン空気清浄機の特徴と選び方!おすすめは!?

ダイキン空気清浄機

ダイキン公式では、2021年10月発売された空気清浄機を「2022年モデル」と呼んでいますが、家庭用2022年モデルは、全部で5種類存在します。

ナナ
その5種類は、何が違うの?

違いに関する具体的なポイントは主に次の3点です。

  • 空気清浄力(速さや広さ)
  • 除加湿機能の有無
  • ストリーマユニット数やスマホ連携の有無

 

そして、ざっくり表に分類すると次のようなイメージです。

リビング用
(ハイグレード)
個室用
加湿なし MC55Y
加湿あり MCK70Y MCK40Y
MCK55Y
加湿&除湿 MCZ70Y
ナナ
なんとなくイメージできればOK!

 

効果が見えない空気清浄機は、違いがわかりにくい家電のひとつですが、実は機種によって大きく性能が異なります。

しかも、各家庭の住環境によって最適な1台が異なる点が、選び方の難しいところ。

そこで、この記事では、各家庭に最適な1台を選べるように、ダイキン空気清浄機の特徴、選び方、全機種の一覧比較などの情報をまとめました。

ハチ
価格の安い旧モデル情報も差し込んでるので検討してみてね~!

特徴と選び方は長文なので、具体的なスペック比較などを先に見たい方は全モデルの比較表と個々の特徴から先にどうぞ。

 

ダイキンの特徴はストリーマとフィルター性能

ダイキンと言えば、空調専門メーカーとしてプロフェッショナルの地位を確立していますが、その技術力は、もともと業務用で培われたもの。

他の家電総合メーカーと異なり、業務用の技術を家庭用に落とし込んだメーカーです。

そんな「技術力」が魅力のダイキン空気清浄機の特徴は主に2つ。

  • ストリーマによる分解技術
  • 高いフィルター性能
ナナ
特徴を順番に解説するね!

 

ストリーマによる強力分解

ストリーマ分解

出典:ダイキン公式

ナナ
ダイキンの最大の特徴は、ストリーマ放電による独自の分解技術にあるよ!

ストリーマとは

花粉、排ガス、PM2.5、ニオイ、ウイルス、菌などを分解・抑制するダイキン独自のテクノロジーのこと。

ストリーマ放電は放電範囲が広く、一般的なプラズマ放電の1,000倍の分解能力を誇る。

これまで困難とされていた高速電子を安定的に発生させることに成功したダイキンの代名詞といえる技術。

 

イメージとしては、シャープの「プラズマクラスター」、パナソニックの「ナノイー」のようなもの。

他メーカーは、OHラジカルという分子の放出によるカビ・菌の無効化がメインですが、ダイキンではOHラジカルを含む4種の分解素を生成し、空気清浄機の内部と外部で分解するダブル方式を採用。

ダブル方式

出典:ダイキン公式

  • イオンを放出して外部で撃退
  • 吸い込んで内部で強力分解

というダブル方式を全機種で採用し、花粉・ニオイ・有害物質を分解、抑制しています。

ナナ
ストリーマ放電により、内部で強力に分解するのはダイキン独自の技術だよ!

 

高いフィルター性能

集塵フィルター

脱臭フィルター

日本の空気清浄機は、イオン系技術を推す傾向にありますが、あくまで空気清浄のメインは、フィルターによる有害物質のろ過によるもの。

国外の空気清浄機は、加湿機能すらなく、空気清浄に特化してフィルターのみで勝負というメーカーも少なくありません。

要は「フィルター性能」が想像以上に重要なのですが、その点も業務用で技術を培ったダイキンは優秀。

2022年モデルでは、5機種のうち4機種に「TAFUタフフィルター」が採用されています。

TAFUフィルター

出典:ダイキン公式

TAFUフィルターとは?

簡単に言うと、高い性能が長持ちするフィルター。

HEPA基準をクリアするだけでなく、10年後の集塵効率が従来の1.4倍。

 

HEPA基準とは、0.3μm(=0.0003ミリ)の微小な粒子を99.97%除去できるフィルター性能基準のこと。

他社大手メーカーも含め、現在、家庭用の高性能モデルの多くでは、HEPAフィルターを採用しています。

ダイキンでは、さらに長寿命化技術を施し、HEPA基準の性能はそのままに集塵効率が落ちにくい独自の「TAFUタフフィルター」を採用する点が特徴的です。

空気清浄機のフィルター性能は、使用するほど性能が落ちていくので、寿命をいかに伸ばすかが課題の中、TAFUタフフィルター」はダイキンの特徴かつ魅力と言えます。

 

ナナ
高性能フィルターで、具体的にどんなものが除去できるの?
こんなにたくさんの有害物質に対応できるんだよ!
ハチ

フィルターで除去抑制できるもの

出典:ダイキン公式

 

空気清浄機の選び方

冒頭にも述べましたが、ダイキン空気清浄機5種の違いは主に3点。

つまり、その3点が、選ぶときに考慮すべきポイントとなります。

  • 部屋の広さに合う風量
  • 加湿と除湿機能の有無
  • ストリーマ数やスマホ連携の有無
ナナ
選び方のポイントを解説していくよ!

 

部屋の広さに合う風量で選ぶ

空気清浄機の種類ごとに最大風量が決まっていますが、部屋の広さに対応できる風量を選ぶことが重要です。

その理由は、空気清浄機の仕組みに関係しています。

空気清浄の仕組み

空気清浄機の仕組みは3ステップ。

  1. 汚れた空気を吸い込む
  2. フィルターで空気をろ過
  3. キレイな空気を出す

 

多くの空気をフィルターに通すためには、空気の取込量、つまり「風量(=適用面積に繋がる)」が重要となってきます。

賢い選び方

部屋の面積より少し余裕を見て選ぶのがポイント!

空気清浄機は「大は小を兼ねる」と言われる家電。

風量の大きいものを狭い部屋で使用すると、より早く空気清浄できるので、大きければ大きいほど良いという考え方です。

逆に、風量の弱いものを広い部屋で使用しても、空気量に対して吸引が弱いので、なかなか効果が得られません。

花粉などは蔓延する前に素早く除去する必要があるので、値段が安いからといって部屋の面積より狭い適用範囲のものを購入するのはNGです。

 

ナナ
全モデルの風量をまとめたよ!
型番 最大風量 部屋の広さの目安
MCZ70Y
MCZ70Y外観
7.2㎥/分 ~32畳(52㎡)
8畳の清浄目安9分
MCK70Y
MCK70Y外観
7.0㎥/分 ~31畳(51㎡)
8畳の清浄目安9分
MCK55Y
MCK55Y外観
5.5㎥/分 ~25畳(41㎡)
8畳の清浄目安11分
MCK50Y
MCK50Y外観
5.0㎥/分 ~22畳(37㎡)
8畳の清浄目安13分
MC55Y
MC55Y外観
5.5㎥/分 ~25畳(41㎡)
8畳の清浄目安11分

 

加湿と除湿機能の有無で選ぶ

ダイキンの空気清浄機5種のうち、4種は加湿機能がついています。

最上位モデルである「MCZ70X」では、空気清浄機、加湿器、除湿機、の1台3役を兼ねるため、省スペースに役立ちます。

逆に、加湿器はすでに持っていて必要ない場合は「MC55X」がコンパクトで値段もお手頃です。

型番 加湿 除湿
MCZ70Y
MCZ70Y外観

680mL/時

8.0L/日(50Hz)
9.0L/日(60Hz)
MCK70Y
MCK70Y外観

700mL/時
×
MCK55Y
MCK55Y外観

500mL/時
×
MCK50Y
MCK50Y外観

460mL/時
×
MC55Y
MC55Y外観
× ×

 

ストリーマユニット数やスマホ連携の有無で選ぶ

フィルターによる捕集と併せて、アレル物質などを分解するストリーマ放電ですが、放電装置のユニット数が機種により異なります。

ユニットを2つ搭載するダブルストリーマ機種は、分解スピードや脱臭性能が2倍となり、効率的に空気清浄できる点が魅了。

また、上位機種は、あくまで+α機能ですがスマホ連携による「遠隔操作」や「空気の見える化(状態の把握)」などが可能です。

型番 ストリーマ数 スマホ連携
MCZ70Y
MCZ70Y外観
2つ
MCK70Y
MCK70Y外観
2つ
MCK55Y
MCK55Y外観
1つ ×
MCK50Y
MCK50Y外観
1つ ×
MC55Y
MC55Y外観
1つ ×

 

全モデルの一覧表と各モデルの詳細

ダイキン空気清浄機の選び方を説明してきましたが、基本スペック情報も加え、改めて一覧表としてまとめました。

ナナ
型番のリンクをクリックすると、各モデルの詳細へジャンプできるよ!
型番 デザイン カラー 最大風量 8畳の清浄時間 適用床面積 加湿面積 加湿量 ストリーマユニット数 フィルター センサーの種類 チャイルドロック スマホ連携 本体サイズ 重さ(水無し)
MCZ70Y MCZ70Y外観 ブラウン(T) 7.2m3/分 9分 ~32畳(~52m2 プレハブ~18畳(~29m2
木造~11畳(~18m2
680mL/時 2つ TAFUフィルター 温湿度センサー
ホコリンサー
PM2.5ンサー
ニオインサー
高さ69×幅41.5×奥行36cm 23kg
MCK70Y MCK70Y外観 ホワイト(W)
ブラウン(T)
7.0m3/分 9分 ~31畳(~51m2 プレハブ~19畳(~32m2
木造~12畳(~20m2
700mL/時 2つ TAFUフィルター 温湿度センサー
ホコリンサー
PM2.5ンサー
ニオインサー
高さ76×幅31.5×奥行31.5cm 12.5kg
MCK55Y MCK55Y外観 ホワイト(W)
ブラウン(T)
カームベージュ(C)
5.5m3/分 11分 ~25畳(~41m2 プレハブ~14畳(~23m2
木造~8.5畳(~14m2
500mL/時 1つ TAFUフィルター 温湿度センサー
ホコリンサー
PM2.5ンサー
ニオインサー
× 高さ70×幅27×奥行27cm 9.5kg
MCK50Y MCK50Y外観 ホワイト(W) 5.0m3/分 13分 ~22畳(~37m2 プレハブ~13畳(~21m2
木造~8畳(~13m2
460mL/時 1つ HEPAフィルター 温湿度センサー
ニオインサー
× 高さ70×幅27×奥行27cm 9.5kg
MC55Y MC55Y外観 ホワイト(W) 5.5m3/分 11分 ~25畳(~41m2 加湿機能なし 加湿機能なし 1つ TAFUフィルター ホコリンサー
ニオインサー
× 高さ50×幅27×奥行27cm 6.8kg
ナナ
ここからは、それぞれの詳細を紹介するよ!

 

「MCZ70Y」空気清浄・加湿・除湿すべて揃った最上位モデル

ダイキンMCZ70シリーズ

「空気清浄・加湿・除湿」と1台3役のオールインワンで省スペースが嬉しいダイキン最上位モデル。

春は花粉、梅雨は部屋干しに、夏は湿気をとって、冬は乾燥対策に、年間を通して活躍するのが魅力です。

 

加湿のメリット
  • ノドや肌の潤い保護
  • ウイルス対策
除湿のメリット
  • ジメジメした夏をカラッと涼しく
  • 室内干しがすぐ乾く
  • カビ対策

 

ツインストリーマと最大風量7.2㎥/分の強力パワーでの空気清浄のみならず、全自動で最適な湿度コントロールまで行えます。

唯一のデメリットは、ちょっとためらう価格の高さですが、除湿も必要なら選択肢となります。

ナナ
空気管理を丸投げできるダイキン最上位機種だよ!

 

今のお得はどっち?型落ちモデルと新旧比較

ダイキンMCZ70シリーズ
【MCZ70YとMCZ70Xの違いは1つ】ダイキン空気清浄機の新旧モデル比較

続きを見る

ナナ
古いモデルは安く買えるかも!機能差と価格差をチェックしてみてね♪

 

【関連】加湿と除湿ができる空気清浄機

除加湿空気清浄機
【1台3役】除湿と加湿ができる空気清浄機!デメリットや2022年おすすめ4モデルを紹介

続きを見る

5種の比較表へ戻る

 

「MCK70Y」リビング用万能モデル

MCK70Y

ダイキン空気清浄機では、これを選んでおけば間違いないという万能タイプのハイグレードモデル

最上位モデルと同等の強力な風量とツインストリーマでパワフルに空気を清浄。

空気清浄は~31畳、加湿はプレハブ~18畳(木造~11畳)と適用範囲も充分で、価格と性能のバランスが取れた優秀な1台です。

ナナ
リビングに最適なハイグレードモデルだよ!

 

一般的に、最新モデル発売直後は価格が高いので安くなるまで型落ちがおすすめなことが多いです。

しかし、当モデル「MCK70Y」については改良点が多すぎて、もし型落ちモデル「MCK70X」の方が安くても、どちらを選ぶか悩むほどの魅力があります。

ナナ
次の新旧比較記事も覗いてみてね!

 

今のお得はどっち?型落ちモデルと新旧比較

MCK70Y
MCK70YとMCK70Xの違いは?ダイキン空気清浄機の新旧比較

続きを見る

私の場合は、前年モデル「MCK70X」が底値でお得に買えるタイミングでしたが、マットな質感&接地面積の小さいタワー型に惹かれて、結局2022年モデル「MCK70Y」を買いました。

 

2022年モデル「MCK70Y」を購入してレビュー

MCK70Yのデザイン
【MCK70Yをレビュー】実際に使った感想&デメリット寄りの口コミ内容を検証

続きを見る

5種の比較表へ戻る

 

「MCK55Y」お洒落スリムタワー

MCK55Yのカラーバリエーション

空気清浄機は、意外とサイズが大きく、置き場所に困ることがありますが、「MCK55W」は設置面積27×27cmのスリムタワー型。

上位モデルより性能は劣るものの、さらに接地面積が小さく場所を取らないので寝室等におすすめ。

カラーバリエーションも豊富で、インテリアとも合わせやすい点も魅力ですね。

ナナ
スリムな見た目に反して本格派!広い部屋だと加湿は微妙だけど、スペック的にはリビングでもOKだよ!

 

今のお得はどっち?型落ちモデルと新旧比較

mck55u
ダイキンのスリムタワー型空気清浄機MCK55シリーズをレビュー!

続きを見る

5種の比較表へ戻る

 

「MCK50Y」ロースペック廉価版

MCK50Y

「MCK50Y」のデザイン・サイズ・重量は、先ほどの「MCK55」シリーズと同じですが、違いは次のとおり。

  • 風量が少し弱い
  • 全モデルで唯一「TAFUフィルター」不採用
  • 性能が劣る代わりに少し安い

 

寝室用で、上位モデルほどのスペックが必要ないと感じた場合には選択肢となってきます。

なお、2021年モデルまでは「MCK40」シリーズという、さらに低スペックなシリーズが存在しましたが、2022年モデルからはパワーを強化して、この「MCK50」シリーズへ再編されました。

5種の比較表へ戻る

 

「MC55Y」加湿が不要なら

MC55シリーズ

「加湿器は既に持っている」「加湿はお手入れが大変だから不要」という方におすすめの加湿機能のないモデル。

床設置面積27×27cmに加えて、高さを50cmに抑えたコンパクトタイプにも関わらず、ストリーマ技術にダブル方式、高性能なTAFUフィルターを備え、充実の空気清浄能力を誇ります。

 

今のお得はどっち?型落ちモデルと新旧比較

MC55シリーズ
MC55YとMC55Xの違いは1つだけ!ダイキン空気清浄機の新旧モデル比較

続きを見る

5種の比較表へ戻る

 

【最後に】迷ったときのおすすめモデル

以上、ダイキンの空気清浄機について特徴や選び方についてまとめました。

迷ったときのおすすめは、価格と性能のバランスが取れたハイグレードモデル「MCK70」シリーズ。

タイミングによっては、新モデルよりも過去モデルの方がお得な場合があるので新旧比較もお忘れなく。

MCK70Y
MCK70YとMCK70Xの違いは?ダイキン空気清浄機の新旧比較

続きを見る

 

以上、ダイキン空気清浄機の比較をお届けしました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.