空気清浄機

【2020年最新】ダイキン空気清浄機の特徴と選び方│現行全5機種を紹介

ダイキン空気清浄機

空気清浄機って効果が分かりにくいですし、どれを選べばいいかよく分かりませんよね?

ナナ
各メーカーの違いもイマイチよく分からないんだよね

各メーカー独自のイオン技術や、ネット連携などの付加価値で差別化を図っていますが、

正直、空気清浄機の性能としては現状、どのメーカーも大差ないが答えだと思っています。

なぜなら、空気をキレイにする仕組みのメインは、フィルターによる空気のろ過ですが、

大手メーカの代表的な空気清浄機はどれも同じ水準の高性能フィルターを使用しているからです。

空気清浄の仕組み

  1. 汚れた空気を吸い込む
  2. フィルターで空気をろ過
  3. キレイな空気を出す

この3ステップがメインである以上、重要なのは「フィルター性能」や空気を取り込む量に関係する「風量」ですが、

現状、各メーカーを比較しても、大差ないの一言につきるんですよね。

ナナ
シンプルな仕組みだから、今の技術で進化させるのが難しいんだね
だから、各メーカーは付加価値部分を磨いて、より使いやすいように工夫してるんだよ
ハチ

 

つまり、大手メーカーのラインナップなら、どれを選んでも大きく外すことはないのですが、

せっかくなら各メーカーの違いを把握したうえで、最適な1台を選びたいですよね。

そこで、この記事では、日本が世界に誇る空調メーカー「ダイキン」の空気清浄機に特化して、

  • ダイキンの特徴
  • 2020年ダイキン空気清浄機の選び方
  • 現行5種の詳細

といった点を中心に、ダイキンの空気清浄機を徹底解説したいと思います!

 

ダイキンの特徴は「ストリーマ」による有害物質の強力分解

ストリーマ分解

出典:ダイキン公式

ナナ
ダイキンの最大の特徴は、ストリーマ放電による独自の分解技術にあるよ!

イメージとしては、シャープの「プラズマクラスター」、パナソニックの「ナノイー」のようなものですね。

ただし、他社のイオン系はOHラジカルという分子を部屋に放出して、有害物質に働きかけるのが一般的ですが、ダイキンのストリーマ放電では、OHラジカルを含む4種の分解素を生成し、空気清浄機の内部と外部で分解します。

 

ストリーマとは

花粉、排ガス、PM2.5、ニオイ、ウイルス、菌などを分解・抑制するダイキン独自のテクノロジーのこと。

ストリーマ放電は放電範囲が広く、一般的なプラズマ放電の1,000倍の分解能力を誇る。

これまで困難とされていた高速電子を安定的に発生させることに成功したダイキンの代名詞といえる技術。

プラズマクラスターやナノイーがイオンを放出して、カビや菌を無効化するのに対して、ダイキンではダブル方式を採用。

ダブル方式

出典:ダイキン公式

  • イオンを放出して外部で撃退
  • 吸い込んで内部で強力分解

というダブル方式を全機種で採用し、花粉・ニオイ・有害物質を分解、抑制しています。

ナナ
ストリーマ放電により、内部で強力に分解するのはダイキン独自の技術だよ!

 

もちろんフィルター性能も優秀

集塵フィルター

脱臭フィルター

最近の空気清浄機といえば、先に紹介したストリーマやイオンが目立っちゃってますが、あくまで空気清浄のメインは、フィルターによる有害物質のろ過によるもの。

つまり「フィルター性能」が重要となってくるのですが、その点もダイキンは優秀です。

現行5種で採用されているフィルターは、いずれも0.3μm(=1/30,000ミリ)の微小な粒子を99.97%除去できる性能を誇ります。

ナナ
ちなみに、肉眼で確認できない小さいダニで0.3ミリくらいの大きさなんだよ

1/30,000ミリなんて想像もつかないね!

こんなにたくさんの有害物質に対応できるんだよ!
ハチ

フィルターで除去抑制できるもの

出典:ダイキン公式

 

フィルターは10年交換不要

そんな、目の細かい優秀なフィルターですが、ダイキンでは全機種フィルターの10年交換不要を謳っています。

他社大手メーカーも含め、現在多くの家庭用の高性能な空気清浄機では、静電HEPAフィルターというものが使われていますが、

ダイキンの上位機種では、性能はそのままに集塵効率が落ちにくいTAFUタフフィルターが採用されており、ダイキンの特徴といえます。

TAFUフィルター

出典:ダイキン公式

 

 

空気清浄機の選び方

ダイキンの空気清浄機は、現行で5機種存在しますが、ダイキンの代名詞「ストリーマ」は全機種に搭載されているので、選ぶ基準は大きく2点です。

  • 部屋の広さ
  • 加湿と除湿機能の有無

 

部屋の広さで選ぶ

空気清浄機の種類ごとに最大風量が決まっていますが、「風量と部屋の広さが一致していること」が重要です。

その理由は、空気清浄機の仕組みに関係しています。

空気清浄の仕組み

冒頭でもお話しましたが、空気清浄機の仕組みは、

  1. 汚れた空気を吸い込む
  2. フィルターで空気をろ過
  3. キレイな空気を出す

この3ステップなので、空気清浄力には「風量」が大きく関係します。

ナナ
風量が大きいほど、たくさん空気を吸い込めるってことだね!

選び方のポイント

  • リビング用なら、最大風量の大きいものを選ぶ
  • 寝室用なら、最大風量が小さくてもOK

 

型番 最大風量 部屋の広さの目安
MCZ70W
7.0㎥/分 ~31畳(~51㎡)
8畳を清浄する目安9分
MCK70W
7.0㎥/分 ~31畳(~51㎡)
8畳を清浄する目安9分
MCK55W
5.5㎥/分 ~25畳(~41㎡)
8畳を清浄する目安11分
MCK40W
MCK40W
4.0㎥/分 ~19畳(~31㎡)
8畳を清浄する目安15分
MC55W
5.5㎥/分 ~25畳(~41㎡)
8畳を清浄する目安11分

 

 

加湿と除湿機能の有無で選ぶ

ダイキンの空気清浄機5種のうち、4種は加湿機能がついています。

最上位モデルである「MCZ70W」では、空気清浄機、加湿器、除湿機、の1台3役を兼ねるため、省スペースに役立ちます。

逆に、加湿器はすでに持っていて必要ない場合は「MC55W」がコンパクトで値段もお手頃です。

型番 加湿 除湿
MCZ70W
MCK70W
×
MCK55W
×
MCK40W
MCK40W
×
MC55W
× ×

 

ダイキン空気清浄機 5種の詳細

大きな選ぶ基準として、「部屋の広さ」と「加除湿の有無」を挙げましたが、ほかにも細かな違いがあるので、まずは一覧で紹介します。

ナナ
型番のリンクをクリックすると、下の方の詳細へジャンプできるよ!
型番 デザイン カラー 本体サイズ 重さ(水無し) ストリーマユニット数 フィルター センサーの種類 チャイルドロック スマホ連携
MCZ70W ビターブラウン(T) H69×W41.5×D36cm 23kg 2つ TAFUフィルター 温湿度センサー
ホコリンサー
PM2.5ンサー
ニオインサー
MCK70W ホワイト(W)
ビターブラウン(T)
H60×W39.5×D28.7cm 12.5kg 2つ TAFUフィルター 温湿度センサー
ホコリンサー
PM2.5ンサー
ニオインサー
MCK55W ホワイト(W)
ディープブラウン(T)
ダークグレー(H)
H70×W27×D27cm 9.5kg 1つ HEPAフィルター 温湿度センサー
ホコリンサー
PM2.5ンサー
ニオインサー
×
MCK40W MCK40W ホワイト(W) H70×W27×D27cm 9.5kg 1つ HEPAフィルター 温湿度センサー
ニオインサー
×
MC55W ホワイト(W) H50×W27×D27cm 6.8kg 1つ HEPAフィルター ホコリンサー
ニオインサー
×
ナナ
ここからは、それぞれの詳細を紹介するよ!

 

「MCZ70W」空気清浄・加湿・除湿すべて揃った最上位モデル

1台3役のオールインワンで省スペースが嬉しいダイキン最上位モデル。

春は花粉、梅雨は部屋干しに、夏は湿気をとって、冬は乾燥対策に、年間を通して活躍します。

最大風量は7.0㎥/分で、次に紹介するMCK70と同じですが、全自動で最適な湿度コントロールを行ってくれるのが魅力。

 

加湿のメリット
  • ノドや肌の潤い保護
  • ウイルス対策
除湿のメリット
  • ジメジメした夏をカラッと涼しく
  • 室内干しがすぐ乾く
  • カビ対策

 

 

関連記事

除加湿空気清浄機
【1台3役】除湿と加湿ができる空気清浄機!2020年おすすめ3モデルを比較!

続きを見る

5種の比較表へ戻る

 

「MCK70W」リビング用万能モデル

 

ダイキンの空気清浄機でこれにしとけば間違いない!という万能モデル。

ツインストリーマにより、分解スピードや脱臭性能が2倍。

加えてTAFUタフフィルター搭載で、通常のHEPAフィルターに比べて、10年後の集塵効率が1.4倍と長持ちします。

ナナ
リビングに最適なハイグレードモデルだよ!

 

関連記事

MCK70
【MCK70U、MCK70V、MCK70W】違いはない!でもお買い得はこれだ!ダイキン加湿空気清浄機の型番を比較

続きを見る

5種の比較表へ戻る

 

「MCK55W」おしゃれなスリムタワー

空気清浄機って意外と大きくて、置き場所に困ってしまうことがあるんですよね。

その点「MCK55W」は、床設置面積が驚異の27×27cm、置き場所に困らないタワー型空気清浄機なんです。

カラーバリエーションも豊富で、お洒落なおうちにも合わせやすいですね。

ナナ
スリムな見た目に反して本格派!おうちによってはリビングでもいけちゃうよ!

最新モデルと型落ちモデルの違いや、価格面でいまお得なモデルについて、

こちらの記事で、比較しているので参考にどうぞ。

関連記事

MCK55シリーズ
【MCK55U、MCK55V、MCK55W】お買い得はコレ!ダイキン空気清浄機の型番の違いや機能をレビュー!

続きを見る

5種の比較表へ戻る

 

「MCK40W」寝室用スタンダード

MCK40WーW

見た目は先ほどの「MCK55」と同じスリムタワーで、お部屋に溶け込むデザインが魅力。

「MCK55」との違いは、風量が少し弱くなっていて、カラーバリエーションも白色のみです。

パワーが落ちる分、価格も安くなっているので、価格を重視するならおすすめです。

ナナ
寝室の花粉除去+加湿にも向いてるよ!

5種の比較表へ戻る

 

「MC55W」加湿が不要ならこれ

加湿器はしっかりしたのを既に持ってるよ!という方におすすめのモデル。

床設置面積27×27cmに加えて、高さを50cmに抑えたコンパクトタイプでにも関わらず、

ストリーマ技術にダブル方式、高性能フィルターを備え、充実の空気清浄能力を誇ります。

5種の比較表へ戻る

 

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.