空気清浄機

MC55YとMC55Xの違いは1つだけ!ダイキン空気清浄機の新旧モデル比較

MC55シリーズ

「MC55」シリーズは、ダイキン空気清浄機全モデルの中でも、加湿機能のないコンパクトモデル。

MC55YとMC55Xは、そんな「MC55」シリーズの発売年の異なる新旧モデルの関係です。

新旧モデル

  • MC55Y:2021年10月13日発売
  • MC55X:2020年12月1日発売

ダイキン公式では、MC55Yを2020年モデル、MC55Xを2021年モデルと読んでいるので、当記事でもそれに習います。

 

ナナ
新旧で何が違うの?

さっそく結論ですが、2022年モデルで改良されたのは次の1点のみ。

新旧の違い

新モデルでは、操作部が抗菌加工に。

 

この記事では、MC55YとMC55Xの違いとなる抗菌加工についてもう少しだけ掘り下げたうえで、価格比較を行い、どちらがお得か検証します。

 

MC55YとMC55Xの違いは抗菌加工

冒頭にも書いたように新旧モデルの違いは抗菌加工の有無です。

  • MC55Y(2022):抗菌加工あり
  • MC55X(2021):抗菌加工なし

 

注意すべきはあくまで抗菌ということ。抗菌とは菌の増殖を抑制することで、除菌・殺菌のように菌を減らす効果はありません。

なので、過度の期待は禁物ですが、接触が気になる昨今において、ボタン部分の抗菌加工は嬉しい改良です。

 

MC55YとMC55Xに共通の特徴

以上、両モデルの違いを紹介しましたが、せっかくなのでMC55YとMC55Xに共通の主な特徴をサクッと紹介します。

  • 加湿機能はない
  • 空気清浄は範囲は~25畳(~41㎡)
  • 性能維持力の高いTAFUフィルター採用
  • フィルター類10年交換不要
  • 内部のストリーマと飛び出すプラズマイオンのダブル方式
  • 高さ50cmのコンパクトモデル

抗菌加工を除く基本的スペックや機能は、新旧で同じです。

 

MC55YとMC55Xの価格の違い

最後に価格の比較です。機能的な違いは抗菌加工の有無だけでしたが、その機能差と新旧の価格差に納得できるか検討してみてください。

 

MC55Y(2022)の価格

2021年10月発売の最新モデル「MC55Y」の初値は4万円台の前半というところ。

2022年2月時点では、発売時価格からあまり変わっておらず、値段は高値のまま。

しかし、次に紹介する旧モデル「MC55X」も2022年2月中旬以降は値上がり傾向にあり、価格差があまりない状態です。

ナナ
現時点の購入は正直どっちも微妙だね

 

高値で同価格のなか、強いて選ぶなら、抗菌仕様が施された新モデルを選びますが、個人的には今必要なら他モデルを選択するでしょうか。

もし「加湿機能のない空気清浄機」にこだわらないのであれば、上位モデルの型落ち「MCK70X」や「MCK55X」の方が低価格なことも少なくないので、おすすめです。

 

MC55X(2021)の価格

2020年12月発売の型落ち「MC55X」は、2022年2月上旬までは3万円台の前半を推移していておすすめでしたが、2月中旬以降は値上がり傾向が見られます。

4万円台まで価格が上がった店舗が多いですが、稀に3万円台の店舗も見かけるので、狙うならそこでしょうか。

ただし、2022年1月までの底値圏での価格と比べると高価格なことが多く、先述のとおり新旧ともに微妙な状態です。

 

なお、さらに古い2020年モデル「MC55W」は、すでに底値圏を出てしまい値段が上がっているため選択肢から外れます。

以上、MC55YとMC55Xの違いをお届けしました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.