空気清浄機

【MC55XとMC55Wの違いは1つだけ】ダイキン空気清浄機の新旧モデル比較

MC55シリーズ

MC55XとMC55Wは、ダイキン空気清浄機(加湿機能なし)の新旧モデルの関係です。

新旧モデル

  • MC55X(2020年12月発売)
  • MC55W(2019年11月発売)

公式では、MCZ70Xが2021年モデル、MCZ70Wが2020年モデルとして紹介されています。

 

ナナ
新旧で何が違うのかな?

新旧の違い

新モデルでは、TAFUタフフィルター」を採用

さっそく結論ですが、2021年モデルで改良された点はこの1点のみ。

しかし、フィルターは空気清浄機の心臓部とも言える部分なので、重要な変更点と言えます。

 

この記事では、MC55XとMC55Wについて、違いの詳細のほか、価格情報など比較に必要な情報をまとめます。

 

お得なセール情報

2020年11月27日(金)9:00~5日間のビッグセールAmazonブラックフライデーが開催中です。

78Lifelogでは、空気清浄機に特化して、見せかけを除く本当に安くなっているものを紹介します。

ナナ
ポイント還元キャンペーンもやってるから、ぜひ覗いてみてね!
ブラックフライデー&サイバ-マンデー
【2020年】Amazonブラックフライデーおすすめ空気清浄機

続きを見る

 

MC55XとMC55Wの主な特徴は同じ

MC55XとMC55Wに共通の主な特徴は次のとおり。

  • 加湿機能はない
  • 空気清浄は範囲は~25畳(~41㎡)
  • 内部のストリーマと飛び出すプラズマイオンのダブル方式
  • 高さ50cmのコンパクトモデル

フィルターを除く基本的な性能は、新旧で同じです。

 

MC55XとMC55Wの違いはフィルター

冒頭でも述べたように、新モデルと旧モデルの違いはフィルターが変更されたことです。

MC55X
(2021)
MC55W
(2020)
TAFUフィルター 静電HEPAフィルター

 

旧モデル「MC55W」で採用されていた「静電HEPAフィルター」は、0.3μmの微小な粒子を99.97%除去できる高性能フィルターです。

サイズ例

  • スギ花粉:30μm
  • PM2.5:2.5μm

なお、1μm=0.001mm

ナナ
フィルターに通した、0.0003ミリの粒子をほぼ全てキャッチできるんだね!

 

一方の、新モデル「MC55X」に採用されているTAFUタフフィルター」も、0.3μmの微小な粒子を99.97%除去できる高性能フィルターです。

ナナ
あれ、同じだね

 

実は、両フィルターの集塵力は同じ。違うところは、フィルターの性能維持力です。

TAFUフィルターの性能

 

空気清浄のメインは、フィルターによる「ろ過」なので、フィルターの集塵力を維持することは非常に重要です。

その点、「TAFUタフフィルター」は、撥水・撥油効果の高い(水や油をはじきやすい)素材を採用し、汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいのが特長。

TAFUタフフィルター」の10年後の集塵効率は、「静電HEPAフィルター」の約1.4倍となっており、長く性能を保てます。

ナナ
性能的には「TAFUタフフィルター」を採用する新モデルの方がおすすめだね!

 

MC55XとMC55Wの価格

旧モデル「MC55W(2020)」は、発売当初は4万円台からスタート。

徐々に価格が下落し、2020年3月には3万円を下回る瞬間もありましたが、結局3万円台前半で推移して今に至ります。

 

一方、新モデル「MC55X(2021)」の価格は、大手量販店の予約時点では46,200円。

過去モデルの傾向から考えると、2020年12月の発売から数月で初値から2~3割ほど安くなると思われます。

それまでの間は、フィルター性能で劣ると言っても、価格面で旧モデルがおすすめ。

2021年の春前には、新モデルの方がおすすめできる価格になっていると思います。

 

以上、MC55XとMC55Wの違いをお届けしました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.