空気清浄機

MCK55YとMCK55Xの違いは2つ!ダイキン空気清浄機の新旧モデル比較

MCK55Y

「MCK55Y」と「MCK55X」は、共にダイキンのスリムタワー型空気清浄機の名前です。

ダイキン空気清浄機の中でも、接地面積が少なく空間にスッと馴染むデザイン性が特徴の両モデルですが、それぞれは発売年の異なる新旧モデルの関係にあたります。

  • MCK55Y:2021年10月13日発売
  • MCK55X:2020年12月1日発売

ダイキン公式では、MCK55Yのことを2022年モデル、MCK55Xのことを2021年モデルと表現しているので当記事でもそれに習います。

 

ナナ
MCK55YとMCK55Xは何が違うの?

結論から書くと、両モデルの違いは2つあります。

新モデルで変わった点

  • パネル操作部の抗菌加工
  • カラーバリエーションの変化

 

この記事では、両モデルの違いについて詳しく紹介したうえで、価格の比較も行い、機能差と価格差を考慮した今おすすめのモデルを探っていきます。

型落ちですが、MCK55シリーズのレビュー記事も使用感の参考になるので、よければご覧ください。

 

MCK55YとMCK55Xの違い

冒頭でも述べたように両モデルの違いは、抗菌加工有無とカラーバリエーションの2点です。

操作部の抗菌加工

新モデルは、ボタンを押す部分が抗菌加工されているので、もし手からボタンに菌が付着しても菌の増殖を抑えてくれます。

ナナ
衛生面に気を使う昨今においては嬉しい改善だね!

 

とはいえ、あくまで抗菌なので繁殖を抑える効果はありますが、除菌・殺菌ではない点は抑えておきましょう。

新旧比較

  • MCK55Y(2022):抗菌加工あり
  • MCK55X(2021):抗菌加工なし

 

カラーバリエーションの見直し

MCK55Yのカラーバリエーション

新モデルのカラー展開は、ホワイト・カームベージュ・ブラウンの3色展開です。

写真中央のカームベージュが、今までになかった新色で限定色扱いとなっています。

 

ナナ
新旧のカラー展開を比較してみたよ!
MCK55Y
(2022)
ホワイト(W)
カームベージュ(C)
ブラウン(T)
MCK55X
(2021)
ホワイト(W)
ダークグレー(H)
ディープブラウン(T)

ブラウンの色名が微妙に違いますが見た目は同じなので、変更があったのはダークグレーがカームベージュになった点です。

 

ちなみに上表のカラー名の横に記載したアルファベットはカラー記号で、型番の後ろにくっついて本体カラーを表します。

例えば、「MCK55Y-C」であれば2022年モデルのカームベージュ、「MCK55X-W」なら2021年モデルの白色であることを表現しています。

 

MCK55YとMCK55Xの共通機能

両モデルの共通機能もサクッと紹介しておきましょう。

共通機能

  • 空気清浄の適用面積は~25畳(~41m2
  • 500mL/時の加湿機能あり
  • ストリーマ搭載でアレル物質などを内部で強力分解
  • アクティブプラズマイオンを放出し外部でもアレル物質抑制
  • 持続性の高いTAFUフィルターを採用し10年交換不要
  • 加湿フィルターに持続性抗菌剤「KOBA-GUARD」採用
  • 電気代は1日3.2円~4.6円が目安

これらは新モデルでも継続されている主な機能となります。

 

MCK55YとMCK55Xの価格

最後に両モデルの価格を比較してみましょう。まずは過去モデルを参考にダイキンMCK55シリーズの価格推移の傾向をチェック。

価格推移の傾向

  • 発売時の初値:5万円台
  • 底値:3万円台の前半

 

以上を踏まえて、両モデルの価格を比べますが、これまで紹介してきた機能差に対して価格差ほどの価値を感じるか確認してみてくださいね。

 

MCK55Y(2022)の価格

2021年10月発売の最新モデル「MCK55Y」の初値は55,000円前後でシリーズの傾向どおりでした。

家電は発売後に徐々に価格が安くなっていきますが、過去モデルを参考にすると「MCK55Y」が底値圏へ到達するのは2022年春以降と予想されます。

つまり、しばらくは高価格が続くので、安い型落ちと比較する際に、改良点が抗菌仕様だけというのは個人的には正直微妙です。

絶対に新色がいい!という場合を除いて、基本的には旧モデル推しです。

 

MCK55X(2021)の価格

型落ちとなる2021年モデル「MCK55X」は、今まさに底値圏を推移するおすすめモデル

初値は新モデル同様5万円台でしたが、2021年6月以降は3万円台で推移しています。

コロナ禍以前は3万円を切ることもありましたが、そこまでの値下がりは期待できそうにないですね。

今後の値動きについては予測の域を出ませんが、2021年10月中旬時点では底値圏と呼べる水準をキープしています。

 

以上、ダイキン空気清浄機MCK55YとMCK55Xの違いについてお届けしました。

mck55u
ダイキンのスリムタワー型空気清浄機MCK55シリーズをレビュー!

続きを見る

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.