空気清浄機

MCK70Y、MCK70X、MCK70Wの違いは?ダイキン空気清浄機の新旧比較

MCK70Y

「MCK70」シリーズは、ダイキン空気清浄機全モデルの中でも、これを選べば間違いないという万能タイプモデル。

ランキングでも人気のハイグレードモデルですが、このシリーズには「MCK70Y」「MCK70X」「MCK70W」などの異なる型番が存在します。

これらは発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • MCK70Y:2021年10月13日発売
  • MCK70X:2020年12月1日発売
  • MCK70W:2019年9月18日発売

ダイキン公式では、MCK70Yを2022年モデル、MCK70Xを2021年モデル、MCK70Wを2020年モデルと呼んでいるので当記事でもそれに習います。

 

ナナ
機能に違いはあるの?

結論ファーストということで、進化の歴史を簡単に表にまとめました。

型番 前モデルから
進化した点
MCK70W
(2020)
なし
MCK70X
(2021)
加湿フィルターに抗菌剤を塗布
MCK70Y
(2022)
・デザイン変更で設置面積13%低減
・運転音(SONE値)30%低減
・加湿力向上&上から給水が可能に
・特化型脱臭フィルターが登場
・操作部の抗菌加工

 

2020年モデル以前は中身の変更がなく、名前が変わるだけのモデルチェンジが続きましたが、近年は変更点が見られます。

ナナ
特に最新のモデルチェンジでは大きな変更点がたくさん!

 

この記事では、各モデルの違いについて詳しく解説したうえで、各モデルの価格比較を行い、今おすすめのモデルはどれなのか検証していきます。

なお、MCK70Y・MCK70X・MCK70Wの違いを解説するにあたり、進化の過程が分かるよう先の表に合わせて、2つに分けて説明します。

  • MCK70XとMCK70Wの違い(2020→2021)
  • MCK70YとMCK70Xの違い(2021→2022)

 

MCK70XとMCK70Wの違い

MCK70W(2020)からMCK70X(2021)へのモデルチェンジで進化した点はひとつだけでした。

それが、加湿フィルターの抗菌技術の改良です。

KOBA-GUARDを使用した抗菌加湿フィルター

引用:ダイキン公式

 

「KOBA-GUARD」という小林製薬の持続性抗菌剤を抗菌フィルターに採用し、微生物の繁殖を抑制コントロールします。

加湿用の水から空気清浄機の内部が不衛生になるというのは、ありがちなトラブルです。

従来からの「ストリーマ」と「銀イオンカートリッジ」に加え、「新抗菌加湿フィルター」の3つで内部の衛生環境を守れるようになった点が進化のポイント。

それ以外の空気清浄の能力面で変わった点はありません。

 

MCK70YとMCK70Xの違い

続いて、MCK70X(2021)から最新のMCK70Y(2022)へのモデルチェンジについて。進化した点は複数ありました。

新旧の違い

  • デザイン変更で設置面積13%減
  • 運転音(SONE値)30%減
  • 加湿力向上&上から給水が可能に
  • 特化型脱臭フィルターが登場
  • 操作部の抗菌加工
ナナ
順番に解説するよ!

 

デザイン変更で設置面積13%低減

MCK70YとMCK70Xのデザインの違い

新モデルでは空気清浄機のデザインを見直し、接地面積が減りました

写真左が最新モデル、右が旧モデルですが、ご覧のとおり新モデルはスマートなデザインとなりました。

 

このデザイン変更で、315mm×315mmのタワー型となり設置面積が13%低減しています。

なお、代わりに高さが600mmから760mmへ増えていますが、上へ高い分は設置場所に困ることは少ないでしょう。

MCK70YとMCK70Xの設置面積の違い

当モデルは高性能なハイグレードタイプに属しますが、このクラスになると風量・加湿力の高さに比例して本体サイズも大きくなります。

上位機種の空気清浄機は想像以上にサイズによる圧迫感があり、設置場所に悩むのはあるあるなので、見た目も含め個人的にはかなり嬉しい改良だと感じています。

 

接地面積について、他社の同等スペック(最大風量7.0m3/分クラス)の機種とも比べてみましょう。

メーカー サイズ
(幅×奥行×高さ)
ダイキン
MCK70Y
幅315×奥行315×高さ760mm
シャープ
KI-NS70
幅400×奥行339×高さ686mm
パナソニック
(2022)
幅398×奥行257×高さ640mm
ナナ
薄さはパナソニックに敵わないけど、接地面積は今回のモデルチェンジで一番小さくなったよ!

 

運転音(SONE値)30%低減

続いても嬉しい改良で、最新モデル「MCK70Y」では、吹出口を大きくし、ファンを本体下部に設置することで、体感の運転音が小さくなりました。

感覚的な音の大きさを表す単位「SONE」で比較すると、新モデルは旧モデルに対して運転音が30%も少なくなっています。

  • MCK70Y:10.2 SONE
  • MCK70X:14.5 SONE

 

ナナ
スペックの運転音にはdB(デシベル)って書いてあるよ?感覚的な音ってどういうこと?

小難しい話なので読み飛ばしてもOKですが、以下はSONEについての解説です。

音とは「空気圧の変化現象」なので、台風でもお馴染みの圧力の単位Pa(パスカル)で表現されます。

人が聞こえる最小音の音圧「20μPa」を0dBという基準として、どれくらいの音圧か対数的に比較したものがデシベル表記で、MCK70Y・MCK70X共にスペック上は54dBです。

音の大きさは音圧に比例するので、デシベルを目安に大体の運転音の比較はできますが、実際に耳で聞こえる音は音圧だけでなく音の高さも影響します。

例えば、同じ音圧でも低い音や高過ぎる音は聞こえにくいです。これは耳が聞き取れる音の高低に限界があるため。

これらを踏まえ、音圧だけでなく実際に耳で聞こえる感覚的な音の大小を比べる目的で定義された物差しが「SONE」です。

 

ナナ
要は「感じる運転音が30%も小さくなった嬉しい改良」という認識でOKだよ!

 

加湿力向上&上から給水が可能に

最新モデル「MCK70Y」では、1時間あたりの加湿量が50ml増えて、加湿力が向上しています。

加湿力
MCK70Y
(2022)
700ml/h
MCK70X
(2021)
650ml/h

 

そのほか加湿関連では、給水タンクが改良されました。

従来はタンクを取り外してシンクまで持ち運んで給水するのが一般的でしたが、給水タンクを外して持ち運ぶことなく、その場でも水を注げるようタンクが改良されました。

上から給水

もちろん従来どおりタンクを取り外してシンクで蛇口から給水することもできるので、各家庭で最適な給水方法を選べます。

ナナ
また、給水タンクの高さを抑えることでシンクでも給水しやすくなってるよ!

 

特化型脱臭フィルターが登場

目的別の特化型脱臭フィルター

別売りではありますが、最新モデル「MCK70Y」専用の脱臭フィルターが登場しました。

5つの用途別に準備されており、特有のニオイを通常よりも早くスピード除去できる点が魅力です。

用途の種類

  • 靴・下駄履箱臭用
  • 介護臭用
  • ペット臭用
  • トイレ臭用
  • 加齢臭用

 

フィルターの交換目安は3ヶ月なのでランニングコストが発生しますが、ニオイに悩まされている場合にはありがたいオプションですね。

 

操作部の抗菌加工

最新モデル「MCK70Y」では、操作ボタン部分に抗菌加工が施されました。抗菌とは、付着した菌を増やさないことです。

除菌・殺菌のように菌の数を減らすわけではありませんが、手から空気清浄機に付着した菌の増殖を抑制する効果があります。

ナナ
衛生面に気を使う昨今には嬉しい改良だね!

 

新機能「ダイキンルームエアコン連動」について

2021年11月からアプリ機能が進化します。これは機種固有の機能ではなくアプリ機能の進化の話。

つまりアプリ対応している旧モデルでも使用できると思われるので、新旧比較の論点ではないですが、単純に新機能として気になるのでサクッと紹介します。

ナナ
リリース情報時点では、旧モデルも対応しているか不明だから、分かり次第更新するね!

 

新機能として、次の3つの「空気清浄機×エアコン」連動運転が可能となります。

  • 換気連動運転(エアコンと連動して空気のよどみ解消)
  • 室温連動運転(エアコンと連動してサーキュレーター運転し温度ムラ軽減)
  • 加湿連動運転(暖房と連動して乾燥しないよう加湿運転)

効率運転が可能な素晴らしい機能ではありますが、ダイキンのエアコンがないと機能は使えない点には要注意

 

MCK70Y・MCK70X・MCK70Wの価格の違い

ここまで各モデルの機能的な違いを紹介していきましたが、最後に価格を比較します。

まずは過去モデルを参考に当シリーズの価格推移の傾向を確認してみましょう。

  • 発売時の初値:6万円台
  • 底値:3万円台の後半

コロナ禍以降は、空気清浄機の需要が高まり、昔に比べて底値ラインが少し上がっているように感じますが、感覚的には4万円前後で底値圏へ入ってきたイメージ。

ナナ
以上を踏まえて、各モデルの価格をチェックしていこう!

 

MCK70Yの価格

2021年10月13日に発売の最新モデル「MCK70Y」の初値は65,000円前後。

まだまだ価格が高いので、いつもならコスパ重視で後継機種をおすすめするのですが、今回のモデルチェンジでは改良点が多すぎて悩みます

個人的には1万円差ほどなら新モデルに傾く気がします。

ナナ
特にスリムタワー型へのデザイン変更が魅力的!

 

改めて進化した点をまとめると次のとおりですが、これらに価格差ほどの価値を感じるかを判断してみてください。

前モデルからの進化点

  • デザイン変更で設置面積13%低減
  • 運転音(SONE値)30%低減
  • 加湿力向上&上から給水が可能に
  • 特化型脱臭フィルター(別売)が登場
  • 操作部の抗菌加工

 

MCK70Xの価格

2020年12月に発売された「MCK70X」は、価格面では今一番おすすめモデル

発売時は6万円台からのスタートでしたが、2021年の春以降は4万円前後で推移しており、底値圏と言える価格水準でコスパは相当高いです。

最新モデルと比べると機能的には劣りますが、元からハイスペックである点を考えると、現時点で充分に選択肢となりえるモデルです。

ナナ
最新モデルと悩むね

 

MCK70Wの価格

2019年9月発売の「MCK70W」は、すでに底値圏を過ぎてしまいました

2020年中は4万円台を推移することも多かったですが、新型コロナによる空気清浄機の需要増の影響もあり、ほかの年のモデルに比べ価格が下がりにくいモデルでした。

後継機種の発売後は値上がり傾向にあり、あえて選ぶメリットが特に見当たらないモデルとなってしまいました。

 

以上、MCK70Y・MCK70X・MCK70Wの違いをお届けしました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.