空気清浄機

【MCK70X、MCK70W、MCK70Vの違い】今のお買い得は?ダイキン加湿空気清浄機の新旧比較

MCK70シリーズの型番の違い

「MCK70」シリーズは、ダイキン空気清浄機全モデルの中でも、これを選べば間違いないという万能タイプモデル。

ランキングでも人気のハイグレードモデルですが、このシリーズには「MCK70X」「MCK70W」「MCK70V」などの異なる型番が存在します。

 

ナナ
名前もほとんど同じだけど、何が違うの?

 

結論としては、これらは新旧モデルの関係で、発売された年が異なります。

型番の違い

  • MCK70X(2021年モデル)
  • MCK70W(2020年モデル)
  • MCK70V(2019年モデル)

ダイキンのモデルチェンジの時期は秋~初冬ですが、例えば「MCK70X」は2020年12月発売で、公式にはこれを2021年モデルと呼んでいます。

 

そして、これらの性能は、実はほぼ違いがありません

しかし、違いがほぼないなりにも、いま購入するべきお買い得な型番が存在します。

この記事では、

  1. MCK70シリーズ各モデルの違い
  2. 型番に関するよくある疑問(ACK70やMCK55との違い)
  3. 価格から見るMCK70シリーズのおすすめ型番

という構成で、「MCK70」シリーズを紹介し、理由とあわせて今おすすめの型番にも言及していきます。

 

ナナ
気になるとこから先に読みたい場合はクリックしてね!

 

MCK70X・MCK70W・MCK70Vの違い

MCK70シリーズの新旧モデルにおける性能の違いはほぼないと冒頭で申し上げましたが、その少しの違いを紹介します。

まず、2019年モデル「MCK70V」と2020年モデル「MCK70W」の中身は全く同じです。

ナナ
モデルチェンジで何も変わらなかったよ

 

しかし、2021年モデル「MCK70X」では進化した点がひとつだけあります。

それが加湿フィルターの抗菌技術の改良です。

KOBA-GUARDを使用した抗菌加湿フィルター

引用:ダイキン公式

 

最新モデルでは、「KOBA-GUARD」という小林製薬の持続性抗菌剤を抗菌フィルターに採用し、微生物の繁殖を抑制コントロールします。

加湿用の水から空気清浄機の内部が不衛生になるというのは、ありがちなトラブルです。

従来からの「ストリーマ」と「銀イオンカートリッジ」に加え、「新抗菌加湿フィルター」の3つで内部の衛生環境を守れるようになった点が最新モデルの進化したポイントと言えます。

それ以外の空気清浄の能力面で変わった点はありません

 

旧モデルとの比較の結論だけ先に述べると、「KOBA-GUARD」採用で優れるうえ、2021年に入り旧モデルよりも安くなったので、「MCK70X」が一番おすすめです。

 

MCK70シリーズの型番に関するよくある疑問

「よくわからない型番の違い」の最たるものが、冒頭でも紹介した発売年の違いですが、

そのほかにも、MCK70シリーズの型番に関する「よくある疑問点」として、次の4点を紹介します。

  • カラー記号の見方
  • ACK70の存在
  • MCK55との違い
  • 家電量販店モデルとの違い
ナナ
順番に解説するよ!

 

型番の最後の「W」や「T」はカラー記号

MCK70のカラーバリーション

「MCK70X」「MCK70W」「MCK70V」の新旧3モデルについては、カラーバリエーションの違いはありません。

カラーは「ホワイト(W)」と「ビターブラウン(T)」の2色展開です。

MCK70X-W、MCK70W-T、というように、型番の最後にくっついているアルファベットが何色かを表しています。

 

ACK70との違い

名前が似ている「ACK70」という型番を見かけることがありますが、MCK70とACK70の性能は同じです。

型番が違う理由は、家電でよくある販路の違いです。

ACKは「ぴちょんくんのお店」というダイキンの店舗で販売しているもの。

MCKは、家電量販店で販売しているものです。

例えば、MCK70WとACK70Wは「名前が違う同じもの」なので安い方を選べばOKです。

 

MCK55との違い

ダイキンの加湿空気清浄機は、性能や機能の差でグレードが分かれています。

グレードの違い

  • MCK70はハイグレードモデル
  • MCK55はミドルグレードモデル
ハチ
主な違いは2つだよ
  • 最大風量の違い
  • 搭載機能の違い

 

型番の数字は最大風量を表す

MCK70とMCK55では、型番の数字が違いますが、この数字は最大風量を表します。

例えば、次のそれぞれの型番の最大風量はこんな感じ。

比較

  • MCK70Xは、最大風量7.0㎥/分
  • MCK55Xは、最大風量5.5㎥/分

 

風量が強いほど空気をキレイにする力が強くなる=広い部屋でも機能する。

ということで、型番ごとに対応する部屋の広さの目安が決まっています。

型番 空気清浄適用床面積 加湿適用床面積 8畳の部屋の清浄時間 風量「しずか」 風量「弱」 風量「標準」 風量「ターボ」
MCK70X ~31畳(~51m2) プレハブ:~18畳(~29m2)
木造:~11畳(~18m2)
9分 1.7㎥/分 2.2㎥/分 3.5㎥/分 7.0㎥/分
MCK55X ~25畳(~41m2) プレハブ:~14畳(~23m2)
木造:~8.5畳(~14m2)
11分 1.7㎥/分 2.4㎥/分 3.2㎥/分 5.5㎥/分

また、同じ面積の場合、風量が大きいほど早くきれいになるので、花粉などが蔓延する前に清浄できます。

 

搭載機能の違い

MCK70とMCK55では搭載機能が異なります。

型番 ストリーマユニット数 おまかせ運転 きれいサーキュレーター運転 スマホ連携 Googleアシスタント
Amazon Alexa
ルーバー風向き調整
MCK70X 2つ あり あり 対応 対応 あり
MCK55X 1つ なし なし 非対応 非対応 なし

 

MCK70シリーズは、ストリーマユニットが2つあるほか、多機能さが魅力。一方のMCK55シリーズは、スリムなデザインと低価格が売りです。

両モデルにはフィルターに性能差がありましたが、2021年モデルからは、同じ「TAFUタフフィルター」を採用し、スペックの差は縮まりました。

搭載センサーは同様で、フィルター交換目安は共に10年です。

ナナ
違いの詳細は関連記事でも紹介してるよ!

 

関連記事

MCK70XとMCK55X
【MCK70XとMCK55Xの違いは8つ】ダイキン空気清浄機を比較

続きを見る

ダイキン空気清浄機
【2021モデル全比較】ダイキン空気清浄機の特徴と選び方!おすすめは!?

続きを見る

 

家電量販店モデルとの違い

MCK70シリーズには、家電量販店モデルが存在します。

  • MCK70XN(ノジマ)
  • MCK70XY(ヨドバシカメラ)
  • MCK70XJ(ジョーシン)
  • MCK70XKS(ケーズデンキ)
  • MCK70XE8(エディオン)
  • MCK70XBK(ビックカメラ)

性能面において「MCK70X」と家電量販店モデルの違いはほとんどないです。

キャスター付属、電源コードが長い、風量切替がより細かい、など量販店ごとに若干利点はあるものの、価格より優先して選ぶほどではありません

ダイキンオリジナルモデルと価格が並んだ際には選択肢となる存在です。

MCK70
【MCK70X】ケーズデンキ・ジョーシン・エディオンなど家電量販店モデル6種との違い

続きを見る

 

MCK70X・MCK70W・MCK70Vの価格の違いから判断するおすすめ

まずは結論、今買うベきおすすめ型番は、最新モデル「MCK70X(2021)」の一択です。

理由は、旧モデルと比べて性能が高くて安いから。

 

家電のネット最低価格は、発売後から徐々に下落していきます。

やがて、最も安い底値圏を推移し、最終的には値上がりをして市場から消えるという流れがあります。

グラフにすると「U字」を描くように価格推移するのですが、各モデルが、今どの段階にあるのかを見極めることが重要です。

ナナ
実際にグラフで価格推移の傾向を見てみよう!

 

MCK70シリーズの価格推移の傾向

MCK70V(2018)の価格推移

上のグラフは、例として旧モデル「MCK70V(2019)」の大まかな価格推移を表したものです。

 

MCK70Vは、2018年秋の発売時に約6万円の価格をつけ、2019年夏頃には当シリーズの底値圏である4万円弱に至りました。

その後、2020年2月頃まで最低価格ラインをウロウロした後に、次年度モデルの値下げと入れ替わるように、価格上昇して市場からフェードアウト。

新型コロナによる需要増により、底値は高くなっていますが、以上が価格推移の傾向イメージです。

 

ナナ
なんで最後に、価格が上昇するんだろう?
  1. 新モデルが発売され、型落ちとなると旧モデルは生産されない
  2. ネット上の安い店で売り切れても、生産されていないので入荷されない
  3. 結果的に高い店だけが残り、ネット最低価格が上がっていく

という仕組みです。

 

ハチ
U字曲線を踏まえて、各モデルの価格推移を確認していこう!

 

MCK70Xの価格推移

2021年モデル「MCK70X」の発売日は2020年12月ですが、初値は6万円台からのスタートでした。

その後、順調に価格を下げて、2021年7月には底値となる4万円前後に到達しており、今まさにお買い得なタイミングのおすすめモデルです。

性能面でも旧モデルより優れるうえ、価格も安いので底値圏が続く限り、当モデル「MCK70X」の一択でしょう。

 

MCK70Wの価格推移

2020年モデル「MCK70W」は、すでに底値圏を過ぎてしまいました

2020年中は4万円台を推移することも多かったですが、新型コロナによる空気清浄機の需要増の影響もあり、他のモデルに比べ価格が下がりにくいモデルでした。

4万円台前半をマークするときもありましたが、後継機種の発売後は値上がり傾向にあり、あえて選ぶメリットが特に見当たらないモデルとなってしまいました。

 

ACK70の方が安いことも

先述のとおり、MCKとACKは販路の違いから型番の名前が異なりますが中身は一緒

例えば「MCK70X」と「ACK70X」は中身が全く同じでしたね。

基本的にはMCKの方が安いことが多いですが、ACKの方が価格が安いことがあるので要チェックです。

ナナ
中身が同じなら、もちろん値段が安い方がいいよね!

 

まとめ

以上、MCK70X、MCK70W、MCK70Vの違いやお買い得モデルの紹介でした。

まとめ

  • MCK70X、MCK70W、MCK70Vは、ダイキンの加湿空気清浄機の新旧モデルの関係
  • MCK70Xは抗菌フィルターが進化、それ意外は旧モデルと同じ
  • MCK70WとMCK70Vは全く一緒
  • MCKとACKも名前が違うだけで中身は同じ

 

おすすめ|MCK70X(2021)

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.