空気清浄機

【MCK70U、MCK70V、MCK70W】違いはない!でもお買い得はこれだ!ダイキン加湿空気清浄機の型番を比較

MCK70シリーズの型番の違い

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70」シリーズ。

ランキングなどでも人気のダイキンのハイグレードモデルですが、このシリーズには「MCK70U」「MCK70V」「MCK70W」などの異なる型番が存在します。

 

ナナ
名前もほとんど同じだけど、何が違うの?

 

結論から申し上げると、タイトルにも書いてあるとおり、性能面での違いはありません

「MCK70U」「MCK70V」「MCK70W」は、すべて空気清浄機の性能は同じなのです。

しかし、違いがないにも関わらず、いま購入するべきお買い得の型番が存在します。

この記事では、

  1. MCK70の型番の詳細
  2. MCK55との違い
  3. 価格から見るMCK70のおすすめ型番

という構成で、理由とあわせて「MCK70」シリーズのおすすめ型番を紹介します。

 

ナナ
画像をクリックすると該当箇所へジャンプ!
MCK70シリーズの違いや目次はそのままスクロールしてね!

 

MCK70シリーズの型番の違いについて

冒頭にも述べたとおり、「MCK70U」「MCK70V」「MCK70W」は、加湿空気清浄機としての性能は同じです。

では、型番の違いは何かというと、答えは年式の違いです。

 

型番の違い

  • MCK70U(2017年モデル)
  • MCK70V(2018年モデル)
  • MCK70W(2019年モデル)
ナナ
何年に発売されたかが違うだけなんだよ!

 

家電業界では、毎年モデルチェンジを行い型番が変わっていきますが、中身については変わらない場合があります。

ダイキンのMCK70シリーズでは、ここ最近のモデルチェンジでは、性能や機能の変更はありません。

来年のモデルで、違いがどうなるかはわかりませんが、今のところ違いはない状態です。

 

型番の最後の「W」や「T」はカラー記号

MCK70のカラーバリーション

「MCK70U」「MCK70V」「MCK70W」の新旧3モデルについては、カラーバリエーションの違いもありません。

カラーは「ホワイト(W)」と「ビターブラウン(T)」の2色展開です。

MCK70V-W、MCK70W-T、というように、型番の最後にくっついているアルファベットが何色かを表しているのです。

 

ACK70との違いは?

MCK70シリーズとACK70シリーズも性能は同じです。

型番が違う理由は、家電でよくある販路の違いです。

ACKは、「ぴちょんくんのお店」というダイキンの店舗で販売しているもの。

MCKは、家電量販店で販売しているものです。

例えば、MCK70VとACK70Vは、名前が違う同じものなので、ネットで安い方を選べばOKです。

 

MCK55シリーズとの違い

ダイキンの加湿空気清浄機は、性能や機能の差でハイグレードモデルとミドルグレードモデルに分かれています。

グレードの違い

  • MCK70はハイグレードモデル
  • MCK55はミドルグレードモデル
ハチ
主な違いは2つだよ

 

型番の数字は最大風量を表す

MCK70とMCK55では、型番の数字が違いますが、この数字は最大風量を表します。

例えば、次のそれぞれの型番の最大風量はこんな感じ。

比較

  • MCK70Vは、最大風量7.0㎥/分
  • MCK55Vは、最大風量5.5㎥/分

 

空気清浄機は、次の3ステップで空気を綺麗にします。

空気清浄の仕組み

  1. 汚れた空気を吸い込む
  2. フィルターで空気をろ過する
  3. キレイな空気を吐き出す

 

当然、風量が強いほど空気をキレイにする力が強くなる=広い部屋でも機能する。

ということで、型番ごとに対応する部屋の広さの目安が決まっているのです。

型番 対応床面積 8畳の部屋の清浄時間 風量「しずか」 風量「弱」 風量「標準」 風量「ターボ」
MCK70V ~31畳(~51m2)

※プレハブ~18畳(~29m2)
※木造~11畳(~18m2)

9分 1.7㎥/分 2.2㎥/分 3.5㎥/分 7.0㎥/分
MCK55V ~25畳(~41m2)

※プレハブ~14畳(~23m2)
※木造~8.5畳(~14m2)

11分 1.7㎥/分 2.4㎥/分 3.2㎥/分 5.5㎥/分
ナナ
風量は、加湿運転時を比較してるよ!

 

搭載機能の違い

MCK70シリーズとMCK55シリーズでは搭載機能が異なります。

型番 ストリーマユニット数 フィルター おまかせ運転 きれいサーキュレーター運転 スマホ連携 Googleアシスタント
Amazon Alexa対応
MCK70V 2つ TAFUフィルター あり あり 対応 対応
MCK55V 1つ HEPAフィルター なし なし 非対応 非対応

 

ストリーマとは

花粉、排ガス、PM2.5、ニオイ、ウイルス、菌などを分解・抑制するダイキンのテクノロジーのこと

ハチ
ナノイーやプラズマクラスターのようなものだね!

 

MCK70シリーズは、ストリーマユニットが2つあるほか、性能が落ちにくいTAFUタフフィルターを搭載しているのが特徴です。

一方、MCK55シリーズは、スマートなデザインと、価格が安さが魅力

両モデルとも、センサーは同様で、フィルターも共に10年交換不要です。

 

関連記事

ダイキン空気清浄機
【2020年最新】ダイキン空気清浄機の特徴と選び方│現行全5機種を紹介

続きを見る

MCK55シリーズ
【MCK55W、MCK55V、MCK55U】お買い得はコレ!ダイキン空気清浄機の型番の違いや機能をレビュー!

続きを見る

 

価格から見るMCK70シリーズの今おすすめのお得な型番

「MCK70U」「MCK70V」「MCK70W」について、性能の違いはありませんが、その中で今買うベき型番は、最新2019年モデルの「MCK70W」です。

理由は2つ。

  • 性能が同じ
  • 最新モデルが型落ちモデルより安くなってきた
ハチ
性能が同じなら安い方がいいもんね!

 

家電のネット最低価格は、発売後から徐々に下落していきます。

やがて、最も安い底値圏を推移し、最終的には値上がりをして市場から消えるという流れがあります。

グラフにすると「U字」を描くように価格推移するのですが、各モデルが、いまどの段階にあるのかを見極めることが重要です。

ナナ
実際に各モデルの価格推移を見てみよう!

 

MCK70Uの価格推移

MCK70U(2017モデル)の価格推移

MCK70U(2017年モデル)は、2017年11月の発売当初、ネット上で約60,000円の最低価格をつけ、2018年夏頃には底値圏である4万円弱に至りました。

その後、2019年1月まで最低価格ラインをウロウロした後に、次年度モデルの値下げと入れ替わるように、価格上昇して市場から消えました。

 

ナナ
なんで最後に、価格が上昇するんだろう?
  1. 新モデルが発売され、型落ちとなると旧モデルは生産されない
  2. ネット上の安い店で売り切れても、生産されていないので入荷できない
  3. 結果的に高い店だけが残り、ネット最低価格が上がっていく

という仕組みです。

 

MCK70Vの価格推移

MCK70V(2018モデル)の価格推移(2020年4月まで)

MCK70V(2018年モデル)が発売されたのは、2018年9月です。

当初のネットの最低価格は、約61,000円と前年モデルとほぼ同価格。

そこから徐々に値を下げ、2019年の夏頃には底値圏に入りましたが、2020年の3月には価格が上昇し、最もおすすめの型番の座から転落しました。

2020年3月中旬以降、最新モデルとネット最低価格が逆転しています。

 

MCK70Wの価格推移

MCK70W(2019モデル)の価格推移(2020年7月まで)

MCK70W(2019年モデル)は、今おすすめの最新モデル

2019年11月に発売され、初値で約59,000円をマークした後、今現在、値下がり中ですが、新型コロナの影響で例年に比べイレギュラーな値動きをしています。

といっても、すでに型落ちモデルよりも安く、価格的に一番安い型番となっています。

先述のとおり、新旧モデルでは性能の差はないので、比較対象が価格面のみとなれば、おすすめは「MCK70W」の一択です。

ナナ
新型コロナの影響で需要が増えて、在庫薄の状態が続いてるよ

 

 

ACK70Wの方が安いことも

先述のとおり、MCKとACKは、販路の違いから型番の名前が異なりますが、製品としては同じものです。

ダイキン店舗モデルであるACKはあまり目立ちませんが、実はACKの方が価格が安いことがあります

ナナ
中身が同じなら、もちろん値段が安い方がいいよね!

 

まとめ

以上、MCK70シリーズの型番の違いやお買い得の型番についてでした。

まとめ

  • MCK70UMCK70VMCK70Wは、ダイキンの加湿空気清浄機の新旧モデルの関係
  • 性能やカラーバリエーションに違いはない
  • 型落ちモデルより既に最新モデルが安い
ナナ
ということは、おすすめは最新の「MCK70W」だね!

 

おすすめの最新モデル「MCK70W」

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.