空気清浄機

【F-VXT40とF-VXS40の違いはない】パナソニック空気清浄機の新旧比較

F-VXT40

「F-VXT40」と「F-VXS40」は、パナソニック空気清浄機のコンパクトで安価なモデル。

パワーはそれほど無い代わりに静音性に優れ「勉強モード」を搭載することから子供部屋に最適なタイプです。

そんな両モデルの違いは、発売年の異なる新旧モデルの関係。

  • F-VXT40:2020年発売
  • F-VXS40:2019年発売

 

結論から書くと、両モデルに性能的な違いは全くありません。

家電あるあるの毎年定例の名前だけ変わるモデルチェンジのケースです。

となれば、重要な比較ポイントは価格のみ。ということで、この記事では、両モデルの価格を比べて今おすすめのモデルはどっちなのか明らかにします。

 

F-VXT40とF-VXS40の価格の違い

両モデルの価格を具体的に見ていく前に、当シリーズの価格推移の傾向を過去モデルから見てみましょう。

  • 発売時の初値:45,000円前後
  • 底値:25,000円前後

2019年モデルはコロナ禍による需要増で価格が下げ止まったこともあり、底値は2万円台後半という感じでしたが、本来は2万円台の前半くらいまで狙えるシリーズです。

今後の価格推移は気になるところですが、とりあえず以上の傾向を踏まえて各モデルの値段をチェックしていきましょう。

 

F-VXT40の価格

2020年モデル「F-VXT40」は、初値で傾向どおり4万円台前半をマークした後、順調に右肩下がりで値を落とし、2021年春以降は2万台もちらほらと見かけるようになりました。

コロナ禍ど真ん中だったとはいえ、前年モデルの底値が3万円前後だったことを考えれば、「F-VXT40」も2万円台になれば底値圏と言っても過言ではないでしょう。

2~3万円前後を推移しているうちは、「F-VXT40」がおすすめです。

 

ただし、加湿機能が不要でよければ、空気清浄スペック的にもうワンランク上の2020年モデル「F-PXT55」が同じくらいの値段なので、そっちを狙うのも有りでしょう。

F-PXT55
【F-PXT55とF-PXS55の違いはない】でもおすすめはこれ!パナソニック空気清浄機(加湿なし)の新旧比較

続きを見る

 

F-VXS40の価格

2019年モデル「F-VXS40」は、2021年6月現在すでに在庫が見当たらない状態です。

底値圏を過ぎたモデルは基本的に価格が上がる傾向にあるので、もし在庫を見つけても新モデルより安いことは稀でしょう。

ということで、選択肢としては新モデルの一択です。

 

以上、パナソニック空気清浄機の新旧モデル「F-VXT40」と「F-VXS40」の違いをお届けしました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.