レンジ

【NE-BS6AとNE-BS658の違い】パナソニック「Bistro」の新旧比較

NE-BS6A

「NE-BS6A」と「NE-BS658」は、両方ともパナソニックのスチームオーブンレンジ「Bistro」ブランドを冠する機種。

高機能な「Bistro」のなかでも比較的コンパクトな点が特徴ですが、そんな両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NE-BS6A:2022年11月発売
  • NE-BS658:2021年9月発売

 

ナナ
新旧モデルの違いは?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の3つ。

新旧の違い

  • 天井ヒーターの構造
  • 庫内容量
  • メニュー数

 

当記事では、上述の違いについて具体的に解説するほか、現時点の両モデルの価格を比較。

機能面と価格面の2つの視点から、今おすすめモデルがどっちなのか家電アドバイザーの有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

全機種比較のうえ、型落ちも含めて今のお買い得を検証

→ パナソニック電子レンジの特徴・選び方・全機種比較

 

NE-BS6AとNE-BS658の違い

「NE-BS6A」と「NE-BS658」の3つの違いを比較表にまとめました。

NE-BS6A
(新モデル)
NE-BS658
(旧モデル)
天井ヒーター 大火力平面ヒーター 遠赤Wヒーター
庫内容量 25L 26L
掲載レシピ数
/自動メニュー数
191/160 191/167
ナナ
順番に解説していくよ!

 

天井ヒーター

新モデル「NE-BS6A」では、上位モデルでも採用される「平面ヒーター」を新搭載。

(新)NE-BS6A 大火力平面ヒーター
(旧)NE-BS658 遠赤Wヒーター

「平面ヒーター」を採用したことで、むき出しになっていた庫内上部のヒーターが天井内に格納され、お手入れが簡単になりました。

 

ナナ
実際にどう変わったのか確認してみよう!

従来の「遠赤Wヒーター」は次のとおり、天井を横断するようにに2本のヒーターが搭載されています。

遠赤Wヒーター

 

続いて、新搭載の「大火力平面ヒーター」は次のとおり、ヒーターが天井内に格納されフラットな天面となりました。

大火力平面ヒーター

技術力により、高い火力は維持したまま、拭き掃除などのメンテナンスがしやすくなったのが新モデルで採用する「平面ヒーター」の魅力です。

 

なお、旧モデルは確かに天面の拭き掃除はしづらいものの、代わりに「オートクリーン加工」が施されています。

「オートクリーン加工」により、ヒーターで温度を上昇させると油が水と炭酸ガスに分解され、ベタついた天井がサラサラの状態になる仕組みです。

また、自動お手入れ機能として「天井・脱臭」コースも搭載されているので、旧モデルでも綺麗に使用できるようになっています。

ナナ
このあたりをどう判断するかが、新旧比較の大きなポイント!

 

庫内容量

先述の平面ヒーター採用に伴う構造の見直しにより、新モデル「NE-BS6A」では、庫内容量が1L小さくなりました。

(新)NE-BS6A 25L
(旧)NE-BS658 26L

 

自動メニュー数

両モデルを比較すると、レシピ数は同じですが搭載する自動メニュー数にわずかな違いがあります。

NE-BS6A
(新モデル)
NE-BS658
(旧モデル)
掲載レシピ数 191 191
自動メニュー数 160 167

 

上表を少し補足すると、レシピ数とは取扱説明書に記載されるメニュー数のこと。

一方、自動メニュー数とは、レシピ集に掲載されるメニューのうち、自動調理番号が割り振られ、番号を選択するだけで加熱方法や加熱時間の設定が不要なメニューのこと。

自動メニューでないものは、レシピ集に掲載されている加熱方法や時間を手動で設定する必要があります。

 

NE-BS6AとNE-BS658の価格を比較

ここまで「NE-BS6A」と「NE-BS658」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

NE-BS6Aの価格

2022年11月発売の新モデル「NE-BS6A」の大手量販店の予約価格をチェックすると9万円前後となっています。

家電は発売後に徐々に価格が下がっていくので、しばらくの間は高値が続くでしょう。

今回のモデルチェンジの目玉となる「平面ヒーター」に対して、どれほど価値を感じるかが比較のポイントとなります。

ナナ
Amazonではヒットしないことが多いよ

 

NE-BS658の価格

2021年9月に発売された旧モデル「NE-BS658」は、値頃感が出てきた価格的におすすめのモデルです。

発売時の価格は8~9万円台でしたが、徐々に安くなり、2022年9月時点では6万円台になりました。

前年モデルを参考にすると、大底は6万円前後となる可能性が高いので、現時点で底値圏に入ってきていると考えてもよさそうです。

 

なお、さらに1年古いモデル「NE-BS657」は、2022年に入ってからは価格が上昇してしまい型落ちの旨味がなくなりました。

市場の在庫も減ってきており、見かける機会もなくなってきたので、当記事の比較からは除外しています。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「NE-BS658」です。

理由は、機能差よりも価格差の魅力の方が大きいため。

天井ヒーターは見えない方が視覚的にもすっきりして好印象なのですが、旧モデルにもお手入れ機能が搭載されていることと、現状の価格差が大きすぎるのが決め手です。

もちろん、新モデルの平面ヒーターに魅力を感じる場合は、新モデルも有力な選択肢となるでしょうが、価格差が縮まるまでは個人的には旧モデル推し。

 

現時点のおすすめ

 

以上、パナソニック「Bistro」シリーズ「NE-BS6A」と「NE-BS658」の違いについて解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.