レンジ

【RE-WF183とRE-WF182の違い】シャープのオーブンレンジ新旧モデル比較

RE-WF183

「RE-WF183」と「RE-WF182」は、シャープのオーブンレンジで、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • RE-WF183:2022年6月発売
  • RE-WF182:2021年9月発売

両モデルはコンパクトなボディが魅力の1段調理の18L。

シンプルで使いやすく、飽きのこないデザインが魅力の「PLAINLY」のシリーズです。

 

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

変更点は次の2つです。

新モデルで変わったところ

  • フリーズドライスープメニューの追加
  • 扉のメニュー表示のデザイン変更

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

シャープ電子レンジの全モデル比較とおすすめ紹介

特徴・選び方を紹介したうえで、現行全モデルを比較表で比べています。他機種も気になる方はご覧ください。

 

RE-WF183とRE-WF182の違い

はじめに書いたとおり、新モデル「RE-WF183」と旧モデル「RE-WF182」の違いについて、ポイントとなるのは次の2点。

  • フリーズドライスープメニュー
  • 扉のメニュー表示のデザイン
ナナ
順番に開設するよ!

 

フリーズドライスープメニュー

新モデル「RE-WF183」では、フリーズドライメニューが新たに追加されました。

(新)RE-WF183 フリーズドライメニューあり
(旧)RE-WF182 なし

 

フリーズドライメニューとは、マグカップに「市販のフリーズドライスープの素」と「水」を入れて、スタートすると飲みやすい適温に仕上げてくれる機能のこと。

通常であれば、電気ポッドからお湯を入れるか、お湯を沸かす必要がありますが「熱すぎて少し冷まさないと飲めない」なんてことはあるあるですね。

ナナ
これを解決するのが「フリーズドライメニュー」だよ!

 

正直、電気ポッドがあれば「フリーズドライメニュー」はなくてもいいかなと。

もし、電気ポッドが自宅になければ地味に重宝しそうな機能ですね。

 

扉のメニュー表示のデザイン

新モデル「RE-WF183」では、前面の扉部分のメニューにアイコンがついて、一目でわかりやすくなりました。

まずは新モデルのフロントデザインを確認してみましょう。

RE-WF183のデザイン

扉に表示されるメニューが必要最低限に厳選されて数が減ったうえに、アイコンが加わったことで、すっきりシンプルになりました。

 

続いて、旧モデルのフロントデザインです。

RE-WF182のデザイン

情報量は多いのですが、新モデルと比べると少し詰まって見づらい印象でしょうか。

 

両モデル共通の特徴

ここまで新旧両モデルの違いを紹介してきましたが、シリーズの特徴を掴むためにも両モデルの共通機能もサクッと紹介します。

ナナ
かっこ内は機能概要!
  • ノンフライ調理(油で揚げずに揚げ物調理)
  • 冷凍食品あたため(市販の冷凍食品が自動であたため可能)
  • 選べる解凍(全解凍とさっくりから選べる)
  • 脱臭クリーンコート(調理後のニオイをおさえてくれる)
  • ワイドフラット庫内(庫内のお手入れがラクラク)
  • 電源オートオフ機構(使用後は自動で電源がオフになります)
  • 大型ホワイトバックライト(光るバックライト液晶搭載)

 

ナナ
基本スペックも共通だよ!
総庫内容量 18L
カラー ・ホワイト
・ブラック
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
455×375×330mm
重さ 約14kg
消費電力
(レンジ)
1,420W
消費電力
(オーブン・グリル)
1,350W

 

RE-WF183とRE-WF182の価格を比較

ここまで「RE-WF183」と「RE-WF182」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

RE-WF183の価格

2022年6月発売の新モデル「RE-WF183」の発売時価格は4万円前後でした。

2022年10月時点では安いもので3万円台の中盤を推移しており、旧モデルとの価格差も縮まってきました。

正直、新旧でそこまで大きな機能差はないものの、一応、新モデルの方がわずかに機能が優れていることを考慮すると、新モデルも充分選択肢となりえるでしょう。

ナナ
発売後しばらくはAmazonではヒットしないことが多いよ

 

RE-WF182の価格

2021年9月発売の旧モデル「RE-WF182」は、2022年10月時点で安いものは3万円台の前半を推移しています。

まだ少し新モデルより価格的なアドバンテージがありますが、やがて新モデルに価格を追い抜かれるでしょう。

それまでの間は、価格重視の方には選択肢となりえますが、価格が逆転すると特に魅力のないモデルとなるでしょう。

なお、ホワイトよりもブラックの方が高額な印象があります。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは新モデル「RE-WF183」です。

理由は、新旧の価格差がなくなりつつあるため。

場合によっては、既に新モデルの方が安いケースも出てきています。

機能的にはわずかながら新モデルの方が優れているので、現状の価格差なら個人的には新モデル推しでしょうか。

ナナ
機能差と価格差を踏まえて自分に合うモデルを検討してみてね!

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、RE-WF183とRE-WF182の違いを解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.