レンジ

【RE-WF263とRE-WF262の違いは2つ】シャープ過熱水蒸気オーブンレンジの新旧比較

RE-WF263

「RE-WF263」と「RE-WF262」は、両方ともシャープの過熱水蒸気オーブンレンジ。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • RE-WF263:2022年6月発売
  • RE-WF262:2021年9月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、新モデルで変更となったのは次の2つ。

新旧の違い

  • 扉のメニュー表示がシンプルで選びやすくなった
  • 新メニュー「フリーズドライスープ」が追加

 

当記事では、上に挙げた2つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

シャープ電子レンジの全モデル比較とおすすめ紹介

特徴・選び方を紹介したうえで、現行全モデルを比較表で比べています。他機種も気になる方はご覧ください。

 

RE-WF263とRE-WF262の違い

はじめに書いたとおり「RE-WF263」と「RE-WF262」の違いは次の2つ。

  • 扉のメニュー表示
  • 「フリーズドライスープ」メニュー
ナナ
順番に詳しく解説するよ!

 

シンプルで選びやすいメニュー表示

新モデル「RE-WF263」では、扉のメニュー表示がわかりやすくなりました。

まずは旧モデルをチェックしてみましょう。

RE-WF262の扉メニュー

情報量は多いですが、少しごちゃっとした印象。

 

続いて新モデル。

RE-WF263の扉メニュー

記載するメニューを使用頻度の高いものに厳選し、ほかのメニューは庫内に記載することで、スッキリとさせています。

また、イラストアイコンを使用することで、よりシンプルで見やすく選びやすい表示に変わりました。

 

新メニュー「フリーズドライスープ」

新モデル「RE-WF263」では、「フリーズドライスープ」メニューが新たに追加されました。

どんなメニュー?

市販のフリーズドライスープの素に水を入れ、メニュー番号を選んでスタートキーを押すだけで、飲みやすい温度のスープが作れるメニュー。

 

お湯を沸かしてフリーズドライスープを作る場合などに、熱すぎて飲めないことがありますが、新メニューでは、適温の仕上がりとなります。

個人的には、電気ポッドがあれば新メニューをわざわざ使用するかは微妙ですが、都度、お湯を沸かしている場合は、地味に便利な機能だと感じます。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の特徴もサクッと紹介します。

ナナ
かっこ内は機能の概要だよ!
  • 2段熱風コンベクション(熱風を庫内に効率よく循環させムラなく仕上げる)
  • 加熱水蒸気とヒーター加熱(2つの組み合わせでノンフライの揚げ焼きも)
  • らくチン!センサー(蒸気量で状態を検知するセンサーにより分量が変わっても自動調理可能)
  • 全解凍・さっくり解凍(選べる解凍具合)
  • 冷凍食品あたため(市販の冷凍食品がワット数・時間設定不要で自動あたため)
  • スチームあたため(蒸気でしっとりとあたためる)
  • 脱臭クリーンコート(調理後のニオイをおさえてくれる)
  • 左右・後ろピッタリ置きOK(壁とのすき間を空けず設置可)
  • 電源オートオフ機構(使用後は自動で電源をオフ)

 

ナナ
基本スペックは次のとおりで、これも共通!
総庫内容量 26L(2段調理)
カラー ・ブラック
・ホワイト
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
487 × 450× 367mm
重さ 約18kg
レンジ出力 1,000W・600W・500W・200W
オーブン
温度調節範囲
110~250℃
(発酵は30・35・40・45℃)

 

RE-WF263とRE-WF262の価格を比較

ここまで「RE-WF263」と「RE-WF262」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

RE-WF263の価格

2022年6月発売の新モデル「RE-WF263」の発売時価格は、6万円台からのスタート。

家電は発売後、徐々に安くなっていきますが、発売翌月となる7月には5万円台の中盤まで安くなっており順調な滑り出し。

ただし、旧モデルと比べると、まだ高額です。

正直なところ、新旧の機能差はそこまで大きくないので、個人的には価格重視かなと感じています。

 

RE-WF262の価格

2021年9月発売の旧モデル「RE-WF262」は、価格的におすすめのモデル。

2022年に入ってからは4万円台の中盤あたりを推移することが多く、発売時と比べて値頃感があります。

先に紹介した、新旧の機能差に特別惹かれない場合は価格の安い旧モデルがおすすめです。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「RE-WF262」です。

理由は、劇的な機能差を感じないなかで、価格差がまだまだ大きいため。

やがて、新モデルが安くなってきて価格差が縮まるまでは旧モデル推しです。

ただし、個人的な意見なので、紹介した新機能に魅力を感じる場合は、もちろん新モデルも選択肢となりえます。

ナナ
機能差と価格差をもとに自分に適したモデルを検討してみてね!

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「RE-WF263」と「RE-WF262」の違いを解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.