レンジ

【NE-MS268とNE-MS267の違い】パナソニックレンジの新旧モデル比較

NE-MS268

「NE-MS268」と「NE-MS267」は、パナソニック「エレック」シリーズの電子レンジで発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NE-MS268: 2021年9月発売
  • NE-MS267: 2020年9月発売

 

ナナ
両モデルの違いは?

新モデル「NE-MS268」へのモデルチェンジで変更があったのは次の3つ。

新モデルで変わったところ

  • 中華10分メニューが追加
  • レシビ数が増加
  • わずかなデザイン変更

 

当記事では、新旧モデルを比較できるように3つの違いを詳しく解説します。

さらに、各モデルの現時点の価格を比較することで、機能差と価格差の両観点から、今おすすめのお買い得モデルがどれかを検証します。

 

関連記事

全機種比較のうえ、型落ちも含めて今のお買い得を検証

→ パナソニック電子レンジの特徴・選び方・全機種比較

 

NE-MS268とNE-MS267の違い

はじめに書いたように両モデルの違いは次の3つです。

  • 中華10分メニューの有無
  • レシピ数の違い
  • デザインの違い

 

中華10分メニューの有無

当シリーズには、メニュー番号を選んでボタンを押すだけで自動調理が可能な「自動メニュー」が多数搭載されていますが「10分メニュー」もそのひとつ。

「10分メニュー」とは、下ごしらえした材料を耐熱ガラスボウルに入れて、メニューを選んぶだけで、定番メニューが作れる便利な機能。

旧モデルには「煮物10分」「パスタ10分」などの10分メニューが搭載されていましたが、新モデル「NE-MS268」では「中華10分メニュー」が追加されました。

メニュー NE-MS268
(新)
NE-MS267
(旧)
中華10分 ×
煮物10分
パスタ10分

 

「中華10分メニュー」では、八宝菜、麻婆豆腐、えびチリの3種類の料理が作れます。

手軽に中華料理を楽しみたい方には新モデル「NE-MS268」の方がおすすめです。

 

メニュー数の違い

「NE-MS268」と「NE-MS267」では、搭載するレシピ数・自動メニュー数に違いがあります。

NE-MS268
(新)
NE-MS267
(旧)
レシピ数 91 87
自動
メニュー数
62 59
ナナ
レシピ数と自動メニューの違いは次のとおり!

当シリーズには、説明書のなかに料理のレシピ集が掲載されており、その数が上述のレシピ数にあたります。

さらにレシピのなかで、自動メニュー番号が割り振られているレシピの数が、上述の自動メニュー数です。

ちなみに、「自動メニュー」と「それ以外(以下、手動メニューと呼ぶ)」は操作方法が異なるだけですが、その違いは下表のとおり。

自動
メニュー
レシピに割り振られた自動メニュー番号を選択してスタート
手動
メニュー
レンジ・グリル・オーブンの加熱方法・加熱時間をレシピどおりに手動で設定してスタート
ナナ
自動メニューの場合は、加熱方法や加熱時間が自動設定されているから、操作手順が少し減るってことだね!

 

個人的には、自動メニューの数より、レシピ数の多さが重要だと思っていますが、いずれとも「NE-MS268」と「NE-MS267」はほとんど違いがありません。

具体的には、新モデル「NE-MS268」では先に紹介した「中華10分メニューの3品(いずれも自動メニュー)」と「いちご大福(手動メニュー)」がレシピに追加されています。

その他のレシピは同じなので、新旧モデル比較の際にはあまり影響はないでしょう。

ナナ
「中華10分メニュー」が必要かで考えればいいかな!

 

デザインの違い

「NE-MS268」と「NE-MS267」には、デザインにわずかな違いがあります。

ほんとに些細な違いで、実質同じといえるレベルなので「無視してもよい」というのが個人的な結論ですが一応ご紹介。

 

まずは、新モデル「NE-MS268」のデザインから。

NE-MS268のデザイン

 

続いて、旧モデル「NE-MS267」のデザインです。

NE-MS267のデザイン

 

「Panasonic」のロゴの位置が異なるなど、微妙な違いはあるものの、ほとんど同じなので、デザインの違いも新旧比較において気にする必要はないでしょう。

 

NE-MS268とNE-MS267の価格を比較

以上、「NE-MS268」と「NE-MS267」の機能的な違いを紹介しました。

コスパを高めるためには、機能差と価格差のバランスが重要です。

ということで、ここからは新旧の機能差に対して、価格差が見合ったものであるかを判断するため、各モデルの現在の価格をチェックしてみましょう。

 

NE-MS268の価格

2021年9月に発売された「NE-MS268」の発売時の価格は 4万円弱でした。

発売翌月には、安いものは3万円台の前半まで価格を落としており、以降、今に至るまで同じ水準を横ばいで推移しています。

旧モデルを参考にすると、底値は2万円台の中盤あたりなので、まだ価格が下がる余地はありますが、それなりに安くなっていることと、機能的に旧モデルより優れているのがポイントです。

現時点の旧モデルの価格は次で説明しますが、新旧の機能差と価格差を踏まえると、個人的には新モデルの一択だと思っています。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

NE-MS267の価格

2020年9月に発売された「NE-MS267」の発売時の価格は 、新モデル同様4万円弱からのスタート。

新モデル発売直前となる2021年の夏頃には、底値圏となる2万円台の中盤を推移していましたが、秋以降は価格が上昇

2022年の春時点では、新モデルと同程度の価格帯となっており、価格優位が失われてしまったので、あえて選ぶメリットがないモデルとなってしまいました。

 

【結論】おすすめはどっち?

結論としては、現時点のおすすめモデルは、新モデル「NE-MS268」です。

理由は、旧モデルより機能的に優れている(中華10分メニューの追加により、搭載レシピ数が増加)うえに、価格的にも旧モデルと違いがないため。

 

以上、パナソニック電子レンジ「NE-MS268」と「NE-MS267」の違いを解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.