レンジ

【NE-BS908とNE-BS907の違い】ビストロ新旧モデル比較

NE-BS908

「NE-BS908」と「NE-BS907」は、パナソニックのスチームオーブンレンジ ビストロの発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NE-BS908:2021年6月発売
  • NE-BS907 :2020年6月発売

 

両モデルは加熱水蒸気を使ったスチーム調理ができる高機能モデルのオーブンレンジです。

これ1つで、レンジ・蒸し物・グリル・オーブン調理ができる、お料理が好きな人にはたまらない、充実の高機能モデルになっています。

 

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

新モデルで変わったところ

  • 自動メニューが増えた
  • 取扱説明書掲載レシピ数が増えた
  • 見た目がすっきり

 

この記事では、上記3点について違いを詳しく解説したうえで、両モデルの価格を比べます。機能差と価格差を天秤にかけて、今どちらがお得なのか検証します。

 

NE-BS908とNE-BS907 の違い

結論から述べると新モデル「NE-BS908」に、大きな進化点はありませんでしたが、冒頭にも書いたように次の3つの違いがあります。

  • 自動メニューが増えた
  • 取扱説明書掲載レシピ数が増えた
  • 見た目がすっきり
ナナ
順番に解説していくよ!

 

自動メニューが増えた

新モデル「NE-BS908」では、自動メニューに「焼きいも」と「スチーム半解凍」の2つが追加され、53メニューとなりました。

新旧の違い

  • NE-BS908(新):53メニュー
  • NE-BS907 (旧):51メニュー

 

自動メニューとは、メニューに合わせて最適な加熱方法と調理時間を自動でコントロールしてくれる機能です。

旧モデルでは解凍機能は「スチーム解凍」のみでしたが、新モデルでは「スチーム半解凍」が加わったことで、全解凍か半解凍か選べるようになっています。

ナナ
細かな温度や時間の設定がいらないから便利だね!

 

取扱説明書掲載レシピ数が増えた

両モデルにはレシピ専用の取り扱い説明書が付属していて、ビストロを活用しつくすためのメニューが掲載されています。

新モデルではその説明書に掲載されているレシピの数が4つ増えて294レシピとなりました。なお、()内は、自動メニューボタンを使った調理が可能なレシピ数です。

  • NE-BS908(新):294(185)
  • NE-BS907 (旧):290(188)

 

増えたのは、耐熱ボウルに材料を入れて温めるだけで、一品おかずが作れる「ワンボウルメニュー」のレシピです。

新モデルには新たに中華・フレンチ・パスタ・煮物などのメニューが掲載されています。

ワンボウルメニューはその名のとおり、ボウル1つで出来るレシピなので、洗い物まで手間いらず。

忙しい時のご飯や、簡単に済ませたいランチにぴったりの機能です。

ハチ
ボウルは付属していないので注意してね!

 

見た目がすっきり

NE-BS908とNE-BS907の外観比較

左が新モデル「NE-BS908」で、右が旧モデル「NE-BS907 」。それぞれ白色モデルを並べてみました。

前面のカラーリングが異なるので、印象が異なるほか、前面ドアの下部に表記されているメニュー数が少なくシンプルになりました。

ナナ
白い文字で小さく書いてあるメニュー番号は便利だけど、見た目はよくないよね

 

旧モデルは何行にもわたって多くのメニューが表記されていましたが、新モデルでは2行に厳選されているので、デザイン的にはすっきりしました。

 

NE-BS908とNE-BS907の仕様は同じ

「NE-BS908」と「NE-BS907 」の基本的な仕様には変更がありませんでした。カラー展開やサイズも同じです。

型番 総庫内容量 カラー 外形寸法(幅×奥行き×高さ) 重さ 消費電力(レンジ)
NE-BS908
(2021)
30L ホワイト・ブラック 494×435×370mm 19.5kg 1400W
NE-BS907
(2019)
30L  ホワイト・ブラック 494×435×370mm 19.5kg 1400W

 

NE-BS908とNE-BS907の共通機能の紹介

ここまで「NE-BS908」と「NE-BS907 」の違いをピックアップしてきましたが、当シリーズの特徴を把握するために、両モデルに共通の機能についてもサクッと紹介します。

  • 高精細・64眼スピードセンサー(食品の温度と分量を見分けて自動温め)
  • 2品同時あたため(独自の3Dアンテナで2品同時に温め)
  • 大火力両面グリル(ひっくり返し不要でスピーディー)
  • 凍ったままグリル(解凍なしでそのままグリルOK)
  • 合わせ技セット(上段と下段で別の料理を同時調理)
  • 2段コンベクション(熱風を庫内に循環させてムラなく焼き上げ)
  • スピードスチーム機構(たっぷりのスチームで蒸し器同様の仕上がり)
  • ヘルシー調理(加熱水蒸気とヒーターでヘルシーに)
  • オートクリーン加工(ヒーターの高温で油と水をガスに分解)
  • 自動お手入れ(汚れに合わせて選べるコース)
  • エコナビ(無駄な加熱をセーブして省エネ)
ナナ
さすがの高機能モデル。調理がはかどる機能が充実しているね!

 

NE-BS908とNE-BS907の価格の違い

最後に新旧両モデルの価格の違いを比べます。

正直なところ、個人的には劇的な進化はなかったと感じていますが、価格差はどれほどあるのでしょうか、順番に個々の価格をチェックしてみましょう。

 

NE-BS908(新)の価格

2021年6月に発売された「NE-BS908」は、発売時の初値は10万円オーバーからのスタートでしたが、2021年の夏以降は9万円台の価格でも見かけるようになりました。

新旧の機能差はあまりないので、価格の安さを重視する方がコスパが良いと個人的には感じます。

といっても、実は2021年12月時点で新旧の価格差はほとんどありません。

価格が同程度であれば少しでもメニュー数の多い新モデルがおすすめですね。

ナナ
デザイン面でもスッキリしている新モデルが個人的には推しかな!

 

NE-BS907(旧)の価格

2020年6月に発売された「NE-BS907」は、2021年の8~11月頃にかけては8万円台で推移することが多く価格的にはおすすめでした。

しかし、少し値上がり傾向をみせ、先述のとおり新旧の価格差がなくなってきたので微妙なモデルとなりつつあります。

もし、価格面で新モデルよりも安いものを見つけた場合は選択肢となります。

 

以上、パナソニックのスチームオーブンレンジビストロ「NE-BS908」と「NE-BS907」の違いについてお届けしました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.