レンジ

【MRO-S7AとMRO-S7Zの違い】日立ヘルシーシェフの新旧モデル比較

MRO-S7A

「MRO-S7A」と「MRO-S7Z」は、両方とも日立の過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • MRO-S7A:2022年8月発売
  • MRO-S7Z:2021年7月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、新モデルで変更があったのは次の1点のみ。

新旧の違い

新モデルでは「冷凍から焼き物」のメニュー数が増加

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

MRO-S7AとMRO-S7Zの違い

新モデル「MRO-S7A」では、「冷凍から焼き物」メニューの数が3つから5つに増えました。

MRO-S7A
(新モデル)
MRO-S7Z
(旧モデル)
野菜とチーズのグリル ×
タンドリーチキン ×
鶏のから揚げ
塩ざけ
塩さば

 

「冷凍から焼き物」メニューとは?

事前に下ごしらえして冷凍した食材を、凍った状態から焼き上げる機能で、解凍の工程を省けるので時短になる。

時間のある週末に準備冷凍しておいて、忙しい平日はボタンひとつで冷凍状態から一気に料理が完成。

ナナ
イメージとしては、市販の冷凍食品を自分で作っておく感じ!

 

以上のメニュー追加に伴って、レシピ数が2つ増加しています。

(新)MRO-S7A 121
(旧)MRO-S7Z 119

 

また、新旧の仕様を比較するとオートメニュー数が次表のように違いがあります。

(新)MRO-S7A 94
(旧)MRO-S7Z 72

 

しかし、旧モデルは「応用メニュー」を含んでいない数になっているだけで、内容に違いはないようです。

一応、オートメニュー数の定義を確認すると、「オートメニューはあたため・解凍・下ゆでと応用メニューを含んだオートでできるメニュー」となっているのですが記載誤りかと思います。

オートメニューを全て見比べても、新旧の相違は先に紹介した「冷凍から焼き物」の2品だけです。

 

ナナ
ちなみにレシピとオートメニューの違いは次のとおり!
レシピ WEBレシピ集に掲載されているレシピのこと。

オートメニュー対応のものも含む。

オートメニュー 加熱方法(レンジ・オーブンなど)や加熱時間が予め本体にプログラムされているメニュー。

メニュー番号を選んでスタートするだけ。

 

改めてまとめると、新旧モデルの違いは「野菜とチーズのグリル」「タンドリーチキン」の2メニューの有無のみ

メニューが多い分、新モデルの方がわずかに優秀と言えますが、正直、大差ないので価格重視の選定が正解でしょう。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の特徴もサクッと紹介します。

ナナ
主な機能をまとめたよ!
  • 食品の重さにあわせてオートで調理
  • 過熱水蒸気を使ったオートで作れるヘルシーメニュー
  • 冷凍状態から焼き物調理
  • あたためもオーブン調理もテーブルプレート1枚でできる
  • 外して丸洗いテーブルプレート
  • 外して洗える給水タンク&つゆ受け
  • 汚れを落としやすいシリコン系塗装
  • スマホで検索できるwebレシピ集
  • レンジ最高出力1000w(⾃動:最⼤3分間)
  • オーブン最高温度250℃
  • 上下平面ヒーターグリル
  • 総庫内容量22L

 

両モデルは、レンジ、オーブン、グリル、過熱水蒸気など多彩な調理方法が使える人気シリーズ。

100℃以上の高温で加熱した「過熱水蒸気」を使って調理できるので、塩分や油分をカットしてヘルシーな料理を作れる点が特徴的です。

 

MRO-S7AとMRO-S7Zの価格を比較

ここまで「MRO-S7A」と「MRO-S7Z」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

MRO-S7Aの価格

2022年8月発売の新モデル「MRO-S7A」の予約時の価格は、6万円前後のものが多いです。

発売後、徐々に価格は落ちてきますが、しばらくは旧モデルの方が価格の安い状態が続くでしょう。

先述のとおり、新旧の機能差がほとんどないので、安くなるまで新モデルは選択肢から外すのが無難かと思います。

ナナ
Amazonでは発売後しばらくは出品がないことが多いよ

 

MRO-S7Zの価格

2021年7月発売の旧モデル「MRO-S7Z」は、いま価格が安くなっている推しモデル

新モデル発売月となる2022年8月時点では、安いもので3万円台の中盤を推移しています。

やがて価格差は縮まるでしょうが、価格差のあるうちは旧モデルの一択でしょう。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「MRO-S7Z」です。

理由は、先に書いたように、機能的に大差がないにも関わらず価格が安いため。

やがて、新旧の価格差がなくなってくると、メニュー数の多い新モデル推しですが、それまでの間は旧モデルがおすすめです。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「MRO-S7A」と「MRO-S7Z」の違いを解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.