炊飯器

NP-ZW10とNP-ZU10の違いは1つだけ!象印の圧力IH炊飯ジャー新旧モデル比較

NP-ZW10

NP-ZW10とNP-ZU10は、共に象印の圧力IHタイプの炊飯器で、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NP-ZW10:2021年9月発売
  • NP-ZU10:2020年7月発売

 

ナナ
ずばり中身の違いは?

新旧モデルの違いはたった1つだけ。

新旧モデルの違い

新モデルでは、しゃもじがAg+抗菌加工になった。

 

そのほかの機能や仕様など、カラーバリエーションに至るまで新旧モデルで同じです。

つまり、新旧モデルの比較では、しゃもじの抗菌加工仕様に対して価格差ほどの価値があるのかを判断していくこととなります。

 

この記事では、もう少しだけ抗菌仕様について掘り下げたうえで、両モデルの価格を比べることで、どちらのモデルがお得か検証していきます。

 

NP-ZW10とNP-ZU10の違い

冒頭に書いたとおり、新モデル「NP-ZW10」に付属する「立つしゃもじ」はAg+抗菌加工が施されており、これが新旧モデルの唯一の違いです。

抗菌とは「菌の増殖を抑制すること」と定義されます。試験機関(ボーケン品質評価機構)の試験(JIS Z 2801)によれば、加工品は無加工品に比べて99%の抗菌ができたとのこと。

なお、試験内容は、試験液(黄色ぶどう球菌、大腸菌)にて菌を加工品と無加工品に接種、24時間培養した後の生菌数を比較するものです。

ナナ
進化点がこれだけというのは物足りない気もするけど、しゃもじ表面の細菌の増殖を抑制できるのは安心だね!

 

NP-ZW10とNP-ZU10の価格の違い

衛生面の強化は嬉しいところですが、その1点に対して価格差をどこまで許容できるかがポイントと言えるでしょう。

 

NP-ZW10(新)の価格

「NP-ZW10」の発売日は2021年9月1日ですが、発売時の初値は36,000円前後というところ。

しゃもじの抗菌加工は嬉しいものの価格差と見合うかと言われると正直微妙です。

旧モデルと比べると価格が高いので、価格差が同程度に縮まるまでは個人的には選択肢から外れます。

 

NP-ZU10(旧)の価格

2020年モデル「NP-ZU10」の初値は、新モデルと同程度でしたが、徐々に安くなり2020年秋以降は2万円台の前半で推移していました。

その後、2021年春過ぎ以降は、もう一段回さらに値を落として20,000円前後で推移しており、価格的には今おすすめのモデルです。

ナナ
しゃもじの抗菌機能が必須でなければお買い得だね!

 

以上、NP-ZW10とNP-ZU10の違いをお届けしました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.