炊飯器

【JPW-H100とJPW-B100の違い】タイガーIH炊飯器の新旧比較

JPW-H100

「JPW-H100」と「JPW-B100」は、両方ともタイガーのIH式炊飯器。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • JPW-H100:2022年8月発売
  • JPW-B100:2021年9月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の

新旧の違い

  • 内釜の構造
  • 付属しゃもじの抗菌有無
  • 本体カラー

 

当記事では、上に挙げた3つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

タイガー炊飯器の全モデル比較とおすすめ紹介

特徴・選び方を紹介したうえで、現行全モデルを比較表で比べています。他機種も気になる方はご覧ください。

 

JPW-H100とJPW-B100の違い

「JPW-H100」と「JPW-B100」の3つの違いを表にまとめてみました。

JPW-H100
(新モデル)
JPW-B100
(旧モデル)
内釜 遠赤黒厚釜 遠赤3層釜
しゃもじ 抗菌加工 なし
本体カラー ブラック ダークグレー
ナナ
順番に詳しく解説していくよ!

 

内釜の構造

両モデルは内釜の構造に違いがあります。

(新)JPW-H100 遠赤黒厚釜
(旧)JPW-B100 遠赤3層釜

 

新モデルの釜の方が、なんとなく性能が良さそうなイメージがありますが、実はそうでもないかもしれません。

旧モデルの「遠赤3層釜」は、金属を重ねた3層構造の内外に遠赤コーティングを施した釜です。

一方、新モデルの「遠赤黒厚釜」は、金属を重ねた2層構造の内外に遠赤コーティングを施した釜となり、金属層がひとつ減っています。

両モデルともサイズ(幅26×奥行35.4×高さ20cm)と釜の厚み(1.5mm)は同じながら、新モデルの方が100g軽い3.8kgとなっている理由はこれでしょう。

 

ナナ
釜の優劣について公式情報はないので、以下はあくまで推測だよ!

上位モデルの方が「より多層構造で蓄熱性の高い内釜」を採用する傾向があることを踏まえると、新モデルの釜の性能は旧モデルと比べて高くはないのではと思っています。

「釜の金属層がひとつ減ったこと」を技術面でカバーしている可能性もありますが、変更点にも関わらず、公式が新釜をアピールしていないことを考えても、新釜は良くても旧釜と同等の性能ではないでしょうか。

公式情報がないので、以上は個人的な推測ですが、釜の変更は新モデルのメリットではないと考えています。

 

しゃもじ

新モデル「JPW-H100」では、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証のしゃもじが新採用されました。

(新)JPW-H100 抗菌しゃもじ
(旧)JPW-B100 普通のしゃもじ

 

正直、あまり大きな機能差ではないと感じていますが、付属しゃもじに関しては新モデルの方が優秀と言えそうです。

 

本体カラー

両モデルとも1色展開は共通ですが、それぞれ微妙にカラーが異なります。

(新)JPW-H100 ブラック(K)
(旧)JPW-B100 ダークグレー(HD)

 

ちなみに上表中のアルファベットはカラー記号で、型番末尾にくっつくことで本体カラーを表します。

カラー記号の表示例

新モデルは「JPW-H100-K」

旧モデルは「JPW-B100-HD」

と表記されます。

 

ナナ
実際に両モデルのカラーをチェックしてみよう!

まずは、新モデル「JPW-H100」のブラック。

JPW-H100

 

続いて、旧モデル「JPW-B100」のダークグレー。

JPW-B100

 

大きな違いはないので、新旧比較の際にカラーはそこまで意識する必要はないかと個人的には思います。

 

JPW-H100とJPW-B100の価格を比較

ここまで「JPW-H100」と「JPW-B100」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

JPW-H100の価格

2022年8月発売の新モデル「JPW-H100」の予約価格は25,800円が多い印象。

発売後、価格は下がっていくでしょうが、しばらくは様子見が正解かなと。

新旧の機能的な比較では、しゃもじの抗菌性の点で優れていますが、個人的にはあまり惹かれないので、価格重視で選ぶのが正解だと思っています。

 

JPW-B100の価格

2021年9月発売の旧モデル「JPW-B100」は、価格的におすすめのモデル

新モデル発売となる2022年8月時点で、1万円台の後半を推移しており値頃感があります。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「JPW-B100」です。

理由は、新旧で大きな機能差がないなか価格が安いため。

やがて、新モデルの価格が下がってきて価格が逆転すると思いますが、それまでの間は旧モデル推しです。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「JPW-H100」と「JPW-B100」の違いを解説しました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.