炊飯器

【JPW-G100とJPW-A100の違い】タイガーIH炊飯器の新旧比較

JPW-G100

「JPW-G100」と「JPW-A100」は、両方ともタイガーのIH炊飯器。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • JPW-G100:2022年8月発売
  • JPW-A100:2021年9月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の2点。

新旧の違い

  • 付属しゃもじの抗菌有無
  • 本体カラー

 

当記事では、上に挙げた2つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

タイガー炊飯器の全モデル比較とおすすめ紹介

特徴・選び方を紹介したうえで、現行全モデルを比較表で比べています。他機種も気になる方はご覧ください。

 

JPW-G100とJPW-A100の違い

はじめに書いたとおり「JPW-G100」と「JPW-A100」の違いは2つです。

  • しゃもじの抗菌加工
  • 本体カラー
ナナ
順番に解説していくよ!

 

しゃもじの抗菌加工

新モデル「JPW-G100」では、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証のしゃもじが採用されました。

(新)JPW-G100 抗菌しゃもじ
(旧)JPW-A100 普通のしゃもじ

 

抗菌加工しゃもじでは、抗菌効果で大腸菌や黄色ブドウ球菌などの増殖を防ぐ効果が期待できます。

なお、あくまで抗菌なので、菌を減らす効果はありません。

 

本体カラー

「JPW-G100」と「JPW-A100」は、1色展開であることは共通ですが、それぞれ本体カラーが異なります。

(新)JPW-G100 ダークグレー(HD)
(旧)JPW-A100 シャンパンゴールド(NP)

 

ちなみに、上表の括弧書きアルファベットはカラー記号で、型番末尾にくっついて本来カラーを表現します。

カラー記号の記載例

新モデルは「JPW-G100-HD」、旧モデルは「JPW-A100-NP」と表現されます。

 

ナナ
実際に色を見てみよう!

まずは、新モデル「JPW-G100」のダークグレーです。

JPW-G100

 

続いて、旧モデル「JPW-A100」のシャンパンゴールド。

JPW-A100

新旧でカラーリングは正反対なので、色の好みも選ぶ際の大きなポイントとなるでしょう。

 

JPW-G100とJPW-A100の価格を比較

ここまで「JPW-G100」と「JPW-A100」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

JPW-G100の価格

2022年8月発売の新モデル「JPW-G100」の予約時価格は約3万円です。

今後、価格は下がっていくでしょうが、まだまだ高額なので、しばらくはおすすめできません

旧モデルと比較しても、機能的にはほとんど一緒なので、価格重視で選ぶのが正解でしょう。

ただし、新旧のカラーは大きく異るため、色の好みがハマるなら選択肢となりえます。

 

JPW-A100の価格

2021年9月発売の旧モデル「JPW-A100」は、新モデルよりも安く価格的におすすめのモデル

新モデルの発売月となる2022年8月時点では、2万円台の前半あたりを推移しています。

一般的には、安いものから売れる関係で、在庫の減少とともに最低価格が上昇していくので、やがて新旧の価格差は逆転するでしょうが、それまでは有力な選択肢です。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「JPW-A100」

理由は、機能差がほとんどないにも関わらず価格が安いためですね。

ただし、価格差もそこまで極端なものではないので、カラーや抗菌にこだわりがあれば新モデルを狙うのもありでしょう。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「JPW-G100」と「JPW-A100」の違いを解説しました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.