炊飯器

【JPI-S100とJPI-G100の違い】タイガー圧力IH炊飯器の新旧モデル比較

JPI-S100

「JPI-S100」と「JPI-G100」は、両方ともタイガーの圧力IHジャー炊飯器。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • JPI-S100:2022年8月発売
  • JPI-G100:2021年6月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の5つ。

新旧の違い

  • 旨み粒立ち炊飯プログラムの有無
  • 粒立ち保温プログラムの有無
  • しゃもじの抗菌加工の有無
  • 食洗機対応パーツの違い
  • 本体カラーの違い

 

当記事では、上に挙げた5つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

JPI-S100とJPI-G100の違い

はじめに書いたとおり「JPI-S100」と「JPI-G100」の違いについてポイントとなるのは次の5つ。

  • 旨み粒立ち炊飯プログラム
  • 粒立ち保温プログラム
  • しゃもじの抗菌加工
  • 食器洗い乾燥機対応パーツ
  • 本体カラー
ナナ
順番に詳しく解説していくよ!

 

旨み粒立ち炊飯プログラムの有無

新モデル「JPI-S100」には、炊飯時の温度コントロールを行う「旨み粒⽴ち炊飯プログラム」が採用されています。

旨み粒⽴ち炊飯とは?

少し低めの温度で長く吸水した後に急速に温度を上げることで、甘みを引き出す炊飯機能。

 

「旨み粒⽴ち炊飯プログラム」は、上位モデルである土鍋圧力IH式の温度コントロールを参考に、さらに美味しいごはんを目指して開発されました。

 

粒立ち保温プログラムの有無

新モデル「JPI-S100」には、より美味しくごはんを保温する「粒立ち保温プログラム」が採用されています。

粒立ち保温とは?

蒸気センサーでごはんから蒸発していく水量を検知し、釜内部の温度上昇を抑えることで余分な水分がごはんから逃げないように保温する機能。

ナナ
13時間経過後のごはんの美味しさが旧モデルより改善されているそう!

 

保温機能が弱い炊飯器だと、ごはんから出る水蒸気でベチャっと固まったり、逆に水分が飛んでパサついたりと、炊きたての美味しさを保てないこともあります。

朝にまとめ炊きして1日3食を保温しながら食べるような家庭には嬉しい機能です。

 

自立式しゃもじの抗菌加工の有無

新旧両モデルとも自立式のしゃもじが付いていますが、新モデルではSIAA(抗菌製品技術協議会)認証の抗菌加工が施されています。

SIAAマークとは?

抗菌製品技術協会が制定した抗菌をあらわすマークで、一定の基準を満たした製品に表示可能。

 

抗菌加工によって菌の増殖を抑えるので、より安心して美味しいごはんを食べることができます。

 

食器洗い乾燥機対応パーツの違い

脱着式で洗える部品3点(内なべ、スチームキャップ、内ぶた)は共通ですが、新モデル「JPI-S100」では食洗機対応パーツが増えました。

JPI-S100
(新モデル)
JPI-G100
(旧モデル)
内なべ × ×
スチームキャップ
内ぶた ×

 

新モデルでは、内ぶたも食洗器対応となったことで、より日々のメンテナンスが簡単になりました。

ナナ
使用頻度の高い家電だから食洗機対応パーツが増えるのは嬉しいね!

 

本体カラーの違い

新旧両モデルとも、本体カラーは黒・白の2色展開という点は共通ですが、カラー名称とともに細部や色のニュアンスが微妙に変化しました。

JPI-S100(新) ・ストレートブラック(KT)
・ミストホワイト(WS)
JPI-G100(旧) ・ミネラルブラック(KL)
・エクリュホワイト(WE)

ちなみに上表のアルファベットはカラー記号で、型番末尾にくっついて本体カラーを表現しています。

例えば、新モデル白なら「JPI-S100-WS」、旧モデルの黒なら「JPI-G100-KL」となります。

 

ナナ
実際に新旧の外観をチェックしてみよう!

まずは新モデル「JPI-S100」の外観です。

JPI-S100の本体カラー

 

続いて、旧モデル「JPI-G100」の外観です。

JPI-G100本体カラー

 

黒モデルのシルバーの縁取りや、色の印象が少し変わりましたが、極端な違いはありません。

ボタン配置には変化がないため、好みで選ぶのも良いでしょう。

 

新旧モデル共通の特徴

新旧モデルの違いをご紹介してきましたが、「JPI-S100」と「JPI-G100」の特徴を把握するためにも共通機能も簡単に解説します。

ナナ
かっこ内は機能概要だよ!
  • ご泡⽕炊き(⾼⽕⼒とやさしい泡⽴ちで土鍋のように炊飯)
  • 土鍋かまどコート釜(土鍋のような遠赤効果と蓄熱性)
  • 内なべ3年保証
  • 24時間保温(保温経過時間をデジタル表示)
  • 予約給水タイマー(つけおき時間を10~60分で設定可)
  • 大型クリア液晶
  • 炊きあがり予約2タイマー
  • 調理メニュー(食材を入れてほったらかし調理)
  • 圧力洗浄コース(においや汚れのクリーニング機能)
  • 掃除しやすいフラット天面
  • 豊富な炊き方別メニュー(エコ炊き/白米/極うま/少量旨火炊き/早炊き/すし・カレー/炊込み/おかゆ/玄米/麦めし(押麦)/麦めし(もち麦)/雑穀/おこわ)

 

JPI-S100とJPI-G100の価格を比較

ここまで「JPI-S100」と「JPI-G100」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

JPI-S100の価格

2022年8月発売の新モデル「JPI-S100」の発売時価格は、7万円台の中盤が多い印象。

機能的には旧モデルより優れている点も多く、個人的には食洗機対応パーツが多いのが熱いのですが、価格の高さが難点です。

過去モデルを参考にすると発売2ヶ月程度で価格がガクッと下がる可能性が高いでしょう。

ナナ
リリース後しばらくはAmazonでヒットしないことが多いよ

 

JPI-G100の価格

2021年6月発売の旧モデル「JPI-G100」は、価格的には今おすすめのモデル

発売時価格は新モデルと同程度でしたが、2022年6月時点で安いものでは4万円台の前半あたりを推移しています。

機能的には新モデルにアドバンテージがあるとはいえ、旧モデルも基本性能の高さは充分なので、価格重視の方には有力な選択肢となるでしょう。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「JPI-G100」です。

理由は、機能差と価格差を天秤にかけたときに、価格差の方が重いと感じたため。

この点は個人差があると思うので、各々天秤にかけてみて欲しいところですが、個人的には現時点では価格差のインパクトの方が大きいです。

やがて新旧の価格差が縮まってくると新モデルの一択となるでしょう。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「JPI-S100」と「JPI-G100」の違いを解説しました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.