炊飯器

【SR-MPA100とSR-PA109の違い】パナソニック炊飯器新旧モデル比較

SR-MPA100

「SR-PA」シリーズは、パナソニック炊飯器の中において「可変圧力おどり炊き」が可能な圧力IHジャータイプ。

「SR-MPA100」と「SR-PA109」は、同シリーズの新旧モデルの関係となります。

  • SR-MPA100:2020年モデル
  • SR-PA109:2019年モデル

両モデルとも、圧力に変化を起こすことで対流を発生させてお米を芯まで加熱、もちもち食感の美味しいご飯が炊けるのが特徴です。

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

新モデルで変わったところ

メイン機能「可変圧力おどり炊き」の進化、コース変更、デザイン変更、炊飯時間などの変更点がありました。

それぞれ、どのように変わったのでしょうか。この記事では、

  • SR-MPA100とSR-PA109の違い
  • 仕様の違い
  • 価格の新旧比較

などの観点から、SR-MPA100とSR-PA109の違いを分析し、どちらを購入するのがよりお得になるのかを解説します。

ぜひ、比較検討の参考にしてくださいね。

 

SR-MPA100とSR-PA109の違い

新モデルでの変更点は「可変圧力おどり炊き」が新しくなったほか、さらに細かく見ていくと、全部で4つの変更点がありました。

  • 新制御おどり炊きでお米のハリUP
  • 冷凍用ご飯コースがなくなり少量炊飯コースが追加
  • 鋳物調デザインでおしゃれに
  • 炊飯時間が短くなった

順番に新旧モデルの違いを見ていきましょう。

 

【違い1】新制御おどり炊きでお米のハリアップ

可変圧力踊り炊きの進化

出典:パナソニック公式

  • SR-MPA100(新):NEW 可変圧力おどり炊き
  • SR-PA109(旧):可変圧力おどり炊き

沸騰段階で加圧と減圧を繰り返すことで対流を発生させて、お米を芯までしっかりと加熱させる「可変圧力おどり炊き」。

新モデルでは、蒸気口にセットされている「うまみ循環タンク」の容量を大きくすることで、旧モデルよりも早い段階で対流を起こすことが可能になりました。

旧モデルでは、強火沸騰がはじまってしばらくしてから対流が発生するため、水をしっかりと含んだお米が崩れやすくべたつきやすいという難点がありましたが、

新モデルは水分が浸透しすぎる前に一粒一粒をしっかりと加熱、お米の表面を崩さずハリのあるご飯に炊きあがります。

ナナ
甘みともちもち食感が際立つ、美味しいご飯が炊けるよ!

 

【違い2】冷凍用ご飯コースがなくなり少量炊飯コースが追加された

旧モデルには、レンジでの解凍を考慮してベタつきを少なく炊飯する「冷凍用ご飯コース」がありましたが、新モデルにはなくなってしまいました。

その代わり、少量でもムラなく、美味しく炊ける「少量炊飯コース」が追加されています。

ナナ
1合でもべちゃっとせずに炊けるのが嬉しいね。

 

【違い3】鋳物調デザインでおしゃれになった

旧デザインは炊飯器で定番の光沢のあるデザインでしたが、新モデルではマットな質感がおしゃれな鋳物調デザインになりました。

天面もフラットになって、見た目もすっきりとナチュラルに。

小さな変化ですが液晶画面もオレンジからグレーになって、スタイリッシュな雰囲気にまとまっています。

ハチ
こだわったインテリアにも馴染むね。

 

【違い4】炊飯時間が短くなった

新旧の違いは炊飯時間にも反映されています。

銀シャリの炊飯時間は、次のとおり旧モデルから4分短縮されました。

  • SR-MPA100(新):48分
  • SR-PA109 (旧):52分

メニュー全体で見てみると、「かため」「もちもち」炊飯も3分短縮、「高速炊飯」も3~4分短縮されています。

微々たる差ですが、いつものご飯が早く炊けるのはありがたいですよね。

 

仕様はほぼ変わらない

「SR-MPA100」と「SR-PA109」の商品仕様です。

型番 炊飯量 カラー 外形寸法 ふた開き時の高さ 重さ 1回あたりの炊飯時消費電力量 1時間あたりの保温時消費電力
SR-MPA100(2020) 5.5合 ブラウン・ブラック 27.1×35.2×23.6cm 47.0cm 6.5kg 158Wh 13.9Wh
SR-PA109(2019) 5.5合 ブラウン・ブラック 28.3×35.1×23.4cm 47.6cm 6.4kg 161Wh 14.4Wh

新モデルの方が幅が1.2cm小さくなり、全体的にもコンパクトになりました。

また、ほんの少しですが消費電力も下がっています。

 

新旧共通の特徴

これまで紹介した特徴や機能も含めて、以下の機能が新旧両モデルに共通しています。

  • ダイヤモンド竈釜(発熱性と蓄熱性に優れた釜を使用)
  • 前面発熱5段IH(ふたIH付で全面から加熱できる)
  • 加圧追い炊き(蒸らしの前の加圧で甘みとねばりを引き出す)
  • うまみ循環タンク(おねばを溜めて循環させる)
  • エコ炊飯(省エネしながら炊飯してくれる)
  • エコナビ保温(ご飯の量に応じて保温できる)
  • 13の専用メニュー(炊き込みやおかゆ、玄米コースなどから選べる)
  • 旨み熟成浸水(前炊き時の温度をコントロールして旨味を引き出す)
  • 銀シャリ炊き分け(4種類の食感が選べる)
ナナ
すし飯やカレー用ごはんも専用コースがあるよ。

 

価格の違いを比較

旧モデルは2019年7月に発売され、初値は4万円台後半という価格でしたが、じわじわと下降し1年後には3万円台前半を推移。

その後、2万円台中盤~3万円程度で落ち着いて推移しています。

 

一方、新モデル「SR-MPA100」は2020年7月に発売。

初値は旧モデルと同じく4万円台後半でしたが、3ヶ月過ぎたあたりで下降しはじめ3万円台へ突入。

多少の上下はあるものの、2021年1月時点では、3万円台前半で推移しています。

 

【結論】おすすめは?

以上、パナソニックの可変圧力IHジャー炊飯器の新旧モデル、「SR-MPA100」と「SR-PA109」の機能や仕様を比較しました。

新モデルも徐々に安くなってきていますが、価格は日々変動するので要チェック。

結論として個人的な意見を述べると、新旧の価格差も縮まってきたので新モデルを購入したほうがお得感があっておすすめだと感じました。

  • 新モデルは一番のメイン機能の性能がアップしている
  • 新モデルの方が見た目がおしゃれ

というのも、新モデル推しの理由です。

 

一番の理由はやはり「可変圧力おどり炊き」が新しくなり、パナソニックの魅力でもあるもちもち食感がさらに際立つ、ハリのあるお米が炊けるようになっているからです。

また、日本のブランド炊飯器でありながら、おしゃれでインテリア性が高いこともおすすめする理由。

海外メーカーのおしゃれな家電で気になるのは耐久性ですが、日本を代表する家電ブランドのパナソニックだから、耐久性も安心です。

こちらでご紹介した性能や価格を、炊飯器選びの参考にしてくださいね。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.