炊飯器

NW-VB10とNW-VA10の違いは1つだけ!象印「極め炊き」新旧モデル比較

NP-VB10

「NW-VB10」と「NW-VA10」は象印のIH炊飯ジャーの新旧モデルの関係です。

発売年

NW-VB10:2020年モデル

NW-VA10:2019年モデル

ナナ
さっそく結論!モデルチェンジのポイントは?
  • 麦ごはんメニューの追加

 

「え、それだけ?」というのが正直な感想。

麦ごはんを好む健康志向の方には嬉しい機能ですが、麦ごはんを食べない方にとっては新旧の差はないです。

となれば、価格の安い方を選べばOK!

型落ちの方が安い印象がありますが、当モデルに関しては、すでに新モデルの方が安くなっているので、NW-VB10の一択です。

 

 

以上が結論ですが、これで終わりでは味気ないので、

  • シリーズの特徴
  • 新機能の詳細
  • 仕様の比較
  • 価格比較

などの詳細を以下にまとめました。気になる人は参考にして頂けると幸いです。

 

シリーズの特徴

「NW-VB10」や「NW-VA10」は、象印の炊飯ジャーシリーズ「極め炊き」の一種。

炊飯ジャーには次の3種類がありますが、当シリーズは、中間性能の「IH炊飯ジャー」に該当します。

  • 圧力IH炊飯ジャー(高級・高性能)
  • IH炊飯ジャー(中間)
  • マイコン炊飯ジャー(低価格・低性能)

お米は、一般的に高温で炊き上げるとムラなく甘みが出ると言われていますが、炊飯ジャーが高性能なほど高熱で炊飯できる仕組みです。

ナナ
IH炊飯ジャーは、ミドルクラスと思えばいいかな!

炊き加減にこだわりは無いけど、美味しくお米を食べたい!でもそんなにお金はかけられない!という方におすすめ、1万円代で手に入るコスパ抜群のモデルです。

 

新モデルで追加された機能

むぎごはんメニュー

冒頭に述べたように新モデルに追加された機能は、「麦ごはんメニュー」の追加です。

麦ごはんメニューとは、「もち麦」や「押し麦」を適切な熱加減で美味しく炊くことのできる専用のメニュー。

麦の風味を活かしながらも、ふっくらモチモチの健康ごはんが自宅で味わえます。

ナナ
和食屋さんのような、こだわり炊飯を自宅でも再現できるのは嬉しいね!

 

仕様や機能は同じ

「NW-VB10」と「NW-VA10」両モデルとも仕様は次のとおり全く同じです。

炊飯容量 5.5合
外形寸法 幅25.5×奥行37.5×高さ20.5cm
ふた開き時の高さ 41cm
重さ 4kg
1回あたりの炊飯時消費電力量 156Wh
1時間あたりの保温時消費電力量 15Wh

 

また、次に挙げる機能は、両モデルに共通の機能となります。

ナナ
よく分からない機能も多いから、概要をカッコ書きで要約したよ!
  • 豪熱沸とうIH(=高火力で美味しく炊ける)
  • 白米炊き分け3コース(ふつう・柔らか・硬めを選べる)
  • うるつや保温・高め保温
  • クリーニング機能
  • 熟成炊き(=吸水時間を長くしてふっくら仕上げ)
  • 黒まる厚釜(=釜が丸底で対流しやすい=ムラが減る)
  • クリアコート・ステンレスふた(=汚れつきにくく清潔)
  • 洗える内ぶた・フラット庫内(=洗いやすい)
  • パン(発酵・焼き)メニュー有
  • ケーキメニュー有
  • 立つしゃもじ付き

 

ナナ
仕様や機能を紹介したけど、新旧モデルに違いはないよ!

 

価格を比較

まずは、旧モデルNW-VA10ですが、2019年7月の発売当初は約25,000円の初値をつけました。

発売翌月には早くも16,000円台に足をかけ、順調に値を下げていきました。

底値圏は15,000円前後というところで、最安期は最新モデル発売直前2020年7月の約13,000円でした。

その後、若干価格が上昇し既に新モデルの方が安くなっています。

 

一方、新モデルNW-VB10は、2020年8月発売時に約24,000円の初値をつけました。

前モデル同様に、すぐに値下げとなり、2020年9月には16,000円前後まで安くなり、早くもお買い得モデルとなっています。

 

以上、極め炊きの新旧モデル「NW-VB10」と「NW-VA10」の違いを比べてみました。

少しだけ機能が多くて安い新モデル「NW-VB10」がおすすめです。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.