加湿器

EE-DC50とEE-DB50の違いは1つ!象印加湿器の新旧モデル比較

EE-DC50

「EE-DC50」と「EE-DB50」は、象印の加湿器ラインナップの中でも最大容量を誇る加湿器です。

そんな両モデルは、発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • EE-DC50:2021年9月1日
  • EE-DB50:2020年9月1日

 

ナナ
性能は何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの異なる点は1つだけです。

新旧の違い

本体カラーのバリエーションが増えた。

 

そのほか細かいことを書くと、重さが100g重くなっていますが、主な違いとしてはカラー展開のみとなります。

なお、象印公式の特徴ページを比べると、旧モデルには「明るさ切替」機能が書いてあり、新モデルには表示がありません。

しかし、新モデルにも「明るさ切替」ボタンがついており、「明/暗」2段階の調整ができるので、この点も新旧の違いはありません。

 

この記事では、違いについてもう少し掘り下げたうえで、両モデルの価格を比べ、現時点でおすすめのモデルを考察します。

 

EE-DC50とEE-DB50の違い

冒頭でも書いたとおり両モデルの違いは、カラー展開と明るさ切り替え機能についてです。

ナナ
順番に解説していくよ!

 

本体カラーの種類

EE-DC50のカラー展開

新モデル「EE-DC50」のカラーは2種類です。

  • グレー(HA)
  • ホワイト(WA)

アルファベットはカラー記号となっており、型番の末尾にくっついて本体カラーを表します。

例えば「EE-DC50-HA」は、2021年モデルのグレーですね。

 

一方、旧モデル「EE-DB50」は白色(WA)のみのカラー展開なので、新モデルの方がインテリアとの調和を考慮した選択ができます。

 

EE-DC50とEE-DB50の価格比較

以上のとおり、両モデルの主な違いはカラー展開だけでした。

グレーがいい場合は、新モデルの一択ですが、白色でよければ価格の安い方を選べばOKです。

 

EE-DC50(2021)の価格

2021年9月1日に発売の「EE-DC50」は、バラつきが見られますが初値は2万円中盤といったところでしょうか。

まだ発売からの経過が浅いですが、旧モデルが価格上昇に転じていることから、既に旧モデルより安い価格のものを見かけます。

基本的な性能差がなく、カラーの選択肢も多く、価格が安いとなれば新モデル一択でしょう。

 

EE-DB50(2020)の価格

型落ち2020年モデル「EE-DB50」は、2020年9月に発売された後、11月までは1万円台の中盤で推移しておすすめでした。

しかし、2020年以降は価格上昇してしまい、2~3万円台で推移している現在は、新モデルを選ぶのが無難でしょう。

 

以上、EE-DC50とEE-DB50の違いについてお届けしました。

-加湿器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.