加湿器

【HD-RXT521とHD-RX520の違い】ダイニチ加湿器の新旧モデル比較

HD-RXT521

「HD-RXT521」と「HD-RX520」は、ダイニチ加湿器のなかでミディアムモデルに位置づけられる機種。

最大14畳(木造和室は8.5畳)まで対応できるハイブリッド式の加湿器です。

そんな両モデルは、発売された年の異なる新旧モデルの関係。

  • HD-RXT521(2021年8月発売)
  • HD-RX520(2020年8月発売)

 

ナナ
両モデルの違いは?

「HD-RXT521」と「HD-RX520」の違いは次の1点のみです。

新旧の違い

新モデルは「カンタン取替えトレイカバー」に対応。

 

新旧モデルの比較では、機能差と価格差を天秤にかけることが重要です。

この記事では、上に挙げた新旧モデルの機能の違いを詳しく紹介したうえで、両モデルの価格も比べることで今どちらがお得か検証していきます。

 

HD-RXT521とHD-RX520の違い

冒頭にも書いたとおり、「HD-RXT521」と「HD-RX520」の違いは「カンタン取替えトレイカバー対応」の有無です。

  • HD-RXT521(新):カンタン取替えトレイカバー対応
  • HD-RX520(旧):非対応

 

「カンタン取替えトレイカバー」とは、給水トレイにセットする使い捨てのカバーのこと。

カンタン取替えトイレカバー

加湿器を使用するうえで、避けては通れないのが面倒なメンテナンス。

なかでも給水トレイ周りは、ヌメリやカビなどの原因となるため、定期的なメンテナンスが欠かせませんが、一番ストレスが溜まる部分でもあります。

ナナ
トレイの中って角が洗いにくいんだよね

 

そんな面倒なお手入れから開放してくれるのが「カンタン取替えトレイカバー」

1日8時間の加湿器を使用した場合でも、「カンタン取替えトレイカバー」の交換目安は6ヶ月なので取替えの手間もかからない優れもの。

旧モデルは「カンタン取替えトレイカバー」に対応してないので、新モデル「HD-RXT521」の機能面での大きなアドバンテージと言えます。

 

HD-RXT521とHD-RX520の価格を比較

ここまで「HD-RXT521」と「HD-RX520」の機能の違いを紹介してきましたが、ここからは新旧の価格差を比較します。

家電は発売後、徐々に価格が下がってくるのが一般的。先に紹介した機能差に対して現時点の価格差が見合っているかが、おすすめモデルを判断するポイントとなります。

 

HD-RXT521(新)の価格

2021年8月に発売された新モデル「HD-RXT521」の発売時価格は25,000円前後というところ。

その後、順調に価格が安くなり、2021年の秋以降は2万円前後で推移することが多いです。

旧モデルよりは若干価格高いものの、使い捨てトレイによるメンテナンス性の高さが魅力。

新旧の価格差が5千円程度までであれば、個人的には新モデル「HD-RXT521」を選ぶでしょうか。

 

HD-RX520(旧)の価格

2020年8月に発売された旧モデル「HD-RX520」は、価格的には推しモデル。

2021年は2万円前後を横ばいに推移することが多かったですが、2021年の年末あたりから値を下げ、15,000円前後の製品も見かけるように。

やがて新旧の価格は逆転するでしょうが、それまでの間であれば、価格最優先の方にはおすすめできるモデルです。

機能差と価格差を天秤にかけて、どちらに魅力を感じるか判断してみてください。

 

以上、「HD-RXT521」と「HD-RX520」の違いをお届けしました。

-加湿器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.