加湿器

FE-KFU05とFE-KFT05の違いは?パナソニック加湿器の新旧モデル比較

FE-KFU05

「FE-KFU05」と「FE-KFT05」は、ヒーターを用いない気化方式を採用するパナソニックの加湿器です。

ナノイー非搭載のスタンダードモデルで、価格の安さが魅力のモデルですが、そんな両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • FE-KFU05:2021年9月21日発売
  • FE-KFT05:2020年9月18日発売

 

新旧さっそく結論ですが、新旧モデルで違いはありません

機能・外観・本体カラーにいたるまで全て同じで、2021年は名称変更だけの定例のモデルチェンジとなっています。

ナナ
中身が同じなら重要なポイントは両モデルの価格だね!

 

ということで、この記事では、両モデルの価格を比較して、どちらが今おすすめなのか検証します。

 

FE-KFU05とFE-KFT05の価格の違い

両モデルの価格を比べる前に、過去モデルを参考にして、当シリーズの価格推移の傾向をサクッと確認しておきましょう。

  • 発売時の初値:2万円台の前半
  • 底値圏:1万円台の中盤

 

当シリーズは毎年9月に最新モデルが発売されていますが、11月~翌年3月あたりに底値圏となることが多いです。

しかし、型落ちの2020年モデルについては、コロナの影響で底値圏へ到達できなかったので例外です。

ナナ
2021年最新モデルは底値圏へ到達して欲しいね

 

また、加湿力の高い上位モデルと価格を比較してみても実はそんなに違いがありません

プラス数千円程度のケースが多いので、徹底的に価格にこだわる!ということでなければ上位モデルも検討の価値ありです。

 

ナナ
以上を踏まえて、各モデルの価格をチェックしていくよ!

 

FE-KFU05(新)の価格

2021年9月発売の「FE-KFU05」の初値は、シリーズの傾向どおりで、2021年10月初旬で2万円台の前半を推移しています。

機能差はないので、価格重視で選ぶのが正解というのは先述のとおりですが、新旧比較ではすでに新モデルの方が安い状態です。

本来、秋頃は旧モデルの方が安いのですが、コロナの関係で旧モデルが値下がりしなかったことが理由。

新モデルもまだ底値圏ではないものの、旧モデルよりもおすすめな状態です。

 

FE-KFT05(旧)の価格

2020年9月に発売された型落ち「FE-KFT05」は、コロナの影響でイレギュラーな価格推移となったモデルです。

2021年10月時点では、2万円台の中盤を推移しており、特にメリットのないモデルと化しています。

在庫一掃セールにでも当たればラッキーですが、そうでなければ基本的に新モデルがおすすめです。

 

以上、「FE-KFU05」と「FE-KFT05」の違いをお届けしました。

-加湿器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.