加湿器

EE-RR35とEE-RQ35の違いはない!象印スチーム式加湿器の新旧モデル比較

EE-RR35

「EE-RR35」と「EE-RQ35」は、象印のスチーム式加湿器の中で最も小容量のシリーズですが、両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • EE-RR35:2021年9月1日
  • EE-RQ35:2020年9月1日

 

ナナ
性能は何が違うの?

2021年モデルでの変更点はありません。毎年定例の名前だけ変わるモデルチェンジですね。

つまり、判断基準は価格の安い方を選ぶのが正解です。

 

この記事では、両モデルの価格を比べ、現時点でおすすめのモデルを考察します。

 

EE-RR35とEE-RQ35の価格比較

「EE-RR35」と「EE-RQ35」の価格を確認する前に、まずは当シリーズの価格推移の傾向をチェックしておきましょう。

  • 発売時の初値:13,000円前後
  • 底値:1万円前後

 

2019年モデルの大底は8千円台まで落ちていましたが、2020年モデルはコロナによる需要増の影響をもろに受け、1万円前後までしか落ちませんでした。

従来は1万を切る底値圏が長く続くのですが、2020年モデルは発売2~3ヶ月で在庫薄の価格上昇に見舞われ、イレギュラーな値動きとなりました。

ナナ
2021年モデルの価格動向が気になるね

 

以上の値動き傾向を踏まえ、両モデルの価格を確認していきましょう。

 

EE-RR35(2021)の価格

2021年9月1日に発売の「EE-RR35」は、発売時の価格はシリーズの値動きの傾向に漏れず13,000円前後というところ。

発売間もないですが、既に旧モデルより安いことが多くおすすめです。

本来、最新モデル発売直後は、型落ちモデルが安いことが多いですが、先述のとおり2020年モデルはコロナ需要による在庫薄に伴う値上がりで底値圏を抜けています。

新旧の機能差がなく、新モデルの方が安いとなれば迷う余地なしで、新モデル推しですね。

 

EE-RQ35(2020)の価格

型落ち2020年モデル「EE-RQ35」は、2020年9月の発売時価格は最新モデルと同程度でした。

その後、値を下げて、2020年10月には1万円近くまで安くなり大底を記録しましたが、冬以降はコロナで値上がりしたのは先に書いたとおり。

現時点では、価格はかなり高く、メリットのないモデルとなっています。

 

以上、EE-RR35とEE-RQ35の違いについてお届けしました。

-加湿器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.