加湿器

【HV-R75・HV-P75・HV-L75の違い】シャープ加湿器の新旧モデル比較

HV-R75

「HV-R75・HV-P75・HV-L75」は、ハイブリッド式(気化式×ヒーター)のシャープ加湿器の上位モデル。

それぞれ発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • HV-R75:2022年9月発売
  • HV-P75:2021年9月発売
  • HV-L75:2020年9月発売

 

ナナ
新旧モデルの違いは?

さっそく結論ですが、各モデルの違いがあるのは1点のみ。

新旧の違い

操作パネルの抗菌有無

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の各モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどれなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

HV-R75・HV-P75・HV-L75の違い

はじめに書いたとおり、各モデルの違いはパネルの抗菌仕様のみで、そのほか外観・機能・スペックなどは同じです。

具体的にシリーズの進化の歴史を確認してみましょう。

HV-L75(2020) → HV-P75(2021)
操作パネルが抗菌仕様に
HV-P75(2021) → HV-R75(2022)
操作パネルの抗菌仕様についてSIAAマーク取得

 

要するに、2021年モデル以降は抗菌対応となっており、さらに2022年モデルについては業界団体の認証も得たということ。

SIAAとは?

抗菌製品技術協議会という業界団体。

SIAAマークを取得する製品は、抗菌性について国際標準ISO22196に準ずる試験で抗菌効果が確認されている。

 

衛生面への配慮としては抗菌仕様は嬉しいポイントですが、正直、そこまで気にする必要のない機能差かと。

もちろん考え方次第ですが、価格を重視して選ぶ方が、総合的な満足度は高そうだと個人的には感じています。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、各モデル共通の機能もサクッと紹介します。

ナナ
かっこ内は機能の概要だよ!
  • プラズマクラスター7000(ニオイやアレル物質などを抑制)
  • コンパクト設計(ほぼA4サイズの設置面積)
  • Wセンサー(温度・湿度センサー)
  • 水位モニター(水位がひと目でわかる)
  • どっちも給水(蛇口からトレーへ給水するほか、水差しなどで加湿器の上から注いで給水可能)
  • フィルター乾燥機能(約60分で温風乾燥)
  • Ag+イオンカートリッジ(ぬめりやニオイを抑制)
  • エコモード(ヒーターOFFモードで電気代を約90%削減)
  • チャイルドロック

 

また「HV-R75・HV-P75・HV-L75」の基本スペックは次のとおりで全モデル共通です。

プラズマクラスター
適用床面積
約12.5畳
加湿適用床面積 木造和室:12.5畳
プレハブ洋室:21畳
加湿量 強:750mL/h
静音:200mL/h
運転音 強:41dB
静音:23dB
電気代(1h) 強:約9.0円
静音:約0.32円
エコ:約0.92円
連続加湿時間 強:約5.3h
静音:約19h
タンク容量 約4.0L
本体カラー ・ホワイト
・ブルー
サイズ
(幅×奥行×高さ)
272×220×455mm
重さ 約5.2kg

 

HV-R75・HV-P75・HV-L75の価格を比較

ここまで「HV-R75・HV-P75・HV-L75」の主な違いを紹介してきました。

ここからは各モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

HV-R75の価格

2022年9月発売の最新モデル「HV-R75」の発売時価格は、3万円台の前半あたりが多い印象です。

家電は発売後、徐々に安くなっていくので今後に期待ですが、しばらくは旧モデルと比べて高額な状態が続きます。

SIAAマークを取得している強みはあるものの、前年モデルも抗菌仕様なのは同じなので、積極的に高額な最新モデルを狙う理由としては弱いでしょう。

ナナ
Amazonではヒットしないことが多いよ

 

HV-P75の価格

2021年9月発売の「HV-P75」は、だいぶ値頃感の出てきたおすすめモデルです。

発売時は最新モデルと同程度の価格でしたが、徐々に安くなり、2022年に入ってからは1万円台の後半あたりを推移しています。

前年モデル「HV-L75」との比較では、先述のとおり「抗菌」の点で優れているうえに、価格も当モデルの方が安いことが少なくありません。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

HV-L75の価格

2020年9月発売の「HV-L75」も、価格はまだまだ安いモデル

市場の在庫は減ってきていますが、後継の「HV-P75」と競る価格帯のものも未だに目にします。

ただし、くり返しになりますが当モデルのパネルは抗菌仕様ではないため、価格が同定度なら後継機種の方がおすすめ。

後継機種よりも安いものを発見した場合は、抗菌不要という方にとって選択肢となるでしょう。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「HV-P75」

理由は、先述のとおり抗菌対応なうえに価格が安いためです。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、シャープ加湿器の上位モデル「HV-R75・HV-P75・HV-L75」の違いについて解説しました。

-加湿器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.