加湿器

HV-P75とHV-L75の違いは1つ!シャープ加湿器の新旧モデル比較

HV-P75

「HV-P75」と「HV-L75」は、ハイブリッド式(気化式×ヒーター)を採用するシャープ加湿器の上位モデルで、両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • HV-P75:2021年9月16日発売
  • HV-L75:2020年9月17日発売

 

ナナ
性能の違いはあるの?

2021年のモデルチェンジでは変更点が1つだけあります。

新モデルで進化した点

操作パネルが抗菌仕様となった。

 

この記事では、新旧の違いについて掘り下げたうえで、両モデルの価格を比べ、今どちらがコスパが高くておすすめなのか検証します。

 

HV-P75とHV-L75の違い

操作パネルの抗菌加工

引用:シャープ公式

最新モデル「HV-P75」では、操作パネル部分が抗菌仕様となりました。

抗菌とは、付着した菌の増殖を抑える効果のことです。

除菌や殺菌とは異なる点に注意ですが、接触に気を使う状況がまだまだ続いているので嬉しい改良ですね。

 

HV-P75とHV-L75の価格の違い

以上、新旧モデルの機能面での違いを紹介しましたが、機能差に見合う価格差なのかチェックしていきます。

まずは、当シリーズの価格推移の傾向をサクッと見てみましょう。

  • 発売時の初値:29,000円前後
  • 底値:1万円台の中盤

 

以上が、本来の当シリーズの価格推移の傾向となりますが、2020年モデルは上の傾向から外れるイレギュラーに見舞われました。

理由は「コロナに加湿がいい」という話が出たためで、2020年の年末あたりから価格が急騰し、本来底値を迎える時期に価格が落ちませんでした。

ナナ
最新の2021年モデルの値動きが気になるね

 

以上を踏まえて、両モデルの価格をチェックしてみましょう。

 

HV-P75(2021)の価格

2021年9月に発売の最新モデル「HV-P75」の初値は、シリーズの例に漏れず、29,000円前後が多いようです。

型落ち2020年モデルが、コロナの影響で価格が落ちきっていないのは先述のとおりですが、とはいえ9月時点では新モデルよりは低価格。

新モデルはボタンの抗菌仕様という利点はあるものの、個人的には価格差が縮まるまでは旧モデルでも充分な気がします。

 

HV-L75(2020)の価格

2020年9月発売の旧モデル「HV-L75」の初値も最新モデルと同様に29,000円前後でした。

その後、11月くらいまで順調に価格を下げたものの、先述のとおりコロナの影響で価格高騰しました。

2021年春以降は再び値段を落とし始め、2021年9月時点では数は多くありませんが2万円前後のものも見かけます。

2万円台の前半以下の価格帯で見つけられるならおすすめです。

ナナ
今後、新モデルも価格を落としてくることが予想されるから価格動向は要注意!

 

以上、HV-P75とHV-L75の違いをお届けしました。

-加湿器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.