レンジ

【NE-FS3AとNE-FS301の違い】パナソニックのオーブンレンジ新旧比較

NE-FS3A

「NE-FS3A」と「NE-FS301」は、両方ともパナソニックのオーブンレンジで、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NE-FS3A:2022年11月発売
  • NE-FS301:2021年9月発売

当シリーズの特徴は、容量23Lの1段調理タイプで、最低限必要な機能だけを研ぎ澄ませた点です。

 

さっそく結論ですが、両モデルの違いはありません

外観・機能・スペックすべて同じで、型番が更新されたのみです。

ナナ
近年のモデルチェンジの内容をまとめたよ!
NE-FS300(2020) → NE-FS301(2021)
フロントのロゴ位置の変更
NE-FS301(2021) → NE-FS3A(2022)
変更なし

 

上表を見ても分かるとおり、ここ数年は機能変更がなく、実質的に新旧モデルの性能は同じなので、比較の際に重要なのは価格です。

当記事では、両モデルの現時点の価格を比較して、今おすすめのモデルがどっちなのか検証します。

 

関連記事

全機種比較のうえ、型落ちも含めて今のお買い得を検証

→ パナソニック電子レンジの特徴・選び方・全機種比較

 

NE-FS3AとNE-FS301の価格を比較

家電の価格は次のように推移していくのが一般的です。

  • 発売後、徐々に価格が下落
  • 底値圏まで到達すると、しばらく横ばいに推移
  • やがて底値圏を抜けて価格上昇して市場から消える

 

製品にもよりますが、底値圏に到達するのは、後継機種の発売前後の時期となることが多いです。

なお、底値圏を抜けた後、価格が上昇する理由は「ネットでは基本的に安いものから売りきれていき、価格の高いものが残っていくため」と言われます。

型落ちモデルは生産ラインが止まり、新規供給されないので、上記理由で価格が上昇し、やがて市場から在庫がなくなるイメージです。

ナナ
以上を踏まえて、各モデルの今の価格を確認してみよう!

 

NE-FS3Aの価格

2022年11月発売の新モデル「NE-FS3A」の予約価格は3.5~4万円あたりが多い印象。

過去モデルを参考にすると、発売から1ヶ月も経てば3万円を切る可能性が高そうです。

旧モデルとの違いがない以上、いま高額な新モデルに手を出す理由はないでしょう。

 

NE-FS301の価格

2021年9月発売の旧モデル「NE-FS301」は、値頃感のあるおすすめモデルです。

2022年9月時点では、安いもので2万円台の後半を推移しています。

ナナ
日々価格は変動するからチェックしてみてね!

 

なお、さらに1年古い2020年モデル「NE-FS300」は、2021年中は2万円台を推移しておりおすすめでしたが、2022年に入ってからは価格が上昇。

すでに当モデル「NE-FS301」よりも高額なことが多いです。

冒頭に書いたとおり「NE-FS301」との実質的な違いもなく、選ぶメリットがなくなったため、当記事の比較からは除外しています。

 

結論|おすすめは?

結論としては、今のおすすめは「NE-FS301」です。

理由は、機能差がないのに価格が安いため。

やがて、新モデルの価格が安くなり世代交代がおきますが、それまでの間は価格重視で旧モデル推しです。

 

現時点のおすすめ

 

以上、パナソニックのオーブンレンジ「NE-FS3A」と「NE-FS301」の違いについて解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.