レンジ

【NE-UBS10AとNE-BS2700の違い】ビストロ最高峰の新旧モデル比較

NE-UBS10A

「NE-UBS10A」と「NE-BS2700」は、両方ともパナソニックの最上位モデルのスチームオーブンレンジ。

「焼く・煮る・蒸す・揚げる」といった多彩な加熱をレンジで実現した機種で、これを選んでおけば間違いないといえるハイエンドモデル。

そんな両モデルは、発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NE-UBS10A:2022年6月発売
  • NE-BS2700:2020年6月発売

2021年に当シリーズの発売はなかったので、2年ぶりのモデルチェンジとなります。

型番名がガラッと変わっていますが、両モデルとも最上位モデルかつ機能もほぼ同じなので、新旧モデルの位置づけで問題ないでしょう。

 

ナナ
両モデルの違いは?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の4つ。

新旧の違い

  • グリル調理時の電波効率
  • エスニックメニュー
  • 食器清潔コース
  • 付属品

ほかにも細かな部分で「操作パネルの微妙な違い」「新モデルでは300g重くなった」などの違いもありますが、大差はないので割愛します。

 

当記事では、上に挙げた主な4つ違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

全機種比較のうえ、型落ちも含めて今のお買い得を検証

→ パナソニック電子レンジの特徴・選び方・全機種比較

 

NE-UBS10AとNE-BS2700の違い

はじめに書いたとおり「NE-UBS10A」と「NE-BS2700」の違いは4つありますが、新モデル「NE-UBS10A」では次のとおり変更となりました。

  • グリル調理時の電波効率の改善
  • エスニックメニューの追加
  • 食器清潔コースの搭載
  • 付属品のミトンがなくなった
ナナ
順番に詳しく解説していくよ!

 

グリル調理時の電波効率の改善

グリル調理は、通常はヒーターの強い熱で食材を焼くのですが、当シリーズはレンジ庫内上部の大火力ヒーターに加え、グリル皿の下部からもマイクロ波(レンジ)により加熱する仕組みです。

グリル皿の底にフェライトと呼ばれるマイクロ波を吸着する素材を配置することで、食材を裏返さなくても裏面も加熱。食材の両面をしっかり焼き上げるのが当シリーズの売りでもあります。

新モデル「NE-UBS10A」では、新設計のアンテナ制御により電波効率が旧モデルと比べて約1.6倍にアップしたことにより、これまで難しかった下段のグリル皿調理が可能となりました。

 

結局どうなる?

新モデル「NE-UBS10A」では、グリル皿を使って下段調理した際の加熱ムラが改善。

調理の幅が広がるとともに、解凍ムラが軽減される。

 

下段でグリル皿が使えるようになったことの具体的なメリットをひとつ挙げると、上段にグリル皿を設置するときと比べて、庫内スペースを広く使えるため、ボリュームのある食材でも調理しやすくなります

ナナ
本格的なグリル調理をするなら新モデルの方が適しているよ!

 

エスニックメニューの追加

新モデル「NE-UBS10A」では、ワンボウルメニューのなかにエスニックメニューが追加されました。

ワンボウルメニューとは?

下ごしらえした材料を耐熱ガラス製ボウルに入れるだけで簡単調理できる自動メニュー。

 

「パスタ・カレー・シチュー・中華・フレンチ・やみつき野菜・かんたん煮物」などのワンボウルメニューがあるなかに、新たにエスニックメニューが増えました。

具体的には、次のようなアジアンメニューが追加されています。

  • 鶏肉のバジル炒め(タイ風)
  • 豚肉の煮込み(フィリピン風)

 

食器清潔コースを搭載

新モデル「NE-UBS10A」では、食器清潔コースが搭載されました。

NE-UBS10A(新) 食器清潔コースあり
NE-BS2700(旧) なし

 

食器清潔コースとは、洗い終わった食器をヒーターとスチームで除菌するコースのこと。

グリル皿に食器を並べて、給水タンクに水を入れた後に、お手入れメニューの「食器清潔」ボタンを押すと35分程度で除菌が可能です。

あくまで、食器洗剤で落としきれない菌の除菌が目的であって、食洗器代わりにはならないので注意しましょう。

ナナ
食器を洗った後に使ってね!

 

付属品のミトンがなくなった

両モデルは付属品が少し異なります。旧モデルにはミトンが2つ付いていますが、新モデルには付属がありません。

NE-UBS10A NE-BS2700
グリル皿 1枚 1枚
角皿 2枚 2枚
取扱説明書
レシピブック
ガイド
ミトン × 2枚

 

説明不要かもしれませんが、ミトンとは親指だけが分離した「ふたまた手袋」で、火傷を防ぐ便利なアイテム。

うちは年季の入ったマリメッコのミトンを使ってます。

ミトン

ミトンはすでに持っていることが多いと思うので、個人的にはなくても困らないかなと思っていますが、一応、旧モデルの方がミトンのぶん付属品が充実しているといえます。

 

NE-UBS10AとNE-BS2700の価格の違い

ここまで、「NE-UBS10A」と「NE-BS2700」の機能の違いについて解説してきましたが、ここからは両モデルの現時点の価格差を比較していきます。

まずは、当シリーズの価格推移の傾向をサクッと確認しておきましょう。

  • 発売時価格:16万円前後
  • 底値圏:10~12万円
ナナ
以上を踏まえて順番に確認していこう!

 

NE-UBS10Aの価格

2022年6月発売の最新モデル「NE-UBS10A」の予約価格は、シリーズの傾向どおり16万円前後のものが多いです。

ここまで紹介してきた4つの違いを振り返ると、新モデルの方が全体的に機能が優れるものの、そこまで極端な機能差はないと思っていて、個人的には価格重視の方がよいのかなと感じます。

過去モデルの価格推移を参考にすると、数万円単位で安くなるのは発売後、半年~1年程度はかかりそうです。

旧モデルの値動きにもよりますが、旧モデルとの価格差が縮まるまでは、価格の安い旧モデル推しです。

 

NE-BS2700の価格

2020年6月発売の旧モデル「NE-BS2700」は、いま価格的におすすめな高コスパモデルです。

今後、新モデルが安くなり、価格が同程度となれば機能的に優れている新モデルの一択ですが、それまでの間は旧モデルが有力な選択肢。

2022年4月以降は一段と安くなっており、12万円台でみかけることもります。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

NE-BS2700とNE-CBS2700の違いは?

「NE-BS2700」とよく似た型番で「NE-CBS2700」という機種が存在しますが、これは販路違いの中身が同じモデル。

パナソニック家電のあるあるですが、販売経路の違いにより次のように型番を変えています。

  • NE-CBS2700:家電量販店で販売
  • NE-BS2700:オリジナル(量販店以外で販売)

 

型番を分ける理由は「管理のため」「価格競争を避けるため」など、色々と言われますが、要は中身が同じで名前が違うものという認識でOKです。

つまり、選ぶときは価格の安い方を選ぶのが正解

量販店モデル「NE-CBS2700」の方が安いことも多いので、旧モデルが気になる場合は、必ず価格比較することをおすすめします。

 

結論|おすすめは?

結論としては、現時点のおすすめは旧モデル「NE-BS2700」

理由は、機能差と価格差を天秤にかけたときに、価格差のインパクトの方が大きいからですね。

注意点は、販路違いの量販店モデル「NE-CBS2700」の存在。家電量販店モデルとオリジナルモデルは、必ず価格を比較して安い方を選んでくださいね

 

旧モデル「NE-CBS2700」(家電量販店モデル)

 

旧モデル「NE-BS2700」(オリジナルモデル)

 

以上、パナソニックスチームオーブンレンジ「NE-UBS10A」と「NE-BS2700」の違いについて解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.