レンジ

【ER-X60とER-W60の違い】東芝「石窯オーブン」の新旧モデル比較

ER-X60

「ER-X60」と「ER-W60」は、両方とも東芝の各皿式スチームオーブンレンジです。

上位モデルと異なり吸水タンクがなく、角皿に水を張ってスチームを発生させるタイプなのでお手入れが簡単なのが魅力ですが、そんな、両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係

  • ER-X60:2022年8月発売
  • ER-W60:2021年8月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の1つのみ。

新旧の違い

自動メニュー数・総レシピ数が違う。

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

ER-X60とER-W60の違い

新モデル「ER-X60」と旧モデル「ER-W60」では用意されている調理メニューやレシピ数に違いがあります。

EX-X60
(新モデル)
EX-W60
(旧モデル)
自動メニュー数 69 72
総レシピ数 80 83

※自動メニュー数=自動あたためを含み、お手入れを除く
※総レシピ数=アレンジレシピ、バリエーションレシピ、ケーキ型サイズ、トッピングを含む

 

最近のレンジには、料理内容に応じて適温で調理してくれる自動メニュー(オートメニュー)が付いているものが主流です。

自動メニュー数・レシピ数ともに旧モデルの方が3つ多いですが、正直そこまで大きな違いではないので、新旧比較の際にはあまり気にする必要はないと思います。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の特徴もサクッと紹介します。

  • 総庫内容量23L
  • オーブン・グリル機能(石窯オーブン100~250℃/ノンフライ調理/グリル調理/発酵30、35、40、45℃)
  • レンジ機能(出力600W、1000W/あたため機能/解凍)
  • スチーム機能(角皿スチーム)
  • ふっくらパン/カラッとあたため/らくらくパスタ/トーストなどの自動メニュー機能
  • 庫内コーティングでお手入れしやすい
  • 液晶表示

 

ER-X60とER-W60の価格を比較

ここまで「ER-X60」と「ER-W60」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

ER-X60の価格

2022年8月発売の新モデル「ER-X60」の予約価格は4万円台の中盤あたりが多い印象です。

先述のとおり、新旧の機能差はほとんどないため、価格重視で選ぶのが正解でしょう。

新モデルはまだまだ高価格なので、現時点では選択肢として微妙です。

ナナ
発売後しばらくするまでAmazonではヒットしないことが多いよ

 

ER-W60の価格

2021年8月発売の旧モデル「ER-W60」は、価格的に今おすすめのモデルです。

発売時は新モデル同様4万円台からのスタートでしたが、2021年以降は3万円前後を推移することが多いです。

大底は2022年春頃の2万円台の後半で、そこから比べると少し価格は上昇傾向にありますが、新モデルとの比較では大幅に安い状態です。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「ER-W60」です。

理由は、機能差があまりないにも関わらず価格が安いため。

やがて、新モデルが安くなり価格が逆転するでしょうが、それまでの間は旧モデル推しです。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「ER-X60」と「ER-W60」の違いを解説しました。

-レンジ

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.