炊飯器

【JKT-L100 とJKT-J102の違い】タイガーIH炊飯器の新旧モデル比較

JKT-L100

「JKT-L100」と「JKT-J102」は、タイガーのIHジャー炊飯器(炊きたて)の新旧モデルという関係です。

  • JKT-L100:2020年モデル
  • JKT-J102:2019年モデル

こちらの新旧の炊飯器は、タイガー炊飯器のIHジャー炊飯器「炊きたて」シリーズの中でも、付属のクッキングプレートを使って調理も可能なマルチクック炊飯器です。

また、「剛火(つよび)IH」と「遠赤土鍋コーティング釜」がお米一粒一粒をムラなく加熱して、ふっくらもちもち食感のご飯を炊き上げてくれます。

見た目もそっくりな新旧炊飯器ですが、新製品は旧製品と比べてどこがどう進化したのでしょうか?

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

新モデルで変わったところ

JKT-L100とJKT-J102の違いを調べてみると、内釜に1つの違いがありました

内釜の変化で炊飯性能に違いは出るのか、気になりますよね。

この記事では、

  • 機能の違い
  • 仕様の違い
  • 価格の違い

などの観点から、JKT-L100とJKT-J102の違いをわかりやすく分析し、どちらを購入するのがよりお得になるのかを見ていきましょう。

ぜひ、比較検討の参考にしてくださいね。

 

JKT-L100とJKT-J102の機能の違い

新モデルのJKT-L100には、旧モデルのJKT-J102機能的な違いは1つだけ、内なべ部分にありました。

  • JKT-L100(新):遠赤3層土鍋コート
  • JKT-J102(旧):銅入3層遠赤釜

旧モデルの内釜は熱伝導率の高い銅を真ん中に挟み込んだ「銅入3層遠赤釜」でしたが、新モデルは「遠赤3層土鍋コート」という名前になっています。

ナナ
何か違いはあるの?

名称には入っていないものの、旧モデルも金属釜の内側と内側に「遠赤土鍋コーティング」がされているため、3層構造も、コーティングの種類も新旧変わりはありません。

公式サイトの解説でも「銅が入っている」という部分以外は新旧どちらも同じ内容なので、性能に違いはなさそうです。

ナナ
特に大きな変化はなかったね!

 

共通の機能

参考に両モデル共通の機能も紹介します。

 

  • tacookタクック(ご飯とおかずの同時調理が可能です)
  • 剛火IH(包み込むように強火で加熱し旨みを引き出します)
  • 内なべフッ素1年保証(内なべのフッ素加工を1年間保証します)
  • つや艶内ふた(親水効果で釜内の水分をコントロールします)
  • クリア液晶オレンジ(くっきりと見えやすいオレンジ色の液晶です)
  • 少量高速メニュー(1合が約17分と高速で炊飯できます)
  • 極うまメニュー(手間と時間をかけて美味しく炊き上げます)
  • 冷凍ごはんメニュー(取り外し簡単なパーツでお手入れが簡単です)
  • GABA増量メニュー(玄米のGABA量が4割アップします)
  • お手入れシボフレーム(お手入れしやすいフレーム設計です)
  • 外ぶた丸洗いOK(外ぶたも取り外して丸洗いできます)
ナナ
ほこりやおねばの汚れが気になる外ぶたが洗えるのはいいよね!

 

JKT-L100とJKT-J102の仕様の違い

主な仕様を比べてみましたが、重量や保温の消費電力に差があるものの「JKT-L100」と「JKT-J102」の仕様はほぼ同じでした。

型番 炊飯量 カラー 外形寸法 重さ 1回あたりの炊飯時消費電力量 1時間あたりの保温時消費電力
JKT-L100(2020) 5.5合 パールブラウン 26.0×35.4×21.1 4.2kg 162Wh 18Wh
JKT-J102(2019) 5.5合 パールブラウン 26.0×35.4×21.1 5.0㎏ 162Wh 17.4Wh

 

価格の違い

当シリーズの底値は、初値が2万円台後半~3万円ほど。そして、底値は15,000円前後です。

2019年モデルは、すでに新品の在庫が少ない状況ですが、両モデルは機能的にも大きな違いはなく、新モデルの価格もかなり安くなっているため、新モデルの選べば問題ないでしょう。

 

2020年モデル

 

2019年モデル

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.