炊飯器

【NP-RM05とNP-RL05】機能と価格の違いは?象印「極め炊き」新旧モデル比較

NP-RM05

「NP-RM05」と「NP-RL05」は象印の炊飯器「極め炊き」の新旧モデルの関係です。

発売年

NP-RM05:2020年モデル

NP-RL05:2018年モデル

ナナ
モデルチェンジで何が変わったの?

クリーニング機能が追加されたことと、新モデルでは立つしゃもじが付いています

基本的な炊飯機能に変化はないとなれば、あとはクリーニング機能が必要かどうかがポイントです。

特に必要性を感じなければ、型落ちの旧モデルの方が安くておすすめです。

 

そこで、この記事では、

  • 新しいクリーニング機能の紹介
  • 新旧両モデルの価格の比較

の2点を中心に、NP-RM05とNP-RL05の違いを比較します。

 

新モデルで追加された機能

先述のとおり、新モデルでの変更点は主に2つ

  1. クリーニング機能
  2. 立つしゃもじが付いてくる

なのですが、立つしゃもじに関しては、特に語ることもないので、クリーニング機能だけ紹介します。

クリーニング機能

新モデルに新しく追加されたクリーニング機能。

これは洗浄というよりは、消臭に特化したもので、「炊き込みごはん」を炊いた後など、ニオイが気になる場合に使用します。

 

ナナ
どうやって使うの?

使い方は簡単で、釜に水を入れて「予約ボタン」を1.5秒以上長押しすると、クリーニング機能が作動するので、あとは炊飯ボタンを押せばOK。

ただし、クリーニングには60分かかる上に、クリーニング後に通常のお手入れ=普通に釜を食器洗剤で洗う必要があります。

自動おそうじ機能とは異なるので、勘違いして購入すると

「思ってたのと違う」

となるので注意してくださいね。

炊き込みご飯を頻繁にするならともかく、基本的にごはんを炊くだけなら特に必要ないかなというのが正直な感想です。

 

NP-RM05とNP-RL05の価格を比較

これまでは、新モデルで追加された「クリーニング機能」を紹介してきました。

冒頭でも申し上げたとおり、重要なのは、新機能に対して両モデルの価格差以上の価値を感じるかどうかです。

ナナ
価値を感じるなら新モデルがオススメだし、感じないなら旧モデルの方がコスパがいいよね!

ということで、ここからは両モデルの価格を比較してみたいと思います。

 

NP-RL05(2018)の価格推移

2018年モデル「NP-RL05」は、発売時の初値は約28,000円でしたが、2018年の夏には底値圏へ到達しました。

その後、横ばいに推移しており、2021年夏時点でも20,000円前後をキープしています。

しかし、2020年の夏以降は後継の2020年モデルも底値圏に到達したので、今では後継機種の方がおすすめです。

 

NP-RM05(2020モデル)の価格

2020年モデル「NP-RM05」は、先述のとおり今のおすすめモデルです。

旧モデルにはないクリーニング機能が搭載されているうえ、価格も底値圏へ到達しており同水準となれば新モデルの一択でしょう。

 

以上、「【NP-RM05とNP-RL05】機能と価格の違いは?象印「極め炊き」新旧モデル比較」でした。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.