炊飯器

【NP-RN05とNP-RM05の違い】象印「極め炊き」新旧モデル比較

NP-RM05

「NP-RN05」と「NP-RM05」は、象印の炊飯器「極め炊き」シリーズで、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NP-RN05:2021年12月発売
  • NP-RM05:2020年1月発売

 

ナナ
モデルチェンジで何が変わったの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の3つ。

新旧の違い

  • 麦ごはんメニューの違い
  • Ag+抗菌加工立つしゃもじ
  • カラーバリエーションの違い

 

当記事では、新旧3つの機能差について解説。

さらに、両モデルの現時点の価格を比較し、機能差と価格差の2つの視点で、今どっちがおすすめなのか家電アドバイザーの目線で比較します。

 

NP-RN05とNP-RM05の違い

先述のとおり、新モデルでの変更点は主に3つ。

  1. 麦ごはんメニューの違い
  2. Ag+抗菌加工立つしゃもじ
  3. カラーバリエーションの違い
ナナ
順番に紹介するよ!

 

麦ごはんメニューの追加

新モデル「NP-RN05」では、麦ごはんメニューが追加されました。

  • NP-RN05(新):麦ごはんメニューあり
  • NP-RM05(旧):なし

 

麦の風味を活かしながら、「もち麦」や「押し麦」をふっくらもちもちに炊き上げる機能で、ヘルシー志向の方には嬉しいポイント。

麦ごはんには次のようなメリットがあると言われています。

  • 白米より低カロリー
  • 便秘予防
  • 血糖値抑制
  • コレステロール生成抑制

健康に気を使う方には新モデル「NP-RN05」の方がおすすめです。

 

立つしゃもじのAg+抗菌加工

両モデルとも自立する「立つしゃもじ」が付属していますが、新モデルではAg+抗菌加工があ施されました。

  • NP-RN05(新):Ag+抗菌加工立つしゃもじ
  • NP-RM05(旧):立つしゃもじ

 

なお、抗菌とは、あくまで付いた菌を増やさないというもの。

菌を減らす効果はないので注意しましょう。

 

カラーバリエーションの違い

両モデルはカラーバリエーションが微妙に違います。

NP-RN05(新) ブラック(BA)
ホワイト(WA)
NP-RM05(旧) ブラウン(TM)
ホワイト(WA)

なお、上表のかっこ内のアルファベットはカラー記号で、型番の末尾にくっついて本体カラーを表します。

カラー記号の例

新モデルの黒なら「NP-RN05-BA」

旧モデルの白なら「NP-RM05-WA」

 

具体的なイメージを持てるよう実際にカラーを見てみましょう。

まずは、新モデル「NP-RN05」

NP-RN05のカラーバリエーション

 

続いて、旧モデル「NP-RM05」

NP-RM05のカラーバリエーション

 

カラーバリエーションに優劣はないものの、選ぶ際の大きなポイントとなります。

 

NP-RN05とNP-RM05の価格の違い

これまでは、新旧モデルの機能的な違いを紹介してきましたが、ここからは両モデルの現時点の価格を比較します。

新旧比較で重要なのは、機能差と価格差の価値が釣り合っているかどうかです。

紹介してきた新機能に価値を感じるか考えながら価格を比較してみてくださいね。

 

NP-RN05の価格

2021年12月発売の新モデル「NP-RN05」の発売時価格は、3万円台の中盤あたりでした。

徐々に価格を下げ、2022年春時点では2万円台の前半まで安くなりました。

底値圏へはあと数千円というところですが、すでに初値(3.5万円前後)と比べると相当安い水準です。

 

NP-RM05の価格

2020年1月発売の旧モデル「NP-RM05」は、2021年秋頃までは1万円台の後半を推移しており、価格的におすすめのモデルでした。

しかし、2022年以降は価格が上振れし、新モデルと同等以上の価格になってしまいました。

機能的には、新モデルの方が優れているので、安さというメリットを失ったいま、あえて選ぶ理由のないモデルとなってしまいました。

 

結論|おすすめは?

結論としては、今のおすすめは新モデル「NP-RN05」です。

理由は、新モデルの方が機能的に優れているうえに、価格も新旧大差がないため。

今後、旧モデルの価格推移には注目ですが、基本的には新モデル推しとなりそうです。

 

おすすめモデル

 

以上、象印の炊飯器「NP-RN05」と「NP-RM05」の違いを解説しました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.