炊飯器

【JPI-T100とJPI-H100の違い】タイガー圧力IH炊飯器の新旧比較

JPI-T100

「JPI-T100」と「JPI-H100」は、両方ともタイガーの圧力IHジャー炊飯器。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • JPI-T100:2022年8月発売
  • JPI-H100:2021年6月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の6つ。

新旧の違い

  • 本体カラー
  • ヒートカットパウダーコートの有無
  • 旨み粒立ちプログラムの有無
  • 粒立ち保温プログラムの有無
  • しゃもじの抗菌加工
  • 食洗機に対応している部品

 

当記事では、上に挙げた6つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

タイガー炊飯器の全モデル比較とおすすめ紹介

特徴・選び方を紹介したうえで、現行全モデルを比較表で比べています。他機種も気になる方はご覧ください。

 

JPI-T100とJPI-H100の違い

はじめに書いたとおり「JPI-T100」と「JPI-H100」の違いは次の6点です。

JPI-T100
(新モデル)
JPI-H100
(旧モデル)
カラー チャコールブラウン ダークブラウン
ヒートカット
パウダーコート
×
旨み粒立ち
プログラム
×
粒立ち保温
プログラム
×
しゃもじの
抗菌加工
×
食洗機対応 ・スチームキャップ
・内ぶた
・スチームキャップ
ナナ
順番に詳しく解説していくよ!

 

本体カラー

新モデル「JPI-T100」と旧モデル「JPI-H100」を比べると、本体カラーが少しだけ変わっています。

(新)JPI-T100 チャコールブラウン
(旧)JPI-H100 ダークブラウン

 

新モデルのチャコールブラウンとは、灰色が入っている茶色のことですが、実際に確認してみましょう。

JPI-T100

 

続いて、旧モデルのダークブラウンです。

JPI-H100

 

劇的な違いはありませんが、微妙な色味が変わっています。

 

ヒートカットパウダーコートの有無

新モデル「JPI-T100」は、内なべに「ヒートカットパウダー」素材を使っています。

(新)JPI-T100 ヒートカットパウダー使用
(旧)JPI-H100 不使用

 

ヒートカットパウダーとは?

蓄熱性を集める素材のこと。

内なべに採用されている「土鍋蓄熱コーティング」と組み合わせることで蓄熱性がより高まる。

釜の中に熱がたまると、炊飯時の火力がアップしてお米が甘くなるのがポイントです。

 

旨み粒立ちプログラムの有無

新モデル「JPI-T100」から、旨み粒立ちプログラムが追加されました。

(新)JPI-T100 旨み粒立ちプログラムあり
(旧)JPI-H100 なし

 

旨み粒立ちプログラムとは?

低温でお米を長時間吸水させた後、一気に温度を上げてお米の甘みを引き出す方法。

温度を急速に上げると、お米のα化(糊化)が進むので、弾力のあるふっくらとしたご飯が炊きあがる。

 

旨み粒立ちプログラムによってお米の甘みや弾力が引き出されているので、ご飯がよりおいしく感じます。

新モデルは、今まで以上にお米の炊き方が工夫されていますね。

 

粒立ち保温プログラムの有無

新モデル「JPI-T100」から、粒立ち保温プログラムを取り入れています。

(新)JPI-T100 粒立ち保温プログラムあり
(旧)JPI-H100 なし

 

粒立ち保温プログラムとは?

保温時に蒸気センサーで温度の上がり具合を感知し、蒸発する水分量をベストな状態で保つ機能。

お米の一粒一粒がつぶれないようにふっくらと保温できる。

 

ずっと保温しているとお米が釜の中にたまった水分を吸収してしまい、べちゃっとした食感になってしまいますよね。

新モデルは保温時の水分量を調整しているので、いつでも食べ応えのあるご飯が食べられます。

時間がたっても、おいしさが変わらないのは嬉しいですね。

 

しゃもじの抗菌加工

両モデルは付属するしゃもじの抗菌加工有無が異なります。

(新)JPI-T100 抗菌加工しゃもじ
(旧)JPI-H100 普通のしゃもじ

 

新モデルでは、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証の抗菌加工しゃもじが付属しており、付着菌の増殖が抑えられます。

しゃもじは直接お米に触れる部品なので、抗菌加工されている方が安心して使えますね。

 

食洗機に対応している部品

新モデル「JPI-T100」から、内ぶたが食洗機で洗えるようになり、次のとおり食洗機対応パーツに差があります。

(新)JPI-T100 ・スチームキャップ
・内ぶた
(旧)JPI-H100 ・スチームキャップ

 

当シリーズは、内なべ・内ぶた・スチームキャップの3つを使うたびにお手入れします。

シンプルな構造なので、手洗いでも負担になりませんが、内ぶたが食洗機で洗えるとお手入れがもっとラクになりますね。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の特徴もサクッと紹介します。

  • 土鍋のようなおいしさが味わえる「遠赤5層土鍋蓄熱コート釜」
  • 内なべコーティング3年保証
  • 少ない量で炊いてもおいしい「少量旨火炊き」メニュー
  • お米のねばりともちもち感を引き出す「可変W圧力」
  • どの角度から見てもキレイな「360°デザイン」
  • 操作画面が見やすい「大型クリア液晶(ブライトグレー)」
  • 本体の汚れやニオイをカンタンに落とす「圧力洗浄コース」

土鍋で炊いたようなおいしいご飯が手軽に炊ける炊飯器ですね。

 

JPI-T100とJPI-H100の価格を比較

ここまで「JPI-T100」と「JPI-H100」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

JPI-T100の価格

2022年8月発売の新モデル「JPI-T100」の発売時価格は4万円台からのスタートでした。

2022年10月時点では、少し値を下げ、安いもので3万円台を推移。

まだ旧モデルの方が安いことが多いですが、価格差は縮まってきています

新モデルのみに搭載される機能にどれだけ魅力を感じるかは人それぞれですが、個人的には価格差が1万円を切れば新モデル推しでしょうか。

 

JPI-H100の価格

2021年6月発売の旧モデル「JPI-H100」は、2022年10月時点では2~3万円台を推移しています。

以前より新旧の価格差が縮まってきており、手放しでおすすめはできませんが、価格重視の方にとっては選択肢となりえるでしょう。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは新モデル「JPI-T100」です。

理由は、旧モデルより機能的に優れる点が多く、価格差も縮まってきているため。

旧モデルが安いうちは悩ましいところですが、機能差がそれなりにあるので、個人的には今の状態なら新モデル推しでしょうか。

これまで紹介してきた機能差と価格差を天秤にかけて、自分にとって最適なモデルを検討してみてくださいね。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「JPI-T100」と「JPI-H100」の違いを解説しました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.